龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

『黒の集団、オオバン』

2月28日(火曜)、晴れ。
2月も晦日。
jitensha に跨り、日課の手賀沼に出動。
北岸でを走る。
カワセミ、コゲラ、エナガ、シジュウカラなどを鳥見。
南岸を走る。
久しぶりに、黒の集団、オオバンにカメラを向ける。
a0289546_213187.jpg
黒の集団というと、何やら強そうに聞えるが、オオバンは怖がり。
人の気配を感じると、あっという間に湖面に飛翔。
a0289546_2131568.jpg


フォト:2017年2月28日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-28 23:57 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 26日

『新井薬師参拝』

年初、ドラポタの走り初めは、東京駅をスタートし、神社仏閣、庭園その他都内の名所旧跡をめぐり、最後は中野/新井薬師と童謡「焚き火」発祥地を訪ね、フィニッシュというコース設定であった。
しかし、中野駅近くに至ったとき、夕暮れ、時間切れで、最後の、新井薬師と童謡「焚き火」発祥地は端折った。

その後、「目の薬師」である新井薬師を端折ったことがずっと気になっていた。

で、2月25日、ドラポタ仲間の武衛さんと新井薬師をお参りした。
すっきりした。
上高田の童謡「焚き火」発祥地も訪ねた。
更に、吉良家の江戸菩提寺、功運寺も訪ねた。

「前に、ここへ来たのはいつのことでしたかね」と武衛さん。
「冬であったことは覚えていますが、さて、何年のことでであったか?早稲田通りを走っていて、都バスに意地悪運転されたことは覚えているんですけど。調べておきましょう」と上総。

帰宅後、ポタリング記録を紐解いてみた。
前回、この辺りをポタリングしたのは、2012年2月21日であった。
メンバーは、武衛さん、大給守さん、上総の3名。
コースは、<JR中野駅集合~曹洞宗天徳院/梶川與惣兵衛の墓所(「抱きとめた片手が二百五十石」。浅野を抱き留めた梶川殿はその功績で五百石の加増とか)~曹洞宗龍寶山萬昌院功運寺/江戸の吉良家菩提寺~鈴木家/童謡♪たきび♪の垣根の曲がり角~真言宗豊山派新井山薬師寺、別称・新井薬師~哲学堂~北から南へ下がって~妙法寺/日本近代建築の父、ジョサイア・コンドル設計の鉄門~一路、高田馬場へ~~中山安兵衛高田馬場之決闘助太刀ゆかりの地/水稲荷神社境内/「堀部武庸加功遺跡之碑」~甘泉園/徳川御三卿清水家下屋敷跡~面影橋/太田道灌と山吹伝説、石碑「山吹の里」~上総旧宅跡(早い話が下宿先「三ヶ島家」跡)~神田川沿い~関口芭蕉庵~Printing Museum/球形モニュメント~丸の内>と盛りだくさんな立寄り先が記されていた。

話が反れた。
5年ぶりの、新井薬師の話に戻そう。

新井山梅照院。
a0289546_16434872.jpg
a0289546_16441119.jpg
通称、新井薬師。
a0289546_16442345.jpg
「新井薬師」の揮毫は東京都知事鈴木俊一によるもの。
1979年に都知事に就任した鈴木俊一は都庁の新宿移転を強力に推進し、1985年9月、都議会で建設地は新宿副都心と決定、1988年4月着工、1990年12月完成。
その間、鈴木都知事に対する風当たりは強く、、「バベルの塔」をもじって「バブルの塔」とか、税金の無駄遣いとも言われ、「タックス・タワー」と揶揄されたこともあったが、今やそんなことを言う人は誰もいないし、45階の展望室は東京の観光名所の一つとなっている。

山門。
a0289546_1775083.jpg
a0289546_1785089.jpg
境内。
a0289546_1795654.jpg
瑠璃殿。
a0289546_17185288.jpg
作法通り、真言を唱え、<或ること>を祈願。
a0289546_1719548.jpg
白龍権現水屋建立之記。
a0289546_17241167.jpg
a0289546_17251556.jpg
-------------------------------
白龍権現水屋建立之記
新井の地名の由来は古文書『新井埜草別調べ』によれば「名水湧き出でたる故に村名を新井と名づく」とあり
この地は名水随所に湧出せしが時代と共に次第に減じ都市化の進展に伴い名井ことごとく枯渇し新井の由来を知らすべき証し全て消失せり
当山梅照院の瓢箪池(新井薬師公園)もその昔冷泉滝の如く水坮り場として修行の道場となせり
故に「垢离不動明王」を安置し尊信す
白蛇常に不動明王のお傍にありて守護するが如し 
しかるに公園造成以後は冷泉の涌出も絶えたるにより窪寺伝吉氏が昭和三十五年に境内に出卋垢离不動明王堂を建立霊験灼然として今に多くの信宗をあつむ
白蛇の令を供養せんと貫主智英僧正発願せられ龍王のおすがたに三十三之宝珠を奉ずる石像を刻み明王の使者白龍権現として不動堂に祀る
この度等大悲殿の建立のおり地下二米程の處に御影石の上蓋に保護されたる大井戸を発見す 
涌き出ずる水清洌にして名井の出現を見たり 
これぞ権現の導きなりと貫主その瑞祥を奉戴す
一夜夢枕に不動明王現れ「大悲殿に聖観卋音菩薩を迎えて井戸の冷泉を閼伽水として衆生に施さば即ち利益増長抜苦与楽せん」と告げ給う 
この霊示により同信を募り島根琴次郎 相原新吉両氏と共に双竜を鋳造して水屋を建立す 
功徳の霊泉 末永くあらんことを祈念する
昭和六十年年四月吉日 発願人窪寺克己 記
--------------------------------

双龍/右。
a0289546_17422814.jpg
双龍/左。
a0289546_17424861.jpg
龍口から流れ出る閼伽水(あかみず)で目を洗う。
前回、ここを訪ねたとき、参拝者からこの水で目を洗うと眼病に効くと聞いたので...。

季節の花、枝垂れ梅、河津桜。
a0289546_17494254.jpg
a0289546_1750058.jpg
a0289546_1750157.jpg
山門をくぐり、一礼し、外へ。
a0289546_17534715.jpg
参道の両側には奉納者、賛助者の名が並んでいる。
その中に、スポーツ選手や芸能人の名も散見される。
a0289546_17552112.jpg
スポーツ選手や芸能人と新井薬師の関係は?
新井薬師はスポーツや芸能の仏様ではないし、と思いながら、帰宅後、電脳網で「新井薬師 芸能人」で検索してみた。
節分会追儺式で、岩手県指定無形民俗文化財の伝統芸能「鹿(しし)踊り」の奉納舞いや、スポーツ選手や芸能人の豆まきが行われ、それらの人たちの名が参道に並んでいたのであった。

上高田の童謡「焚き火」発祥地と吉良家江戸菩提寺である功運寺に立ち寄り、下落合駅から東西線に乗り、大手町駅で下車。

八重洲地下街「玉乃光酒蔵」へ直行。
宇和島のじゃご天にみぞれ酒、穴子の柳川にみぞれ酒、かれいの一夜干しにみぞれ酒、焼き鳥にみぞれ酒、厚焼き玉子にみぞれ酒と、新井薬師を参拝し、肩の荷が下りたことも手伝い、御酒はどんどんと進んだのであった。
仕上げは、八重洲ラーメンストリートでタンメンをすすり、フィニッシュとした。

フォト:2017年2月25日
[PR]

by ryujincho | 2017-02-26 23:58 | 街歩き | Comments(0)
2017年 02月 19日

『映画三昧/マグニフィセント・セブン』

原案『七人の侍』、『荒野の七人』 その魂を受け継ぐ『マグニフィセント・セブン』と冒頭に書かれた看板。
a0289546_033673.jpg
原題は "The Magnificent Seven"。
近年、原題をそのまま、片仮名表記で邦題とする映画が多い。
配給会社に工夫がないと思うのが常。
ジョン・スタージェス監督、ユル・ブリンナー主演の『荒野の七人』(1960年)の原題も"The Magnificent Seven"。
前作と区別するため、今回の邦題は『マグニフィセント・セブン』としたのであろうと<好意的>に思いたい。

黒澤明監督、三船敏郎主演の『七人の侍』(東宝、1954年)は、筆者6才のときに公開された作品で、公開時リアルタイムでは観ておらず、後年、リバイバルで観た。
因みに、のちにシリーズとなる第一作目の『ゴジラ』も同じ年に公開されているが、これは観た。

余談ながら、2015年、世田谷美術館で開催された『東宝スタジオ展 映画=創造の現場』では「本展では、1954年に公開の2本の映画、東宝の代表作である『ゴジラ』と『七人の侍』に焦点をあて、美術の視点から特殊撮影と東京の時代劇の魅力を探ります」と述べられており、1954年のこの2作は、東宝の歴史において、そして、日本映画の歴史において、更に言えば、世界の映画史上において忘れてはならない作品なのである。
a0289546_035039.jpg
a0289546_04014.jpg

ストーリーの基本は分かっており、安心して観ていられる。
新作では、基本のストーリーをどう展開するのだろうかという楽しみ方で観た。

特筆すべきは、音楽である。
作曲は、「タイタニック」ではアカデミー作曲賞を受賞しているジェームズ・ホーナー。
映画の前半、仲間がどんどん集まる場面で、エルマー・バースタインの作曲による前作のテーマ音楽の、あの ♪チャン、チャチャチャン、チャチャチャ、チャチャチャン♪ のフレーズを思わせる音楽が流れる。
そして、最後、事が成就し、”Magnicent 7”の文字が現れたときに、前作のエルマー・バースタイン作曲のテーマ音楽そのものが鳴り響いた。
鳥肌が立った。
思わず、拍手しそうになった。

そして、最後、事が成就したときに雇い主の女性が”Magnificent Seven”という言葉で彼らを讃える台詞に対する字幕は「崇高なる七人」であった。
また、鳥肌が立った。
思わず、拍手しそうになった。

この映画は、『七人の侍』と『荒野の七人』に対するオマージュだ。
「崇高なる七人」の言葉は、これら前2作に贈られた言葉でもあろう。
この映画は、『七人の侍』、『荒野の七人』の世代だけが楽しめる仕掛けが随所に散りばめられた作品でもある。
1966年生まれの監督、アントワーン・フークアに拍手!である。

邦題も、原題の片仮名書きである『マグニフィセント・セブン』で納得。
因みに、『七人の侍』の英語タイトルは"The Seven Samurai" である。
a0289546_128611.jpg


フォト:2017年2月19日、丸の内ピカデリーにて
フォト#4:2015年4月9日、東宝スタジオ表玄関にて(アーカイブより)
[PR]

by ryujincho | 2017-02-19 23:58 | 映画三昧 | Comments(0)
2017年 02月 15日

『ドラポタ佐久平支部便り/佐久平一望/2017.2.15 』

2月15日、大給守殿より「佐久平一望」と題し、佐久平支部便りが届いた。
------------------------------
方々
小海リエックスのゲレンデも空いています。
添付フォトで、臼田稲荷山公園のロケット展望台を探して下さい。
大給
a0289546_0301778.jpg
-------------------------------

昔、小海リエックスでゴルフをしたことがあるなあ。
そして、2014年の秋は、高峰高原下りま専科+佐久平+中山道茂田井宿~岩村田宿+旧志賀村+小諸+八ヶ岳と盛り沢山なポタリングだったなあ。
その途中、臼田稲荷山公園のロケット展望台を訪ねたなあ...。
「秋の信濃路ポタ/佐久平みち/コスモタワー」

地図上で、小海リエックス・スキーバレー/臼田/浅間山の位置関係を確認し、写真に当てはめると、臼田稲荷山公園のロケット展望台の位置はおおよそ、見当が付いた。

暖かくなったら、再び、信濃路をポタリングしてみたい。
今度は、「信濃国史跡めぐり」で、国府跡、国分寺跡、総社をメインに。

フォト:2017年2月15日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-02-15 23:58 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
2017年 02月 14日

『エナガ』

a0289546_1584095.jpg
a0289546_1585020.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:59 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『エナガ』

葦の茎を懸命に突っついている姿を4コマで。
a0289546_28225.jpg
a0289546_283551.jpg
a0289546_284956.jpg
a0289546_214928.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼北端にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『カワセミ』

カワセミ。
この日はカワセミに遭える予感が。
手賀沼南岸を走る。
カワセミには遭遇せず。
手賀沼東端を回り、北岸へ向かおうとしたとき、猛スピードで飛ぶ2羽の鳥に追い越された。
カワセミだった。

北岸を走る。
畔を猛スピードで飛ぶ鳥に追い越された。
カワセミだ。
前方の杭に止まった。
久しぶりにカワセミにカメラを向けた。
a0289546_1475468.jpg
a0289546_1481229.jpg
a0289546_148263.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:57 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『カイツブリ』

ここしばらく、鳥の正面顔コレクションをトライしている。
カイツブリの正面顔を狙ってみた。
だが、そう上手くは撮れない。
a0289546_1222689.jpg
正面顔は上手く撮れなかったが、この写真のお陰で、カイツブリの目の色による識別がベンキョー出来た。

写真のカイツブリの目(虹彩)は淡黄色。
これはカイツブリで、1年中みられる留鳥である。
目(虹彩)が赤いのは、ハジロカイツブリで、冬鳥である。
ミミカイツブリも目(虹彩)が赤く、ハジロカイツブリとよく似ているが、くちばしの先端が白いことで見分けがつく。

2017年2月14日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:56 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『ツグミ』

好きな鳥のひとつ、ツグミ。
a0289546_11404181.jpg
何故、ツグミが好きか。
それは、群れず、単独で行動しているからである。
ところが、群れないかというと、そうではなく、冬鳥として日本にシベリアから群れで渡来し、日本に着くと群れを解き、3月半ば頃になると再び群れで北へ帰る鳥なのである。

もう一枚、アップロードしておこう。
目がしっかりと撮れたので。
a0289546_11424215.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:55 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『ドラポタ佐久平支部便り/滑る/2017.2.14 』

2月14日、10:44付けで、大給守殿より「滑る」と題し、佐久平支部便りが届いた。
----------------------------
方々
滑る遊びはいろいろあります。
八千穂レイクでは、凍った湖面を四輪で走り、滑りを楽しんでいます。
大給
-----------------------------

写真の添付がないなと思ったら、直ぐに、「滑る2」と題し、2枚の写真が送られて来た。
a0289546_7371819.jpg
a0289546_7375372.jpg

1枚目の写真を眺める。
♪雪の白樺並木 夕日が映える 走れトロイカ ほがらかに 鈴の音高く...♪
昔、ダークダックスがこんな歌を歌っていたなあ...。

一方、2枚目は、そういう風景とは真逆の、凍った湖面を四輪で走り、滑る米国的(???)な遊びの写真。
この遊びに対し、武衛さんが返信。
------------------------
大給守殿
そんな暴走族まがいのことをやっているんですか!
野次馬的感想ですが。
武衛
-------------------------

伊豆守殿からは、<画家>らしい返信。
--------------------------
大給守殿
白樺林、素晴らしい景色ですね。
伊豆
--------------------------

小生からは次の通り返信。
-------------------------
大給守殿
第一信、第二信、拝受。
第一信を読んで、ソルトレイクシティを舞台にしたオートバイ競争の映画「世界最速の男」を思い出し、塩湖=氷湖のイメージでありました。
第二信添付の写真を見ると、それとはちょっと違うような感じやね。
電脳に転送して大画面でもう一度、爆走写真を楽しんでみます。
テーガヌーマ湖上ならぬ湖畔をバクソー中の上総
--------------------------

15:58付けで、大給守殿より「八千穂レイク」の追加写真と共にメールが到来。
--------------------------
方々
八千穂高原は白樺林がきれいな場所があります。 
雪の上を歩くにはスノーシューで快適に歩けそうです。
池は凍り、車で雪上走行、スリップ体験をするには絶好の場所となっており、貸切で数十台の車が走っていました。
軽トラで乗り込んだところ、進入禁止と言われてしまいました。
a0289546_222431.jpg
a0289546_2223225.jpg
大給
--------------------------

「軽トラックで乗り込んだところ」という件(くだり)に笑ってしまった。
大給守殿は四駆も持っているはずなのに...。

「八千穂レイク」で検索してみた。
先ず、釣りの案内。
これは、氷結していない湖面、そして、緑の森の写真と共に。
---------------------------
浅間山・秩父山系の山並みが見えるロケーションの中で釣りはいかがですか。
湖面面積約37,000㎡の中にトラウト、岩魚が数多く潜んでいます。
美しい自然の恵みを感じながら、ゆっくりと楽しい時間をお過ごしください。
----------------------------

次に、「八千穂レイク評定2017」の案内。
-----------------------------
ご来場にあたり、公道を自走して来られる車両につきましては、不法改造など法的に問題の生じる車両での来場は固くお断りさせていただきます。
また、近隣の道路では 特に速度違反、はみ出し走行などは厳禁とします。
積載車などで運搬してこられた公道走行が不可の車両に於いても、ノーマルレベルの排気音を維持できない車両、触媒装置の無い車両、液漏れのある車両につきましては、当日であっても 必ず走行をお断り させていただきます。
------------------------------

軽トラックは駄目とは書かれていないが、軽トラックで来る人はいないという前提での注意書きかも。
氷上で走り回られては、トラウトや岩魚はおちおち水底で冬を越せないかもしねないなあと思ったりもして。

フォト:2017年2月14日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:51 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)