龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 27日

『野毛古墳群・田園調布古墳群・等々力渓谷横穴群めぐり/鵜木大塚古墳』 tk-7

5月26日(土曜)、晴れ。
史跡めぐりの相棒、武衛さんと古墳めぐりに出掛けた。

先ず、本日のメイン・イベント、野毛大塚古墳を探訪。
続いて、等々力渓谷3号墳を探訪。
等々力渓谷を経て、等々力不動尊を参拝。
そして、御岳山古墳、狐塚古墳、八幡塚古墳を探訪。
これにて、野毛古墳群は終了。
昼餉と九品仏参拝をはさんで、次は田園調布古墳群の鵜木大塚古墳と浅間神社古墳の探訪に。

先ず、鵜木大塚古墳へ。
九品仏から、環状8号線に出て、南東方面へ走る。
目印は、田園調布警察前交差点(環8と中原街道が交差)、その北東にある大田区立調布大塚小学校。
事前の調べでは、鵜木大塚古墳は小学校の斜め前にあり、墳丘には雪谷稲荷神社が鎮座しているとのことであった。
少し迷ったが、鵜木大塚古墳に到着。

鵜木大塚古墳/雪谷大塚稲荷神社。
鵜木大塚古墳(うのきおおつかこふん):
・円墳
・高さ 約6m、直径 約27m
・墳丘の南側を掻き落として稲荷社を構設している。
円墳がどのような形で残っているのか楽しみにしながら、鳥居をくぐり、稲荷神社へ向かう。
a0289546_06104991.jpg
a0289546_06111293.jpg
a0289546_06114490.jpg

墳丘の南側を掻き落として造られた社の左右と裏側はブロック塀となっている。
社の両側には立入禁止のテープが張られており、墳頂には行けない。
立入禁止のテープ越しに、社の右手(東側)から墳頂を垣間見る。
a0289546_06261068.jpg
a0289546_06262555.jpg

社の左手(西側)から墳頂を垣間見る。
a0289546_06273421.jpg

墳頂から裾部へと目を遣る。
円墳の西側下は、道路、そして、住宅となっている。
道路があるということは、古墳の外観を眺めるのには好都合。
のちほど、行ってみることにした。
a0289546_06275678.jpg

”狛狐”コレクション。
阿形/子連れ。
a0289546_06571693.jpg
a0289546_06580082.jpg
a0289546_06591769.jpg

吽形/玉乗り。
a0289546_07075256.jpg
a0289546_07081118.jpg
a0289546_07105522.jpg

玉乗り狛狐の後ろに石碑が建立されている。
「市制記念碑」と刻まれている。
a0289546_07130697.jpg

市制とは東京市のことであろう。
裏面に目を通せば、更に詳しいことが分かるであろうが、雑草の生えた斜面に立たなければ裏側は見られないので、諦めた。

石碑の上部に刻まれた篆書体。
「大〇古〇」と一部しか読み取れない。
こういう書体が読めないのは情けない。
そして、その意味も想像すら出来ず、情けない。
a0289546_07235417.jpg

古墳の周囲をぐるっと一周。
南側は通りに面し、稲荷神社の鳥居と参道。
東側は住宅となっており、墳丘は見えない。
北側は駐車場、西側は道路で、墳丘が眺められる
先ほど、神社脇から眺めた墳頂から裾の部分を西側から眺める。
a0289546_07344787.jpg
a0289546_07350751.jpg

大田区立調布大塚小学校。
正門に日の丸が掲揚されている。
この日は運動会が開かれており、学校にとっては旗日。
a0289546_07281847.jpg

次は、この日の古墳めぐりの最後となる浅間神社古墳へ。

フォト:2018年5月26日

(つづく)



[PR]

by ryujincho | 2018-05-27 23:37 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)


<< 『野毛古墳群・田園調布古墳群・...      『野毛古墳群・田園調布古墳群・... >>