龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 26日

『手賀沼夕方ポタリング 2016.8.26』

8月26日(金曜)。
手賀沼夕方ポタリング。
晴れの空も徐々に雲に覆われつつある。
a0289546_717416.jpg
明日の天気予報は、曇り、ところにより朝から夕方、雨。
上総国史跡めぐりポタリングは雨天順延。

フォト:2016年8月26日18時10分
[PR]

by ryujincho | 2016-08-26 23:58 | Comments(0)
2016年 08月 23日

『手賀沼夕方ポタリング 2016.8.23』

8月23日(火曜)。
手賀沼夕方ポタリング。
北岸にて、沖合いの杭に止まる<迷鳥>コグンカンドリを鳥見したのち、南岸を走る。
東の空に湧き上がる入道雲を眺めながら。
a0289546_703045.jpg


フォト:2016年8月23日
[PR]

by ryujincho | 2016-08-23 23:58 | Comments(0)
2016年 08月 23日

『珍客、コグンカンドリ(小軍艦鳥) 2016.8.23』

8月23日(火曜)。
手賀沼夕方ポタリング。
手賀沼北岸の一般道を走り、かわせみ池に向かっていたところ、歩道に三脚を立て、撮影中の、顔馴染みの Birderさんに遭遇。
jitensha を止める。

沖合いの杭に、コグンカンドリがとまっていると Birderさんが教えてくれた。
バズーカ砲(600mm x テレコン1.4倍かな?)で捉えたコグンカンドリの姿を見せてくれた。
小生の御道具、オリンパス・イーグルアイをザックから取り出し、沖合いの杭にとまるグンカンドリを捉える。
a0289546_1748797.jpg
ズームアップ。
a0289546_17484376.jpg
かなり、遠い。
更に、ズームアップ。
余りにも遠すぎて、手振れ、超ピン甘、不鮮明。
だが、何とか、その姿を捉えた。
a0289546_1874371.jpg
a0289546_1875781.jpg
a0289546_1881064.jpg

オオグンカンドリはテレビのネイチャー番組でその姿を見たことがあるが、コグンカンドリの名は初耳、ましてや、その姿は初見である。

コグンカンドリについて、ウィキペディアを紐解いてみた。
-------------------------------
コグンカンドリ(小軍艦鳥)
カツオドリ目グンカンドリ科グンカンドリ属
学名:Fregata ariel
英名:Lesser Frigatebird
太平洋、インド洋、大西洋の熱帯の島や海岸地方で繁殖する。
分布地の多くはオオグンカンドリ(大軍艦鳥、学名:Fregata minor、英名:Great Frigatebird)と重なるが、数はそれほど多くない。
日本では、北海道、本州、九州の太平洋側や、伊豆諸島、小笠原諸島等に迷鳥として渡来する。
日本海側や本州の内陸部で観察された例もある。
体長約79cm、翼開長約185cm。
オオグンカンドリに形状は似ているが小さい。
雄成鳥は全身が光沢のある黒色で、喉に赤い喉袋を持ち、脇から腋に白線が延びる。
雌成鳥は全身が黒色で胸だけ白い。
幼鳥は頭部から首、胸、腹まで白か淡褐色である。
-----------------------------------------------

生息地は南方海上。
前日、昼過ぎ、館山に上陸した台風9号と共に、遠く南方から本邦まで流され、手賀沼まで飛んで来たものと思われる。
海鳥の口には合わないだろうが、手賀沼の魚を腹一杯、喰って、南方の海に戻ることが出来ればよいのだが...。

フォト:2016年8月23日
[PR]

by ryujincho | 2016-08-23 23:57 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 08月 22日

『夕焼け富士』

8月22日(月曜)。
昼過ぎ、台風9号は館山付近に上陸。
風雨が強まるも、夕方には止む。
夕焼け富士が現れる。
a0289546_6463229.jpg
台風が来れば、被害が出る。
そういうことは分かっているのだが、穏やかな富士の姿を撮ってしまうのである。
心うちは複雑である。

フォト:2016年8月22日18時40分
[PR]

by ryujincho | 2016-08-22 23:58 | Comments(0)
2016年 08月 21日

『手賀沼早朝&夕暮れポタリング 2016.8.21』

8月21日(日曜)、晴れ。
手賀沼早朝ポタリング。

西の空。
白い月。
a0289546_0183532.jpg

a0289546_019411.jpg
満月は、夕方、東から昇り、朝方、西に沈むのである。

かわせみ池/昆虫少年の木。
a0289546_02444100.jpg
今夏は、昆虫少年ファミリーに会えていない。

かわせみ池。
前日の大雨で、溢れている。
a0289546_0263154.jpg
溢れた水に朝日が光る。
a0289546_027314.jpg
手賀沼南岸サイクリングロード。
水溜り。
a0289546_0342758.jpg
映る鉄塔。
a0289546_0344077.jpg
空と雲、湖面。
a0289546_0352689.jpg
波紋。
a0289546_0373883.jpg
途中からテントや掲示板が目に入る。
今日は手賀沼トライアスロンの開催日なのだ。
手賀大橋南詰下に大勢の人が見えて来る。
「6時から受付を開始します」とのアナウンスが聞こえる。
邪魔にならぬよう通り過ぎる。
手賀沼を一周した後、手賀大橋の上から、ゆるりと、<取材>するつもりながら、取り敢えず、手賀大橋をくぐり抜けたところで、バイク・デポの辺りをカメラに収める。
スイムを終えた選手が、順次、ここからバイク・スタートする光景が目に浮かぶ。
a0289546_0453690.jpg
バイク折り返し地点。
路上に置かれる「折り返し」の看板は、まだ、サイクリングロード脇でスタンバイ。
a0289546_0485630.jpg
手賀沼東端から北岸を走り、7時前に、手賀大橋の上へ。

手賀大橋の上からトライアスロン開始前の様子を<取材>。
スイム・コース。
a0289546_132787.jpg
a0289546_14323.jpg
スイム・コースを巡回中のジェット・スキー。
a0289546_151248.jpg
時刻は、7時前。
先ほど、南岸を通り過ぎたときに比べると、随分と人が増えている。
出場選手とその家族、応援団などは既に集結済みなのであろう。
a0289546_121699.jpg
a0289546_132312.jpg
a0289546_134169.jpg
バイク・デポ。
a0289546_1342936.jpg
準備体操に余念のない、パパ&坊や。
a0289546_135212.jpg
a0289546_1353375.jpg
ラン・コースの準備万端整った手賀沼南岸サイクリングコースを西へ走り、再び、手賀沼西端のかわせみ池へ。
暫し、カワセミの登場を待つも現れず。
空腹を感じる。
朝餉、朝餉と念じながら、屋敷へと jitensha を走らせた。

夕方、再び、手賀沼を走る。
北の彼方の空に湧き上がる雲。
a0289546_6184032.jpg
a0289546_6185311.jpg
a0289546_619125.jpg
湖面に輝く太陽の道。
今朝、この湖面で「手賀沼トライアスロン2016」のスイムが競われたことを称えるように...。
a0289546_6192676.jpg


フォト:2016年8月21日
[PR]

by ryujincho | 2016-08-21 23:57 | Comments(0)
2016年 08月 17日

『夏の、富士』

8月17日、朝。
台風7号は過ぎた。
今、台風はどこら辺りかと、TVをスイッチ・オン。
福島県沖を北上中と報じている。
ラジオ体操をしながら、外の景色を眺める。
台風一過、西に、夏の富士が見える。
そして、手前の丹沢山系も。
a0289546_7231982.jpg
左に目を転じて、都心のビル群を眺める。
a0289546_7244936.jpg
東京タワーと東京スカイツリーの”兄弟塔”も。
シャッターを切るタイミングが合い、スカイツリーの航空障害灯の点滅を捉えている。
a0289546_72536.jpg


フォト:2016年8月17日午前6時41分
[PR]

by ryujincho | 2016-08-17 23:58 | Comments(0)
2016年 08月 14日

『祝 リオ五輪メダル獲得!』

8月14日(日曜)。
下野国史跡めぐり。
スタートは、JR宇都宮線自治医大駅。
一般道に出るべく、駅前のロータリーをぐるっと周る。
ロータリー中央の時計塔の垂れ幕に目を惹かれた。
a0289546_681846.jpg
「祝 銅メダルおめでとう!リデジャネイロ五輪柔道男子60kg級 高藤直寿選手」。
a0289546_69113.jpg
高藤選手の顔写真の下に「国分寺小出身」とある。
この日の下野国史跡めぐりは、薬師寺跡(下野市)~国分寺跡(下野市)~国府跡(栃木市)~総社 大神神社(栃木市)。
高藤選手も少年時代に薬師寺跡や国分寺跡を訪れたかもしれない。
いや、いや、史跡めぐりどころじゃなく、柔道一直線であったかもしれない。
何故なら、高藤選手のプロフィールを見ると「7歳の時に柔道を始め、小学校5年の時には、その年に新設された全国小学生学年別柔道大会40kg級の初代チャンピオンとなった」とあるので...。

帰路、小山駅では、柔道の海老沼匡選手、水泳の萩野公介選手のメダル獲得を祝う横断幕も見た。
両選手は小山市出身なのである。

今や、日本各地で、リオ五輪メダル獲得を祝う垂れ幕や横断幕が張られていることであろう。

フォト:2016年8月14日
[PR]

by ryujincho | 2016-08-14 23:58 | Comments(0)
2016年 08月 12日

『稲、実る』

a0289546_16471672.jpg
a0289546_16473665.jpg
a0289546_16475091.jpg
a0289546_1648474.jpg
a0289546_1649048.jpg
a0289546_16492862.jpg

案山子コンテストの季節となった。
この辺りでは、8月末か9月初めには稲刈りが始まる。
TG-3顕微鏡モードで稲穂を撮ってみた。
稲穂を見ると、W大入学試験の合格電報の電文を思い出す。
「イネ、ミノル」。
因みに、不合格は「イネ、カレル」であった。
そういえば、先日、母校から"HOME COMING DAY"の案内が来ていた。
返信をしておかねば...。

フォト:2016年8月12日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-08-12 23:56 | Comments(0)
2016年 08月 12日

『着水井』

a0289546_16303883.jpg

着水井(ちゃくすいせい)。
利根川から引き入れた水をいったん溜めて、手賀沼に注ぐ分と江戸川に送る分を分けるための施設。
着水井から手賀沼に向け、勢いよく流れ落ちている。

フォト:2016年8月12日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-08-12 23:55 | Comments(0)
2016年 08月 12日

『ハスに埋もれて』

a0289546_1615352.jpg
a0289546_162853.jpg


フォト:2016年8月12日、手賀沼ハス群生地にて
[PR]

by ryujincho | 2016-08-12 23:54 | 花紀行 | Comments(0)