龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

『ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり/雷電山古墳』 hk-10

4月30日(月曜)、晴れのち曇り。
「ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり」と銘打ち、久しぶりにドラポタ・メンバー、武衛さん、南国守さん、上総の3名、打ち揃いてのポタリング。

今回のプランは次の通り。

JR高崎線/鴻巣駅
〜黒岩横穴墓群
〜吉見観音(岩殿山安楽寺)・・・現地で追加
〜岩室観音堂
〜吉見百穴
〜大谷瓦窯跡
〜秋葉神社(多分、古墳)
〜比丘尼山横穴墓群
〜雷電山古墳(大雷神社)
〜東松山駅前で名物「やきとり」で反省会(豚のカシラなれど「やきとり」とは此れ如何に)
〜東武東上線/東松山駅

黒岩横穴墓群、吉見観音(岩殿山安楽寺)、松山城跡(説明板のみ)、岩室観音堂。吉見百穴、吉見町埋蔵文化財センター、大谷瓦窯跡、比丘尼山横穴墓群、秋葉古墳(秋葉神社)をめぐり、残るはあと一ヶ所、雷電山古墳(大雷神社)である。

県道307号線を東へ走る。
先ほどの大谷交差点を左折し、県道391号線を北上する。

雷電山古墳(大雷神社)は川越カントリークラブ(東松山市なのに川越とはこれ如何に)へ向かう坂道の途中にあるというのが、事前の調べ。
目印は川越カントリークラブの看板である。

県道391号線を北上、しばらくして、左右に「←雷電山古墳」の標識と「←川越カントリークラブ」の看板が見えた。
a0289546_02183445.jpg

「市指定遺跡 三千塚古墳群 雷電山古墳」。
a0289546_02234228.jpg

標識に従い、左折する。
上り坂が始まる。
川越カントリークラブは、先ほど、立ち寄った比丘尼山と同じ丘陵に位置している。
丘陵の最南端に比丘尼山があり、川越カントリークラブは丘陵の北部にある。

坂道を上れども上れども、雷電山古墳(大雷神社)は現れない。
先ほど、県道391号線には立派な標識があったが、その後は何ら標識は現れない。
上り坂では「〇〇まであと何百メートル」とかの表示を設けるのが親切というものである。

右手にゴルフコースが見えて来た。
左手にもゴルフコースが見えて来た。
しかし、古墳や神社が現れる気配はない。
更に、上り坂を進む。
疲れて来る。
休憩する。

南国守さんが「斥候で先行します」と、再び、上り始める。
南国守さんが戻って来た。
「直ぐ、そこにありました」と。

出発する。
休憩したところから100メートル行かないところに、大雷神社と雷電山古墳があった。
人間、坂道が続くと気弱になる。
兎にも角にも、先ほどは比丘尼山横穴群では藪を掻き分けての横穴探し、そして、今度は、坂道を先行し、斥候を務めてくれた南国守さんに感謝!である。

「村社 大雷神社」。
a0289546_03033742.jpg

「雷電山古墳」、「←雷電山古墳(大雷神社)」。
古墳好きと神社好き、両方とも満足させる標識であるところが面白い。
a0289546_03041647.jpg

標識の背後の松林の下にゴルフ・コースが写っている。
川越カントリークラブのコースレイアウトを参照すると、これは東コース/8番のようだ。

説明板に目を通す。
a0289546_03101928.jpg

--------------------------------------
三千塚古墳群
昭和31年市指定史跡
大岡地区には、雷電山古墳を中心として、数多くの小さな古墳が群集しています。
これらの多くの古墳を総称して「三千塚古墳」と呼んでいます。
三千塚古墳群は、明治20年~30年頃にそのほとんどが盗掘されてしまいました。
そのときに出土した遺物は、県外に持ち出されてしまい不明ですが、一部は国立博物館に収蔵されています。
三千塚古墳群からは、古墳時代後期(6~7世紀)の古墳から発見される遺物(直刀・刀子・勾玉・管玉など)が出土しています。 
雷電山古墳は、これらの小さな古墳を見わたす丘陵の上に作られています。
この古墳は、高さ8m・長さ80mの大きさの帆立貝式古墳(前方後円墳の一種)です。
雷電山古墳からは、埴輪や底部穿孔土器(底に穴をあけた土器)などが発見されています。 
雷電山古墳は、造られた場所や埴輪などから5世紀初頭(今から1500年位前)に造られたものと思われます。
また、雷電山古墳の周辺にある小さな古墳は、6世紀初頭から7世紀後半にかけて、造られつづけた古墳であると思われます。
昭和52年3月
東松山教育委員会
--------------------------------------

実測図。
a0289546_03263653.jpg

説明板の中に「雷電山古墳は、これらの小さな古墳を見わたす丘陵の上に作られています」とある。
確かに、雷電山古墳(大雷神社)やゴルフ場のクラブハウス、駐車場は、丘陵の最上部に位置しており、その周辺の下方にゴルフ・コースが広がっている。
ということは、ゴルフ場開発で多くの古墳が消滅してしまったということか?
三千塚古墳群についてネット検索してみた。
ウィキペディアに「雷電山山頂の雷電山古墳を中心に、放射状に張り出す谷によって画された尾根状に9の支群に分かれて250基の古墳が分布していた。この丘陵はゴルフ場造成のため大きく地形が変わり、併せて多くの古墳が消滅した」とある。
うーん、やっぱりそうか、勿体ないっ!

説明板の中に「この古墳は、高さ8m・長さ80mの大きさの帆立貝式古墳(前方後円墳の一種)です」とある。
帆立貝式古墳(帆立貝形古墳ともいう)は次の2種類がある。
(1) 円墳に方形の造出部がつくもの
(2) 前方後円墳の前方部が短小化したもの
雷電山古墳は、「帆立貝式古墳(前方後円墳の一種)」と括弧書きで注釈が付されているので、前方後円墳の前方部が短小化したものと考えてよいだろう。

標識と説明板から数十メートル、奥まったところに鳥居が見える。
松に囲まれた参道を進む。
右手に、川越カントリークラブ/東8番を見下ろしながら...。
a0289546_03590971.jpg

大雷神社。
a0289546_04071795.jpg

今日の jitensha。
a0289546_04081833.jpg

扁額コレクション。
a0289546_04091384.jpg

石段を上る。
雷電山古墳の墳頂に大雷神社が鎮座している。
墳頂に祠が祀られていたり、神社が鎮座している古墳は、しばしば、見かけることで、珍しいことではない。
a0289546_04100607.jpg

拝殿。
a0289546_04165844.jpg

扁額コレクション。
扁額は龍の彫刻で縁取られており、龍コレクションでもある。。
a0289546_04201293.jpg


瓦コレクション。
a0289546_04255754.jpg

由緒。
a0289546_04270054.jpg

--------------------------------------------------
明治百年記念之碑
大雷神社由緒沿革 
当神社は伊邪那美命の御子大雷命を奉斎し、御創建は今から壱千百十餘年前清和天皇の御代貞観元(八五九)年巳酉四月十二日と社伝に言い伝えられている。
貞観六(八六四)年辛亥七月二十二日には武蔵従五位下大雷神従五位上を授けられ、三代実録武蔵風土記等の古文献にも記載されている如く古代より有名な神社である。
古代より当地は山間の地にして水利の便非常に悪く五穀良く稔らず、大神を祭祀してより五穀豊穣が伝えられ盛夏干旱の時村民挙げて降雨の祈願をし遠近郷の農民も降雨の祈願に詣でて深く信仰された社殿は、雷電山と号する古墳の嶺を平坦にして大神を鎮座し、社殿の周囲には昔日埴輪の残片が多く古考の説に此の地は武蔵国司の墓と伝承され、付近一帯には陪臣の墓と思われる数百の古墳の群が散見せられた。
寛政十(一七九八)年壬午四月二十五日再建の社殿は村内はもとより、大神の御神徳を称せる近郷近在の人等によって上遷宮が執行された。
寛政の頃には、関東取締役人の御沙汰によって行なわれた特殊神事の奉納相撲は両関が揃い盛大に開幕され、明治以前まで続けられ大谷のぼた餅相撲と名高かった。
寛政十年から五十九年後の安政四(一八五七)年、近くの山火事により類火して本社火災の折、御神体と奉斎せる幣串自から社外に飛び去りしより神顕の広大さに村民崇敬者益々畏敬の念を深め、この幣串を今も御神体として奉斎する。
安政四年の火災後五年の歳月を経て現本殿が再建された。
昭和四十三年十月二十三日
--------------------------------------------------

碑文に「...社殿は、雷電山と号する古墳の嶺を平坦にして大神を鎮座し、社殿の周囲には昔日埴輪の残片が多く古考の説に此の地は武蔵国司の墓と伝承され、付近一帯には陪臣の墓と思われる数百の古墳の群が散見せられた...」と、古墳のことにも触れられている。
誠に結構な碑文である。

「古墳の嶺を平坦にして」ということは、高さ8mの帆立貝型古墳であるが、墳頂は少し削られているということになる。

拝殿が鎮座している墳頂と、南北に向いている拝殿の南西角。
a0289546_05395242.jpg

墳丘の西斜面。
墳丘の裾の垣根の向こうはゴルフ場のクラブハウスに続く道路。
a0289546_05593957.jpg


墳丘の北西斜面。
帆立貝形古墳の造出部はこの北西斜面下に築造されている。
a0289546_06043488.jpg

造出部を間近にみようと石段を下り、道路に出る。
a0289546_06082030.jpg

道路側から背伸びして垣根越しに、帆立貝形古墳の造出部を眺める。
a0289546_06102042.jpg

今一度、墳丘実測図に登場して貰おう。
造出部の生写真と実測図の断面図を照らし合わせてみると、造出部が設けられていたことが容易に想像できる。
a0289546_03263653.jpg


ここで、帆立貝形古墳(帆立貝式古墳ともいう)について、少し触れておきたい。

日本の古墳の形は、大きく分けて、前方後円墳、前方後方墳、円墳、方墳の4つに分類される。
前方後円墳は、王やその一族、大和政権と密接な関わりのあった地方の有力首長が埋葬されているといわれている。
古墳の形には、これらの4つに加え、帆立貝型古墳、双円墳、双方墳、双方中円墳、双方中方墳、上円下方墳、八角墳、六角墳、上八角下方墳、横穴墳、地下式横穴墳といった様々なものがある。
これらの古墳は、埋葬される人の地位や財力、大和政権との関わりによって形が異なっているといわれている。
帆立貝形古墳は、大和政権から前方後円墳の築造許可をもらえなかった首長の墓との説もある。

今回、探訪した雷電山古墳は、帆立貝形古墳である。
前述の通り、帆立貝形古墳には、円墳に方形の造出部がつくものと、前方後円墳の前方部が短小化したものの2種類がある。
雷電山古墳の説明板には「帆立貝式古墳(前方後円墳の一種)」と括弧書きで注釈が付されているので、前方後円墳の前方部が短小化したものということになる。

関東での、帆立貝形古墳の主なものは、次の4基といわれている。

・塚廻り古墳群(群馬県太田市)
 2017年5月3日、探訪。
 帆立貝形古墳は5基(1号墳、2号墳、3号墳、4号墳、10号墳)検出されている。
 検出された5基のうち、4号墳が復元されている。

・女体山古墳 (群馬県太田市)
 2017年5月3日、探訪。
 帆立貝形古墳の規模としては、乙女山古墳(奈良県北葛城郡河合町)に次ぎ、全国第2位。
 東日本最大の前方後円墳、天神山古墳(別称、男体山古墳)が斜め向かいに位置している。
 天神山古墳(別称、男体山古墳)と女体山古墳は何らかの関係性があると見られている。

・雷電山古墳(埼玉県東松山市・・・今回、探訪。

・野毛大塚古墳(東京都世田谷区野毛)
 今年3月4日の多摩川台古墳群探訪に続き、近々、野毛大塚古墳などの探訪の計画あり。
 関東四大帆立貝形古墳(関東四大、そんな言い方があるかな?)制覇の”野望”あり。


雷電山古墳をあとにして、坂道を下る。
毎度のことながら、上りはヒイコラいって、高度を確保。
『下りま専科』はあっと言う間。
だが、これが楽しいのである。

県道391号線を南下し、東武東上線東松山駅へと向かう。
県道391号線は、軽めではあるが、結構、アップダウンがある。
東松山市役所前に差し掛かったそのとき、計ったように、♪ゆうやけこやけでひがくれて...♪のメロディーが流れ始めた。
夕方5時の定時チャイムである。
市役所前に差し掛かったときにピッタリ鳴り始めたというのは奇遇である。
東松山市と気が合っているのかなあ...。

帰路は<押し>で帰宅することを約束として、駅前の居酒屋に入り、反省会。

今年4月半ばの九州・水町遺跡の横穴墓探訪に続き、今回、黒岩横穴墓群、吉見百穴、比丘尼山横穴墓群と三つもの横穴墓を探訪。
昨年5月の群馬県太田市の女体山古墳、塚廻り古墳に続き、今回、雷電山古墳を探訪し、関東有数の帆立貝形古墳の三つ目を探訪。
これらをメインとした今回の「比企丘陵古墳めぐり」は、大満足のうちに終えることが出来たのであった。

最後になったが、毎度の史跡めぐりの相棒である武衛さんに感謝!そして、今回、久しぶりに参加し、最後の二つの古墳で斥候を務めてくれた南国守さんに感謝!と申しあげ、本ブログを完結としたい。


フォト:2018年4月30日

(完)

[PR]

by ryujincho | 2018-04-30 23:40 | 比企丘陵古墳めぐり | Comments(0)


<< 『初夏の、柏あけぼの山農業公園』      『ドラポタGWポタリング/比企... >>