龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 16日

『街角/丸の内ビル群が描く空の十字路』

a0289546_16525003.jpg

フォト:2018年2月14日、丸の内にて

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-16 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 02月 15日

『街角/丸の内 KITTE からの眺め』

a0289546_16203515.jpg

フォト:2018年2月14日
[PR]

# by ryujincho | 2018-02-15 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 02月 14日

『街角/行幸通りを歩く』

a0289546_00224294.jpg
a0289546_00225922.jpg

行幸通りを歩く。
東を眺める。
正面に東京駅丸の内駅舎、右手に丸ビル、郵船ビル、左手に新丸ビル、東京海上日動ビル。

行幸通りを皇居前広場へと歩く。
日比谷通り、内堀通りを渡り、桜田巽櫓を眺める。
a0289546_00331998.jpg

フォト:2018年2月14日

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-14 23:32 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 02月 14日

『街角/行幸通りに立つ』

行幸通りに立ち、東京駅丸の内駅舎を眺める。

無人の街角。
a0289546_00132920.jpg
有人の街角。
a0289546_00134523.jpg
車が通過する街角。
a0289546_00185109.jpg

街角には、やはり、人影や車の行き交う姿があった方がよい。

フォト:2018年2月14日

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-14 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 02月 13日

『水辺のメジロ』 mb-3

2月13日、晴れ。
手賀沼で鳥見。

南岸で「水辺のオオジュリン」を撮った。
ということで、この日のテーマは「水辺シリーズ」とした。
北岸に入り、「水辺のエナガ」が撮れた。

さて、次はどんな「水辺シリーズ」が撮れるだろうかと楽しみにしながら、北岸を走る。
路傍にアオジの姿があった。
jitensha をとめる。
アオジは路傍の茂みの中へ消えていった。
すると、その先の水際の葦にちょこちょこと動き回るメジロの姿があった。

水辺のメジロ。
a0289546_09183783.jpg
a0289546_09285456.jpg
a0289546_09292138.jpg
a0289546_09300206.jpg
a0289546_09315472.jpg
a0289546_09320999.jpg

こうして、この日は「水辺のオオジュリン」、「水辺のエナガ」、「水辺のメジロ」と「水辺シリーズ」が出来上がったのであった。

フォト:2018年2月13日

(完)

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-13 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 13日

『水辺のエナガ』 mb-2

2月13日、晴れ。
手賀沼で鳥見。

先ず、手賀沼南岸を走る。
水辺の葦にとまるオオジュリンを続けざまに二ヶ所で見た。
「水辺のオオジュリン」と題する写真が撮れた。
となると、今日のテーマは「水辺シリーズ」だ。
そんなことを思いながら、手賀沼南岸から東端を回り込み、北岸を走る。

小枝にとまるエナガが目に入る。
a0289546_08424440.jpg
今日のテーマは「水辺の〇〇〇」。
背景に水が写る場所へ飛び移ってくれないかなと願う。
願いが通じたのか、「水辺のエナガ」の風景となった。
a0289546_08460768.jpg
「水辺のエナガ」となったが、枝かぶりとなっており、絵的には今ひとつ。
もう少し、移動してくれないかなと願う。
願いが通じ、満足のいく「水辺のエナガ」が撮れた。
a0289546_08490318.jpg

フォト:2018年2月13日

(つづく)




[PR]

# by ryujincho | 2018-02-13 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 13日

『水辺のオオジュリン』 mb-1

2月13日、晴れ。
手賀沼南岸を走りながら、鳥見。

水辺のオオジュリン。
a0289546_07284128.jpg
葦の原を棲み処とするオオジュリン。
葦の原は土手から水辺までかなりの距離があり、水辺でオオジュリンを見る機会は少ない。
いや、少ないというよりも今までにそういう機会はなかった。
湖面の水色を背景にしたオオジュリンの姿はなかなかよい。

そんなことを思いながら、南岸を更に走る。
一度あることは二度ある。
またまた、「水辺のオオジュリン」に遭遇した。
先ほどよりもっと水辺である。
濃い水の色がオオジュリンを際立たせてくれている。
a0289546_07332215.jpg

「水辺のオオジュリン」を続けざまに二ヶ所で見ることが出来た。
今日のテーマは「水辺の〇〇〇」と決め、次はどんな水辺の鳥に出遭えるかと jitensha を走らせるのであった。

フォト:2018年2月13日

(つづく)

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-13 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 13日

『手賀沼ポタリング/鳥影、濃し』

2月12日(火曜)、晴れ。
気温は二桁近くまで上がるとの予報で、手賀沼へ鳥見に出動。
風は冷たい。

手賀沼西端から手賀沼を眺める。
a0289546_00522390.jpg
手賀沼南岸を走る。
手賀沼東端から手賀沼を眺める。
a0289546_00530608.jpg
先日、9日は鳥影に恵まれなかったが、今日は撮れ高、大。
・オオジュリン、南岸の水辺、2ヶ所で
・エナガ、北岸にて
・シジュウカラ、北岸にて
・エナガ、北岸の水辺にて
・アオジ、北岸にて
・メジロ、北岸の水辺にて
今日の大きな収穫は水辺のオオジュリンやエナガ、メジロが撮れたことだ。
これらは順次、ブログにアップしていきたい。

フォト:2018年2月13日


[PR]

# by ryujincho | 2018-02-13 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 02月 11日

『ツグミ』

2月9日、晴れ。
手賀沼へ鳥見に出掛けた。
これっ!といった鳥には出遭わず。
そんなとき、ツグミが遊んでくれた。

いつ見ても、きりっとした、いい顔をしている。
a0289546_23522164.jpg
鳥の正面顔をコレクションしていることでもあり、正面写真を撮らして頂戴と念じたところ、しっかりと撮らせてくれた。
正面顔もきりっとした、いい顔。
a0289546_23573880.jpg

フォト:2018年2月9日、かわせみ池近くにて


[PR]

# by ryujincho | 2018-02-11 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 10日

『嘴の太いアトリ科の鳥、4種』

先日、盟友、甲武信守さんから、正月に玉川上水で撮ったというイカルの写真が送られて来た。
a0289546_07310630.jpg
小生は、これまで、イカルの<生>を見たことがなく、参考になった。

イカルも含め、太い嘴がアトリ科の特徴。
アトリ科の鳥としては、カワラヒワ、コイカル、シメの写真を撮ったことがあったなあと思い、マイ・ブログを繰ってみた。
2013年から2016年にかけてアップロードしたマイ・ブログ4件をここに貼り付けておこう。
(貼り付け画面をクリックすると掲載記事と写真が現れます)

カワラヒワ(2013年3月撮影)。

コイカル(2014年4月撮影)。

シメ(2015年3月撮影)。

シメ(2016年2月撮影)。

イカルとコイカルはよく似ている。
その見分け方について調べてみた。
「イカル」に「コ(小)」が付けられている通り、コイカルはイカルより一回り小さい。
イカルの体長は23cmくらい、コイカルの体長は19cmくらいだそうだ。
大小は2種が並んでみないと、その違いよくは分からない。
となると、外観での特徴を見ることとなる。
イカルもコイカルも翼に白い斑紋があるが、その数が異なる。
イカルには白い斑紋がひとつ、コイカルには白い斑紋はふたつある。
嘴にも若干の違いがある。
いずれの嘴も黄色だが、コイカルの嘴は先端が黒っぽい。

いつの日か、イカルに出遭いたいものである。

フォト#1:2018年1月、甲武信守殿提供
その他フォト:2013年~2016年のアーカイブから蔵出し

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-10 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 09日

『19日ぶりのポタリング』

2月9日(金曜)、晴れ。
1月下旬以来、気温は5~6度、風は冷たい、降雪積雪などもあり、更には、史上最強の寒波に負けてしまったのか、風邪を引いたりして、jitensha は1月21日以降、しばらく休んでしまった。
今日は、気温は二桁近くまで上がり、風は微風との予報でもあり、久方ぶりに出動した。

手賀沼南岸を走る。
大津川に架かる、ひどり橋からの眺め。
a0289546_17045406.jpg
南岸を更に東へと走る。
葦の原にオオジュリンが群れている。
「鳥獣保護区」の看板があり、写真は控えた(「撮る」=「獲る」なので)。
その代わりといっては何だか、正面のこんもりして景色をカメラに収めた。
正面のこんもりしたところには、香取神社古墳、水神山古墳、前原古墳などの古墳が並ぶ場所でもある。
a0289546_17081643.jpg
これといった鳥もおらず、東端から北岸へと走る。
東端の道端のすぐ近くの枝に猛禽類がとまっているのが目に入った。
急ぎ、jitensha を止め、カメラを構えたが、余りにも近すぎて、上手く撮れなかった。
しゃーないなと<失意>のまま、北岸を走り、帰館。

フォト:2018年2月9日

[PR]

# by ryujincho | 2018-02-09 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 25日

『久しぶりの、ジョサイア・コンドルゆかりの地』

1月24日、晴れ。
甲武信さん、品濃さん、小生の定例「三人の会」。
今回は、ジョサイア・コンドル設計の上野池之端/旧岩崎邸(都立旧岩崎庭園)を見学し、旧岩崎邸北側の坂道、無縁坂を上り、東大構内のジョサイア・コンドル像を眺め、そのあと、日暮里の蕎麦や「川むら」で一献という趣向。

旧岩崎邸。
a0289546_11355666.jpg
a0289546_11485986.jpg
a0289546_11493026.jpg
前回、ここを訪ねたのは2009年8月8日、夏、真っ盛りの頃であった。
今回は、数日前の降雪が残る雪景色である。
そして、前回と大きく異なるのは、今回は、ガイドさん付きということである。
説明書きを読むよりも、ガイドさんの話を聞きながらの見学は、より一層、ベンキョーになる。

ガイドさんの話の中でベンキョーになった事例を、ひとつ、ふたつ、記しておこう。
旧岩崎邸の敷地は、江戸時代、越後高田藩榊原家江戸上屋敷であった。
隣の東京大学本郷キャンパスは、江戸時代、加賀藩前田家江戸上屋敷であったことはよく知られているが、榊原家の屋敷跡というのは知らなかった。
越後高田藩榊原家は譜代大名加賀藩前田家は外様大名、譜代が外様を見張るためにこうした屋敷配置にしたというのがガイドさんの話。

古地図を広げて、そう説明するガイドさん。
a0289546_18065734.jpg
ガイドさんの話をもうひとつ。
正面玄関のステンドグラスと前庭の大銀杏の話題あり。
a0289546_18124612.jpg
江戸時代、越後高田藩榊原家屋敷時代からこの地にあったと思われる大銀杏は、5月には新緑を、12月には黄葉を、正面玄関のステンドグラスに映し出すという。
流石、ジョサイア・コンドルである。

ガイドさんの案内を受けながら、邸内を見学。
詳しく説明があったが、ここでは割愛。
邸内で数多の写真を撮ったが、雪景色をメインに数葉だけ、ここに掲載しておこう。

南側1階。
窓越しに雪の庭園を眺める。
a0289546_11564707.jpg
1階バルコニー。
列柱はトスカナ式。
a0289546_12005876.jpg
大階段。
邸内細部にジャコビアン様式の意匠を見ることが出来る。
a0289546_12011881.jpg
2階バルコニー。
列柱はイオニア式。
a0289546_12014276.jpg
旧岩崎邸の見学を終え、次は東大本郷キャンパス内に建つジョサイア・コンドル像の見学である。

東大本郷キャンパスは、旧岩崎邸の北側の「無縁坂」を上って行けば、直ぐだ。
ところが、無縁坂は雪が固まり、鏡面仕上げ風となっている。
滑って転んで救急車では、何にもならない。
東大本郷行きは諦め、日暮里の蕎麦や「川むら」へ直行。

無縁坂は登らなかったが、この坂について少しだけ触れておこう。

この無縁坂は、森鴎外の『雁』に登場する。
「...そのころから無縁坂の南側は岩崎の邸であったが、まだ今のような巍々たる土塀で囲ってはなかった。きたない石垣が築いてあって、苔蒸した石と石との間から、歯朶や杉菜が覗いていた。あの石垣の上あたりは平地だか、それとも小山のようにでもなっているか、岩崎の邸の中に這入って見たことのない僕は、今でも知らないが、とにかく当時は石垣の上の所に、雑木が生えたい程生えて、育ちたい程育っているのが、往来から根まで見えていて、その根に茂っている草もめったに苅られることがなかった...」。

岩崎邸の塀は『雁』では土塀となっているが、現在は煉瓦塀である。
煉瓦色が坂の景色をつくっており、森鴎外が眺めた頃の景色とは大いに異なっているのであろう。

森鴎外の『雁』の話を甲武信さんと品濃さんにしたところ、品濃さんから「『無縁坂』といえば、さだまさしですね」との話が出た。
「あれば、長崎のことじゃないですかね」と言ったが、のちほど、調べたところ、さだまさしの『無縁坂』は「東京都台東区池之端1丁目から文京区湯島4丁目へ登る坂、無縁坂を舞台に、息子の年老いた母に対する想いを歌った楽曲である」とあった。
さだまさしの出身地、坂の町、長崎とごっちゃになり、あの無縁坂は長崎の坂道と思い込んでいたようだ。
因みに、さだまさしの、あのフニャフニャとした歌い方は余り好きではないが、あの歌い方がさだまさし調であることもまた事実である。

無縁坂に触れたことでもあり、東大構内のジョサイア・コンドル像についても少々触れておきたい。
この像を初めて訪ねたのは、前述の通り、2009年の夏であった。
いろんな像を眺めるとき、その作者のことがいつも気になるのだが、このときはジョサイア・コンドルの風貌容姿に気を取られ、作者のことまでは思いが及ばなかった。
そのまま月日は経ったが、数ヶ月前、テレビ東京「開運なんでも鑑定団」で新開竹太郎の「牛臥置物」なるものが出品された。
この番組のよいところは、出品物の真贋や評価額のみならず、作者のプロフィールについて簡潔明瞭に解説がなされることである。
新開竹太郎の作品のひとつとして、何と、東大構内のジョサイア・コンドル像が紹介されたのであった。
次回、ジョサイア・コンドル像を訪ねたときには、像に刻まれた「新開竹太郎」の名を探してみたいと思っている。

日暮里の蕎麦や「川むら」にて、東近江の銘酒「喜楽長」を頂戴しながら、趣味の話で大いに盛り上がった。

フォト:2018年1月24日


[PR]

# by ryujincho | 2018-01-25 23:32 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 25日

『ドラポタ佐久平支部便り/史上最強寒波、襲来中』

連日、信州の盟友、大給守さんは、軽トラ4WDで立科のスキー場通い。
重たいランクルより軽トラ4WDの方が下り坂では惰性が少なく、運転がし易く、、軽トラ4WDを愛用しているとのことだ。

1月24日、「山は今朝も吹雪、こんな道を毎日登って、下っています」とのメッセージと共にこんな写真が送られて来た。
a0289546_07103824.jpg
1月25日、「晴天なれど低温、右側の山は蓼科山、今朝の気温はマイナス20℃、標高1500mでは良く冷えます」とのメッセージと共にこんな写真が送られて来た。
a0289546_07132830.jpg
次回は、濡れタオルが凍って棒状になっている様子とか、ハンガーに掛かった濡れTシャツが凍った様子の写真を送って貰うことにしよう。
いやいや、そんなことよりも、遭難だけはなされぬよう、元気な姿で雪を楽しんで貰えればと思っている。

フォト:2018年1月24日、25日、大給守殿提供

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-25 23:31 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(0)
2018年 01月 23日

『雪景色』

1月23日(月曜)、晴れ。
前日は南岸低気圧が通過。
東京近郊では4年ぶりの大雪と。
朝6時半、日課のラジオ体操。
<天守>の窓からの景色を眺めながら。

超広角。
a0289546_18125649.jpg
標準。
a0289546_18143151.jpg
望遠。
里山。
朝霧と相まって雲海に浮かぶ島の如し。
a0289546_18160967.jpg
家々。
a0289546_18172951.jpg
森、そして、ちょいと都会風も。
a0289546_18230459.jpg

フォト:2018年1月23日 6:42~6:45


[PR]

# by ryujincho | 2018-01-23 19:01 | この一枚 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『モズ』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。
北岸を走っていると、ほぼ同じ場所でモズを見掛ける。
ほぼ同じ場所ということは、縄張りの見回りをしているのかもしれない。

梢にとまり、周囲を見渡すモズ。
a0289546_07050368.jpg
a0289546_07054832.jpg
a0289546_07062872.jpg
a0289546_07073037.jpg

フォト:2018年1月21日


[PR]

# by ryujincho | 2018-01-21 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『オオジュリン』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。

手賀沼にオオジュリンの季節がやって来た。
今シーズン、初見のオオジュリン。
a0289546_22210193.jpg

フォト:2018年1月21日



[PR]

# by ryujincho | 2018-01-21 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『カワウとコブハクチョウ』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。

カワウのそばを通過してゆくコブハクチョウ。
なんで、わざわざ、俺さまの近くを通り過ぎるんだと言いたげに
コブハクチョウの方へ目を遣るカワウ。
a0289546_22310552.jpg

フォト:2018年1月21日

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-21 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『シジュウカラ』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。

地鳴きするシジュウカラ。
a0289546_21572287.jpg

フォト:2018年1月21日
[PR]

# by ryujincho | 2018-01-21 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 18日

『ドラポタ走り初め/柴又・矢切・国府台ポタリング/弘法寺』 df-5

1月16日(火曜)、晴れ。
ドラポタ走り初め。
国府台、東京医科歯科大学 市川キャンパス内にある法皇塚古墳を見学したのち、次の訪問先、弘法寺古墳を目指し、松戸街道(県道1号線)を南へ走る。

この辺りは学校や病院が多い。
これはこの辺りが、以前、軍用地であったことと無関係ではないだろう。
軍用地が、学校や病院の用地になったのではないかと思われるので
一昨年の5月、「下総国/国府跡・国分寺跡・総社めぐり」で、この付近にある、国府跡の推定地とされる総社跡(六所神社跡)を訪ねたことがあり、総社跡(六所神社跡)の説明書きに「六所神社は明治9年に須和田へ移転し、軍用地となったあとも『六所の森』としてのこっていました」と書かれており、この辺りが軍用地化されたことが分かる。
また、先刻、訪ねた法皇塚古墳の説明書きには「古墳の墳裾は軍用地整備のためか、一部が石垣となったり、削り取られたりしていて」との記述があり、同じく、この辺りが軍用地化されれたことが分かる。

松戸街道(県道1号線)沿いには、西側に、東京医科歯科大学市川キャンパス、県立国府台高校、和洋国府台女子高、和洋女子大学が、東側には、国立国際医療研究センター国府台病院、市川市国府台スポーツセンター、千葉商科大学などがある。

千葉商科大学を過ぎた辺りから下り坂となる。
この坂道を一気に下ってしまうと、真間川沿いから「真間の継ぎ橋」がある参道を通り、石段を上り、弘法寺に至るということになり、折角、確保している高度を失うこととなるので、坂道の途中で左折し、千葉商科大学の南側の道を東へ進み、弘法寺に至る。

弘法寺の境内に入る。
さて、弘法寺古墳は何処にあるのだろうか?
散策中の地元の人と思しき男性に尋ねてみた。
「あちらに赤門、その左に竹垣が見えるでしょう。その裏に古墳らしきものがあります」。

指差された先は、先ほど、北側から境内に入り、南に進み、左手に本殿、右手に赤門、その奥に真間道場なるものがあった場所である。
即ち、境内の西側である。
「赤門の先には急な下り坂がありましたが、坂道を下るのですか」。
「坂道は下りません。その手前です」。

教えられた通りに進む。
あった!

弘法寺古墳。
a0289546_18321538.jpg
a0289546_18324262.jpg
------------------------------------
弘法寺古墳
全長43メートルの前方後円墳で、築造年代は6世紀後半から7世紀前半と推定されます。
台地の崩壊で、現在は半壊状態となっています。
------------------------------------

道の奥へ進み、古墳を眺める。
a0289546_18414811.jpg
a0289546_18452681.jpg
古墳の先端をアップで。
a0289546_18464714.jpg
「弘法寺古墳」の標識が立っていた方よりもこちら側の方が高さが高いように思える。
しかし、半壊状態でもある。
どちらが前方部で、どちらが後円部なのかは、よく分からない。
古墳は竹垣で囲まれており、反対側には行けないが、反対側は崖のようで、台地の縁に築造されていると思われる。
古墳は南東/北西方向に向いて築造されていると思われる。

帰宅後、もう少し、詳しいことが分からないかとネット検索してみた。

<検索その1>
全長43mの前方後円墳。
分かっているのはこれだけで、以前測量のみが行われ、それ以外の調査は一切行われていない。
国府台台地の一番外れに位置している。
墳丘に登って確認したところ、既に前方部の一部と後円部の凡そ半分は既に崩落しており、一見しては前方後円墳とは見えない形状になってしまっている。

<検索その2>
方位N65度W、墳長43m、後円径推定20m(現存8m)・高3m、前方幅15m・高3m、後前高差±0m

これらの記事によれば、以前は墳丘に上れたときもあったようだ。
墳長43m、前方幅15m、後円径20m、高さ3mという規模は、今の状態からは想像できないほどに崩れてしまっている。

弘法寺古墳を見学したのち、急坂を下り、弘法寺の参道へ出る。
一昨年の5月、「下総国/国府跡・国分寺跡・国分尼寺・総社めぐり」の際に、参道にある真間の継ぎ橋に立ち寄ったことがある。
そのときは、時間の都合上、橋から弘法寺の長い石段と山門を遠目に眺めるだけで、参拝は次の機会としたことがあった。

今回は坂を下ってしまったが、石段近くに jitensha を止め、石段を上り、正規のルート(?)で、弘法寺を参ることにした。

石段下に、高校の野球部員が集まっていた。
今から、石段を上り下りするトレーニングを始めるところであった。
a0289546_07180421.jpg
結構、きつそうな石段である。
a0289546_07203602.jpg
我らも石段を上り始める。
a0289546_07244774.jpg
グリーンのウィンドブレーカーを着た男性は、先ほど、境内で弘法寺古墳の場所を教えて貰った人である。
石段と境内を往復しながら、体力づくりをするのを日課としているようであった。
a0289546_07301057.jpg
石段の途中で一服。
万葉集巻十四の雑歌に目を通す。
a0289546_09282481.jpg
-------------------------------------
足の音せず行かむ駒もが葛飾の
真間の継橋やまず通はむ
(作者不詳 巻十四 雑歌)

真間の継ぎ橋は、弘法寺の山門から国道14号線に至る大門通りに掛けられた橋で、現在は道の両側に赤く塗ったコンクリート造りの欄干が取り付けられています。
この大門通りは、上総国府から海岸沿いに市川砂洲を通って下総国府(国府台)に入るメインストリートでした。
しかし、国府への入り口には真間の入江が開口し、そこには幾つかの洲が出来ていたものと思われます。
その洲から洲に掛けられた橋だとすると「継橋」とは複数の橋であったかも知れません。
位置としては現在とそんなに違った場所ではないと思われます。
既に元禄9年(1696)に鈴木長頼が弘法寺の日貞上人と相談して、忘れ去られようとしている万葉の古跡に碑を立てました。
現在の継橋の袂にその碑が残されています。
「足音をせずに行く駒がほしい。葛飾の真間の継橋をいつも女のもとに通いたい」と訳されています。
平成2年3月
市川市教育委員会
-------------------------------------

この説明書きには、前回、2016年の5月に「真間の継ぎ橋」を訪ねたときにベンキョーしたこと、即ち、下総国府への入り口には真間の入江が開口した地形であったことが織り込まれている。
更に、今回、弘法寺古墳を訪ねたが、古墳時代にまで遡れば、この古墳は海に面した崖の縁に築造されたのだなということも想像出来るのであった。

そして、この説明書きには、同年9月に上総国府跡(国府跡は判明しておらず、推定地4ヶ所)を訪ねたときにベンキョーしたことも織り込まれている。
即ち、平安時代の作、菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)が著した『更級日記』は父親が上総国での任官を終え、京へ向け出立するときのことから書き始められており、上総国から下総国に入るときに、入り江の洲に架けられた「真間の継ぎ橋」を渡ったであろうと当時のブログに綴ったこともあった。

話が脱線した。
弘法寺のことに話を戻そう。

石段を上り切る。
仁王門。
a0289546_09325018.jpg
扁額コレクション。
左右対称の山号である。
a0289546_09343586.jpg
仁王門の天井の<飾り>。
a0289546_09410557.jpg
a0289546_09411942.jpg
浅草寺や成田山新勝寺では大きな提灯が吊り下げられているが、こうした<飾り>を見るのは初めてだ。
こうした<飾り>が正式で、提灯はその代わりなのかもしれない。

扁額や<天井飾り>よりも仁王門で最も大事なもの、仁王像を見ずしては片落ちである。
金網の隙間から仁王像を眺める。

仁王像、阿形。
a0289546_09472028.jpg
仁王像、吽形。
吽形であるから、ウンとアップで。
a0289546_09484076.jpg
仁王門の東側に建つ、鐘楼。
a0289546_09512791.jpg
「この鐘楼が建っているところは、古墳のように見えますね」と、武衛さんと小生の意見は期せずして一致。

別の角度からも眺めてみる。
a0289546_09554995.jpg
a0289546_09564901.jpg
前述の通り、弘法寺古墳について更なる情報はないかとネット検索した。
そのとき、弘法寺古墳のほかに、真間山古墳なるものに関する記述もみつけた。
その記述は、次の通りであった(抜粋)。
----------------------------------
真間山古墳
弘法寺の墓地のすぐ横にあるのが、真間山古墳である。
この古墳は全く史跡表示がないので、恐らく古墳だと気付いている人は殆どいないであろう。
調べてみたところ、全長20mの小型円墳ということである。
見た目は寺の鐘楼が立つ部分と繋がって前方後円墳のようにも見える。
もしかしたら、円墳というのは誤りで、前方後円墳の上に寺の鐘楼台があるのではないかと思わせる。
-----------------------------------

写真、左奥に墓地がある(写真には写っていない)。
その墓地の手前に円墳があるということになる。
その円墳と鐘楼台の建つ盛り土をつなぐと前方後円墳を思わせるということになるのである。
我らは鐘楼台の盛り土を古墳と思ったが、この記述で、我らの想像が全くの的外れということではなかったといえる。
この真間山古墳に関わる情報は我らにとって誠に貴重なものとなった。感謝!
次回、弘法寺を訪ねたときに、奥の墓地の脇にある円墳をこの目で確認しておきたい。

仁王門前から西側を眺める。
右手に、客殿、本殿が並ぶ。
西側正面に、弘法寺古墳の目印ともなる赤門が見える。
a0289546_10291781.jpg
赤門をアップで。
a0289546_10294450.jpg
先ほど、この赤門脇お竹垣を目印に弘法寺古墳の場所を教えてくれ、そのあと、石段を上る後ろ姿も見た男性と再び出会った。
「先ほどは有難うございました」。
「いいものが見つかりましたか」。
「お陰さまで<発見>することが出来ました」。

境内をあとに、石段を下る。
仁王門の向こうでシルエットになっているのは、先ほどの男性と野球部のコーチ。
a0289546_10375859.jpg
野球部員の石段トレーニングは続いている。
a0289546_10410416.jpg

a0289546_10463254.jpg
-----------------------------------
真間山弘法寺(ままさんぐぼうじ)
真間山弘法寺は、略縁起によると、奈良時代、行基菩薩が真間の手児奈の霊を供養するために建立した求法寺がはじまりであり、その後、平安時代、弘法大師(空海)が七堂を構えて「真間山弘法寺」とし、さらにその後、天台宗に転じたとされる。
真間の地は、かつてはすぐ北に六所神社があり、国府が設置されていた古代以来の下総の国の中心地であった。
そのため、ここに古くから寺院があった可能性は高く、本来は国府と密接にかかわる寺院であったとの推測もある。
鎌倉時代、この地に及んだ日蓮の布教をうけて、建治元年(1275)、時の住持了性が日蓮の弟子で中山法華経寺の開祖日常と問答の末やぶれ、日蓮宗に転じ、日常の子で六老僧の一人、日頂を初代の貫主としたと伝える。
鎌倉末期の元亨3年(1323)には、千葉胤貞により寺領の寄進を受け、延文3年(1358)の日樹置文によれば、葛飾郡一帯や千田庄(多古町)に多くの寺領や信徒を擁していたことが知られる。
また、室町・戦国時代には、山下に真間宿または市川宿といわれる門前町が発展し、賑わいをみせていた。
天正19年(1591)、徳川家康より朱印地30石を与えられ、元禄8年(1695)には水戸光圀も来訪したと言われる。
江戸時代は紅葉の名所として知られ、諸書に真間山弘法寺の紅葉狩りことが記されているが、明治21年(1888)の火災のため諸堂は焼失してしまった。
その後、明治23年(1890)に再建され、現在に至っている。
境内には、日蓮の真刻と伝えられる大黒天をまつる太刀大黒尊天堂、水戸光圀が賞賛して名づけたといわれる遍覧亭跡、袴腰の鐘楼、仁王門、伏姫桜とよばれる枝垂桜があり、小林一茶、水原秋桜子、富安風生などの句碑がある。
平成18年3月
市川市教育委員会
------------------------------------

石段を下り、参道を南へ走る。

手児奈霊堂。
a0289546_11024064.jpg
a0289546_11030220.jpg
鳥見写真のおまけ。
霊堂の屋根から南の彼方を眺めるカラス。
a0289546_11033918.jpg
a0289546_11053900.jpg
--------------------------------------
手児奈霊堂
奈良時代のはじめ、山部赤人が下総国府を訪れたという伝承が残っている。
その時に真間の手児奈を詠ったものが万葉集に収録されている。
『われも見つ人にも告げむ葛飾の真間の手児名(奈)が奥津城処(おくつきどころ)』
手児奈霊堂は、この奥津城所(墓所)と伝えられる地に建てられ、 文亀元年(1501)には弘法寺の七世日与上人が、手児奈の霊を祀る霊堂として、世に広めたという。  
手児奈の物語は、美人ゆえ多くの男性から求婚され、しかも自分のため 人びとの争うのを見て、人の心を騒がせてはならぬと、真間の 入り江に身を沈めたとか、継母の仕え、真間の井の水を汲んでは孝養を 尽くしたとか、手児奈は国造の娘で、その美貌を請われ、或る国の 国造の息子に嫁したが、親同士の不和から海に流され、漂着したところが 生れ故郷の真間の浦辺であったとか、さらには神に司える巫女であったり する等、いろいろと形を変えて伝えられている。
万葉の時代から今日に至るまで、多くの作品にとりあげられた真間の地は、 市川市における文学のふる里であるともいえる。            
昭和58年3月 
市川市教育委員会
--------------------------------------

真間の継ぎ橋。
a0289546_11403069.jpg
2016年5月の「下総国府跡・国分寺跡・国分尼寺跡・総社めぐり」の最後は、ここ、真間の継ぎ橋であった。
今回、この地を訪ね、この真間の継ぎ橋から向こうの、手児奈霊堂、弘法寺へと繋がったのである。
2016年5月から2018年1月へと繋ぐ、まさに、”真間の継ぎ橋”なのであった。

斯くして、柴又の「さくら像」の取材が叶い、当初、明戸古墳、法皇塚古墳、弘法寺古墳の3基をめぐるつもりが、真間山古墳も加わり、下総の南西地域、国府台の古墳めぐりは4基を極め、ドラポタ走り初めは誠に結構なポタリングであった。
相棒の武衛さんに感謝!そして、道順や古墳の場所を教えてくれた通りすがりの方々にも感謝!する次第である。

フォト:2018年1月16日

(完)



[PR]

# by ryujincho | 2018-01-18 23:35 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 18日

『ドラポタ走り初め/柴又・矢切・国府台ポタリング/東京医科歯科大構内 法皇塚古墳』 df-4

1月16日(火曜)、晴れ。
ドラポタ走り初め。
里見公園で、明戸古墳石棺や国府台城跡を見学後、次は、東京医科歯科大市川キャンパス内にある法皇塚古墳を目指し、東へ走る。

住宅街を抜けると県道1号線に突き当たる。
その右手が東京医科歯科大市川キャンパスである。

正門を入る。
守衛室も事務所もない。
構内に入るのはフリーパスのようだ。
ということで、フリーパスで入れて戴く。

正門近くに立つ案内図を見る。
a0289546_10371296.jpg
前方後円墳の姿がくっきりと図示されている。
その手前の広場の名は、法皇塚広場。
どんな古墳なんだろうと、何だか、嬉しくなってくる。
a0289546_10392460.jpg
構内を進む。
南東側から眺める。
自販機の奥の、森のように見えるのが法皇塚古墳。
a0289546_10482070.jpg
南西側から眺めてみる。
a0289546_10503513.jpg
説明板に目を通す。
a0289546_10555007.jpg
個々の資料をアップで。
a0289546_11043987.jpg
----------------------------------
法皇塚古墳
この古墳は、直径58m、高さ5mという市川市最大の前方後円墳です。
昭和44年の発掘調査のとき、後円墳から横穴式石室を有する主体部が発見され、そこから甲冑、太刀、鉄鏃、ガラス玉、馬具関係品、その他の副葬品が発見されました。
これらの副葬品を納めた古墳は、今までに下総南部の地域では認められなかった極めて貴重な存在で、築造年代は6世紀前半の頃と思われます。
また、出土品は市川考古博物館に展示されています。

東京医科歯科大学教養学部
-----------------------------------

a0289546_11274725.jpg
a0289546_11280533.jpg
a0289546_11281985.jpg
a0289546_11075530.jpg
----------------------------------
法皇塚古墳
市川市国府台二丁目、東京医科歯科大学構内の北端に位置する。
この付近は、里見公園から須和田丘陵に連続するその中継地点に当たり、明戸古墳には北方200m、弘法寺古墳には南方約300mで達する。
江戸川沿いの南北に細長い丘陵の末端近くに位置することになり、かつては江戸川を一望のもとに収めることのできた佳勝の地であったに違いない。

明治年間に軍用地整備のため、国府台一帯が整地された際にも、墳裾以外はあまり手を加えることがなかったと伝えられている。
従って、現在でも墳丘の全容をみることができる。

昭和26年、故後藤守一博士が発掘調査されたことがあるが、この時は北側の封土をかなり深くまで発掘したが、埋葬主体は発見できず、わずかに家形埴輪片を含む若干の遺物を採集したにとどまったと言われる。

昭和40年春、明治大学考古学研究室が墳丘及び付近の地形測量を実施した。
その結果、法皇塚古墳は、下総西南部の地域では最大の前方後円墳であることが判明した。
即ち、前方部を西側に向けて主軸方位N40度Wを指し、長軸全長58m、後円部径現存24m、高さは5mあまり、前方部先端幅現存28m、高さはやはり5mあまりを測る。
古墳の墳裾は軍用地整備のためか、一部が石垣となったり、削り取られたりしていて、明確にその規模を把握できないが、測量図をもとにして復原してみると、主軸全長65m、後円部直径30m、前方部の幅35m、高さは前方部・後円部ともに5.5mほどの規模となる。
後円部よりもやや前方部の発達した段階の古墳の姿を示しているとみてよいであろう。

次いて、昭和44年3月に法皇塚の発掘調査を実施することになった。
調査は市川市の委嘱のもとに明治大学考古研究室がこれを行った。

発掘調査の結果、法皇塚古墳の埋葬主体は後円部に造られた横穴式石室であることが判明した。
石室は西南に向かって開口し、軟質の凝灰岩や硬質砂岩を中心とするので、架構したものが全く痕跡をとどめていなかったが、石室床面は板石を亀甲張りしたもので、豊富な副葬品が検出された。
また、墳丘には埴輪片が散在しており、いずれも原位置を保って埋置してあったり、石室玄関近くに人物埴輪が発見されたりしたことが、それを証していると思われる。
かつて故後藤守一博士が、前方部において家形埴輪を採集されたことも、前方部における埴輪埋置の方法を探る上で極めて貴重な資料と言わねばならない。

発見された副葬品
①甲冑 一領、②太刀 四口分、③鉄鏃 一括、④馬具鏡板付轡 一対、⑤馬具轡 一対、⑥鉄地金銅張雲珠 二個、⑦地金銅張辻金具 二個、⑧地金銅張鞍金具 一具分、⑨鉄製輪鎧片、⑩銅釧 一対、⑪ガラス丸玉 一括、⑫鉄地金銅張留金具 一括、⑬鉄具片、⑭金銅装帯状飾金具 一帯分、⑮用途不明鉄器 一括、⑯人骨及び歯牙 一括
以上の副葬品は、市川考古博物館(市川市北国分町)に展示されています。

東京医科歯科大学 教養学部事務部総務掛
(参考文献 市川市史第一巻原始の古代より)
-----------------------------------

これらの説明に目を通し、写真を撮っていたところ、「縦書きかと思ったら、横書きでした」と武衛さんの声が。
武衛さんの声は、掲示板の説明書きに目を通したあと、南側の墳裾に置かれた、もうひとつの説明板に目を通していたときに発されたものであった。
a0289546_00485752.jpg
武衛さんの声が聞こえていなければ、縦書きで読みそうになる書き方である。
内容は前掲の説明と同じであるが、記録としてこれも読み下しておこう。
縦書きで読みそうになる横書きなので、段落は原文通りで記しておこう。
なお、原文では、標題の「法皇塚古墳」の「法皇」が「法王」となっているのはご愛嬌ということにしておこう。
--------------------------------------
法王塚古墳(前方後円墳)
 昭和43年3月、明治大学考古学研究
室によって発掘調査が実施されてもの
で、埋葬主体は後円部に造られた横穴
式石室であり、墳形、埋葬施設、副葬
品の検討から古墳時代の末期に築造さ
れたものであることが判明した。
 古墳は、軍用地整備のため、一部分
が石垣となったり削り取られたりして
明確にその規模を把握できないが、測
量図をもとに復原してみると、主軸全
長65米、後円部直径30米、前方部の幅
35米、高さ前方部、後円部ともに55米
ほどの規模で、下総西南地域で最大の
古墳である。
--------------------------------------

法皇塚古墳の全体を眺めるべく、南側の説明板の位置から時計回りで古墳を一回りしてみることにした。

西側から。
前方部の先端部分。
a0289546_07420125.jpg
北西部から。
左手/後円部、右手/前方部。
a0289546_07445658.jpg
少し先へ進み、北東から。
左手/後円部、右手/前方部。
a0289546_07492130.jpg
古墳に近づいてみる。
後円部。
a0289546_07513023.jpg
前方部と後円部をつなぐ凹の部分。
a0289546_07531264.jpg
前方部。
a0289546_07540002.jpg
墳頂の中ほどに立つ。
後円部に生える、大きな古木。
a0289546_07554711.jpg
前方部に生える木々。
a0289546_07564651.jpg
北側から。
後円部の先端と、大学の建物。
a0289546_09125873.jpg
もう一度、説明書きにあった古墳の規模をリピートしておこう。
---------------------------------------------
前方部を西側に向けて主軸方位N40度Wを指し、長軸全長58m、後円部径現存24m、高さは5mあまり、前方部先端幅現存28m、高さはやはり5mあまりを測る。
古墳の墳裾は軍用地整備のためか、一部が石垣となったり、削り取られたりしていて、明確にその規模を把握できないが、測量図をもとにして復原してみると、主軸全長65m、後円部直径30m、前方部の幅35m、高さは前方部・後円部ともに5.5mほどの規模となる。
後円部よりもやや前方部の発達した段階の古墳の姿を示しているとみてよいであろう。
-----------------------------------------------

古墳上に積もる落ち葉を踏みしめながら、昨年5月の「上野国史跡めぐり」で、太田市内の天神山古墳、女体山古墳、塚廻り古墳と3基の古墳をめぐったとき、女体山古墳で周堀跡に溜まった落ち葉を搔き集め、袋詰めにしていた農家の人と、暫し、歓談したことを思い出した。

先ほど、訪ねた明戸古墳石棺の説明書きの中に「考古博物館による測量図」があった。
そして、ここ、法皇塚古墳の説明書きの中に「出土品は市川考古博物館に展示されています」と書かれていた。
一昨年の5月、「下総国/国府跡・国分寺跡・総社めぐり」の途中、市川考古博物館を訪ねたことがある。
そのときは、下総国府跡や下総国分寺・国分尼寺跡関連の展示や、古代寺院の龍角寺関連の展示に気を取られ、法皇塚古墳の出土品が展示されていたという記憶はない。
次回、市川考古博物館を訪ね、古墳時代の展示をじっくりと見学してみたい。

次の訪問先は、弘法寺境内にある弘法寺古墳だ。
東京医科歯科大 市川キャンパスから弘法寺へ向け、県道1号線を南へ走る。

フォト:2018年1月16日

(つづく)

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-18 23:34 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 18日

『ドラポタ走り初め/柴又・矢切・国府台ポタリング/里見公園内 国府台城跡、明戸古墳』 df-3

1月16日(火曜)、晴れ。
ドラポタ走り初め。
矢切の、野菊の墓文学碑と国府台合戦地跡を訪ねたのち、松戸街道(県道1号線)沿いの蕎麦やで鴨南蛮をたぐり、昼餉と摂る。
江戸川左岸サイクリングロードに戻ることなく、松戸街道(県道1号線)を南へ向け、走る。

目指すは、里見公園。
里見公園は、国府台城跡ということで訪ねることにしたのだが、企画の段階で里見公園や国府台城跡のことを調べていたところ、次のようなことが分かった。
里見公園内には、国府台城跡のほかに、前方後円墳の明戸古墳がある。
明戸古墳の盛り土は築城に使われてしまっており、野ざらしの石棺が2基ある。
おお、何と、明戸古墳という前方後円墳があるのか!
史跡めぐりの中で、古墳めぐりは主要なテーマとなっており、この情報を見て、大いに喜んだ。
更に、明戸古墳のことを調べていたところ、この付近に、法皇寺古墳(東京医科歯科大 市川キャンパス内)と弘法寺古墳(弘法寺境内)があることも判明。
益々、喜んだ。
これにて、下総南西地域、国府台の台地に築かれた三古墳めぐりの企画が成立したのであった。

県道1号線を南へ向け、走る。
この道を利用する車両は多く、その割に道幅は狭く、自転車にとっては走り難い道である。
そろそろ右(西)に入らないと、里見公園を通り過ぎてしまうかもしれない。
エイ、ヤー、この辺りで曲がってしまえと横道に入り、しばらく走ると、T字路にぶつかった。
さて、右か左かと考えたとき、武衛さんが「上総さん、ここに案内標識がありますよ」と。
T字路の左肩に立つ標識に「総寧寺 50m→」その他いくつかの行き先の案内がある。
里見公園の案内はないが、事前調べで地図を見たときに、里見公園の北側に総寧寺なる寺院があることを知っていた。

50メートル先の安寧寺に至る。
丁度、通り掛かった近所の住人と思しき婦人に里見公園への道を尋ねた。
「緫寧寺と里見公園は隣合わせ。この道を真っ直ぐ南へ行くと公園の入り口があります。公園の中は自転車が入れないはずなので、入り口の駐輪場に置かれるのがよいでしょう」と懇切丁寧に教えてくれt。

「曹洞宗 里見城跡 緫寧寺」と刻まれた石標。
a0289546_12485913.jpg
説明板に目を通す。
a0289546_12573588.jpg
安国山 総寧寺。
--------------------------------------
総寧寺はもと、近江国観音寺の城主佐々木氏頼により、永徳3年(1383)通幻禅師を開山として、近江国五槻庄樫原郷(さつきのしょうかしはらごう、滋賀県坂田郡近江町)に建立された曹洞宗の寺院であった。
ところが、天正3年(1575)に至って、小田原城主北条氏政が、寺領20石を与えて下総国関宿(千葉県関宿町)に移した。
その後、関宿の地はしばしば水害を被ったため、寛文3年(1663)遂に徳川4代将軍家綱に願って国府台に移った。
その折、幕府は寺領として128石5斗余、山林6万7千余坪を与えている。
総寧寺は古くから一宗の僧録に任ぜられていたが、徳川家康が天下を掌握すると宗門の統一支配の面から、総寧寺の住職に全国曹洞宗寺院の総支配権を与え、一宗の大僧録に任じたのである。
しかも歴代住職は10万石大名の格式を以て遇せられ、江戸小石川には邸(やしき)が与えられた。
総寧寺の格式の高さは今日に残る下馬石によっても分かる。
明治5年(1872)学制の施行によって、第一学区の大学校舎を総寧寺境内に建設することになったが、それは後、陸軍用地となり、昭和33年現在の里見公園となった。
本寺の境内には、関宿より移された小笠原政信夫妻の供養塔である2基の五輪塔、小川稽古斎碑をはじめ、国府台合戦の伝説にまつわる夜泣石等を存する。
昭和54年3月
市川市教育委員会
--------------------------------------

緫寧寺の境内を少し散策。
境内の南側に公園が見えるが、金網の塀で隔てられている。

婦人に教えられた通り、真っ直ぐ南へ行くと右手に里見公園の入り口が見えて来た。
入り口に入ると坂道。
台地でも公園(というか、国府台城跡)は一段低いところに位置していることとなる。
駐輪場に jitensha を止める。

公園内を歩く。
「国府台城跡」の銘板。
a0289546_16412463.jpg
「房総の魅力500選/市川の里見公園」。
a0289546_16450861.jpg
--------------------------------
房総の魅力500選
「房総の魅力500選」は、昭和58年に千葉県の人口が500万人に達したのを記念し、魅力あるふるさとづくりの一環として昭和63年1月に選定されたものです。
市川の里見公園
この公園は、戦国時代に里見氏などの房総勢と小田原の北条氏が二度も戦った古戦場跡で、今でも土塁や空堀の跡が残されえいます。
昭和33年に現在の公園となり、桜の名所として市民に親しまれています。
園内には、明戸古墳石棺、羅漢の井、里見諸将群霊墓などがあり、古い歴史を物語っています。
また、北原白秋の旧宅「紫烟草舎(しえんそうしゃ)」が昭和44年に移築復元されています。
千葉県
---------------------------------

「国府台城跡」。
a0289546_16553992.jpg
-----------------------------------
国府台城跡
「鎌倉大草紙によれば、文明10年(1478)扇谷上杉氏の家宰太田道灌が「下総国府台」に陣取り、仮の陣城を構えたとあり、国府台城のはじまりであるとする説がある。
道灌は武蔵にいた千葉自胤を助け、敵対する千葉孝胤と戦うためここに陣取り、境根原(柏市)に出陣し、孝胤を破っている。

これより以前の康正2年(1456)千葉自胤は兄の実胤と共に「市川城」に立て籠もり、足利成氏に対抗していたが、簗田出羽守らにより城を落とされ、武蔵石浜(台東区)に逃れた。
この「市川城」と太田道灌の陣城との関係が注目されるが、同じものかどうかは不明である。

国府台は標高20~25mの下総台地の西の端であり、江戸川に平行して南へ張り出した大きな舌状の丘陵であり、現在に里見公園の中に土塁状の城郭遺構が現存している。
そして、公園の北に向っても城郭の遺構らしきものが確認される。

公園内の遺構は破壊が激しく、築城時期を想定する事は難しいが、太田道灌の時代よりは後の時代に属する、とする推定もある。

この地は、その後、天文と永禄の二度にわたり、小田原の戦国大名北条氏と安房の里見氏により行われた国府台合戦の舞台となっている。
天文7年(1538)の合戦は小弓公方足利義明・里見義堯らが戦ったもので、小弓(千葉方)に拠点を定めた義明と北条家が担ぐ本家筋の古河公方方との戦いである。
これに対して永禄7年(1564)の戦いは、着々と東国に覇権を確立せんとしていた北条氏康と、これに対抗する里見義堯・義弘らの戦いであった(前年の永禄6年にも合戦が行われたという説もある)。

永禄の合戦の結果、北条軍は圧勝し、里見方は盟友である、正木氏の一族など多くの戦死者を出し安房へ敗走する。
現在の国府台城跡は、この合戦のなかで激突する両陣の争奪の場となり、戦後、北条氏の手により規模が拡大強化され、初期のものから戦国時期の城郭に進化した、とする説もある。

現在の里見公園には、江戸時代になってから作られた里見軍の慰霊のための供養塔がたてられている。
この地はその後、里見八景園という遊園地の敷地となり、その後は軍用地となり、終戦を迎えている。

平成18年3月 市川市教育委員会
------------------------------------

過去、「太田道灌ゆかりの地を訪ねて」と銘打って各地をポタリングしたこともあり、冒頭の「文明10年(1478)扇谷上杉氏の家宰太田道灌が『下総国府台』に陣取り、仮の陣城を構えたとあり、国府台城のはじまりであるとする説がある」という情報で、「太田道灌ゆかりの地」がまた増えたこととなった。
嬉しい。

里見公園訪問のメインの目的は、明戸古墳石棺。
園内の何処にあるのだろうと、案内図を眺める。
a0289546_17242133.jpg
案内図によれば、明戸古墳石棺は北西の奥の方にある。
園内を歩くも、よくは分からず、手前の方をぐるっと回って元の場所に戻ってしまった。
もっと奥だろうと、西側の道を奥へ、奥へと進む。

石垣が見えて来た。
元は古墳であったろうと思わせる大きな盛り土も見えて来た。
明戸古墳、そして、古墳の盛り土を崩して築城されたともいわれる国府台城跡の区域に入ったようだ。

石垣の上に竹垣で囲まれた石碑3基と置き石。
a0289546_17543060.jpg
「里見広次並びに里見軍将士亡霊碑」。
碑は写真の右奥にちらっと見えている。
a0289546_17384560.jpg
---------------------------------------
里見広次並びに里見軍将士亡霊碑
永禄7年(1564)1月4日、里見義弘は8千の軍勢をもって国府台に陣を構え、北条氏康の率いる2万の兵を迎え撃ちました。
しかし、8日払暁、北条軍は寝込みを襲い、里見の陣地目がけて一斉に攻撃をかけたのです。
鬨の声に驚いた里見軍は「あるいは鎧、太刀よ馬に鞍おけと呼びまた太刀一振り鎧一領に2人3人取付て我よ人よとせり合い、兜許りで出づるもあり鎧着て空手で出づるものあり」という狼狽ぶりを呈しました。

この合戦で敗北した里見軍は、里見広次、正木内膳らをはじめとして戦死するもの5千名と伝えております。
その後、里見軍の戦死者の亡霊を弔う者もなく、やっと文政12年(1829)に至って、里見将士群亡塚(左側)里見諸将霊墓(中央)が建てられ、また年代は不祥ですが、石井辰五郎という人によって里見広次公廟(右側)が建てられました。

ここに265年の歳月を経てようやくこの地で討死した里見軍将士の亡霊が慰められ、今日に残されたものです。
---------------------------------------

「夜泣き石」伝説。
a0289546_17582876.jpg
---------------------------------
「夜泣き石」伝説
伝えによると、国府台の合戦で北条軍に敗れた里見軍は多くの戦死者を出しました。
このとき、里見軍の武将里見弘次も戦死しましたが、弘次の末娘の姫は、父の霊を弔うため、はるばる安房の国から国府台の戦場にたどり着きました。
未だ12、3歳だった姫は、戦場跡の凄惨な情景を目にして、恐怖と悲しみに打ちひしがれ、傍らにあったこの石にもたれて泣き続け、ついに息絶えてしまいました。
ところが、それから毎夜のこと、この石から悲しい泣き声が聞こえるようになりました。
そこで里人たちはこの石を「夜泣き石」と呼ぶようになりましたが、その後、一人の武士が通りかかり、この哀れな姫の供養をしてからは、泣き声が聞こえなくなったといいます。
しかし、国府台合戦の記録は、里見弘次は永禄7年(1564)の合戦のとき15歳の初陣で戦死したことになっています。
この話は里見公園内にある弘次の慰霊碑が、もと明戸古墳の石棺近くに夜泣き石と共にあったところから、弘次にまつわる伝説として語り伝えられたものと思われます。
平成4年3月
市川市教育委員会
---------------------------------

後ほど、明戸古墳石棺の説明書きで知ることとなるのだが、石棺の蓋と思われる板石が「夜泣き石」の台座に使われているという。
今一度、台座を眺めてみる。
そういわれてみれば、そのように見える。
a0289546_18163471.jpg
更に奥へ進む。
右手に、これも古墳の名残かと思わせるような、こんもりとした高台がある。
これに上ってみる。
「市川市最高標高地点(標高 30.1m)」の標識が立っている。
a0289546_00210416.jpg
a0289546_00220602.jpg
東の縁からグッと下がっており、その下は墓地となっている。
先ほど訪ねた総寧寺の境内の西にあった墓地である。
総寧寺や公園の南側は台地の中でも低い位置にあり、公園の北の奥は台地が一層高く立ち上がっている地形なのである。

市川市最高地点から南側を眺める。
こんもりとした盛り土に木々が生えている。
古墳の名残かもしれない。
a0289546_00301115.jpg
市川市最高地点から西側を眺める。
眼下に池が見える。
国府台城跡の空堀が池になったのかもしれない。
a0289546_00324659.jpg
鳥見中の Birderさんがいた。
「何狙いですか?」。
「シロハラです」。
池の近くに鳥が見える。
遠目にはツグミに見える(シロハラはツグミ科であるから、そう見えても不思議ではない)。
「この辺りに石棺があると思うのですが、ご存知でしょうか」。
「セキカン?」。
「古墳から出土した石棺、石の棺です」。
小生も鳥見が好きだが、今日は鳥見モードではなく、古墳モード。
Birderさんは、当然のことながら鳥見モードであるから、小生の言葉「石棺」を鳥の「セッカ」かと思い、「セキカン?」と聞き直したのかもしれない。
「石棺なら、向かいの高台の端にありますよ」と右手方向(北西)を指差して教えてくれた。

Birderさんに教えて貰った方向へ進んで行った。
それらしきものが見えて来た。
a0289546_00434599.jpg
市指定重要有形文化財 明戸古墳。
a0289546_00494040.jpg
a0289546_00510775.jpg
a0289546_00531396.jpg
--------------------------------------
明戸古墳石棺
明戸古墳は、全長40mの前方後円墳です。
周辺からは埴輪が採集され、埴輪から6世紀後葉に造られたことがわかります。
2基の石棺は板石を組み合わせた箱式石棺で、後円部墳頂近くに造られ、今でもその位置を保っています。
かつての写真から石棺の蓋と思われる板石は、里見公園にある「夜泣き石」台座になっています。
石材は黒雲母片麻岩で、筑紫石と呼ばれるものです。
石材は筑波山麓から切り出され、霞ケ浦・手賀沼・江戸川の水運を利用して運ばれたものと思われます。

この2基の石棺は、天保7(1836)年に発行された「江戸名所図会」に「石櫃2座。同所にあり。寺僧伝え云う、古墳2双の中、北によるものを、里見越前守忠弘の息男、同性長九郎弘次といへる人のはかなりという。一ツはその主詳ならず。或は云う、里見義弘の舎弟正木内膳の石棺なりと。中古土崩れたりとて、今は石棺の形地上にあらわる。その頃櫃の中より甲冑太刀の類および金銀の鈴・陣太鼓、その余土偶人等を得たりとて、今その一二を存して総寧寺に収蔵せり。按ずるに、上世の人の墓なるべし。里見長九郎及び正木内膳の墓とするは何れも誤りなるべし。」と書かれ、図も描かれています。
「江戸名所図会」によって19世紀にすでに石棺があらわれていたことがわかるばかりか、失われた出土資料を知ることができます。

平成16年3月
市川市教育委員会
--------------------------------------

「石材は筑波山麓から切り出され、霞ケ浦・手賀沼・江戸川の水運を利用して運ばれたものと思われます」とある。
古墳時代の霞ケ浦・手賀沼・江戸川は「香取海」であったと思われる。
龍角寺古墳群(千葉県印旛郡栄町)の岩屋古墳(龍角寺105号墳、7世紀中頃)の石室の石材も筑波山系片岩であった。
筑波山系の石材は下総各地の古墳の築造に使われていたということが分かる。
筑波山の西側のサイクリングロード「つくばりんりんロード」を走ると、何軒かの石材店を見ることがあり、昔も今も筑波山は良質の石材を産出しているのである。

昭和57(1982)年の考古博物館による測量図。
a0289546_01242465.jpg
国府台城築城のため、明戸古墳の盛り土が切り崩されたとしても、もし、この場所に古墳があったとせば、この測量図からして、前方部を北に向けて築造された前方後円墳ということになる。

「江戸名所図会」に描かれた国府台。
a0289546_01300355.jpg
測量図と江戸名所図会のふたつの資料から、古墳は下総西南の台地の縁、江戸川を見下ろす場所に築かれたといえる。

再び、泣き石の辺りまで戻り、台地の縁から江戸川を眺望する。
a0289546_01405024.jpg
a0289546_01414252.jpg
a0289546_01434993.jpg
正面に、富士と東京スカイツリー。
左から、大山(1252m)、三ノ塔(1206m)、塔ヶ岳(1491m)、丹沢山(1567m)、東峰(1345m)、蛭ヶ岳(1673m)、富士山(3776m)、袖平岳(1432m)、大室山(1588m)、御正体山(1682m)、鹿留山(1632m)、山倉山(1470m)、朝日山(1260m)、大峰山(841m)、二十六夜山(972m)。

この日は14℃、1月半ばとしては気温は高めで、しかも、午後でもあり、霞んで富士山は見えない。
冬晴れの午前中であれば、富士山がくっきりと見えるだろう。

展望台近くの、里見公園案内図。
a0289546_02023245.jpg
冒頭に掲載した、公園入り口近くで見た案内図は誠に分かり難かったが、この案内図は分かり易い。
この案内図を公園の入り口近くに掲げてくれていれば、明戸古墳石棺へ容易に行けたであろう。
公園内に「明戸古墳石棺 〇〇メートル →」というような標識を設けてくれれば、なお良い。

Birderさんに場所を聞き、明戸古墳石棺を見学することが出来、満足!

次は、東京医科歯科大 市川キャンパス内にある法皇塚古墳だ。
里見公園から東へ向かう。

フォト:2018年1月16日

(つづく)

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-18 23:33 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 18日

『ドラポタ走り初め/柴又・矢切・国府台ポタリング/矢切』 df-2

1月16日(火曜)、晴れ。
ドラポタ走り初め。
柴又から新葛飾橋を渡り、矢切へ。

江戸川左岸の土手のサイクリングロードから矢切の渡しを眺める。
「去年5月、矢切の渡しを渡ったときに、矢切の渡船場に細川たかしの『矢切の渡し』と刻まれた碑を見ました。見に行きましょか」。
「それはカットして、野菊の墓文学碑と国府台合戦地跡へ行きましょう」。
「では、東の台地を目指して」。

江戸川左岸の土手のサイクリングロードから外れ、東の台地へと向かう。
昨年5月に走った道なので、迷うことはない。
坂道を上る。
昨年5月は、初めて上る坂道で、その距離が分からなかったので、きつい上り坂だなと思ったが、坂道の距離を知っている今回は楽々で上り切った。

野菊の墓文学碑。
写真と文は、昨年5月に綴ったブログのそれらを流用して。
a0289546_1745367.jpg
---------------------------------
野菊の墓文学碑
僕の家といふは、矢切の渡しを東へ渡り、小高い岡の上でやはり矢切村と云っている所。
崖の上となっているので、利根川は勿論中川までもかすかに見え、武蔵一ゑんが見渡せる。
秩父から足柄箱根の山々、富士の高峰も見える。
東京の上野の森だと云ふのもそれらしく見える。
村はづれの坂の降口の大きな銀杏の樹の根で民子のくるのを待った。
ここから見下ろすと少しの田圃がある。
色よく黄ばんだ晩稲に露をおんで、シットリと打ち伏した光景は、気のせゐか殊に清々しく、胸のすくやうな眺めである。
伊藤左千夫著 野菊の墓より
昭和三十九年十月
門人 土屋文明 識
---------------------------------

「保渡田古墳群(群馬県高崎市)へ行ったとき、その近くに、土屋文明記念文学館なるものがありましたね」。
「そうそう、ありました、ありました」。
「また、上野国史跡めぐりで、あの辺りに行くことがあったら、土屋文明記念文学館に寄ってみましょう」。

「伊藤左千夫は、何故、『野菊の墓』の舞台を矢切にしたのでしょうね」。
「さて?この界隈が出身地ではなかったはずだし。後ほど、調べておきましょう」

帰宅後、調べてみた。
答えは、今のところ、不明ならが、次の通り、あれこれ推測しみた。
1864年、上総国武射(むさ)郡殿台村(現・千葉県山武市)の生まれ。
1913年、東京府南葛飾郡大島町大字亀戸の仮寓で死去。
『野菊の墓』は、1906年、雑誌「ホトトギス」に発表。
作品の舞台となったのは、千葉県松戸市矢切付近であり、矢切の渡しは、政夫と民子の最後の別れの場となった所である。
これらのことを勘案すると、伊藤左千夫は、亀戸から柴又へ、柴又から矢切の渡しで矢切に渡るなど、この辺りを散策しながら、矢切を舞台に小説を書いてみようと思ったのかもしれない。

史跡 国府台の戦争。
野菊の墓文学碑と同じ敷地内に「史跡 国府台の戦争」なる説明板がある。
史跡めぐりをテーマとしている我らにとって、これは大事なことであり、武衛さんをここに案内したのは、国府台合戦地跡を紹介したいためでもあった。

写真と文は、昨年5月に綴ったブログのそれらを流用して。
a0289546_18555664.jpg
--------------------------------
史跡 国府台の戦争
今から約400年前、この国府台で二度の戦争があった。
それぞれ敵味方・千人以上の戦死者がここに死かばねをさらした。
今の真間山から松戸駅東側の台地までを国府台といい、第一回の戦争は、天文7年(1538年)10月7日、相模台の合戦ともいい、これを前(さき)の国府台合戦という。
第二回は、これより25年後、永禄7年(1564年)正月7日の合戦でこれを後(のち)の国府台合戦という。
それはここ矢切台で戦われた。

合戦の背景
この時代の関東地方はだいたい小田原の北条氏の勢力下にあり、松戸太谷口城主 高城(たかぎ)氏や、千葉氏、原氏などもその支配下にあった。
これに対して安房上総地方を侵略して勢力を拡大した里見氏は、県北の下総地方へも手を伸ばして、千葉、原、高城氏らを攻め、やがて、北条氏をも破って関東の実権を握ろうと野望をいだいて、茨城の佐竹氏を通して上杉謙信とも手を結んだ。

合戦のもよう
矢切側には里見義弘を大将として八千騎、これに対して江戸川柴又、小岩側に北条側は、江戸城代家老 遠山丹波守直景と葛西の富永三郎右衛門尉を先陣として着陣した。
この時、小金大谷口城主 高城氏も北条方に加勢のため、下矢切大堀外(今の矢切神社東側)に陣を張り、遠山軍を助けた。
遠山、富永等は大将 北条氏康、氏政父子の到着を待たず、矢切の渡しを押し入り、国府台から栗山、矢切へかけての里見軍へ攻め寄せた。
遠山軍に押された里見軍は、いったん退却するかに見せかけたが、勢いにのった遠山軍が大坂の途中まで攻め登った所を、一挙に坂上から攻め落とした。
北条方の勇将 富永三郎右衛門尉は、朝からジュンサイ池付近から大堀へかけて馬を縦横に馳せて奮戦したが、大坂上で落馬した所を折り重なって里見方に首を渡した。
その場所は、ここ文学碑わきの坂道であった。
又、遠山丹波守は、この坂下坂川の手前、「カイカバ曲がり目の内野」という所で、里見方の里見山之介という16才の少年にその首を打たれた。
この日の戦いは北条方の敗北で、柴又陣に引き退いたが、この夜半、戦勝の酒に酔いしれた里見軍の将兵は、北条氏の大軍にはさみ打たれ、さんざんの大敗戦となり、大将 里見義弘は市川の須和田から中山をへて安房に逃れたが、その後再起することはなかった。
本土寺過去帳に「コウノ台ニテ上下諸人 遠山殿 江戸城主 癸亥正月 其外千余人」と記されている。
南無...
昭和45年正月
撰文 奥山儀八郎
矢切地区風致保存会
--------------------------------

国府台は幾度かポタリングしている。
武衛さんとは、2016年の5月に「下総国史跡めぐり/国府跡・国分寺跡・総社を訪ねて」と銘打ち、国府台をめぐった。
これにて、国府台の史跡は、ほぼほぼ知っていると思っていたが、これは思い込みであった。
昨2017年の5月にこの説明板に目を通しながら、新たにいろいろなことを知ることとなり、当時、次のように整理していた。
■真間山から松戸駅東側の台地まで全体的に「国府台」と呼ぶほか、台地の部分、部分には「相模台」や「矢切台」という名もあるのだ。
■北条・高城・千葉・原氏連合軍 vs 里見氏軍の合戦。
 里見氏は下総まで進出していたのであった。
■高城氏の居城であった小金大谷口城跡(小金城跡)を何れ訪ねてみよう。
■里見城跡がある里見公園も何れ訪ねてみよう。・・・※今回の企画に。
■ジュンサイ池は、以前、訪ねたことがあるが、戦跡として改めて訪ねてみよう。
■紫陽花や花菖蒲でも有名で本土寺(松戸市)には国府台合戦を示す過去帳が残っているとは。
 戦跡の関連として改めて訪ねてみよう。
■説明文の「北条方の勇将 富永三郎右衛門尉は朝からジュンサイ池付近から大堀へかけて馬を縦横に馳せて奮戦したが、大坂上で落馬した所を折り重なって里見方に首を渡した。その場所は、ここ文学碑わきの坂道であった」の記述に反応し、野菊の墓文学碑と野菊苑展望台を結ぶ陸橋から坂道を眺めた。
a0289546_1982163.jpg
■「小金大谷口城主 高城氏も北条方に加勢のため、下矢切大堀外(今の矢切神社東側)に陣を張り」とある
 矢切神社は、この坂を上りきった辺りにあり、次回、訪ねてみよう。。
■説明文の最後に「大将 里見義弘は市川の須和田から中山をへて安房に逃れたが...」とある。
 須和田は1年前に訪ねた六所神社のある辺りのことである。
 この六所神社は総社跡ではなく、移転後の新しい神社であり、本来は立ち寄る必要はなかったが、
 敬意を表して立ち寄ったのであったが、何処へでも立ち寄っておれば何かの役に立つものである。

野菊の墓文学碑から陸橋を渡り、野菊苑展望台へ。
展望台から江戸川方面を一望。
写真は昨年5月のものを流用。
a0289546_1743692.jpg
江戸川を挟んで、手前の松戸市は畑が広がる。
一方、東京都側は東京スカイツリーがそびえ、江戸川の土手近くまで住宅が迫っている。

昼餉時となった。
当初の計画では、坂を下り、再び、江戸川左岸サイクリングロードに出て、里見公園を目指すつもりでいたが、コンビニで昼餉を調達し損ねたので、松戸街道(県道1号線)沿いの店で昼餉を摂ることにし、松戸街道(県道1号線)を目指し、台地を東へ向け、走った。

フォト:2017年5月12日(アーカイブより蔵出し)

(つづく)


[PR]

# by ryujincho | 2018-01-18 23:32 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 18日

『ドラポタ走り初め/柴又・矢切・国府台ポタリング/柴又』 df-1

1月16日(火曜)、ドラポタ走り初め。
コースは
JR松戸駅
~柴又/さくら像、帝釈天
~矢切/野菊の墓文学碑、国府台合戦地跡
~国府台/里見公園内、国府台城跡、明戸古墳
~国府台/東京医科歯科大 市川キャンパス内、法皇塚古墳
~真間/弘法寺、弘法寺古墳、手児奈霊神堂
~JR市川駅

メンバーは、武衛さんと上総の2名。
大給守さんは、ちょうど1年前に信州に隠居し、遠方にて出馬は叶わず。
伊豆守さんと南国守さんは、諸般の事情にて、ここ暫く出馬は叶わず。

JR松戸駅から江戸川を渡り、柴又へ。
先ず、「さくら像」を取材すべく、柴又駅に直行。

昨年の秋、テレビで柴又駅が映し出され中に、「寅さん像」に加え、「さくら像」も映し出された。
さくら像はいつ建てられたんやろ?とネット検索したところ、「(昨2017年)3月25日、『さくら像』除幕式」なる記事にヒットした。
昨年5月に矢切の渡しに乗船、そのときは帝釈天や柴又駅は端折っており、ちょっと足を延ばしておれば、さくら像を<発見>、<取材>出来ていたのだが...。
ということで、今回、訪ねることにしたのであった。

柴又駅前は、人、人、人。
午前10時半だが、この人出。
柴又は相変わらずの人気スポットである。
a0289546_00030788.jpg
ようやく、人波第一波が通り過ぎ、頭に描いていた構図で撮ることが出来た。
a0289546_00055050.jpg
台座に刻まれた山田洋次監督の撰文。
a0289546_00074120.jpg
---------------------------------------
ある別れ
さくらは失恋して旅に出る寅を駅まで
見送ることにする
「いいんだよ、忙しいんだろ、お前」と言いながらもその思いやりが
みにしみるほど寅は傷ついていた
駅前でさくらは立ち止まる
「それじゃお兄ちゃん身体に気をつけてね」
「あゝ」と無造作にうなずいて駅舎に
向かう寅の足がふと止まりふり返る
「おい」
「なあに」
「満男に一生件名勉強しろと言っとけよ」
「うん、わかった」
乱暴な口調で言いすててスタスタと改札口に向かう寅、
さくらは踵を返し、秋の終わりを思わせる
冷たい風が吹くなかを家路につく

2017年3月
山田洋次
---------------------------------------

さくらの足元に「2017 HOZUMI」の文字が。
これはさくら像の作者名であろう。
如何なる彫刻家であるのか調べておかねばなるまい。

さくら像の台座の撰文を記したことでもあり、1999年に建てられた寅さん像の台座に刻まれた撰文にも触れておこう。
a0289546_00231056.jpg
------------------------------------------
寅さんは損ばかりしながら生きている
江戸っ子とはそういうものだと
別に後悔もしていない
人一倍他人には親切で家族思いで
金儲けなぞは爪の垢ほども考えたことがない
そんな無欲で気持ちのいい男なのに
なぜかみんなに馬鹿にされる
もう二度と故郷になんか帰るものかと
哀しみをこらえて柴又の駅を旅立つことを
いったい何十辺くり返したことだろう
でも 故郷は恋しい
変わることのない愛情で自分を守ってくれる
妹のさくらが可哀想でならない
ーーーごめんよ さくら いつかきっと偉い
兄貴になるからなーーー
車寅次郎はそう心に念じつつ
故郷柴又の町をふり返るのである

1999年8月
山田洋次
------------------------------------------

柴又駅から帝釈天へ向かう。
武衛さんが馬橋の自転車店でBD-1を購うときに小生も同行し、馬橋から小岩まで江戸川CRを初乗りで一緒した。
そのとき、帝釈天近くで、BD-1の折り畳み方と組み立て方を伝授した。
そんなこともあったなあと、お互い、話をしているうちに帝釈天に着いた。

馬橋の自転車店では、次男坊、小生、大給守さん、武衛さん、南国守さんがそれぞれBD-1を購っている。
その後、BD-1の取り扱い代理店が変わり、BD-1はBirdyの名に戻ったが、日本でHやっぱりBD-1の方が落ち着くと思うのは小生だけではないだろう。

帝釈天に参拝。
a0289546_00403288.jpg
魚がし講の唐子の頭を久しぶりに撫ぜてやる。
a0289546_00423870.jpg
帝釈天の北側の通りを自転車を押しながら、何となく、石柱に刻まれた寄進者の名を見ていたところ、「巨人軍 王貞治 目白 王鐵城」の名が目に入った。
a0289546_00563273.jpg
で、次々と見てゆくと、「元横綱柏戸 鏡山剛 鏡山部屋力士一同」が。
a0289546_00565328.jpg
そして、「渥美清 賠償千恵子」、「三崎千恵子 春風亭柳昇」も。
a0289546_00574580.jpg
石柱に刻まれた名は、表通りからは二面しか見えないが、境内側からは残りの二面に刻まれた名が見えるはず。
次回は境内の中から見てみよう。

矢切の渡し。
a0289546_01062161.jpg
昨年5月は、矢切から柴又へ、柴又から矢切へと矢切の渡しを往復したが、jitensha は矢切に置いたままでのことであった。
今回は、柴又から矢切まで jitensha も一緒に乗船しようとの思いがあったが、冬場は土・日・祝日のみの運航で、それは叶わず。
次回の楽しみとした。

新葛飾橋を渡り、江戸川左岸へ。

フォト:2018年1月16日

(つづく)

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-18 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 15日

『メジロ』

1月15日(月曜)、晴れ。
手賀沼北岸を走る。
木立の葉が不自然に揺れている。
数羽の小鳥がいるようだ。
しばらく木立を眺めていたところ、メジロが現れた。
a0289546_09271782.jpg
何やら、ご馳走を見つけたようだ。
a0289546_09281209.jpg
葉の間に顔を突っ込んで、ご馳走を見定めているようだ。
a0289546_09283132.jpg
a0289546_09285182.jpg

フォト:2018年1月15日

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-15 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 15日

『ヒヨドリ』

1月15日(月曜)、晴れ。
手賀沼北岸を走る。
ヒヨドリを眺める。
a0289546_07300391.jpg

ヒヨドリを見ると思い出すのは、柳田國男が利根町で少年期を過ごしていた頃の神秘体験のこと。
---------------------------------------
「不思議の玉」
祠の扉を開けると美しい玉がありました。
その玉を覗いたとたん、國男はフーッと興奮し、妙な気持ちになりました。
布川で少年國男はこんな体験をしました。
この祠は、小川家が、明治14,15年頃、東作の祖母にあたる人が屋敷神としてまつったもので、屋敷の奥の方に建っていました。
祠には石の小さな扉がはまっていました。
その中がどうなっているのだろうか。
いたずらな少年は、ある春の日、だれもいないのを見計らっておそるおそる開けてみたのです。
すると実に綺麗な玉が入っていました。
それを見たとたん、気持ちが変になって、見上げた空に星が幾十も輝いているのが見えたのです。
と、突然、ヒヨドリが「ピーッ」と鳴いて、空を通りました。
その声で人心地がつきます。
「もし、あの時にヒヨドリが鳴かなかったら、私はあのまま気が変になっていたかも...」と、後年、この日の体験を思い出して、國男はのべています。
このような体験が、のちのち、神隠しや異常心理、あるいは、民間の不思議な伝説に関心をいだかせ、『遠野物語』へつながっていったといえるでしょう。
(出典:利根町教育委員会編『少年柳田國男』)
--------------------------------------------------

フォト:2018年1月15日

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-15 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 15日

『サギ/ハス群生地にて』

1月15日(月)、晴れ。
手賀沼南岸を走る。
ハス群生地に差し掛かる。
サギの御一党さんを眺める。
a0289546_06533896.jpg
コサギ。
胸に垂れ下がるふわふわの羽毛が温かそう。
a0289546_06560474.jpg
ダイサギ。
ダイサギとチュウサギの見分け方は、嘴の合わせ目ラインが眼の下のどこまで伸びているかである。
後方まで伸びているのがダイサギ、眼の後端で途切れているのがチュウサギ。
ということで、ダイサギと判定。
a0289546_07121825.jpg
先日はオナガガモに<占拠>されていたハス群生地。
この日は、いつも通り、サギたちが群れていた。
やっぱり、<いつも通り>がよい。

フォト:2018年1月15日

[PR]

# by ryujincho | 2018-01-15 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 14日

『大学入試センター試験』

1月14日(日曜)、晴れ。
朝のニュース。
昨日は大学入試センター試験の1日目、
雪で苦労した受験生もいたという。

こういうニュースを聞くと、いつも思い出すのは一浪しての受験で上京するときのことである。
それは今を去ること、ちょうど、50年前、1968年の2月のことであった。
当時の新幹線は新大阪/東京間。
関ヶ原辺りの雪で、新幹線はいつもダイヤが乱れ勝ち。
小生が上京するときもダイヤは乱れに乱れ、指定席券を持っていても役に立たず、乗れる列車に乗るというものであった。
で、乗れる列車に乗ったのであるが、席は満杯。
さて、どうしたものかと思ったとき、車掌室が空いていることに気づいた。
そこに座っていたところ、車掌さんが通り過ぎた。
これから東京に受験に行くんですと伝えたところ、そのまま、そこに座っていてくださいと有難い言葉。
車掌室ではあったが、二人が座れる程度のベンチシートで、常用の車掌室ではなかったような気がする。
車掌室に座ったまま、無事、東京に到着。
そして、無事、第一志望の大学に合格。
いまでも、杓子定規な対応ではなく、便宜を図ってくれた車掌さんに感謝している。
因みに、当時は国鉄、JNRの時代であった。
新幹線に乗るのは、現役での受験上京時に続く、二度目であった。

50年前といえば、半世紀も前のこと。
そんなときのことを思い出しながら、冬の陽光が輝く手賀沼を眺め、ポタリングするのであった。
a0289546_02074571.jpg

フォト:2018年1月14日


[PR]

# by ryujincho | 2018-01-14 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 12日

『彼方の雲は雪雲だろうか』

1月12日(木曜)。
全国的に寒波が押し寄せて来ているが、関東だけは、有難くも、比較的穏やか。
手賀沼に出動。
北東の彼方の空に雲が湧き上がっている。
雪雲だろうか。
a0289546_01343736.jpg
a0289546_01345040.jpg
a0289546_01353834.jpg

フォト:2018年1月12日


[PR]

# by ryujincho | 2018-01-12 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)
2018年 01月 11日

『バン』

1月11日、晴れ。
手賀沼へ出動。
南岸を走っていたとき、沼とサイクリングロードの間にある草地で2羽の鳥が餌をついばんでいる姿が目に入った。
直ぐに jitensha を止めると驚いて逃げてしまうかもしれないので、10メートルばかり通り過ぎて jitensha を止めた。

先ずは、カメラに収めることが大事。
急ぎ、カメラを構え、シャッターを切る。
バンのようだが、そうでもないようにも見える。
a0289546_06484704.jpg
鳥の特徴を捉えるべく、ズームアップして<鳥見>。
普段、見掛けない鳥だなあと思う一方、バンではないかな?とも思いながら眺めるのであった。
a0289546_07151809.jpg
a0289546_07165780.jpg
バンと思えるがそうでもないようにも見えるので、<鳥見ング>図でじっくりと眺めてみる。
a0289546_07235590.jpg
脇の白い斑点や緑色の足から、バンと思える。
しかし、バンの最も大きな特徴は真っ赤な嘴と額板だが、この2羽の嘴と額板は褐色である。
全体的に、羽の色も薄い。
バンの幼鳥か若鳥かもしれないと思うも確証はない。

電脳網で「クイナ科一覧」を検索し、クイナ科の鳥たちの写真と見比べてみた。
ピタリと該当するものはない。

翌日、図書館で鳥類図鑑を参照。
---------------------------------
体は黒っぽく、背は暗い緑褐色。
脇にある一筋の白い縦斑と下尾筒の白色の三角斑が目立つ。
足と指は長く、緑黄色。
冬羽は嘴の赤みがなくなる。
若鳥は全体が褐色で下面は淡色。
----------------------------------

「冬羽は嘴の赤みがなくなる」とある。
なるほど、成鳥であっても冬羽は嘴は赤くないのだ。
若鳥の特徴についても気になる。
別の図鑑で、若鳥の特徴を調べてみた。
若鳥の記述はなかったが、幼鳥の記述があった。
-----------------------------------
幼鳥は全身が褐色で喉と下面は淡い。
嘴は黄褐色で、虹彩は黒い。
------------------------------------

成鳥の虹彩は赤いが、幼鳥の虹彩は黒いということが分かった。
<鳥見ング>図を見ると、虹彩は黄褐色である。

あれやこれやを総合的に考えると、手賀沼南岸で出遭った2羽は、バンの若鳥である可能性が高い。
機会があれば、鳥の博物館の学芸員さんに確認しておきたい。

フォト:2018年1月11日




[PR]

# by ryujincho | 2018-01-11 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 11日

『手賀沼ポタ/戌年なので犬を撮った』

1月11日(水曜)、晴れ。
全国的には昨日と変わらず寒い日が続いているが、関東地方は穏やかな天気。
愛馬に跨り、手賀沼へ出動。
昨日は風が強かったが、今日は微風。
快適。

南岸を走る。
a0289546_07410391.jpg
a0289546_07433686.jpg
北岸を走る。
散歩中のワンちゃんに遭遇。
a0289546_09254195.jpg
今日は1月11日、数字並びのワン・ワン・ワンに因んで、SONYの犬型ロボット、Aiboの発売日でもある。
以前、次男坊の持ち物で、我が家にAiboが居たことがある。
新型のAiboの動きをテレビで眺めながら、昔のAiboの仕草を思い浮かべるのであった。

話が反れた。
散歩中に遭遇したワンちゃんに話を戻そう。
「ワンちゃんのお年は?」。
「去年の6月に生まれた秋田犬です」。
「酉年生まれのワンちゃん。今年は戌年、1枚、写真を撮らせてください」。
で、撮らせてもらったのが前傾の写真。

「毛はフワフワですね。正三角形の耳がこれまた素敵ですね。もう1枚、正面顔を撮らせてください」。
正面顔を撮ろうとするも、そう上手くはいかない。
幼くも凛々しい横顔を撮った。
a0289546_09321566.jpg

フォト:2018年1月11日



[PR]

# by ryujincho | 2018-01-11 23:31 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)