龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥見雑記( 463 )


2018年 02月 13日

『水辺のメジロ』 mb-3

2月13日、晴れ。
手賀沼で鳥見。

南岸で「水辺のオオジュリン」を撮った。
ということで、この日のテーマは「水辺シリーズ」とした。
北岸に入り、「水辺のエナガ」が撮れた。

さて、次はどんな「水辺シリーズ」が撮れるだろうかと楽しみにしながら、北岸を走る。
路傍にアオジの姿があった。
jitensha をとめる。
アオジは路傍の茂みの中へ消えていった。
すると、その先の水際の葦にちょこちょこと動き回るメジロの姿があった。

水辺のメジロ。
a0289546_09183783.jpg
a0289546_09285456.jpg
a0289546_09292138.jpg
a0289546_09300206.jpg
a0289546_09315472.jpg
a0289546_09320999.jpg

こうして、この日は「水辺のオオジュリン」、「水辺のエナガ」、「水辺のメジロ」と「水辺シリーズ」が出来上がったのであった。

フォト:2018年2月13日

(完)

[PR]

by ryujincho | 2018-02-13 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 13日

『水辺のエナガ』 mb-2

2月13日、晴れ。
手賀沼で鳥見。

先ず、手賀沼南岸を走る。
水辺の葦にとまるオオジュリンを続けざまに二ヶ所で見た。
「水辺のオオジュリン」と題する写真が撮れた。
となると、今日のテーマは「水辺シリーズ」だ。
そんなことを思いながら、手賀沼南岸から東端を回り込み、北岸を走る。

小枝にとまるエナガが目に入る。
a0289546_08424440.jpg
今日のテーマは「水辺の〇〇〇」。
背景に水が写る場所へ飛び移ってくれないかなと願う。
願いが通じたのか、「水辺のエナガ」の風景となった。
a0289546_08460768.jpg
「水辺のエナガ」となったが、枝かぶりとなっており、絵的には今ひとつ。
もう少し、移動してくれないかなと願う。
願いが通じ、満足のいく「水辺のエナガ」が撮れた。
a0289546_08490318.jpg

フォト:2018年2月13日

(つづく)




[PR]

by ryujincho | 2018-02-13 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 13日

『水辺のオオジュリン』 mb-1

2月13日、晴れ。
手賀沼南岸を走りながら、鳥見。

水辺のオオジュリン。
a0289546_07284128.jpg
葦の原を棲み処とするオオジュリン。
葦の原は土手から水辺までかなりの距離があり、水辺でオオジュリンを見る機会は少ない。
いや、少ないというよりも今までにそういう機会はなかった。
湖面の水色を背景にしたオオジュリンの姿はなかなかよい。

そんなことを思いながら、南岸を更に走る。
一度あることは二度ある。
またまた、「水辺のオオジュリン」に遭遇した。
先ほどよりもっと水辺である。
濃い水の色がオオジュリンを際立たせてくれている。
a0289546_07332215.jpg

「水辺のオオジュリン」を続けざまに二ヶ所で見ることが出来た。
今日のテーマは「水辺の〇〇〇」と決め、次はどんな水辺の鳥に出遭えるかと jitensha を走らせるのであった。

フォト:2018年2月13日

(つづく)

[PR]

by ryujincho | 2018-02-13 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 11日

『ツグミ』

2月9日、晴れ。
手賀沼へ鳥見に出掛けた。
これっ!といった鳥には出遭わず。
そんなとき、ツグミが遊んでくれた。

いつ見ても、きりっとした、いい顔をしている。
a0289546_23522164.jpg
鳥の正面顔をコレクションしていることでもあり、正面写真を撮らして頂戴と念じたところ、しっかりと撮らせてくれた。
正面顔もきりっとした、いい顔。
a0289546_23573880.jpg

フォト:2018年2月9日、かわせみ池近くにて


[PR]

by ryujincho | 2018-02-11 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 02月 10日

『嘴の太いアトリ科の鳥、4種』

先日、盟友、甲武信守さんから、正月に玉川上水で撮ったというイカルの写真が送られて来た。
a0289546_07310630.jpg
小生は、これまで、イカルの<生>を見たことがなく、参考になった。

イカルも含め、太い嘴がアトリ科の特徴。
アトリ科の鳥としては、カワラヒワ、コイカル、シメの写真を撮ったことがあったなあと思い、マイ・ブログを繰ってみた。
2013年から2016年にかけてアップロードしたマイ・ブログ4件をここに貼り付けておこう。
(貼り付け画面をクリックすると掲載記事と写真が現れます)

カワラヒワ(2013年3月撮影)。

コイカル(2014年4月撮影)。

シメ(2015年3月撮影)。

シメ(2016年2月撮影)。

イカルとコイカルはよく似ている。
その見分け方について調べてみた。
「イカル」に「コ(小)」が付けられている通り、コイカルはイカルより一回り小さい。
イカルの体長は23cmくらい、コイカルの体長は19cmくらいだそうだ。
大小は2種が並んでみないと、その違いよくは分からない。
となると、外観での特徴を見ることとなる。
イカルもコイカルも翼に白い斑紋があるが、その数が異なる。
イカルには白い斑紋がひとつ、コイカルには白い斑紋はふたつある。
嘴にも若干の違いがある。
いずれの嘴も黄色だが、コイカルの嘴は先端が黒っぽい。

いつの日か、イカルに出遭いたいものである。

フォト#1:2018年1月、甲武信守殿提供
その他フォト:2013年~2016年のアーカイブから蔵出し

[PR]

by ryujincho | 2018-02-10 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『モズ』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。
北岸を走っていると、ほぼ同じ場所でモズを見掛ける。
ほぼ同じ場所ということは、縄張りの見回りをしているのかもしれない。

梢にとまり、周囲を見渡すモズ。
a0289546_07050368.jpg
a0289546_07054832.jpg
a0289546_07062872.jpg
a0289546_07073037.jpg

フォト:2018年1月21日


[PR]

by ryujincho | 2018-01-21 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『オオジュリン』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。

手賀沼にオオジュリンの季節がやって来た。
今シーズン、初見のオオジュリン。
a0289546_22210193.jpg

フォト:2018年1月21日



[PR]

by ryujincho | 2018-01-21 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『カワウとコブハクチョウ』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。

カワウのそばを通過してゆくコブハクチョウ。
なんで、わざわざ、俺さまの近くを通り過ぎるんだと言いたげに
コブハクチョウの方へ目を遣るカワウ。
a0289546_22310552.jpg

フォト:2018年1月21日

[PR]

by ryujincho | 2018-01-21 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 21日

『シジュウカラ』

1月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼に出動。

地鳴きするシジュウカラ。
a0289546_21572287.jpg

フォト:2018年1月21日
[PR]

by ryujincho | 2018-01-21 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2018年 01月 15日

『メジロ』

1月15日(月曜)、晴れ。
手賀沼北岸を走る。
木立の葉が不自然に揺れている。
数羽の小鳥がいるようだ。
しばらく木立を眺めていたところ、メジロが現れた。
a0289546_09271782.jpg
何やら、ご馳走を見つけたようだ。
a0289546_09281209.jpg
葉の間に顔を突っ込んで、ご馳走を見定めているようだ。
a0289546_09283132.jpg
a0289546_09285182.jpg

フォト:2018年1月15日

[PR]

by ryujincho | 2018-01-15 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)