龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

『ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり/吉見観音』 hk-2

4月30日(月曜)、晴れのち曇り。
「ドラポタGWポタリング/比企丘陵古墳めぐり」と銘打ち、久しぶりにドラポタ・メンバー、武衛さん、南国守さん、上総の3名、打ち揃いてのポタリング。

今回のプランは次の通り。

JR高崎線/鴻巣駅
~黒岩横穴墓群
~吉見観音(岩殿山安楽寺)・・・現地で追加
~岩室観音堂
~吉見百穴
~吉見町埋蔵文化財センター
~大谷瓦窯跡
~秋葉神社(多分、秋葉山古墳)
~比丘尼山横穴墓群
~雷電山古墳(雷電神社)
~東松山駅前で名物「やきとり」で反省会(豚のカシラなれど「やきとり」とは此れ如何に)
~東武東上線/東松山駅

八丁湖北側の黒岩横穴墓群の見学を終え、公園入り口の観光案内図を眺める。
a0289546_06074509.jpg

事前調べをして来ていても、現地で観光案内図を見ることにより、新しい情報を得ることもあり、こうした案内図を見ることは大事なことと思っている。

案内図に三重塔の図柄で示された「吉見観音」に目を惹かれる。

吉見観音は、直ぐ近くである。
行ってみることにする。
だが、案内図の赤で示された道を実際に眺めると劇坂である。

一旦、県道271号線に出て、西に走る。
平坦な道から緩やかな坂を上る。
右に「吉見観音」の標示あり。

参道を進む。
左手に、ソフトクリームの幟旗、そして、厄除け団子と貼り紙された茶店。
「参拝が済んだら、茶店に寄って、ソフトを食べようね」と話ながら、茶店の前を通り抜ける。

「坂東十一番 岩殿山安楽寺」。
a0289546_06245205.jpg

石段脇に駐輪する。
大口径さんにちょっと遠慮して。
小径車だからといって、遠慮することはないんだけどね...。
a0289546_06280654.jpg

仁王門。
a0289546_06424883.jpg
仁王門をくぐり、境内へ。

a0289546_06483473.jpg

本堂。
a0289546_06590540.jpg

a0289546_07002426.jpg

扁額コレクション。
a0289546_07070166.jpg


参拝を終えたところに、「上総さん、左甚五郎の虎、見ましたか?」との南国守さんの声。
「どれ、どこ、どこ」。
「そこに『左甚五郎作 野荒しの虎』の札が掲げられているでしょう」。
「ありますね」。
「野荒しの虎の彫刻はその札の上の方です」。

撮影禁止であろうがなかろうが、本堂内部の写真は撮らないのが礼儀である。
いつも、そう思い、そうしているのだが、今回に限り、禁を破って、しかし、正面は外して、左側だけを撮らせて貰った。

a0289546_07234225.jpg

a0289546_07262755.jpg

どのような謂れのある彫刻であろうかと、吉見町のHP掲載の「安楽寺」を参照してみた。
寺の由緒や、本堂、三重塔、仁王門などについては縷々書かれているが、不思議なことに、左甚五郎作「野荒しの虎」に関わる記述は見当たらない。

あれこれ検索していたところ、旅行サイト「じゃらん」にこんな紹介があった。。
------------------------------------------
吉見観音(安楽寺)
坂東三十三観音霊場第11番札所の古刹です。
(中略)
本堂内部の欄間には左甚五郎作と伝わる虎の彫刻が納められています。
この彫刻は「野荒しの虎」と呼ばれ、面白い伝説があります。
夜ごと、この彫刻の虎はお堂を抜け出して付近の家畜や田畑を荒らし、村人を大変困らせていました。
ある夜、村人が総出で虎狩りをした際に、虎の足を槍で突くことに成功しましたが、残念ながら逃げられてしまいました。
血の跡を辿ってみると、当寺のお堂まで続いており、今まで無かった欄間の虎の後足にたくさんの血が付いていたと言われています。
よく見ると確かに後ろ足に傷があり、不思議な気持ちになります。
--------------------------------------------

写真を今一度、眺めてみた。
右後ろ足の太ももから膝に掛けて、黒っぽい筋状のものが見えなくもない。
これが傷かもしれない。

三重塔。
a0289546_12283775.jpg
a0289546_12321100.jpg
a0289546_12361309.jpg

再び、石段下へ。
a0289546_12404978.jpg
a0289546_12403412.jpg
仁王門を境内から眺める。
a0289546_12474591.jpg
上部に、何やら面白げな彫刻がある。
梵鐘がぶら下がった太い棒(撞木なのかな?)に担いでいるおっさんの彫刻であるが、何か深い意味があるのかもしれない。
a0289546_12514096.jpg
こちらは、臥せた雌雄の鹿。
a0289546_18141697.jpg
こちらは、鶉(と思われる)。
a0289546_18171100.jpg

こちらは、鴨(と思われる)。
a0289546_18182517.jpg
こちらは、鷺(と思われる)。
a0289546_18195505.jpg

こちらは、滝で耳を洗う許由と牛に水を飲ませようと川へ牛を引いて来た巣父。
この彫刻の意味するところは、今月初旬、京都・西本願寺唐門を尋ねた際にベンキョーした。
a0289546_18204932.jpg

西本願寺唐門でベンキョーした彫り物の故事は次の通りである。
ここに転載したマイ・ブログの後半に当該故事について縷々綴っている。

=======2018年4月6日付け「春の京都/西本願寺(下)」より抜粋=======

西本願寺。
唐門。
a0289546_06244303.jpg

境内の南側には、東から北に向かって、唐門、大玄関門、台所門と三つの門が並ぶ。

大玄関門を眺めながら、こりゃー、時代劇の撮影に使われているなあと、ロケ地訪問も趣味としていることでもあり、そう呟く。

唐門を外からも眺めたいと思ったとき、台所門に立つ守衛さんと目が合った。
「この門の木戸から外に出して貰えるでしょうか。唐門を外からもみたいもんで」と声を掛けた。
「もちろん、出入りしていただいて結構です」、更に言葉を続けて、「唐門は6月から修理に入りますので、ちょうどいいときに見学に来られました」、そして、「唐門の彫刻について説明しましょうか」と。

唐門外側の「黄石公と張良」の故事、唐門内側の「許由と巣父」の故事について、見事な口調での説明を拝聴した。

ひとことで言うなら、門の外は俗世間、門の内側は浄土というものであった。

その故事について、守衛さんの話プラス小生の補足も加え、唐門の外側と内側の彫刻の写真と共に綴っておきたい。

台所門の木戸から南側の北小路通に出る。

大玄関門を外側から眺める。
やっぱり、これは時代劇のロケに使われているなあと呟く。
a0289546_07134722.jpg

唐門を外側から眺める。
a0289546_07162082.jpg

唐門外側の彫り物の故事はこうだ。
張良は夢で老人(黄石公)に兵法を教えてやろうといわれる。
その後、張良が老人と会ったとき、老人は自分の靴を川に投げ捨て、張良に拾わせようとする。
張良は屈辱に思いつつも、靴を拾うため川に飛び込む。
靴を探していると龍が現れ、張良は龍を退治する。
すると、龍は靴を差し出し、張良は龍に乗って地上に戻り、老人に靴を差し出す。
結果、老人は張良に兵法の書を渡した。

左/龍に乗り、靴を差し出す張良、右/馬に乗った黄石公。
a0289546_07235917.jpg

アップで。
龍に乗り、靴を差し出す張良/外側から。
a0289546_07293348.jpg

龍に乗り、靴を差し出す張良/内側から。
a0289546_07321855.jpg

馬に乗った黄石公/内側から。
a0289546_07333444.jpg

馬に乗った黄石公/外側から。
a0289546_07343060.jpg

再び、台所門の木戸から中へ入る。
内側から唐門を眺める。
a0289546_06244303.jpg

滝の水で耳を洗う許由と牛を曳いてきた巣父の彫り物を眺める。

唐門内側の彫り物の故事はこうだ。
許由は清廉潔白な人で、人徳も高く、人々から尊敬されていた。
このことを伝え聞いた中国の名帝・堯は天子の座を許由に譲ろうとした。
これを知った許由は「世俗事の汚れた話を聞いてしまった」と、山奥に逃げ、穎川の滝で耳を洗い、隠世した。
牛を引いて来た巣父が、許由が耳を洗っているの姿を見て、「牛に、こんな汚れた水は飲ませられない」と引き返したという。

滝で耳を洗う許由。<br>
a0289546_00443578.jpg

牛に水を飲ませようと川へ牛を引いて来た巣父。
a0289546_00470979.jpg

唐門外側の、張良と黄石公の故事は、出世など俗世をあらわしている。
唐門内側の、許由と巣父の故事は、欲にまみれることのない、精錬潔白な世界、即ち、浄土をあらわしている。
唐門を境にして、そうした、ふたつの世界をあらわしているというのであった。

守衛さんに礼を伝え、南側から、再び、東側の境内へ。

フォト:2018年4月1日

(以上、2018年4月6日付け「春の京都/西本願寺(下)」より抜粋)
=====================================================


八丁湖公園で観光案内図を見て、当初、予定していなかった吉見観音を訪ねることとなったのだが、訪ねてよかった。
京都西本願寺唐門の彫刻を見学したのが、今月の朔、そして、ここ、安楽寺(吉見観音)の彫刻を見学したのが、同じ月の晦日、奇遇である。
これを以て、門の内側に設えられた許由と巣父の故事の彫刻を2例、見たことになったのだから。
門の内側(もちろん、外側も)の彫刻に出会うのが今後の楽しみとなった。


仁王門をくぐり、表から仁王像を眺める。

阿形仁王像。
a0289546_19012536.jpg

吽形仁王像。
a0289546_19020531.jpg
a0289546_19022936.jpg


安楽寺(吉見町HPより)
岩殿山安楽寺は坂東11番の札所で古くから吉見観音の名で親しまれてきた。
本尊は聖観世音菩薩で、吉見観音縁起によると、今から約1200年前に行基菩薩がこの地に観世音菩薩の像を彫って岩窟に納めたことが始まりとしている。
平安時代の末期には、源頼朝の弟範頼がその幼少期に身を隠していたと伝えられ、安楽寺の東約500mには「伝範頼館跡」と呼ばれる息障院がある。
この息障院と安楽寺は、かつては一つの大寺院を形成していたことが知られている。
天文6年(1537年)後北条氏が松山城を攻めた際に、その戦乱によって全ての伽藍が消失し、江戸時代に本堂・三重塔・仁王門が現在の位置に再建されたと伝えられている。
毎年6月18日は「厄除け朝観音御開帳」が行われ、この日は古くから「厄除け団子」が売られている。
現在でも、6月18日は安楽寺の長い参道に出店が立ち並び、深夜2時ごろから早朝にかけて大変な賑わいとなる。

本堂(吉見町HPより) 
岩殿山安楽寺は板東11番の札所で古くから吉見観音の名で親しまれてきた。
「吉見観音縁起」によると今から約1200年前、聖武天皇の勅命を受けた行基菩薩がこの地を霊地とし、観世音菩薩の像を彫って岩崖に納めたことにその創始を見ることができる。
延暦の代、奥州征伐のとき、この地に立寄った坂上田村麻呂によって領内の総鎮守となり、その後、源平の合戦で名高い源範頼みなもとののりよりが吉見庄を領するに及び、本堂・三重塔を建立したが北条氏との戦いですべて消失した。 
現在の本堂は今から約350年前の寛文元年、秀慶法印によって再建されたものである。
その様式は禅宗様に和様を交えた典型的な五間堂の平面を持つ密教本堂で、内部各部材に施された華麗な色彩文様と共に江戸時代前期の様式を保持している。
屋根はもと柿葺であったが、大正12年の改修の際に銅瓦棒葺に改められた。

三重塔(吉見町HPより) 
現存する三重塔は今から約380年前の寛永年間に杲鏡法印によって建築されたもので、本堂・三重塔・仁王門・大仏等の中では最も古い。 
総高約24.3m方三間の三重塔では基壇は設けられず、心柱は初重天井上の梁で支えられている。屋根は柿葺あったが、現在は銅板葺に改められている。初重の面積は高さに比較して非常に大きく、また各重の面積の縮減も程よく、これに加え軒の出が非常に深いので塔全体にどっしりとした安定感を感じさせる。

仁王門と仁王像(吉見町HPより) 
本建造物は、境内の入口に南面して立つ三間一戸の八脚門である。
規模は、表三間のうち両側の仁王像安置の間が七尺八寸五分(約2.38m)、中央は九尺七寸(約2.94m)である。側面は二間とも七尺八寸五分(約2.38m)である。
正面両端間には金剛棚を廻めぐらし内部に"阿”"吽”の密迹金剛力士二体を安置している。屋根は瓦葺であったが、現在は銅板葺に改められている。
仁王像の造立は息障院文書から元禄15年(1702年)と考えられている。
平成8年~10年に実施した解体修理で、元禄年間の造立時の寄進者を列記した幅六寸、長五尺二寸の板が胎内から11枚発見された。


黒岩横穴墓群を見学して来たことでもあり、安楽寺の山号「岩殿山」はまさにぴったりの山号だなと思った。


参道の茶店に立ち寄り、ソフトクリームと厄除け団子を頂戴する。
店番の女の子が注文を受けてくれる。
南国守さんがあれこれと話し掛ける
「中学生ですか」。
「中学1年です」。
「美人だねぇ」。
「とんでもないです」。
中学1年で「とんでもないです」と受け答えするのは、いつも言われている証しであろう。
北川景子似のきりっとした顔立ちの美人さんである。
美人は得である。
乗用車が次々と来て、厄除け団子を買っていく。
一度に何十本もである。
人気の団子なのだ。

岩室観音堂、吉見百穴を目指し、県道271号線を西へ走る。

フォト:2018年4月30日

(つづく)




[PR]

by ryujincho | 2018-04-30 23:32 | 比企丘陵古墳めぐり | Comments(0)


<< 『ドラポタGWポタリング/比企...      『ドラポタGWポタリング/比企... >>