龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

『ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり/比丘尼山横穴墓群』 hk-9

4月30日(月曜)、晴れのち曇り。
「ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり」と銘打ち、久しぶりにドラポタ・メンバー、武衛さん、南国守さん、上総の3名、打ち揃いてのポタリング。

今回のプランは次の通り。

JR高崎線/鴻巣駅
〜黒岩横穴墓群
〜吉見観音(岩殿山安楽寺)・・・現地で追加
〜岩室観音堂
〜吉見百穴
〜大谷瓦窯跡
〜秋葉神社(多分、古墳)
〜比丘尼山横穴墓群
〜雷電山古墳(大雷神社)
〜東松山駅前で名物「やきとり」で反省会(豚のカシラなれど「やきとり」とは此れ如何に)
〜東武東上線/東松山駅

黒岩横穴墓群、吉見観音(岩殿山安楽寺)、松山城跡(説明板のみ)、岩室観音堂。吉見百穴、吉見町埋蔵文化財センター、大谷瓦窯跡に立ち寄り、残るはあと三ヶ所、秋葉神社(多分、秋葉古墳)、比丘尼山横穴墓群、雷電山古墳(大雷神社)である。

大谷瓦跡から里山に沿って西へ走り、県道391号線へと向かう。
県道391号線を北上し、県道307号線との交差点、大谷交差点に至る。
交差点を左折し、県道307号線を西へ走る。

事前の調べでは、県道307号線の左側(南側)に秋葉神社(多分、古墳)、少し先の右側(東側)に比丘尼山横穴墓群となっている。

秋葉神社(多分、古墳)はこの辺りの左奥ではないかと、jitensha を止め、三人で地図を見る。
「右に東松山霊園の看板があるね」、「地図では右に東松山霊園、左に秋葉神社あり」、「秋葉神社はあの里山の辺りかもしれないね」、「秋葉神社は、多分、古墳ということやから、はっきり、古墳やと分かっている比丘尼山横穴墓群へ先に行きましょう」。

県道307号線を西へ走る。

道端の用水路(川?)で、網で魚捕りに興じていたヤング・ママと少年親子さんに尋ねた。
「比丘尼山横穴墓群の場所をご存知でしょうか」。
「ここから県道から離れて、この里山沿いの細い道をずっと進んでいきますと比丘尼山横穴墓群があります。あの辺りです」と指を差して教えてくれた。
「里山が右奥へ入り込んでいますけど...」、「奥に入り込んで、また、県道側に出て来ます。一本道ですから大丈夫です」。

礼を伝え、県道を外れ、里山沿いの細い道に入る。
左は田畑、右は木々に覆われた里山。
ポタリングには、ぴったりの道である。

比丘尼山横穴墓群はまだかなあ、見落としたかなあと思ったそのとき、里山の裾に標識と説明板が現れた。
a0289546_05262973.jpg

事前調べの資料では「比丘尼山横穴墓群」となっていたが、標識は「比丘尼山と横穴群」、説明板は「比丘尼山と横穴墓」となっている。
a0289546_05303606.jpg
a0289546_05385623.jpg

説明板に目を通す。
-------------------------------------------
「比丘尼山」は、伊豆に流された源頼朝を援助した比企郡司遠宗の妻が、夫の没後、比企禅尼となり、ここに草庵を営んだ、ということから呼ばれています。
周辺には、二代将軍頼家の妻、若狭局が頼家亡きあと、移り住んだと伝える場所などもあります。
また、この丘陵の斜面には、7世紀に出現した横穴墓群が存在します。
比企地方では、吉見百穴、黒岩横穴群などがあり、市内では、この比丘尼山横穴墓群のみです。
こららの横穴墓群は吉見百穴を中心に西に広がっており、同地方に移住した渡来系氏族の壬生告志氏とのかかわりあいのある墓制とも考えられます。
-------------------------------------------

説明板の前段は、『吾妻鏡』を愛読書とする武衛さんに解説して貰うとよかったのだが、今回は古墳めぐりがメインであったので、横穴墓に集中。

しかし、本ブログを綴るに際し、やはり、気になるので調べてみた。
-------------------------------------
比企尼の夫、遠宗は、源為義、義朝父子に仕えていた。
義朝に頼朝が生まれると、比企尼は乳母になった。
1159年、平治の乱で父義朝は敗北、落ち延びる途中、家人に殺され、13歳の頼朝は伊豆に流された。
遠宗は比企郡の郡司となり、頼朝の乳母である比企尼と共に都から比企郡に来た。
以来、比企尼は頼朝が33歳で平家追討挙兵するまでの20年間、比企一族とともに頼朝の一切の面倒を見て来た。
-------------------------------------

次に、説明板の後段である。
ここでは、事前の調べと同様に、「比丘尼山横穴墓群」とある。
「渡来系氏族の壬生告志氏」とある。
気になることなので、調べてみた。
-------------------------------------
「類聚三代格」や「続日本後記」に、9世紀前半、武蔵国男衾郡(おぶすまぐん)榎津郷に壬生吉志福正なる人物が住まいしていたとある。
壬生吉志(みぶのきし)が氏の名、福正(ふくまさ)がこの人物の名である。
「壬生(みぶ)」は、古代の部(べ)、即ち、職能集団の一つである。
「壬生部(みぶべ)」は「乳部」とも書き、皇子女の養育のために設置された組織である。
-------------------------------------

横穴墓が皇子女の養育のための「壬生」、「壬生部」に由来する名字を有する人物に関わっているとの説と、この辺りに源頼朝の乳母であった比丘尼の草庵があったという言い伝えもあるということで、奇しくも養育という共通点でつながっているのはなかなか面白いことである。
更に、こじつけの感、なきにしもあらずであるが、先ほど、道を尋ねたヤング・ママが少年に魚捕りを教えていたことことも加えれば、まさに<三題小噺>の如きである。

比丘尼山全景(説明板掲載写真)。
a0289546_08042393.jpg


横穴墓(説明板掲載写真)。
a0289546_08064609.jpg

さて、この横穴墓は何処にあるのだろうか?と思いつつ、標識と説明板の写真をもう一枚と、少し離れたところからカメラを構える。

a0289546_08132643.jpg

カメラのファインダー越しに、説明板の左側が笹の藪の一部が少なくなっているのが見えた。
横穴墓へ続く、踏み分け道の入り口かもしれない。

藪を掻き分けて、踏み分け道を進めば、横穴墓に行けるのだと思う一方、いやいや、今日は黒岩横穴墓群では毒蛇のヤマカガシに遭遇したし、吉見百穴では毒トカゲではないが、カナヘビに遭遇したりしているので、と思い、躊躇する。

「わたしが探索して来ましょう」と、南国守さんは何のためらいもなく、藪の中へ入っていった。
流石、<山男>!である。

しばらくして、「ありましたよー、横穴墓、はっけーん!」との声が聞こえた。

その声に従い、武衛さんと小生は藪の中へ。
直ぐに、きつい傾斜地となっている。
土の傾斜地だがら、足が滑る。
今朝ほどの岩室観音堂の胎内くぐりのように鎖が設えられていればと思うのだが、そんなものはない。
長めの笹につかまり、一歩ずつ足場を固め、傾斜地を上る。
笹が生い茂る平坦な地に出る。

「ここです」と指差す、南国守さん。
感動を持って、撮る。
a0289546_08384142.jpg
アップで。
a0289546_08411287.jpg

横穴墓を眺める武衛さん。
a0289546_08423903.jpg

「こっちにもう一つ、ありますよ」と南国守さん。
藪に隠れて見えにくいが、確かにもう1基ある。
a0289546_08450913.jpg

横穴墓をあとにして、長めの笹を握りながら、傾斜地を下る。

踏み分け道から抜け出て来た、功労者、南国守さん。
a0289546_08472148.jpg
a0289546_08480613.jpg

続いて、史跡めぐりの相棒、武衛さんも踏み分け道を抜け出て来る。
a0289546_08490364.jpg

感動を持って、今一度、横穴墓に続く踏み分け道をカメラに収める。
a0289546_08532847.jpg

「南国さんのお陰で、ええもんを見ることが出来ました。流石、山男。友達にW大探検部OBもいましたね。これからは、和製インディアナ・ジョーンズと呼ばせて貰います」と、南国さんに感謝の意を伝えるのであった。

比丘尼山を遠望(北西部から)。
中央に「比丘尼山と横穴墓」の説明板が小さな白い点で見えている。
a0289546_09042228.jpg

白い小さな点の説明板をズームアップ!
a0289546_09062104.jpg

農道を走り、県道307号線に出て、東へ走る。

振り返り、比丘尼山を遠望(南西部から)。
先ほど、ヤング・ママと少年ファミリーに教えて貰った里山の風景でもある。
右の里山沿いから奥に入り、再び、次の里山(比丘尼山)に出て来るという地形がよく分かる。
a0289546_09120409.jpg

県道307号線を右(西側)に外れ、西側の山沿いを走る。
この西側の山沿いに、秋葉神社(多分、古墳)があるだろうとの目算である。

「秋葉神社」の標識はないが、古墳らしき<こんもり>を見つけた。
東側には、先ほど、jitensha を止めて地図で確認したときの「東松山霊園」の看板が見える。
ということで、ここが秋葉神社=古墳であると確信。
a0289546_09262166.jpg

向かいの住宅で庭仕事をしていた男性に尋ねた。
「ちょっとお尋ねしますが、ここが秋葉神社でしょうか」。
「そうですよ。この上に神社があります」。
「ここは、古墳なのでしょうか」。
「そのように言われています」。
「有難うございました」。

本来なら、<こんもり>に上って確認すべきところであるが、時間の都合もある。
秋葉古墳を見つけたとして満足!
<こんもり>の外観を眺めて満足!

県道307号線へ向かう。
振り返って、秋葉神社(多分、古墳)を今一度、眺める。
遠くから眺める<こんもり>は味わい深い景色である。

(メモ)
「秋葉神社(多分、古墳)」と記した理由は次の通りである。
後ほど訪ねる雷電山古墳は三千塚古墳群に属しており、この古墳群の中に秋葉塚古墳なるものがある。
場所的には、秋葉塚古墳と秋葉神社とは全く異なるが、事前調べのときに、秋葉塚古墳と秋葉神社を混同して、秋葉神社=古墳と思い込んだ節がある。
事後、秋葉古墳なるものを調べたが、そのような古墳は見当たらず。
但し、秋葉神社近くの人に尋ねたところ、古墳であるとのことだったので、「秋葉神社(多分、古墳)」は「秋葉神社=古墳」と私的にはそう思っている。

a0289546_02024585.jpg

次は、今回の比企丘陵古墳めぐり、最後の地、雷電山古墳(大雷神社)へと向かう。

フォト:2018年4月30日

(つづく)









[PR]

by ryujincho | 2018-04-30 23:39 | 比企丘陵古墳めぐり | Comments(0)


<< 『ドラポタGWポタリング/比企...      『ドラポタGWポタリング/比企... >>