龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 59 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 22日

『鳥とゴルフ』

9月末に我孫子ゴルフ倶楽部で開催される第50回日本女子オープンゴルフ選手権の掲示板に「鳥とゴルフ」に関する記事があった。
ゴルフ用語のバーディやイーグル、アルバトロスの由来は何となく承知していたが、すべての用語がしっかりとまとめられていた。
よって、「鳥見雑記」のひとつとして、「鳥とゴルフ」の記事をここに全文掲載しておこう。

「鳥とゴルフ~羽毛で作ったゴルフボール~」
a0289546_9301050.jpg
-------------------------------
人は昔から、空を自由に飛びまわる鳥にあこがれを抱いていたのでしょう。
例えば、鳥の羽を飾りとして身に付けたり、鳥の姿を真似て踊ったりする風習は世界各地に見られ、それは「自由に空を飛べる力」を求める気持ちの現われと考えられます。
ゴルフボールも一時期、球状に縫った革の中に鵞鳥の羽毛を詰めたものを使っていました。
羽毛の代わりに綿や布を詰めても同じくらい飛びそうですが、「空を翔ける鳥」の羽を使うと、いかにも遠くまで飛びそうに思えたのではないでしょうか。
その羽毛球を1個作るためには、シルクハット一杯分ほどの大量の羽毛が使われました。
球状の革の小さな穴に錐のような道具で、羽毛をぎゅうぎゅうに詰め込みます。
手前の端を胸に当て、針の先でボールの穴に力一杯押し込むので、連日そんな作業を繰り返したボール作りの職人は、胸が圧迫されて病気になり、若死にする人が多かったといいます。
鳥にとっても迷惑だったでしょうが、人にとっても命がけのボール作りでした。
-------------------------------

「ゴルフのスコアと鳥の関係」
a0289546_9302483.jpg
a0289546_9303729.jpg
a0289546_9304944.jpg
-------------------------------
皮肉なことに実際にボールが飛ぶようになったのは、羽毛を使わずにゴムを使うボールが出てからです。
19世紀半ばにガッタパーチャという樹脂を団子のように丸めて成型したボールが使われるようになり、飛ぶ距離が大きく伸びました。
さらに明治31(1898)年、ゴムを糸状に切って引き伸ばして、芯に巻き付ける糸巻きボールが作られました。
このボールはさらに大きな飛距離を実現しました。
これらの新たなボールの開発により、ゴルファーのスコアも良くなりました。

明治31年か明治32年(1899)年(一説では明治36(1903)年)、アトランティックシティのコースでアブとウィリアム・スミスの兄弟、そして友人のジョージ・クランプがプレーしたときに、アブが2打目をピンそばにピタリと付けました。
それを見たクランプが「こいつはバードショット!」と叫んだといいます。
この頃、アメリカでは素晴らしいものを俗語で「バード」と呼んでいたようで、以来、「基準打数より1打少ないスコア」をバードの幼児語形「バーディー」と呼ぶようになりました。
語感が可愛らしく、空を翔けて飛ぶイメージもあるこの言葉が広く使われるようになり、「基準よりも良いスコア」に鳥にまつわる言葉が使われるようになりました。

例えば、基準より2打少ないスコア「イーグル」は、小鳥よりも大きく、しかもアメリカの国鳥(ハクトウワシ)であったため付けられました。
そして、基準より3打少ないスコアをアメリカでは「ダブルイーグル」、イギリスでは「アルバトロス」としています。
このようなスコアは珍しいことだったので、名前が付けられたのは後のことです。
諸説ありますが、大正10(1921)年にボビー・ジョーンズが3打少ないスコアを出したときに、一緒に回ったイギリス人ゴルファー、シリル・トレイが付けたとか(摂津茂和著『ゴルフ千夜一夜』)、大正15(1926)年にアメリカ・フロリダ州ウィンストンゴルフクラブでジョン・マクマレーが出したときに、そのコースの古老が付けたという説もあります。
いずれにせよ、その命名者はイーグルよりも大きく、非常に長い距離を悠々と跳ぶアルバトロスの姿が、この快挙にふさわしいと考えたのでしょう。
羽を持たない人間が、思い切り遠くに球を飛ばして少ない打数で目標をクリアしたとき、まるで鳥の能力を持ったような気分になれた・・・これらの名称には、そんな喜びが潜んでいるのかもしれません。

ところで、その「アルバトロス」の仲間が日本にもいて「アホウドリ」と呼ばれています。
体が大きく地上では動作が遅く、飛び立ちのに長い距離が必要で、しかも集団で生息し、警戒心が低いことから、羽毛を取ろうと人が近づいても逃げずに易々と棒で打ち付けられて殺されてしまいます。
このようなことから、人間にやりら放題の「アホウな鳥」という意味でそう名付けられたと言われています。
そして、獲り放題に獲られた結果、一時は絶滅したとされていましたが、幸いなことに「アホウドリ」が鳥島で生き残っていることがわかり、山階鳥類研究所をはじめとする多くの人たちの努力で徐々に増えています。

その他にも「コンドル」と呼ばれるのは、基準打数より4打少ないスコア。
これはトリプルイーグル、ダブルアルバトロスとも呼ばれています。

なお、日本だけでしか使われていませんが、最下位からひとつ上の順位を「ブービー」(カツオドリ)と呼んでいます。

山階鳥類研究所や鳥の博物館など鳥にゆかりのある我孫子市で、この度、第50回女子オープンゴルフ選手権が開催されます。
バーディー、イーグル、アルバトロスなど、良いスコアが飛び出す、にぎやかな大会になることが期待されます。
-------------------------------

写真上段から;
・ボビー・ジョーンズ(明治34(1902)年~昭和46(1971)年)
 米国アトランタ生まれの最強のアマチュア。
 25歳で全英。全米オープンを制覇。
 マスターズ・トーナメントの創設で有名。
・イーグル(鷲)
・アルバトロス(アホウドリ)
・コンドル
・ブ-ビー(カツオドリ)

フォト:2017年9月22日
[PR]

by ryujincho | 2017-09-22 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 09月 18日

『カイツブリ・ファミリー』

9月18日。
手賀沼を走る。
南岸、染井入落の入り江でカイツブリ・ファミリーを眺める。
5月に手賀沼や手賀川で、雛が親の背中に乗っかっている様子を楽しんだ。
あれから4ヶ月、雛は随分と成長し、幼鳥に。
a0289546_8492775.jpg
a0289546_8493448.jpg
a0289546_8494496.jpg


フォト:2017年9月18日
[PR]

by ryujincho | 2017-09-18 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 09月 06日

『鳥の目/旭山動物園にて』

オオワシ。
a0289546_175110.jpg
正面顔は何となく、おとぼけ感あり。
a0289546_176472.jpg
シロフクロウ。
a0289546_1781044.jpg
正面顔は何となく、おとぼけ感あり。
a0289546_1785562.jpg
きりっとした全身像。
a0289546_1792351.jpg
ワシミミズク。
a0289546_1711493.jpg
暫時、待つも、目は開いてくれず。
a0289546_1711582.jpg
イワトビペンギン。
オオワシ、シロフクロウ、ワシミミズクと猛禽類を並べたあとにペンギンというのは違和感がなきにしもあらずだが、イワトビペンギンの目付きは猛禽類よりも鋭く、攻撃的な性格という。
a0289546_0272163.jpg



フォト:2017年8月31日
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:37 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 06日

『ペンギン・コレクション/旭山動物園にて』

8月31日。
旭山動物園。

これまで、あちらこちらでペンギンをコレクションした。
ペンギン・コレクションは、木製、金属製、陶製(ボーンチャイナ、素焼き)、七宝焼き、プラスチック製、ゴム製などいろいろ。
数年前から写真でのコレクションだけにすることとした。
齢を重ね、そろそろ<終活>に入らねばならないからだ。
a0289546_17321549.jpg
a0289546_1732266.jpg
a0289546_17323693.jpg
a0289546_173249100.jpg


フォト:2017年8月31日
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:36 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 06日

『旭山動物園/やっぱり、ペンギンに遊んでもらった(下)』 pg-3

8月31日。
旭山動物園。
フンボルトペンギン。

前話の「空飛ぶペンギン」、「水中ペンギン」に続き、水面近くを泳ぐペンギンも激写。
a0289546_10401378.jpg
スイ、スイ...
a0289546_1040289.jpg
スイ、スイ...
a0289546_10404971.jpg
スイ、スイ...
a0289546_104165.jpg
小休止。
a0289546_10412485.jpg
a0289546_10413721.jpg
a0289546_10415243.jpg
a0289546_10421016.jpg
a0289546_10422482.jpg
足の使い方に注目!
a0289546_16181763.jpg
足と胴体の使い方に注目!
a0289546_16185077.jpg
のんびり。
a0289546_162356100.jpg

ペンギンの寿命は、種類や野生か飼育で異なるが、概ね20年くらいといわれている。
前回、11年前に出会ったペンギンと、今回、再び、出会ったかもしれない。
10年後にまた会えるかもしれない。
こちとらの寿命は神仏のみが知るところであるが...。
前回の続き、今回もペンギンたちに大いに遊んでもらった。
感謝!

フォト:2017年8月31日

(完)
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:35 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 06日

『旭山動物園/やっぱり、ペンギンに遊んでもらった(中)』 pg-2

8月31日。
旭山動物園。
旭山動物園を訪れるのはこれで2度目。
前回はいつだったかと記録を辿ると、11年前、2006年5月であった。
ペンギンを趣味とする小生、前回はペンギンを撮り捲くった。
今回は、オオカミをメインに見物しようと張り切って訪れたが、オオカミは夜行性のせいか、皆、おやすみ状態で、丘に立ち、遠吠えする姿はなかった。

ということで、やっぱり、ペンギンに遊んでもらうこととした。
先ず、キングペンギンに遊んでもらった。
続いて、フンボルトペンギンに遊んでもらった。

今夏、リニューアル・オープンした都内の某水族館は「天空のペンギン」とか「空飛ぶペンギン」と銘打ってPRしている。
そうした趣向の元祖は、ここ、旭山動物園ではないかと思っている。

ということで、旭山動物園の「空飛ぶペンギン」を。
a0289546_17455691.jpg
a0289546_17462766.jpg
a0289546_17464068.jpg
a0289546_17465313.jpg
a0289546_18124090.jpg
a0289546_1813691.jpg
a0289546_18135356.jpg
a0289546_18191471.jpg
水中へ。
a0289546_15374023.jpg
a0289546_15375623.jpg
a0289546_15381887.jpg
a0289546_15384496.jpg
a0289546_15391292.jpg
a0289546_15392955.jpg
再び、空飛ぶペンギンに。
a0289546_1540568.jpg


フォト:2017年8月31日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:34 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 06日

『旭山動物園/やっぱり、ペンギンに遊んでもらった(上)』 pg-1

8月31日。
旭山動物園。
旭山動物園を訪れるのはこれで2度目。
前回はいつだったかと記録を辿ると、11年前、2006年5月であった。
ペンギンを趣味とする小生、前回はペンギンを撮り捲くった。
今回は、オオカミをメインに見物しようと張り切って訪れたが、オオカミは夜行性のせいか、皆、おやすみ状態で、丘に立ち、遠吠えする姿はなかった。

ということで、やっぱり、ペンギンに遊んでもらうこととした。

キングペンギン。
a0289546_16215357.jpg
a0289546_162296.jpg
a0289546_16321318.jpg
a0289546_1637363.jpg
a0289546_16405169.jpg
岩を、氷雪を歩くために、そして、「ドボカン」(氷や雪の上を腹滑りし、足で蹴って前に進む移動方法)のために、しっかりとした、野球グラブのような足。
移動のためだけでなく、ちょいと痒いなというように羽繕いにも器用に足を使っている。
a0289546_16432328.jpg
a0289546_16433585.jpg
a0289546_16434813.jpg
a0289546_1644160.jpg
こちらは、くちばしで羽繕い。
a0289546_16483152.jpg
a0289546_16484283.jpg
こちらも、くちばしで羽繕い。
a0289546_16503786.jpg
横顔をアップで。
a0289546_16545790.jpg
足をアップで。
野球グラブのような足に加え、長い爪。
この爪で岩や氷雪をしっかりと捉えるのであろう。
a0289546_16552624.jpg
斜め正面姿。
a0289546_177399.jpg
後ろ姿。
a0289546_1772429.jpg

キングペンギンは、世界で二番目に大きなペンギン種である。
ペンギン全種の中で最も大型のペンギンは、コウテイペンギンである。
キングペンギンと書くからには、その対比上、エンペラーペンギンと書くべきかもしれない。
コウテイ(皇帝)ペンギンと書くのであれれば、その対比上、キングペンギンはオウサマ(王様)ペンギンと書くべきかもしれないが、コウテイペンギンとキングペンギンが通例のようだ。

コウテイペンギンが登場したので、コウテイペンギンとキングペンギンのおおよその比較を記しておこう。
・体長:
 コウテイペンギン 130cm
 キングペンギン   90cm
・生息地:
 コウテイペンギン
 南極大陸と大陸沿岸の島々のみで繁殖する。
 キングペンギン
 南緯45-55度に位置する比較的温暖な亜南極の島々で生息する。
 皇帝ペンギンとは異なり、南極大陸では生息していない。
・「ハドル」の形成:
 コウテイペンギンは、寒い天候下、体を寄せ合う「ハドル」を形成する。
 ハドルを形成するのはコウテイペンギンのみで、キングペンギンその他の種類はハドルを形成しない。
・抱卵、育雛:
 コウテイペンギン、キングペンギン共、抱卵、育雛は親鳥の足の上で行う。

フォト:2017年8月31日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:33 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 06日

『旭山動物園/シンリンオオカミ』

8月31日。
旭山動物園。
旭山動物園を訪れるのはこれで2回目。
前回はいつだったかと記録を辿ると、11年前、2006年5月であった。

ペンギンを趣味とする小生、前回はペンギンを撮り捲くった。
今回は、オオカミをメインに見物しようと張り切って訪れた。

何故、オオカミか。
それは、5年前、新宿/KONICA MINOLTA PLAZAで 『ジム・ブランデンバーグ写真展/A TRIBUTE TO NATURE』で彼の得意とする WOLF の作品を見る機会を得たこと、そして、今年5月、狼を眷属とする秩父/三峯神社に参拝したことがあったからだ。

オオカミの図/その1。
a0289546_1723166.jpg
オオカミの図/その2。
a0289546_1731739.jpg
「オオカミその2さん」をアップで。
a0289546_1752475.jpg
全員、おやすみ状態。
a0289546_176450.jpg
森の小高い丘にすっくと立つオオカミたちを想像していたのだが...。
訪ねたのは朝10時過ぎ。
夜行性だからこの時間帯はいつもこんな状態なんだろうと勝手に納得。

案内板の「オオカミの図」で満足しておこう。
a0289546_1712942.jpg
そういえば、入場券の「開園50周年」の文字の脇に「オオカミ、遠吠えの図」があったことを思い出し、それを以て満足としておこう。
a0289546_1716694.jpg
入場券、右上/超拡大版。
a0289546_17163418.jpg
もうひとつ、見つけた看板の「オオカミ、遠吠えの図」。
a0289546_17294683.jpg
幟旗のオオカミ。

フォト:2017年8月31日
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:32 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 06日

『旭山動物園/開園50周年』

8月31日。
旭山動物園。
チケットに開園50周年の文字が。
a0289546_11191751.jpg
a0289546_1119264.jpg
a0289546_11193868.jpg
今朝ほど乗った大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイも開業50周年であった。
どちらも、おめでとう!

フォト:2017年8月31日
[PR]

by ryujincho | 2017-09-06 23:31 | いきものがかり | Comments(0)
2017年 09月 05日

『大雪山層雲峡・黒岳(Ⅴ)/流星の滝、銀河の滝』 kd-5

8月31日。
層雲峡は石狩川沿いに24kmにわたって断崖絶壁が続く峡谷。
3万年前の大雪山系の大噴火により堆積した溶岩が固まり、石狩川の流れによって浸食され、形成されたという。
峡谷の絶壁を石狩川に向かって滝が流れ落ちる。
流星の滝と銀河の滝を眺める。
この二つの滝は、大雪山系の赤岳と烏帽子岳を源流として石狩川に落下している。

流星の滝。
a0289546_17574661.jpg
a0289546_1805433.jpg
流れ落ちる滝の両脇に柱状節理が見てとれる。
a0289546_1842029.jpg
銀河の滝。
a0289546_1884168.jpg
a0289546_101459.jpg
a0289546_1018123.jpg
a0289546_10183091.jpg
a0289546_10201045.jpg
流星の滝、銀河の滝の名の由来は不詳なるも、エラク俗っぽい名とも思える。
層雲峡の名は、アイヌ語の「ソウウンベツ」に由来しているという。
「ソウウンベツ」とは、「滝の多い川」という意味だそうだ。
層雲峡と名付けた人はいいセンスをしていると思う。

フォト:2017年8月31日

(おわり)
[PR]

by ryujincho | 2017-09-05 23:35 | 北海道2017 | Comments(0)