龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花紀行( 55 )


2018年 03月 29日

『花街道』

3月29日(木曜)、晴れ。
手賀沼一周。
花街道を走る。

a0289546_12195586.jpg
a0289546_12201041.jpg
里山の桜/其の一。
a0289546_12224392.jpg

菜の花と桜。
a0289546_12250920.jpg

里山の桜/其の二。
a0289546_12254043.jpg
a0289546_12255638.jpg

左の桜は独特の枝ぶり。
a0289546_12271391.jpg
対岸から。
a0289546_12280501.jpg


フォト:2018年3月30日



[PR]

by ryujincho | 2018-03-29 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 03月 26日

『布施弁天で観桜』

3月26日(月曜)、晴れ。
柏あけぼの山で観桜、柏あけぼの山農業公園でオランダ風花見、そして、布施弁天でも観桜。

a0289546_11574678.jpg
a0289546_11575931.jpg
a0289546_11592862.jpg
a0289546_12000794.jpg

フォト:2018年3月26日

[PR]

by ryujincho | 2018-03-26 23:33 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 03月 26日

『オランダ風花見』

3月26日(月曜)、晴れ。
柏あけぼの山で観桜、そして、柏あけぼの山農業公園でオランダ風花見。

a0289546_11445545.jpg

a0289546_11492842.jpg
a0289546_11501273.jpg

最近、古墳めぐりに凝っており、サークル状の花壇が円墳のように思えてならない。


フォト:2018年3月26日



[PR]

by ryujincho | 2018-03-26 23:32 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 03月 25日

『春の花、三題』

a0289546_02070858.jpg
a0289546_02090641.jpg
a0289546_02094133.jpg


フォト:2018年3月25日、屋敷近くにて

[PR]

by ryujincho | 2018-03-25 23:35 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 03月 12日

『コブシ』

3月12日(月曜)、晴れ。
手賀沼を走る。

ハクモクレンがもうすぐ咲きますよというように蕾をふくらませている。

a0289546_00335111.jpg

a0289546_00343881.jpg

この季節になるといつも調べること、それはハクモクレンとコブシの違い。
ハクモクレンの花の大きさは8~10cmで、花は上を向いて、閉じたように咲く。
コブシの花の大きさは4~5cmで、花はいろんな方向に向いて、全開で咲く。

この写真のように、花は横向きに開いたように咲いているものもある。

a0289546_00435680.jpg

これは、ハクモクレン、コブシのどちら?と悩むことがある。
そんなときは、花の付け根に葉があるかないかがチェックのポイントなのだそうだ。
花の下に葉がないのがハクモクレン、花の下に葉が1枚ついているがコブシである。
ということは、写真の花には葉はついていないので、ハクモクレンということになる。


フォト:2018年3月12日
[PR]

by ryujincho | 2018-03-12 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 03月 03日

『白梅満開』

3月3日、晴れ。
手賀沼の新田開発に尽力した旧井上家住宅を見学。
a0289546_11071314.jpg

フォト:2018年3月3日

[PR]

by ryujincho | 2018-03-03 23:32 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 03月 03日

『つるし雛』

3月3日、晴れ。
手賀沼の新田開発に尽力した旧井上家住宅を見学。

つるし雛。
a0289546_10554365.jpg
絵葉書風に。
a0289546_10482527.jpg
某映画監督風に low angle で。
a0289546_10492823.jpg


フォト:2018年3月3日

[PR]

by ryujincho | 2018-03-03 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2018年 02月 28日

『春の色』

2月28日(水)、晴れ。
手賀沼に鳥見に出動。

寒い、寒い2月であった。
その2月も今日で終わり。
鳥影は少なかったが、春の色に出遭った。
a0289546_09310925.jpg

フォト:2018年2月28日

[PR]

by ryujincho | 2018-02-28 23:32 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 12月 17日

『サザンカ』

a0289546_913534.jpg
サザンカの花を見ると、ツバキとどう違うのだろうといつも思うのだが、調べもせずにそのままに。
で、調べてみた。

主な違いは次の通りであった。
花期:サザンカは10~12月、ツバキは12~4月
花の咲き方:サザンカは平開、ツバキは平開しない
落花:サザンカは花弁がバラバラに散る、ツバキは首から落ちる
実:サザンカは表面に毛がある、ツバキは表面はツルツル

余談ながら、サザンカで思い出すのは、やはり、童謡の『たきび』である。
都内ポタリングで、中野区上高田の「たきびの歌発祥の地」を訪ね、歌詞にある♪垣根の垣根の曲がり角♪を眺めたこともある。
そして、もうひとつ、思い出すのは、芸名、山茶花究、それに連動して、八波六十四の名である。

フォト:2017年12月17日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-12-17 23:32 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 12月 11日

『カタバミ』

先月末、江戸時代の豪農、吉田家住宅(柏市)を見学した。
吉田家の家紋は「かたばみ(片喰)」。

カタバミ。
葉は、ハート型の葉がクローバーのように3枚合わさった形。
花は、春から秋にかけて咲き、色は黄色、花びらは5弁。

師走11日、散歩の途中、ハート形3枚の葉をもった、こんな花が目に入った。
a0289546_1822088.jpg
葉はカタバミに似ているが、花の色が違う。
この時期、紫色の花を咲かせ、葉はハート型3枚の花の名は?
調べてみたところ、イモカタバミとムラサキカタバミが候補に浮上。
イモカタバミの花はオシベが黄色、ムラサキカタバミの花がオシベが白色とのことで、イモカタバミと判定。
イモカタバミ、ムラサキカタバミ、いずれも観賞用として渡来し、のちに野の花にもなったとのこと。

さらに、こんな花も目に入った。
a0289546_18285848.jpg
花の色は白、葉は3枚だが、ハート型ではなく、丸っぽい。
この花の名はすぐに、フヨウカタバミと判明。
これも観賞用として渡来したとのこと。

さらに、こんな花に出遭った。
a0289546_18343066.jpg
a0289546_18343997.jpg
花の色は紫。
葉は3枚だが、丸っぽい。
よく見ると、少しだけ凹部があるが、ハート型ほどには切れ込んでいない。
先ほど見たイモカタバミかとも思うが、そう判定するには、葉のほかに、、花びらの形も違うように見える(
花はしぼんでいるものもあり、花びらの形ははっきりとは分からないが)。
取り敢えず、、イモカタバミの<亜種>としておこう。

花の名に疎い小生だが、家紋のお陰で、カタバミ数種の名を知ることが出来た。

フォト:2017年12月11日
[PR]

by ryujincho | 2017-12-11 23:31 | 花紀行 | Comments(0)