龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

『ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり/岩室観音堂』 hk-3

4月30日(月曜)、晴れのち曇り。
「ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり」と銘打ち、久しぶりにドラポタ・メンバー、武衛さん、南国守さん、上総の3名、打ち揃いてのポタリング。

今回のプランは次の通り。

JR高崎線/鴻巣駅
~黒岩横穴墓群
~吉見観音(岩殿山安楽寺)・・・現地で追加
~岩室観音堂
~吉見百穴
~吉見町埋蔵文化財センター
~大谷瓦窯跡
~秋葉神社(多分、古墳)
~比丘尼山横穴墓群
~雷電山古墳(大雷神社)
~東松山駅前で名物「やきとり」で反省会(豚のカシラなれど「やきとり」とは此れ如何に)
~東武東上線/東松山駅

吉見観音(岩殿山安楽寺)参拝を終え、岩室観音堂、吉見百穴を目指し、県道271号線を西へ走る。
「吉見百穴」の標識に従い、南へ、南西へと下る。

坂道を下る途中、「松山城跡」の標識が目に入る。
吉見百穴に関わる事前調べの際、懸造り様式の岩室観音堂なるものがあることを知り、プランに組み込んだ。
その際、松山城跡の存在も知ったが、プラン外とした。
予定外ではあったが、先ほど訪ねた吉見観音は立ち寄ってみて大正解だったので、松山城跡も訪ねてみたいと思ったが、そのまま通過し、坂道を下った。
岩室観音堂、そして、吉見百穴が目と鼻の先となったとき、崖下の「松山城跡」の案内板が目に入った。

松山城跡下。
松山城跡はこの崖の上の台地上あるようだ。
鉄格子で塞がれた大きな穴があるが、これが何かは不明。
大きさや形からして、この周辺にある横穴墓のようなものではなく、近隣の人の食料保存庫というようなものであったかもしれない。

a0289546_01310833.jpg

崖下の説明板に目を通す。

a0289546_01141223.jpg

-------------------------------------------
松山城跡
この城跡は、戦国期における山城の姿がほとんどそのまま残されている貴重な文化財である。
市野川に突き出た部分から本城(本丸)、中城(二の丸)、春日丸、三の丸と南西から北東に向って一線上に並び、その両側に多くの曲輪や平場をもっている。
この主曲輪群の東方にも第二次的な施設があったが、太平洋戦争後の土地開発で全く原形を失ってしまった。
城史は、古代にさかのぼるとも言われるが、一般的には鎌倉時代末期の新田義貞陣営説、応永年間初期の上田左衛門尉説、応永23年(1416年)ごろの上田上野介説などがある。
しかしながら、城郭としての体裁を整えたのは、太田氏が、江戸、川越、岩槻の各城を築いた時期に近いものと思われる。
この城が天下に知られたのは、今から4、500年前の天文年間から永禄年間のことで、城をめぐっての上杉、武田、北条の合戦は有名である。
のち、豊臣勢に攻められ、天正18年(1590年)落城した。
歴代の城主上田氏の滅亡後は、松平家広一万石の居城となったが、松平氏が慶長6年(1601年)浜松に転封されたのを最後に廃城となった。
平成20年に国指定史跡となっている。
平成10年3月  吉見町・埼玉県
-------------------------------------------

説明書き冒頭に「市野川に突き出た部分...」とある。
この僅かな言葉で、この辺りの地形がよく理解できる。
城づくりの大事な要素に地形がある。
古墳めぐりをする中にあっても、地形は気になるもののひとつである。
何故なら、地形が古墳築造の場所選びの重要な要素となっていると思うからである。

崖下の「松山城跡」説明板の西隣りが岩室観音堂、その北側に吉見百穴、そして、少し西側に市野川が北から南に流れるという位置関係である。


岩室観音堂。
岩室観音堂は松山城跡がある台地の崖下に安置されている。
a0289546_06245429.jpg
説明書きに目を通す。
a0289546_06291013.jpg

------------------------------------------
岩室観音と石仏
岩をうがって観音像をまつったところから岩室観音という。
龍性院の境外仏堂である。
この観音のはじまりは、弘仁年中(810~824)といわれているが、確かな記録は残っていない。
松山城主が代々信仰し護持していたが、天正18年(1590年)松山城の攻防戦の際に兵火にあって当時のお堂は焼失してしまった。
現在のお堂は、江戸時代の寛文年間(1661~1673年)に、龍性院第三世堯音が近郷近在の信者の助力を得て再建したものである。
お堂の造りは懸造り様式で、江戸時代のものとしてはめずらしいものである。
また、ここにある石仏は、四国八十八ヶ所弘法大師巡錫の霊地に建てられた寺々の本尊を模したもので、八十八体の仏像がまつってある。
また、この石仏を拝めば、居ながらにして四国八十八ヶ所を巡拝したのと同じ功徳があるとされている。
平成10年3月 吉見町・埼玉県
------------------------------------------

もうひとつの説明書きにも目を通す。
a0289546_06534400.jpg

----------------------------------------------
岩室観音について
一、縁起
武州比企郡岩室山の正観世音は、その昔、嵯峨天皇の御宇・弘法大師が諸国を遊歴し、この地に至り、岩窟を選び、三昧に入り、観世音の尊像を彫刻し、この岩窟に納め、岩によりて殿をかまえ、岩室山と号し、多くの人を結縁せしめました。
天正の終わり頃、太閤秀吉関東に出馬したとき、石田三成の士卆によって松山城が灰燼となり、その餘焔大殿にかかり、堂宇残らず焼失しても、尊像だけが不思議にも岩窟内に無事おわしました。
その後、龍性院中興第三世・堯音法師が師命を受けて遠近を駈け巡って檀信徒の助力を募って、寛文年中に現在のお堂を造営したと伝えられています。

二、お堂
この建物、懸造りと称して、有名な京都清水寺の観音堂と同様で、稀に見る貴重な建物です。

三、ご縁日は毎月18日
災難除け、交通安全、商売繁盛、安産等あらたかな霊験は広く知られています。

岩室山龍性院
---------------------------------------------

先ほど訪ねた安楽寺吉見観音の山号は「岩殿山」、こちらの龍性院の山号は「岩室山」、この辺りの地形をあらわした、よき山号である。

「あちら」と「こちら」。
a0289546_07113604.jpg

-------------------------------------
四国八十八札所
こちら 一番から五十一番   
むこう 五十二番から八十八番

四国八十八ヶ所の霊場巡拝は、遍路の打ち振る鈴の音と南無大師遍照金剛の称号と御詠歌の歌声で賑わっています。

病気が治った
災難を免れた
家庭が平和になった

一度、遍路すればまた行きたくなるとは、経験者の偽らざる言葉です。
弘法大師が霊場を開き、衛門三郎がこれを整えてから、七、八百年から千年たつ現在、この信仰はますます盛んであります。
然し乍ら、四国まで出掛けるのは大変なことなので、ここに四国霊場と同じ八十八ヶ寺の如来、菩薩、明王、天がまつられています。
心を込めて参拝ください。

昭和五十年年十月月吉日
(弘法大師千百五十年記念事業)
岩室山龍性院
-------------------------------------

「こちら 一番から五十一番」。
a0289546_10192815.jpg
「むこう 五十二番から八十八番」。
a0289546_10194893.jpg

連れ合いが讃岐出身なので、四国八十八箇所は馴染み深い。

jitensha を始めて間もない頃、何れ、jitensha に乗り、四国八十八箇所札所めぐりをやるかもしれないと思い、「四国八十八箇所札所/バーチャル・ポタリング」をしたことがある。

そのとき、四国八十八箇所札所は、何故、阿波から始まり、土佐、伊予、讃岐の順になっているのかとの長年、抱いて来た疑問も解けた。

江戸時代初期の高野聖で、大阪在の真念法師は、四国遍路について現存する初めての旅行案内書といわれる『四國邊路道指南』と、その霊験記である『四國徧禮功徳記』を出版し、遍路屋(真念庵)の建立や標石の造立をして、庶民の四国遍路が定着したとされているウィキペディア抜粋)。
このことから分かる通り、当時の四国遍路は、大坂から淡路島を経由して、鳴門に入ることから、阿波、土佐、伊予、讃岐の順となったのである。

因みに、現在の県別で見ると、徳島県:23箇所(雲辺寺を除く)、高知県:16箇所、愛媛県:26箇所、香川県:23箇所(雲辺寺を含む)となっており、小生がこれまで参拝した札所は21箇所、オール香川県である。
これは、ポタリングによるものではなく、連れ合いの実家を訪ねたときなどに参拝したものである。

上述の説明書きに、「弘法大師が霊場を開き、衛門三郎がこれを整えてから」とあり、ここで、衛門三郎について触れておきたい。

衛門三郎は、四国巡礼にまつわる伝説上の人物である。
その伝説とは(ウィキペディアからの抜粋)。
-----------------------------------------
天長年間(824年~834年)の頃、伊予国を治めていた河野家の一族に、浮穴郡荏原郷(現在の愛媛県松山市恵原町・文殊院)の豪農で衛門三郎という者が居た。
三郎は権勢を振るい、欲深く、民の人望も薄く、あるとき、三郎の門前にみすぼらしい身なりの僧が現れ、托鉢をしようとしたが、これを追い返した。
その僧はその後も毎日現れ、遂に8日目には僧がささげていた鉢を竹のほうきでたたき落とした。
鉢は8つに割れ、その後、僧は現れなくなった。
実は、この僧は弘法大師だったのである。
 
三郎には8人の子がいましたが、その時から毎年1人ずつ亡くなり、8年目には子が皆亡くなってしまった。
悲しみに打ちひしがれていた三郎の枕元に大師が現れ、三郎はやっと僧が大師であったことに気がつき、何と恐ろしいことをしてしまったものかと後悔する。
三郎は懺悔の気持ちから、田畑を売り払い、家人たちに分け与え、妻とも別れ、大師を追い求めて四国巡礼の旅に出た。
巡礼を重ねるも、大師には出会えなかった。
大師に何としても巡り合い気持ちから、今度は逆に回ることにして、巡礼の途中、阿波国の焼山寺の近くの杖杉庵で病に倒れてしまった。
 
死期が迫りつつあった三郎の前に大師が現れたところ、三郎は今までの非を泣いて詫び、望みはあるかとの大師の問いかけに、来世には河野家に生まれ変わり、人の役に立ちたいと託して息を引き取った。  
大師は路傍の石を取り『衛門三郎』と書いて、左の手に握らせた。
天長8年10月のことあったそうである。

翌年、伊予国の領主、河野息利(こうのおきとし)に長男が生まれたが、その子は左手を固く握って開こうとしなかった。
息利が心配して安養寺の僧に祈願させたところやっと手を開き、『衛門三郎』と書いた石が出てきた。
その石は安養寺に納められ、後に『石手寺』と寺号を改めたという。
石は寺宝となっているそうである。
-----------------------------------------

この伝説には、「8日目」、「8人の子」、「8年目」、「天長8年10月」など、「8」に纏わることが多く出て来る。
これは「八十八箇所札所」の「八」と関係があるのだろうか。
調べてみた。
伝説に言及したものはなかったが、「人間の88ある煩悩を霊場をひとつずつ消していくため88ヶ所の霊場をまわるという説」、「人間の厄年の年齢(男性42才、女性33才、子供13才の年の合計)を合わせた数が88になることから厄除けで88ヶ所の霊場をまわるという説」、「日本人の主食であった『米』の字を分解したという説」、「末広がりで、無限の宇宙をあらわすという説」など、諸説あり。

岩室観音の由緒や四国巡礼の話題はここまでとし、次は「胎内めぐり」を。

穴がハート型の胎内くぐり。
事前の調べでそうしたものがあるということを知ったので、ミーハー的ながら、先ず、それをトライすることにした。

裏の崖を上る。
a0289546_10223122.jpg

鎖を見つけた。
a0289546_10231701.jpg

鎖のある上り道の方へ移動する。
a0289546_10233822.jpg

鎖をつかみ、上る。
a0289546_10244892.jpg

ハート型の胎内をくぐる。
a0289546_10263489.jpg

くぐったあとの崖下を眺める。
a0289546_10291282.jpg

下りる前に、武衛さんと南国守さんに「おーい、胎内くぐり、しませんかぁー」と声を掛ける。

何処からか、南国守さんの声で「安産祈願だろうー」との声が聞こえる。
「無病息災、健康第一、何でもありのはずだよー」と応える。

穴を抜けたところで待つ。
穴は、確かに、ハート型である。
a0289546_10333062.jpg

誰かが上がって来る気配がする。

武衛さんが現れた!
a0289546_10344532.jpg

胎内くぐりの崖から下りる。
一直線に続く上り道を下から見上げる。
ここからでも松山城跡へ行けるのかもしれない。
a0289546_11013853.jpg

坂を下り、お堂へ向かう。
a0289546_11033802.jpg

お堂の上階へ上がる。

階段下に、胎内めぐりの貼り紙あり。
先ほどの、南国守さんの「安産祈願だろうー」の声に対し、「無病息災、健康第一、何でもありのはずだよー」と応えた通り、安産以外のご利益もあり。
a0289546_11070461.jpg

上階。
岩室観音堂の名に相応しい雰囲気。
a0289546_11153698.jpg
a0289546_11174571.jpg
a0289546_11183079.jpg
a0289546_11200294.jpg

数々の奉納額の中で一際、目立つのがこの額。
a0289546_11230874.jpg

さて、何が描かれているのか、目を凝らして見てみる。
a0289546_11261085.jpg

馬の頭の部分がずらっと描かれている。
村の名前が書かれている。
そして、馬の脇にも名前が見える。
持ち主の名かと思ったが、どうも馬の名前のようである。
例えば、
「奉納 大願成就」と書かれた左側に見えるのは「北野村」、「古凍村」、右側に見えるのは「九貫村」、下の方には、「中新井村」、「野田村」、「大串村」、まだまだあるが、これくらいで。
馬の名と思われものは、いっぱいあり過ぎて書ききれないが、「神源」、「長政」、「新喜」、「山繁」などなど。

西側の眺め。
市野川の緑の土手が見える。
a0289546_11424728.jpg

階段を下る。
北側の階段(下りたのは南会談で、これは写真だけ)。
a0289546_11461763.jpg

南側の階段。
下りたのはこちらの階段。
a0289546_11465765.jpg

次は、吉見百穴。
岩室観音堂の向かいの、横道に入ると吉見百穴。
a0289546_12241339.jpg

歓迎の横断幕。
「ようこそ吉身町へお越しくださいました 日本一の横穴古墳群 よしみひゃくあな」。
吉見町は、」吉見百穴に、相当、力を入れていることがよく分かる。
a0289546_12251789.jpg

吉見百穴へ向かう道に立つと、住宅の間に吉見百穴がちらっと見える。
a0289546_12200128.jpg

アップで。
a0289546_12223005.jpg

マンホール・コレクション。
図柄は吉見百穴と埴輪。
吉見百穴を知らない人が見たら、イチゴに見えるかも。
イチゴは吉見町の名産だから、それでもよいのだが、などと勝手なことを考えたりして...。
a0289546_12264092.jpg

フォト:2018年4月30日

(つづく)

[PR]

by ryujincho | 2018-04-30 23:33 | 比企丘陵古墳めぐり | Comments(0)


<< 『ドラポタGWポタリング/比企...      『ドラポタGWポタリング/比企... >>