龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 14日

『信州史跡めぐり&宴の旅/千曲市森将軍塚古墳館(下)』 sp-7

5月11日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、二泊三日の信州の旅。

千曲市森将軍塚古墳館。
前第5話では、墓壙(ぼこう)と竪穴式石室を中心に綴った。
前第6話では、古墳館の展示物を”資料編”として綴った。

第7話では、2階展示室中央のワイドスクリーンに映し出される映像の幾つかを掲載しておきたい。
併せて、森将軍塚古墳をはじめ、『将軍塚』と名のつく古墳についてのあれこれを綴っておきたい。

a0289546_06253864.jpg

1600年の時を重ね...。
a0289546_15542078.jpg
a0289546_15552346.jpg
a0289546_15565212.jpg
a0289546_15570929.jpg
a0289546_16043551.jpg

雪に抱かれて眠る古墳。
a0289546_15591517.jpg
動植物たち。
a0289546_16012440.jpg
a0289546_16061692.jpg
a0289546_16063033.jpg
a0289546_16075164.jpg

『将軍塚』と名の付く古墳。
そもそも、森将軍塚古墳を探訪しようと思い立ったのは、科野のクニを代表する前方後円墳であることや、尾根の地形に合わせて「くの字」に折れ曲がって築造されたという珍しい形の古墳であったこと、そして、『将軍塚』という名に惹かれたことであった。
第4話で、千曲川右岸に位置する『将軍塚』の名が付された埴科古墳群に属する前方後円墳4基、森将軍塚古墳、有明山将軍塚古墳、倉科将軍塚古墳、土口将軍塚古墳について触れた。
第4話や第6話では、千曲川左岸に位置する『将軍塚』の名の付く古墳、川柳(せんりゅう)将軍塚古墳も登場した。
これらの『将軍塚古墳』の築造場所、築造年代、規模などについて全体的に整理しておきたい。

1)築造場所:
①善光寺平東辺/埴科古墳群(南から北の順で):
・有明山将軍塚古墳(千曲市屋代、有明山)
・森将軍塚古墳(同上)
・倉科将軍塚古墳(千曲市倉科、北山)
・土口将軍塚古墳(長野市松代町岩野、千曲市土口、笹崎山)
②善光寺平西辺(長野市篠ノ井石川、湯ノ入山)
・川柳将軍塚古墳
(参考)川柳将軍塚古墳の北側に、前方後方墳の「姫塚古墳」(4世紀半ば、全長31m)が位置している。

2)年代順:
・4世紀末/森将軍塚古墳
・4世紀末~5世紀初め/有明山将軍塚古墳
・4世紀末~5世紀初め/川柳将軍塚古墳
・5世紀前半/倉科将軍塚古墳
・5世紀中頃/土口将軍塚古墳

3)規模順:
・森将軍塚古墳 全長100m
・川柳将軍塚古墳 全長91m
・倉科将軍塚古墳 全長83m
・土口将軍塚古墳 全長67m
・有明山将軍塚古墳 全長37m

『将軍塚』の名の由来について、「5~6000人の兵士を統率する人を中国では将軍というそうです。被葬者はそれくらの権力を有していたであろうということから、『将軍塚』と名付けらた」と、森将軍塚の案内人さんに教えてもらった。

上記の善光寺平の東辺・西辺の『将軍塚』古墳のほか、全国で『将軍塚』の付く古墳を調べてみた。
・将軍塚古墳(栃木県宇都宮市)
・元島名(もとしまな)将軍塚古墳(群馬県高崎市)
・野本将軍塚古墳(埼玉県東松山市)
・将軍山古墳(埼玉県行田市、※「将軍塚」ではなく「将軍山」だが、広義にとらえて)
・将軍塚古墳(大阪府茨木市)
・将軍山古墳(同上、※「将軍塚」ではなく「将軍山」だが、広義にとらえて)

将軍塚シリーズと銘打ち、これらの古墳も探訪してみたいものである。

ここ、科野の里歴史公園には、千曲市森将軍塚古墳館のほかに、長野県立歴史館もあり、立ち寄ってみた。
a0289546_17003963.jpg

受付で、展示物の内容について尋ねてみた。
企画展として、平成29年度に県内で発掘や整理を行った遺跡からの出土品を中心に展示した「長野県の遺跡発掘2018」なるものを開催中とのこと。
そういえば、昼餉を摂った店にこの企画展のポスターが貼ってあったことを思い出した。

現場と資料館をセットで見学することをモットーとしている。
長野県全体の出土品を見ても、現場は見ていないし、ただ、出土品を見ただけということになってしまう。
先刻、森将軍塚古墳館で相当に集中して見学したので、疲れて、集中力を欠いている。
というようなことで、長野県立博物館は入り口だけで失礼することにした。

「長野県立博物館 雷管記念」/長野県観光PRキャラクター&火焔型土器パネル。
a0289546_17032015.jpg

この長野県のユルキャラの名前は「アルクマ」とのこと。
プロフィールは「信州だけに出没する珍しいクマ。クマなのに寒がりでいつも頭にリンゴのかぶりもの。旅好きでいつも背中にリュック。信州をクマなく歩きまくり、信州の魅力を世の中にクマなく広めるのが生きがい」とのことだ。
「歩くクマ」で「アルクマ」なのである。
クマの出没は恐ろしいが、アルクマなら歓迎である。
クマといえば、2014年秋の「高峰高原下りま専科」に先立ち、盟友、大給守さんのアドバイスに従い、jitensha にクマ除けの鈴と装着した。
以来、今も時折、振動で揺れて鳴っている。

県立博物館前から、尾根の森将軍塚古墳を見上げる。
木立に半分隠れるようにして見えている。
a0289546_17132887.jpg

古墳館前から、今一度、見上げる。
a0289546_17153123.jpg

森将軍塚古墳、いろいろ楽しませてくれ、サンキュー!
案内人さん、いろいろと話を聞かせていただき、サンキュー!です。
a0289546_17174092.jpg

千曲市森将軍塚古墳館、サンキュー!です。
a0289546_17214774.jpg

時計は午後3時半を指している。
ここへ到着したのが午後1時少し前。
2時間半、たっぷりと古墳を楽しませて貰った。

フォト:2018年5月11日

(つづく)


[PR]

by ryujincho | 2018-05-14 23:37 | 信州史跡めぐり 2018 | Comments(0)


<< 『信州史跡めぐり&宴の旅/森将...      『信州史跡めぐり&宴の旅/千曲... >>