<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 31日

『エナガ+鳥見&自転車少年との遭遇』

大晦日。
年越し正月準備のヨメは忙しそう。
午前、手伝いはした。
午後、辛抱たまらず、jitensha に跨り、鳥見+ポタリング納めで、手賀沼へ出動。

「水の館」近くで、エナガの群れに遭遇。
a0289546_173540.jpg
a0289546_174687.jpg
ファインダーを通して、エナガと遊んでいたところ、隣に人の気配を感じる。
少年が立っていた。
「こんにちは」、「こんにちは」。
少年は手にしていたスマホ・カメラでエナガを撮り始めた。
お互い、ひとしきり、エナガ撮影に集中。
a0289546_0514030.jpg
a0289546_0525481.jpg
暫くして、「フクロウの写真、見ますか」と少年。
「見せてください」。
スマホの画面を繰ると、梢にとまるフクロウが登場。
「上手く撮れていますね。いつ、どこで?」。
「最近です。家の近くです」。
「家はどこですか?」。
「我孫子高校の近くです」。
スマホ画面を次々と繰る。
「これは、おじいさんのタカです」。
「おじいさんは鷹狩りをするんですか」。
「します」。
「どこで?」。
「茨城県です」。
極彩色の鳥が幾種か登場。
「これはアメリカです」。
「こういう鳥がいるのは、中米か南米だね」。
「こんな鳥も撮りました」。
「これはハチドリだね。これも上手く撮れてるね」。
次に、ふっくらした灰色の羽毛の皇帝ペンギンの子供が登場。
「これは南極ですね」。
「そうです」。
「ペンギン、大好きです。海外で見たペンギンは、ニュージーランド、ミルフォードサウンドでフィヨルドランド・クレステッド・ペンギンだけです。いろんな国の鳥を撮っていますが、お父さんに連れて行って貰ったんですか」。
「はい、そうです」。
「お父さんは、いいカメラを持ってるんですね」。
「うーん、お母さんにだいぶん処理されてしまってるんですよね」(大笑い)。
「南極はどうやって行ったんですか。アルゼンチンから船で?」。
「国の名前はよく分かりませんが、アルゼンチンだと思います。最初、ヘリコプターに乗って、そのあと、船で」。
「坊やは、いつもスマホで撮っているんですか」。
「はい、エクスペリアです。ズームで撮ります。10万円です」。

話は自転車に。
「僕、マウンテンバイクに乗ってるんです」。
「どこ製のマウンテンバイクですか」。
「シマノとトヨタの特製です」。
「へぇー、高級車なんだね。私の大口径車はエディ・メルクスです」。
「ベルギー製ですね」。
「よく知っていますね」。
「この小径車、乗らせて貰ってもいいですか」。
「いいですよ。この辺りはポケモン・ゴーをしている人が多いから、気をつけて」。
暫くして、戻って来た。
「ぐるっと回って来ました。乗り心地、いいです。時速40kmは出る自転車ですね」。
「bd-1は小径車の中ではスピード系の自転車だからね」。

少年の年齢は聞かなかった。
ちょっと、いや、相当にマセテいる。
小学6年生とすれば、来年4月には中学生、それにしては幼く見える。
小学4、5年生といったところかもしれない。

穏やかな小春日和ながら、冬は冬。
なのに、この少年は半ズボン。
膝から下が泥だらけ。
「坊や、膝から下、靴もドロドロだね」、「えへへへっ...」と頭を掻いた。
沼の畔に入り、スマホ・カメラでいい写真を撮っていたのかもしれない。
この子ならそんなこともしかねないだろう。

「また、お会いしましょう」。
「はい」。
少年と別れ、手賀沼北岸から東端、南岸を回り、手賀沼を一周して家に戻った。

今年は会えなかったが、去年、一昨年、一昨々年の夏、かわせみ池近くで出遭った昆虫少年とよく遊び、「昆虫少年交遊録」を綴ったこともあった。
子供から話し掛けられたのは、そのとき以来のことであった。
大晦日、エナガが取り持つ、鳥見&自転車少年との遭遇であった。
来年の「水の館」前が楽しみである。

フォト:2016年12月31日
[PR]

by ryujincho | 2016-12-31 23:51 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 28日

『霞ヶ浦で鳥見』

12月28日。
霞ヶ浦ポタリング。
高浜入りの水域を高浜から反時計回りで。
目的は、「漁師市」(行方市/道のえき たまつくり)、三昧塚古墳(行方市)、茨城廃寺(石岡市)探訪。
その道中、勿論、鳥見も。

8:58、カワセミ。
a0289546_738424.jpg
9:11、タゲリ。
a0289546_7431168.jpg
a0289546_7433294.jpg
10:03、霞ヶ浦にしては珍しく湖で泳いでいるオオバン。
何故、珍しいかは後ほど。
a0289546_7471071.jpg
13:53、レンコン畑を泳ぐオオバンの群れ。
a0289546_7545683.jpg
a0289546_75581.jpg
霞ヶ浦周辺では、レンコンを食い荒らすオオバンは害鳥なのである(per 昨年の、レンコン農家でのインタビューによる)。
ほとんどのオオバンは、湖で泳がず、レンコン畑で群れているのである。

13:58、カワセミ。
a0289546_759049.jpg
a0289546_7591367.jpg


フォト:2016年12月28日、霞ヶ浦にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-28 23:51 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 22日

『ジョウビタキ(♀) 2016.12.22』

12月22日、曇り。
朝の天気予報では「寒冷前線が接近中。夕方頃から雨が降り始めるでしょう」とのことであった。
早めに鳥見をしておこうと jitensha に跨り、手賀沼へ。
手賀大橋近くで、ジョウビタキ(♀)に出遭う。
いつ見てもカワユイ。
a0289546_7292815.jpg
ここ数年、ジョウビタキの姿を見ることがなかったが、今年は鳥影が多い。
嬉しい。
そんなことを思って走っていたところ、天気予報に反して、雨がパラッと。
手賀大橋を渡り、手賀沼半周に切り替え、帰宅。
濡れるほどには降られなかった。
夜半、寒冷前線通過で風雨が強まるとのことだが、ジョウビタキはしっかりと耐えてくれるだろう。

フォト:2016年12月22日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-22 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/ホシハジロ』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。
手賀沼北岸で、ジョウビタキ、モズ、ヒクイナたちに遊んで貰った。
反時計回りで北岸から南岸へと思っていたが、小春日和に誘われて、北岸からから手賀川へ。

頭の茶色いカモを眺める。
ヒドリガモと思い込んで、眺める。
a0289546_21452599.jpg
アップで撮る。
a0289546_2147550.jpg
ウン?目が赤いそ。
ヒドリガモじゃないぞ。
ホシハジロであった。

フォト:2016年12月19日、手賀川にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:56 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/気取り屋、カンムリカイツブリ』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。
手賀沼北岸で、ジョウビタキ、モズ、ヒクイナたちに遊んで貰った。
反時計回りで北岸から南岸へと思っていたが、小春日和に誘われて、北岸からから手賀川へ。

カンムリカイツブリ。
いつ見ても、その泳ぐ姿は気取っているように思えてならない。
a0289546_2172917.jpg
気取って、見事な正三角>形を形作る。
a0289546_2173957.jpg
その正三角形を拡大<鳥見ング>図で。
a0289546_21183743.jpg


フォト:2016年12月19日、手賀川にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:55 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/ユリカモメ/飛翔二体、着水一体』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。
手賀沼北岸で、ジョウビタキ、ヒクイナ、モズたちに遊んで貰った。
反時計回りで北岸から南岸へと思っていたが、小春日和に誘われて、北岸からから手賀川へ。

ユリカモメ。
飛翔/その1。
a0289546_11423634.jpg
飛翔/その2。
a0289546_11491568.jpg
着水。
a0289546_12133699.jpg
a0289546_12134852.jpg
a0289546_12141679.jpg
着水3枚目の様子を、拡大<鳥見ング>図で。
a0289546_1215264.jpg
ええ水飛沫を立てとるなあ...。

フォト:2019年12月19日、手賀川右岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:54 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/初お目見え、ヒクイナ』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。

手賀沼北岸の休憩所で jitensha を止め、植え込み越しに、畔の茂みに目を遣る。
ウン?何かいる。
何だ、この鳥は?見慣れぬ鳥だな。
a0289546_7132388.jpg
オオバンでも、バンでもない。
こっちを向いて頂戴、と念じると、顔を見せてくれた。
a0289546_7151373.jpg
a0289546_7153178.jpg
a0289546_7155745.jpg
a0289546_71652.jpg
写真データで撮影時刻を見ると、1枚目は11:05:32、5枚目は11:05:37となっている。
姿を見せてくれたのは、時間にして僅か5秒、あっという間に茂みの中に消えて行った。

図鑑で、クイナ科の鳥に目を通す。
ヒクイナ(漢字表記:緋水鶏)と判明。
小生にとっては、初お目見えの鳥であった。

フォト2016年12月19日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:53 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/モズ、<百舌>というだけあって』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。

北岸を走っていたところ、ゲー、ゲーと蛙が鳴くような声が聞こえる。
ははーん、これはモズの声だなと思い、鳴き声のする方に目を遣る。
枝の向こうで隠れるようにして鳴いているモズを発見!
a0289546_6435450.jpg
モズの漢字表記は「百舌」、「百舌鳥」。
これは、様々な鳥の鳴き声を真似て鳴くこと、即ち、「百の舌を持つ鳥」ということに由来する。
鳥の声の鳴き真似をするということだが、蛙の声の真似もするのだろうか。
モズの「はやにえ」の中に蛙の姿もあるので、蛙の姿のみならず、蛙の声も知っているのかもしれない。

フォト:2016年10月19日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:52 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/ジョウビタキ、伊藤若冲風に』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は反時計回りで一周したので、この日は時計回りで。

手賀沼北岸、「水の館」前広場の木立に鳥影が。
ジョウビタキだ!
ここ、2、3年、手賀沼周辺は鳥影が薄く、ジョウビタキを見たのは久方ぶりである。
a0289546_5152866.jpg
a0289546_5224816.jpg
a0289546_523813.jpg
羽を広げる。
a0289546_6172282.jpg
飛び去るのかと思ったら、然に非ず。
少し羽を広げ、バランスを取りながら、伸びをして木の実を食べようとしているのであった。

その姿を、伊藤若冲風に<鳥見ング>してみた。
a0289546_6175862.jpg

久方ぶりにジョウビタキに出遭ったことで満足すべきところながら、次は是非、オスのジョウビタキに出遭いたいと欲張りなことを思うのであった。

フォト:2016年12月19日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:51 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 18日

『冬の鳥見 2016.12.18/モズ』

12月18日(日曜)、晴れ。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。

手賀沼西端で、アトリとカワセミに遊んで貰い、南岸を走る。
南岸では、特に収獲はない。
東端を回り、北岸を走る。
エナガの群れに遭遇。
そこへ「俺さまの縄張りに入るな!」と言わんばかりにモズが現れ、エナガたちは別の木へ。
根性あるエナガが1羽だけ、モズの脅しに屈せず、残って、遊んでくれた。

そのモズは、縄張り監視か、はたまた、獲物を狙ってか、別の木に移る。
監視の姿勢。
a0289546_4461976.jpg
やや、前傾に。
a0289546_4463190.jpg
地上の獲物狙いの姿勢に。
a0289546_4471986.jpg
地上に向け、飛び降りるかと思いきや、向きを変えて。
a0289546_4541156.jpg
結局、地上には飛び降りなかった。
モズが獲物を捕らえる場面を見てみたいなあ、撮ってみたいなあ...。

フォト:2016年12月18日
[PR]

by ryujincho | 2016-12-18 23:54 | 鳥見雑記 | Comments(0)