龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 06日

『初夏の利根川~利根運河~江戸川ポタリング/江戸川左岸CRの巻』 te-3

5月5日(土曜)、晴れ。
利根川~利根運河~江戸川コースを単騎ポタリング。
このコースを走るのは久しぶりのことだ。

江戸川左岸CR。
このCRはいつ走っても気持ちがいい。
a0289546_05341006.jpg

田植えが終わった水田。
a0289546_05345123.jpg

カヤックと並走。
向かい風が強いせいか、川岸に近いコースをとっている。
a0289546_05394564.jpg
a0289546_05402017.jpg
a0289546_05405382.jpg

先行のカヤックに追いつき、川の中央にコースを変える。
a0289546_05415571.jpg

向かい風は、結構、強い。
川面は波立っている。
jitensha もカヤックも向かい風は辛い。
カヤックは川の流れの助けがあるから、向かい風は川の流れで相殺されるんじゃないかと思うも、
川は向かいから波が押し寄せ、カヤックはその波の抵抗にも合っており、相殺効果はないかもしれない。

そんなことを思いながら、こちらはスピードを上げ、並走から単騎走に。

畔の木立が切れたところで、カヤック部隊を待ってみようと思い、jitensha をとめる。
畔の草むらで動くものがある。
a0289546_05535337.jpg
ズームアップ。
a0289546_05545311.jpg
オスのキジの先にメスもいた。
a0289546_05554759.jpg

カヤック部隊を待たずに出発する。

背音が聞こえてきそうな浅瀬が見える。
この背をカヤックが通過する風景を見てやろうと、彼らを待つ。

赤いカヤックが現れた。
a0289546_05591737.jpg
a0289546_06004945.jpg
続いて、後続も現れた。
a0289546_06014621.jpg

彼らは上流までカヤックを車に載せて搬送したはずである。
その車はどうしているのだろうか。
友達が下流まで運転し、彼らが下流のポイントに到着するまで待っているのだろうか。
そんな余計なことを考えながら走っているうちに、馬橋の辺りに差し掛かる。
愛馬の後輪リムが磨り減っており、交換せねばならないので、その打ち合わせをしようと思い、
サイクリング・ロードから外れ、馬橋の厩舎に向かった。

走行距離43kmの、利根川~利根運河~江戸川ポタリングであった。

フォト:2018年5月5日

(完)



[PR]

by ryujincho | 2018-05-06 23:33 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)


<< 『信州史跡めぐり&宴の旅/序』...      『初夏の利根川~利根運河~江戸... >>