龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

『ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり/吉見百穴(下)』 hk-6

4月30日(月曜)、晴れのち曇り。
「ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり」と銘打ち、久しぶりにドラポタ・メンバー、武衛さん、南国守さん、上総の3名、打ち揃いてのポタリング。

今回のプランは次の通り。

JR高崎線/鴻巣駅
〜黒岩横穴墓群
〜吉見観音(岩殿山安楽寺)・・・現地で追加
〜岩室観音堂
〜吉見百穴
~吉見町埋蔵文化財センター
〜大谷瓦窯跡
〜秋葉神社(多分、古墳)
〜比丘尼山横穴墓群
〜雷電山古墳(大雷神社)
〜東松山駅前で名物「やきとり」で反省会(豚のカシラなれど「やきとり」とは此れ如何に)
〜東武東上線/東松山駅

黒岩横穴墓群、吉見観音(岩殿山安楽寺)、松山城跡(説明板のみ)、岩室観音堂のコースを辿り、吉見百穴に至る。

吉見百穴。
a0289546_01375470.jpg

前話では、説明板の「吉見百穴」、「横穴に葬られた人々」、「横穴を掘った人々」、「横穴を掘った工具」、「穴の並び方、棺座の工夫、玄室の形、横穴の構造」、「現世と死後の世界」、「横穴の構造」などについて縷々綴った。

それらの説明を踏まえ、西斜面の見学用石段を上りながら、横穴墓を間近に検分した。
a0289546_07065654.jpg
a0289546_09454354.jpg
a0289546_09465293.jpg
a0289546_09500458.jpg

石段をどんどん上って行く。
a0289546_09510971.jpg

足場のよいところにある横穴墓の内部を覗いてみる。
a0289546_10140634.jpg


説明板のある横穴墓で立ち止まり、検分する。
a0289546_10195144.jpg

説明板に目を通す。
a0289546_10213995.jpg

----------------------------------------
玄室の形
玄室は横穴の中でも最も重要な部分です。
ここにつくられた一段高いベッドのような床は遺体を安置する所で、棺座と呼ばれています。
棺座は片側正面に一つだけのもの、西側・片側と正面など複数になっているもの、或いは、無いものなど、「百穴」の玄室には7種類の配置があります。
横穴が個人の墓ではなく、家族墓であって、しばしば、追葬が行われたからでしょう。
棺座の大きさは一人の棺をのせるのではなく、二人分、または、もっとのせるためにつくられたものです。
玄室の形はさまざまです。
最も多い形は方形ですが、正方形に近いもの、長方形、羽子板形、三味線胴形などいろいろあります。
丸い形もありますが、吉見百穴の横穴群の中では異例です。
----------------------------------------


玄室の図。
第一形式(最も多い形の長方形)から第八形式(異例の丸い形)までが図示されている。
a0289546_10222330.jpg

屈み込んで、横穴墓内を検分する。
a0289546_10273627.jpg

左側の棺座をアップで。
a0289546_10364432.jpg

右側をアップで。
右側には棺座が設けられていたような跡は見受けられない。
この横穴墓は棺座が片側ひとつだけのものと思われる。
a0289546_10401263.jpg


続いて、新たな説明板のある横穴墓で立ち止まる。
a0289546_10492901.jpg

説明板に目を通す。
a0289546_10503159.jpg

-----------------------------------------
棺座の工夫
玄室の棺座から中央の通路にかけて、また、通路から羨道・前庭にかけて、溝が掘ってある例が幾つか見られます。
ほとんどの横穴が玄室から前庭にかけて、傾斜をつけて掘ってあります。
これらは排水のための工夫でしょう。
玄室に安置された遺体がいつまでも腐らないで、とこしえに現世の生活が続けられるように願った古墳時代の人々の死者への祈りがこめられているのであろうか。
-----------------------------------------


こちらの横穴墓はさきほどのものとは異なり、外から見ても明らかに両脇に棺座が設けられていることが見て取れる。
a0289546_10542680.jpg

左側の棺座。
a0289546_10551483.jpg

右側の棺座。
a0289546_10560744.jpg

4月半ば、九州・遠賀川流域古墳のひとつ、水町遺跡群(福岡県直方市)でベンキョーしたこと、それは人骨は水に溶けてしまうが、遺跡で発見される人骨は、葬られた場所の水はけがよく、運よく、水に溶けなかったものとのことであった。

「棺座の工夫」の説明板と水町遺跡群でベンキョーしたことが相まって、古墳時代の人々の排水に対する知恵が見て取れる。

同じく、九州・遠賀川流域古墳のひとつ、王塚古墳(福岡県嘉穂郡桂川町)を見学した際、実際の石室では棺座の存在は視認出来なかったが、隣接の王塚装飾古墳館で展示されていたレプリカでは棺座があることをしっかりと視認出来たことを言い添えておきたい。

斜面の頂上部に至る。

見晴台に立つ武衛さんと南国守さん。
a0289546_12021953.jpg

見晴らし台からの風景と図。
a0289546_12031819.jpg

手前には、市野川の流れ。
その向こうに平地が広がる。
そして、彼方に、南西(左側)に富士山...西(中央)に武甲山...北(右端)に浅間山。
a0289546_12094125.jpg
左からアップで。
a0289546_12135525.jpg
a0289546_12144416.jpg
a0289546_12380580.jpg

こうして見晴らし台からの風景を眺めていると、横穴墓を掘る場所をここにしようと決心した古墳時代の人々の気持ちがよく分かる。
即ち、生前、集落で生活しながら眺めていた山河を死後も眺めていたいと考えたのであろうと想像するのである。

地形の面から考えると、今朝、訪ねた黒岩横穴墓群は、吉見百穴の大きく開けた平地と彼方の山々が眺められるロケーションとは大きくことなり、八丁湖の奥にある谷間の斜面に位置していた。
八丁湖は江戸時代に造成された灌漑用の人口湖沼とのことである。
となると、ここからは想像であるが、谷間は、今は公園のようになっているが、昔は川が流れていたのではないか、そして、八丁湖の辺りは平地か湿地であったのではないかと思われる。
であれば、横穴墓が掘られた谷間の斜面から目と鼻の先は開けた平地あるいは湿地となり、吉見百穴とは少し違うが、黒岩横穴墓群も見通しのよいところに位置していたといえなくもない。

吉見百穴は、そのロケーションから、南西に富士山を臨む。
西には武甲山を臨む。
武甲山は、のちのことではあるが、秩父地方の総社である秩父神社の神奈備(かむなび)の山となり、また、日本武尊が自ら甲(かぶと)をこの山の岩室に奉納したとの伝説があり、それが山の名の由来ともいわれている。
そして、北には浅間山も見えるという。
まことに贅沢なロケーションである。

見晴らし台から、たった今、上って来た石段と横穴墓群を眺める。
a0289546_12343645.jpg
斜面の頂上部を北へ向かって歩く。

地面にチョウがとまっている。
早速、虫撮り。
a0289546_16095952.jpg
アップで。
翅が、少し、欠けている。
色合い、眼状紋の数(7個)からして、コジャノメのようだ。
a0289546_16105588.jpg

北斜面側へ降りる石段を下る。

キケン!
黒岩横穴墓群と同様、ここでも毒蛇注意の喚起あり。
a0289546_16191564.jpg
あっ、トカゲや!
今朝の岩横穴墓群では、武衛さんがヤマカガシを見付けたが、今度は小生がトカゲを見付けた。
ヤマカガシに続いて、爬虫類撮り。
トカゲの名には疎い。
子供の頃から見慣れて来た、ニホントカゲやカナヘビくらいしか思い浮かばない。
いや、西表島で、キノボリトカゲを見たことがあったなあ...(自慢げ)。

このトカゲはカナヘビのようだ。
a0289546_16313978.jpg
「百穴からの出土品」。
末尾に「出土品資料提供 大澤家」とあるが、リーフレットや説明板に書かれていた「明治20年、坪井正五郎博士が帝国大学院生のとき、発掘が行われ、人骨、玉類、金属器、土器類が出土した」とあった、そのときの出土品であろうか。

a0289546_17222597.jpg
a0289546_17224789.jpg
「古代の生活の再現写真」。
a0289546_17235829.jpg
こらら出土品の写真と再現写真はトイレの外壁に貼られていた。
そんなことでよいのだろうかと思うも、ブログ上でそんなことを書かなければ、立派な資料写真とだけ見えることだろう。

今一度、吉見百穴を眺める。
a0289546_17364853.jpg
a0289546_17405811.jpg

吉見百穴を堪能した。
午前中に訪ねた黒岩横穴墓群、4月半ばに訪ねた水町遺跡群(福岡県直方市、横穴墓群)などと併せての<考察>も叶った。

次は、同じ敷地内にある吉見町埋蔵文化財センターへ。

フォト:2018年4月30日

[PR]

by ryujincho | 2018-04-30 23:36 | 比企丘陵古墳めぐり | Comments(0)


<< 『ドラポタGWポタリング/比企...      『ドラポタGWポタリング/比企... >>