龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 07日

『春の京都/伏見稲荷大社(上)』 hk-4

4月2日(月曜)、晴れ。
4月1日の京都での兄弟姉妹会の機会を捉え、二泊三日の関西行脚。
初日は明日香へ。
三日目のこの日は伏見稲荷大社と岩清水八幡宮へ。

伏見稲荷を訪ねることとしたことには、三つの目的があった。
これまで京都ポタリングや観光の際、街道から大鳥居に向かって拝むだけで、いわば、素通りということであったので、先ず、正式参拝を目的として。
次に、昨今、外国人観光客に大人気とのことで、それをこの目で確認したいという野次馬的目的。
次に、狛犬コレクションの延長線上での、狐コレクションという蒐集癖的目的。

JR伏見駅で下車。
朝の9時、普通の観光地ではまだ混み合う時間帯ではないが、この地は別。
駅も伏見稲荷参道入り口も、人、ひと、ヒト。
ということで、早速、報道に違うことなく、外国人観光客だらけであることをこの目で視認。

a0289546_09075017.jpg

狐コレクションその1/稲穂をくわえる狐。
以前、那須岳に向かう途中、このように飛び跳ねた狐の像を見たこともあった。
a0289546_09081263.jpg

参道を走る自転車。
a0289546_09114917.jpg

チョー若い、日本人カップルから写真撮影を頼まれる。
日本人もいるんだ!(変な感想だが)
a0289546_09240271.jpg

楼門前も、人、ひと、ヒト。
a0289546_09245967.jpg
a0289546_09264214.jpg

狐コレクションその2/玉をくわえる狐。
a0289546_09332088.jpg
狐コレクションその3/鍵をくわえる狐。
a0289546_09340759.jpg

本殿は、瞬間、人波が減じて。
a0289546_09371097.jpg

狐コレクションその4/稲穂、玉、鍵、巻物、何をくわえているのか逆行で定かでないが、消去法で巻物をくわえているらしい狐。
a0289546_09442528.jpg


狐コレクションその5/稲穂をくわえる狐。
前足の力強さが、昨年5月にコレクションした、秩父/三峯神社の眷属/狼像とよく似ているように思えた。
a0289546_09464239.jpg

千本鳥居方面へと進む。狐コレクションその6&7/右、玉をくわえる狐、右、巻物をくわえる狐。
a0289546_09544541.jpg

千本鳥居案内図。
急ぎの外国人観光客にとっては、この写真だけで十分かも...。
この写真を本ブログにアップするときに、背後に巻物をくわえる狐が鎮座していることに気づいた(コレクション外とする)。
a0289546_09595077.jpg

狐コレクションその8&9/左右、木造の狐。
a0289546_10143088.jpg
a0289546_10144409.jpg

さて、いよいよ、千本鳥居の入り口に。
a0289546_10550124.jpg

前々日は、電動アシスト付きながら、明日香のあちらこちらを半日かけて史跡めぐり。
前日は、京都を街歩き。
結構、足は疲れている。
千本鳥居の何処までいけるかだが、行けるところまで行ってみようと、そんなことを話ながら連れ合いと千本鳥居を抜け始める。

フォト:2018年4月2日

(つづく)

[PR]

by ryujincho | 2018-04-07 23:34 | 春の関西行脚/明日香&京都 2018 | Comments(0)


<< 『春の京都/伏見稲荷大社(中)...      『春の京都/大谷本廟墓参』 hk-3 >>