人気ブログランキング |

龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 23日

『壱岐島・筑後川流域古墳めぐり/五日日、八女古墳群へ』 kk-30

10月20日(土)、晴れ。
前日、壱岐島から博多経由、筑紫野市原田の五郎山古墳を訪ね、久留米経由、大久本線筑後吉井駅から筑後川対岸の朝倉市/原鶴温泉に投宿した。

この日で、壱岐島・筑後川流域古墳めぐりは、五日目となる。
この日の探訪予定先は、八女古墳群に属する古墳、数ヶ所と、筑後国府跡・国分寺跡・国分尼寺跡と盛りだくさん。
(八女郡広川町)
■石人山古墳(せきじんやまこふん)
■弘化谷古墳(こうかだにこふん)
□広川町古墳公園資料館
■善蔵塚古墳(ぜんぞうづかこふん)
(八女市)
■岩戸山古墳
□岩戸山歴史文化交流館いわいの郷
■乗場古墳(のりばこふん)
■茶臼塚古墳
■丸山塚古墳
■鶴見山古墳
※丸山古墳・・・ルートから外れており、時間セーブのため、未達
□一乗寺/寺坂吉右衛門の墓・・・「赤穂浪士討入凱旋の旅」番外編の一環にて墓参
(久留米市)
※筑後国分寺跡・・・・夕方、時間切れにて、未達
※筑後国分尼寺跡・・・同上
※筑後国府跡・・・・・同上


原鶴温泉(朝倉市)から筑後川を渡り、筑後吉井駅(うきは市)へ。

今日の jitensha @筑後吉井駅。
a0289546_19203937.jpg

前日の夕方、筑後吉井駅に到着したときは、未知の地であり、先ずは宿へ急ごうと、駅舎や吉井町の白壁の街道筋は目で楽しみ、写真は撮らなかった。
今朝は輪行便の到着時刻までまだ間があり、写真を数枚、撮った。

筑後吉井駅は、街道筋の建物と同様に、白壁海鼠塀を模した造り。
駅前のポストは昔ながらの赤ポスト。
その脇のポールの先端には丸型時計。
ポールの台座には、白いタイルに藍色で「寄贈 創立25周年記念 浮羽ロータリークラブ 平成8年4月29日」と記されている。
更に、白タイルに藍色で「みどりの清流 白壁と古墳の町 吉井町」の文字も。
この町の売りは、白壁の通りと古墳なのである。
今日は八女市方面へと向かうが、明日は「筑後川流域装飾古墳一般公開」となっており、この町の古墳をじっくりと見分することになる。
a0289546_23585955.jpg

ここで、うきは市について、少し触れておこう。
うきは市は;
・福岡県の南部、筑後地方に位置。
・2005年(平成17年)、浮羽郡吉井町と同郡浮羽町が合併し、うきは市となる。
・西は久留米市田主丸町、南は八女市星野村、北は筑後川を挟んで朝倉市と接し、東は 大分県の日田市に接している。
・市内を久大本線と国道210号が東西に横断する。
・北部を筑後川が流れ、北部から中央部は筑後平野の比較的、平坦な地形で、南部は耳納山地(みのうさんち)の一角を占めていおり、山がちな地形である。

白タイルに藍色で記された「浮羽ロータリークラブ」や「吉井町」の名は、旧・浮羽郡吉井町時代の名残りである。

浮羽郡吉井町と同郡浮羽町の合併後の市名は、漢字で「浮羽市」ではなく、平仮名で「うきは市」である。
地元の人の話によれば、漢字の「浮羽市」だと、旧吉井町民は吉井町が浮羽町に吸収合併されたたように思うからとのこと。
もし、漢字の「浮羽市」となっていたとしても、部外者なら、難しいことは考えず、由緒ある郡の名である「浮羽」を新市名に採用したんだろうなと考えるのだが...。

因みに、この地方は、的邑(いくはのむら)→ 生葉郡(いくはぐん)→ 浮羽郡(うきはぐん) → うきは市と変遷してきている。

筑後吉井駅上りホームにて。
a0289546_00574432.jpg
a0289546_00583987.jpg
a0289546_00590316.jpg
----------------------------------------
名所案内
白壁通り 北東500m 徒歩10分・・・昨日、今朝、この通りを走った。
吉井百年公園 南1km 徒歩25分
若宮八幡宮 日岡・月岡古墳 北東1km 徒歩20分・・・明後日、探訪予定。
原鶴温泉 北東3km 徒歩40分・・・投宿先
三連水車 北3km 徒歩40分・・・明後日、訪問予定。
----------------------------------------

筑紫吉井駅発、久留米経由、西牟田駅へ。
8:24 筑紫吉井発(久大本線久留米行き)
9:01 久留米着
9:27 久留米発(鹿児島本線八代行き)
9:42 西牟田着

西牟田駅到着。
西牟田駅は無人駅。

今日の jitensha @西牟田駅前。
a0289546_01001089.jpg

駅前駐輪場は何処も同じで、ママチャリだらけ。
その中で、紅一点ならぬ黒一点、ロードバイクあり。
a0289546_01030494.jpg
"COLEL"なるブランドのロードバイクである。
a0289546_01033788.jpg

知らないブランド名である。
調べてみた。
サイクルショップ ASAHI が販売しているロードバイクのようである。

先ず、八女古墳群のうち、西側に位置する「石人山古墳(せきじんやまこふん)」、「弘化谷古墳(こうかだにこふん)」と、隣接の「広川町古墳公園資料館」を目指し、出発。

西牟田駅から県道84号線を東へ、知徳交差点を右折し、県道86号線を南下。
目的地は、県道86号線の右手(西側)となるのだが、入る道を通り過ぎてしまい、手持ちの地図ではよく分からず、スマホで検索。

最初に、広川町古墳公園資料館に立ち寄ろうと思っていたが、スマホに従い、走っていると、目的地のひとつ、石人山古墳に至った。
a0289546_17444522.jpg

フォト:2018年10月20日

(つづく)





by ryujincho | 2018-10-23 23:30 | 秋の九州史跡めぐり 2018 | Comments(0)


<< 『壱岐島・筑後川流域古墳めぐり...      『壱岐島・筑後川流域古墳めぐり... >>