人気ブログランキング |

龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 29日

『F&M紅茶缶風防と有馬炭酸煎餅缶風防/工作編(2)』 fa-2

《F&M紅茶缶風防》の改造に続いて、《五徳付き有馬炭酸煎餅風防》を拵えてみた。
アルミ缶を活用したアルコール焜炉づくりの師匠、松柏木殿のブログに掲載された、《番線五徳付きパイ缶風防》を参考にしながら拵えてみた。
材料の空き缶は、以前、新神戸駅で土産に購った有馬炭酸煎餅の缶である。

五徳となる番線を差し込む穴を開ける。
師匠の手法は「内から外」であったが、小生は、安定性がよくなるのではないかと思い、「内から外、更に内」としてみた。
番線を差し込む。
番線五徳は、缶の中に格納して、蓋が出来るようにする。
となると、空き缶風防の上端と鍋の隙間は番線の直径分だけとなる。
それでよいのかと思い、師匠にケータイ糸電話で指導を仰ぐ。
「空き缶の縁から外に折り曲げることでいいです。隙間は番線の直径分でも問題ないです。折り曲げたところを少し高くしてやるとかで隙間は十分とれます」とのことであった。
納得して、ペンチで番線を折り曲げ、切断する。
三箇所に同じ作業を施し、番線五徳が完成。
a0289546_7154596.jpg
師匠から「空き缶の、横っ腹の開口部は小さめでよいでしょう。焜炉は指でつまんで、上部開口部から入れることででよいでしょう」とのアドバイスもあった。
缶の横っ腹に開口部の小窓は作らずに、空気穴を6個、開けてやった。
小窓にする必要があるとなれば、穴に鋏を突っ込んで、カットすれば、いつでも小窓が出来るという算段である。
a0289546_7161150.jpg
焜炉を入れてやる。
UFO みたいや!とご満悦。(おまえは、子供か!?)
a0289546_7164233.jpg
番線五徳を内側に格納してやる。
師匠の言によれば、径の小さい鍋かカップなら、番線五徳を内側にして使うことも出来るとのことである。
a0289546_7171428.jpg
缶に蓋をしてやる。
a0289546_7173254.jpg
師匠から「缶の中に、焜炉、アルコール=明治プロビオ21などのミニ・ボトルに移し変えて=、小型チャッカマンを入れてやれば、《番線五徳付き有馬炭酸煎餅缶風防アルコール焜炉セット》の出来上がりとなります」とのアドバイスもあった。


残すは、燃焼試験のみである。
風穴6個だけで、上手く燃焼すれば、缶の横っ腹に開口を施す必要はなくなる。
空気不足で、開口が必要となれば、穴に鋏を突っ込んで、開口部を拵えてやるということになる。
近日中に、手賀沼湖畔試験場で、《F&M紅茶缶風防/改》と《番線五徳付き有馬炭酸煎餅風防》を行うこととしたい。

幼き頃、毎夏、家族連れで有馬温泉に行った。
滝の近くの茶店で、底の太いガラスコップに炭酸水と砂糖を入れた、言わば、即席サイダー、或いは、生サイダーを飲んだものだ。
そして、炭酸煎餅を買って、家族で《煎餅割り》に興じたものだ。
《煎餅割り》とは、相対する二人が、煎餅の内側の円い輪の外側を親指と人差し指で持ち、スナップを効かせて、どちらが大きい面積の煎餅を取るかという遊びである。
そんな話を知っている次男坊が、正月休みに夫婦で来訪時、先日、神戸へ行ったとのことで、土産に缶入りの有馬炭酸煎餅を持って来てくれた。
小生と次男坊夫婦、ええ年をした大人が、炭酸餅割りに興じたのであった。
その空き缶は、次の工作材料として取り置きしてある。
この空き缶も、何れ、《番線五徳付き有馬炭酸煎餅風防》に変身し、次男坊夫婦へプレゼントすることとなろう。

フォト:2013年1月28日

(つづく)

by ryujincho | 2013-01-29 09:55 | Comments(2)
Commented by brompton_2006 at 2013-01-29 19:28
炭酸せんべい風防、できあがりですね。
バンセン五徳もついて、内側にも外側にも、
つかえますね。
風防の穴が有効かどうか、これも実験がたのしみです。
これで燃焼バッチリだと、某の次回作も取り入れてみたいものです。
あの蚊取り線香五徳もオマネシ君しようかな。
Commented by ryujincho at 2013-01-30 07:25
松柏木殿 
師匠のご指導よろしきを得て、上手いこと、出来上がりました。
空気穴で有効かは試験結果が待たれます。
穴で済むなら、小窓を作る面倒さ(???)はなくなり、省力化となります。
蚊取線香五徳、是非!
携帯蚊取線香入れは、9cm径と、もう少し大きい型の2種類がありました。
餅や干物を焼くなら、大きい型の方がよいかもしれませんね。


<< 『F&M紅茶缶風防と有馬炭酸煎...      『F&M紅茶缶風防と有馬炭酸煎... >>