龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

タグ:雉 ( 6 ) タグの人気記事


2013年 04月 25日

『キジ、その飛翔』

a0289546_444428.jpg
a0289546_4445959.jpg

ここ数日、手賀沼でキジに大いに遊んで貰っている。
母衣打ちの姿やカップルの姿も愉しませてくれた。
他所のキジはどんな様子だろうと、利根川右岸CRを経て、利根運河に出掛けてみた。
利根川CRに入るや否や、その両脇の河川敷や田園地帯で、早速、キジの声、キジの姿が。
利根運河CRに入ってからもキジの声、キジの姿がつづく。
魚影、いや、鳥影が濃い。
利根運河は自宅からちょいと距離がある。
《獅熊くん》を連れて行くには、ちょいと重たい。
《多無論くん》18-270mm は故障中なので、弟分(先に買ったから、兄貴分かも)の18-200mmを連れて行った。
《多無論くん》18-200mm は、軽い分、振り回しもよく、キジの飛ぶ姿を捉えることが出来た。
しかし、十分には届かない。
電脳で大判原版から飛翔する部分を切り抜いてみた。

キジは、歩くのは速い。
しかし、飛ぶのは苦手のようだ。
しかし、飛ぶ姿を後ろから眺めると「美しい」という言葉がついつい出てしまう。
いつもは長い円錐形の尾羽も、飛翔するときは見事な扇状になっている。
キジは日本の国鳥である。
いつ、誰が、何故、キジを国鳥と定めたのだろうか。
以前、調べたことがあったが、忘れた。
で、「キジ 国鳥」で検索してみた。
『日本の国鳥はどうしてキジなのかご存知ですか?』の標題が付された、ピッタリのサイトにヒットした。
-----------------------------------
日本の国鳥にキジが選ばれたのは、1947年の日本鳥学会でのことです。
このときの学会誌には、候補として、ヤマドリ、ハト、ウグイスなどが揚げられたが、キジに決定したとの報告だけだったようです。
その後、日本野鳥の会の会報で、当時の議論についてが報じられ、キジが選ばれた理由が明らかにされました。
1. 日本の固有種である。
鳥類で、日本の固有種は、ヤマドリとキジだけである。
2. 1年中姿を見ることが出来る。
  渡り鳥でないため、生息地の本州、四国、九州では1年中姿を見られる。
3. 姿が優美。
  キジの雄は、特に羽が美しい。
4. 美味い。
  昔から狩猟の対象であり、キジ鍋などが有名。
5. 子供にもなじみがある。
  童話の桃太郎にも登場しておる他、古事記にも「キジシ」と言う名前で記載されている。
6. 雄は力強く、雌は母性本能が強い。
  キジのメスは、山火事の火が迫っても、卵を守る為、巣から離れないと言う。
また、この6つの理由の中でも、特に決定的だったのは、キジが日本の固有種だからと言う理由だそうです。
-----------------------------------
四つ目の「美味い」というのがなかなかよい。
「姿が優美」だけでは国鳥にはなれないのだ。
因みに、フランスの国鳥は鶏だそうだ。
その理由は「美味い」なんだろうか。
加えて、家禽なので、親しみがあるからなんだろうか。
何れ、その理由も調べてみたい。

次回は、重くても、やはり、《獅熊くん》を連れていこう。
それの方がキジも喜ぶであろう。
そして、次回は、子連れの光景を見ることが出来るかもしれないし...。

フォト:2013年4月18日
[PR]

by ryujincho | 2013-04-25 05:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 04月 20日

『カップルに出遭った』

ここ暫らく、手賀沼周辺で、キジに大いに遊んで貰っている。
前日、手賀沼西端のネギ畑で出遭ったキジくんは「母衣打ち」を見せてくれた。
今日はどんな姿を見せてくれるのだろうかと楽しみにしながら、愛馬に跨り、再び、手賀沼へ出掛けた。
北岸で『威風堂々』のキジに出遭ったのち、南岸を走る。
蓮群生地のベンチで休憩していたところ、背後の田圃でキジの声がする。
田畑に目を凝らす。
南側の畦道の草叢で、オスを発見!
そして、メスも発見!
(写真右/オス、写真左/メス)
a0289546_113810.jpg
畦道の横手から雌雄のキジを観察する。
遠目ながら、オスが首を長く伸ばし、母衣打ちに入るのではないかと思わせる仕草が見える。
手前の草叢の中にメスの姿が見える。
a0289546_122886.jpg
母衣打ちの動作に入った。
a0289546_125615.jpg
a0289546_1252457.jpg
a0289546_1255113.jpg
雌雄の姿、オスにフォーカス。
a0289546_1261458.jpg
雌雄の姿、メスにフォーカス。
a0289546_1263557.jpg
田圃の中を採餌しながら歩むオス。
a0289546_285030.jpg
田圃の中を採餌しながら歩むメス。
a0289546_211161.jpg
雌雄それぞれ、西側の畦に進み、再び、合流。
a0289546_2191867.jpg
畦から土手へ。
土手で、雌雄並んで、採餌。
a0289546_742391.jpg
a0289546_744463.jpg
a0289546_763035.jpg
雌雄の様子は何となくよそよそしい感じもするが、「オスは頭を低く下げ、全身の羽を立ててメスの進行を阻むようにメスの進路に割り込む」や「オスは尾羽を扇状に開げ、羽の表面をメスに向けてゆらゆらゆらす」といった求愛行動はなく、既にカップル成立の雌雄と思われた。


フォト:2013年4月16日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2013-04-20 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(4)
2013年 04月 19日

『威風堂々』

ここ暫らく、手賀沼周辺で、キジに大いに遊んで貰っている。
前日、手賀沼西端のネギ畑で出遭ったキジくんは「母衣打ち」を見せてくれた。
今日はどんな姿を見せてくれるのだろうかと楽しみにしながら、愛馬に跨り、再び、手賀沼へ出掛けた。

手賀沼北岸をの遊歩道を走っていると、脇の茂みでガサガサと音が聞こえる。
目を凝らして見てみると、赤いほっぺのキジくんが茂みの中を歩いている。
a0289546_629997.jpg
キジくん、茂みの中から登場!
a0289546_6294022.jpg
そのまま、高台の茂みの中に隠れるのかと思いきや...。
a0289546_1529437.jpg
高台の茂みには隠れず、Uターンしてくれた。
a0289546_15302050.jpg
写真を撮るなら撮っておくれと、カメラ目線でこっちを向いてくれる。
愛い奴じゃ。
a0289546_15311256.jpg
再び、茂みの中に隠れそうになるも、やっぱり、写真を撮るなら撮っておくれと、カメラ目線でこっちを向いてくれる。
やっぱり、愛い奴じゃ。
a0289546_15331622.jpg
再び、茂みから出て来て、眼前を胸を張っての堂々の行進。
エルガー作曲「行進曲 威風堂々」第一番から第五番まで聴かせてやりたいくらいの堂々とした行進だ。
a0289546_1536821.jpg
a0289546_15393853.jpg
a0289546_15395592.jpg
この日、4月16日は、龍人鳥の65歳の誕生日。
そんな日に、よき姿を見せてくれ、嬉しい限りだ。
有難う、キジくん!

フォト:2013年4月16日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2013-04-19 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(2)
2013年 04月 18日

『母衣打ち』

手賀沼西端のネギ畑で出遭ったキジは、棕櫚の木陰の草叢で、暫し、お籠り。
a0289546_5275245.jpg
しかし、首を左右に、きょろきょろと、何やら落ち着きのないような様子。
a0289546_5301445.jpg
a0289546_5304134.jpg
草叢から姿を現す。
嘴を広げる、母衣打ちを予感させるが如くに。
a0289546_533149.jpg
予感どおり、母衣打ちが始まった。
ケン、ケーンの鳴き声と共に。
a0289546_5401612.jpg
a0289546_5403743.jpg
a0289546_540533.jpg
a0289546_541123.jpg
a0289546_5413312.jpg
a0289546_5415029.jpg
からだ全体はまだ平常より膨らんだ状態ながら、伸び上がった尻尾は地面近くに下がり、落ち着いた様子に戻った。
a0289546_543593.jpg
「どや、サービス満点やろ」と言っている風に、どや顔を見せる。
a0289546_5441717.jpg

〔母衣打ち〕
(「保呂打ち」とも書く)キジやヤマドリなどが翼を激しくはばたかせ、音を立てること。
(出典/kotobank)
-----------------------------------
つばさをふるわせて音を出すドラミング(ほろ打ち)
(出典/小学館の図鑑NEO「鳥」、キジの項)
-----------------------------------
ヤマドリの雄は、春に翼を打ち鳴らし、さえずりの代りにしていることが知られています。
これを「母衣打ち」と呼んでいます。
「ドドド・・・」と聞こえる重低音の響きは、近くで聞くとお腹に響きます。
(出典/日光野鳥研究会、ヤマドリの項)
------------------------------------
〔母衣(ほろ)〕
鎧(よろい)の背につけて飾りとし、時に、流れ矢を防いだ具。
平安末期には5幅ほどの布帛で長くなびかせるように作った。
室町時代からは内部に駕籠を入れて風がはらんだように作り、指物として用いた。
(出典/広辞苑)
------------------------------------
キジの膨らんだ姿は「内部に駕籠を入れて風がはらんだように作った指物」である母衣そのものである。
その母衣を自らの羽ばたきで打つように見える。
「母衣打ち」とは、先人は上手く表現したものだ。

フォト:2013年4月15日、手賀沼西端にて
[PR]

by ryujincho | 2013-04-18 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(2)
2013年 04月 17日

『ネギ畑のキジ』

ここ暫らく、キジの声、キジの姿を愉しんでいる。
《獅熊くん》を連れて、再び、手賀沼へ出掛けた。
あちらこちらでキジの声が聞こえる。
しかし、その姿はかなり遠い。
手賀沼を四分の三周、走ったところあたりで、今日は声だけかと諦め掛けた。
だが、まだ、四分の一のチャンスはある。
数年前に親子連れを見たことがある手賀沼西端の畑に沿って走る。
走りながら、横目でキジはいないかと目を遣っていたところ、じゃーん!いる、いるっ!
刈り取りをほぼ終えたネギ畑のネギの陰に、一羽、歩く姿が。
a0289546_0573627.jpg
キジ独特の、背の斑点。
a0289546_11790.jpg
急ぎ足。
a0289546_154451.jpg
立ち止まり。
a0289546_163462.jpg
急ぎ足で草叢へ。
a0289546_172846.jpg
草叢の中で、水平姿勢に。
a0289546_183072.jpg


フォト:2013年4月15日、手賀沼西端にて
[PR]

by ryujincho | 2013-04-17 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(2)
2013年 04月 15日

『雉も鳴かずば撮られまい』

手賀沼南岸、田園地帯にて。
a0289546_601296.jpg
手賀沼北岸、農家近くの畑にて。
a0289546_604887.jpg
手賀沼北岸、一般道近くの草叢にて。
a0289546_622048.jpg
ケン、ケーン(キジの鳴き声の標準的表現を採用)と鋭く響く鳴き声が聞こえる。
その声の方向に目を遣る。
遠目でも、ハート型の真っ赤な横顔がよく見える。
今は、繁殖期。
暫らく、キジの声、そして、その姿が愉しめる。

フォト:2013年4月12日
[PR]

by ryujincho | 2013-04-15 06:03 | 鳥見雑記 | Comments(2)