<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 25日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.25』

2月25日、晴れ。
となれば、手賀沼へ鳥見ポタリング。
昨日は曇天、低温ながら手賀沼に鳥見ポタリングに出掛けたが、これといった野鳥に出遭うことはなかったので、今日は期待をもって出動。

かわせみ池近く、枝かぶり梅林にて。
a0289546_1153827.jpg
a0289546_116105.jpg
a0289546_1162729.jpg
手賀沼南岸を走る。
梅の次は、河津桜。
a0289546_1274413.jpg
河津桜に鳥がとまっていてくれると嬉しいのだが、そう上手くはない。
鳥の代わりに紅白鉄塔を配して。
a0289546_1303672.jpg
オオジュリンの姿を見掛けるも、葦の原のかなり遠くのことなので、鳥見写真を撮るには至らない。
ということで、<撮れ高>の少なかった昨日の鳥見の中でオオジュリンが撮れていたので、そのオオジュリンをここに登場させておこう。
a0289546_7115942.jpg
アオサギ、オオバン、カイツブリ、カワウ、コサギ、コブハクチョウ、ダイサギ、(五十音順)など手賀沼定番の鳥たちを眺めながら走る。
手賀沼定番の野鳥たちを代表してオオバンに登場して貰おう。
a0289546_714949.jpg
北岸に入る。
桜並木に群れるエナガに遭えるといいなあと思いながら走る。
しかし、エナガの姿はない。
エナガの群れの代わりにスズメの群れを撮る。
a0289546_7235963.jpg
エナガに遭えず仕舞いのまま、「水の館」前に至る。
「水の館」前も鳥見スポット、何か鳥がいてくれればと思った瞬間、右手方向から一羽が登場し、岩場に舞い降りてくれた。
a0289546_7482153.jpg
セグロセキレイだ。
a0289546_8522115.jpg
セグロセキレイとハクセキレイは、一見、よく似ている。
セグロセキレイはその名の通り、背中が黒いが、ハクセキレイの背中も黒いので、背中の色だけでは見分けは難しい。
セグロセキレイとハクセキレイの最も異なる点は顔の色である。
セグロセキレイの顔は黒く、ハクセキレイの顔は白いのである。
このことから、ハクセキレイの名は顔の色に由来しているということが分かる。
セグロセキレイ、ハクセキレイ、どちらの姿もよく見掛ける鳥だが、頻度からするとセグロセキレイは少ないように思える。
ということで、ハクセキレイなら遣り過ごすところであったが、セグロセキレイだったので、しばし、遊んで貰った。
a0289546_8542438.jpg
胸を張って。
a0289546_993917.jpg
「わたしの特徴はガングロ」と言わんばかりに、水辺で我が姿を映して。
a0289546_910189.jpg
背中の色は黒なれど、セグロセキレイとハクセキレイの見分け方は背中の色ではなく、顔の色。
a0289546_9102161.jpg
真ん丸な目を見開いて、気取って歩く。
a0289546_9104437.jpg
セグロセキレイに遊んで貰い、<撮れ高>も確保出来たので、今日の鳥見ポタリングはこれにて終了!と思った途端、ジャッ、ジャッと地鳴きの声が聞こえて来た。
エナガだ!
エナガの地鳴きの声はその可愛らしい姿に似合わず、ジャッ、ジャッ、とかすれたような声なのである。
待望のエナガなのに、こんなときに限って太陽は陰ってしまい、見つけたエナガは枝かぶり状態、更に左横の木が邪魔など、不満足この上ない写真になっちまったが、<記録>としてアップする次第。
a0289546_9432076.jpg
a0289546_9433359.jpg
エナガ撮りには失敗したが、気を取り直し、オオバンに遊んで貰う。
オオバンの特徴、其の一/白い額板と赤い目。
a0289546_10132977.jpg
オオバンの特徴、其の二/指が木の葉状の、弁足。
a0289546_10145695.jpg
今日もいろいろ撮ったが、今日のお気に入り写真は冒頭から2枚目の「梅花ニ埋モレル目白之図」である。

今日で<西表島2.25事件>から丸1年、<事件>のあとも春夏秋冬、元気に過ごし、今日もこうして鳥見ポタリングが出来た。
誠に嬉しいことである。

フォト:2016年2月25日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-25 10:25 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 21日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.21』

2月21日、曇り。
春二番の余波だろうか、西寄りの風、強し。
鳥見ポタリングには程遠い天気ながら、jitensha に乗って、手賀沼へ。

かわせみ池に立ち寄る。
カワセミの姿なし。
かわせみ池近くの梅林で鳥の声が賑やか。
満開の梅の花にメジロが数羽、群れていた。
a0289546_130526.jpg
a0289546_130174.jpg
a0289546_1303019.jpg
a0289546_1304331.jpg
a0289546_131999.jpg
a0289546_1312718.jpg
a0289546_1571821.jpg
数年前、メジロが梅の花蜜を吸っているシーンを「ウメッシュ!」と題して、アップロードしたことを思い出す。

手賀沼南岸を走る。
追い風で楽チン。
だが、帰りは強い向かい風となり、辛いこととなるので、手賀大橋を渡って北岸へ。
エナガを求めて、北岸遊歩道の桜並木に行くもその姿はなし。
脇の草地で採餌中のコガモと遊ぶ。
a0289546_251074.jpg
コガモ(♂)の横姿。
a0289546_252324.jpg
コガモ(♂)の後ろ姿。
後ろ姿の羽模様は相当に複雑。
a0289546_264226.jpg
コガモ(♂)、翼を広げるの図。
翼を広げたときの羽模様は相当に複雑。
a0289546_221087.jpg

強風のせいか、鳥影は少なく、<撮れ高>も少なかったので、コサギ 1羽とカモ 7羽で<撮れ高>を確保。
a0289546_2292920.jpg

今日の鳥見は「梅にヒヨドリ」で〆。
「梅にメジロ」で始まったことでもあり...。
a0289546_2424391.jpg

今日の収穫は、かわせみ池近くの梅林が開花し、花の蜜を狙って鳥たちが集まり出し、しばらくはこの梅林から目が離せないということであった。

フォト:2016年2月21日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-21 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 18日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.17』

2月17日、晴れ。
手賀沼へ鳥見ポタリングに出掛けた。
久方ぶりに重量級の獅熊くん(50-500mm望遠)を連れて。

手賀沼北岸を西へ走る。
手賀沼西端。
前回(2月11日)の手賀沼鳥見ポタリングの最後にカワセミに出遭った畔に立つ潅木はもう直ぐだなあ、しかし、柳の下にいつも泥鰌、という訳にはいかんだろうなあなどを思いながら走っていたところ、何と、居た!
同じ場所にカワセミが!
これで前回の最後と今回の最初がカワセミとなり、手賀沼鳥見ポタリングの<しりとり>が成立!
a0289546_10332658.jpg
水面を凝視するカワセミ。
後頭部の羽毛が逆立っている。
a0289546_10343453.jpg
後頭部の羽毛が逆立っているときは飛び込む前兆であると或る書き物で読んだことがあるが、飛び込むことはなく、視線を水面から空に向けた。
a0289546_10353076.jpg
土手の上からだと逆光気味なので、土手の下に下り、横手から、カワセミくんの目の輝きを狙って。
a0289546_10415955.jpg

南岸に入る。
河津桜の蕾がほころびはじめている。
鳥見ながら「花鳥風月」なる言葉もあり、「花」と「鳥」はセットものなどと思いながら、河津桜を一枚。
a0289546_10482010.jpg

風に揺れるオオジュリン。
a0289546_1052402.jpg
a0289546_105258100.jpg

ハス群生地で一服。
水没したハスの中で遊泳するコブハクチョウを眺める。
「忍法コブハクチョウ、二重姿の術」。
乱視がひどくなったのかと思ったが、そうではなかった。
a0289546_10573226.jpg

モズ(♀)。
a0289546_1145781.jpg
メスのモズの目は優しげに見える。
それはオスのように怪傑ゾロ風の過眼線がないからかもしれない。

モズは、突如、梢から地上に降り立ち、何かをくわえ、直ぐ近くのフェンスに止まった。
シャッターを切る。
辛うじて撮れたのがこの写真(超ピン甘だが、記録写真として)。
ミミズをくわえていた。
a0289546_11145228.jpg
こういう写真を撮るときは、何故か、慌ててしまう。
そこが素人と自問自答。

フェンスから梢に移ったモズ。
<枝かぶり>ならぬ<影かぶり>。
<影かぶり>が過眼線のようでもある。
a0289546_11205097.jpg

数百メートル走ったところで、再び、モズに遭遇。
こちらはオス、怪傑ソロ風の過眼線がくっきり。
a0289546_1352168.jpg
a0289546_13523064.jpg
a0289546_13524764.jpg

スズメ。
先ほどは「風に揺れるオオジュリン」、こちらは「風に揺れるスズメ」、どちらもスズメ目。
a0289546_1404412.jpg

カワウ。
a0289546_145123.jpg
「烏合の衆」ならぬ「鵜合の衆」などと言ったら、カワウは気を悪くするだろうなあ...。

手賀沼東端から北岸に入る。
ここしばらく、北岸遊歩道の桜並木でエナガに遭遇することが多く、桜並木にエナガがいてくれれば嬉しいなあと思いながら、走る。
桜並木に至る前に遊歩道脇の潅木が賑やか。
エナガだっ!
jitensha を止め、急ぎ、ザックからカメラを出し、シャッターを切る。
毎度のことながら、エナガの動きはすばしっこい。
かなりの枚数を撮った中で、合格(?)はこの3枚。
毎度のことながら、エナガはカワユイ。
a0289546_1422765.jpg
a0289546_14221740.jpg
a0289546_14222783.jpg

梅にウグイス、梅にメジロ、もあれば、梅にモズ、も。
a0289546_144177.jpg
梅の木から数十メートル先の木に移り、ここも俺様の縄張りだぜ、と言いたげ。
a0289546_14434696.jpg
今日はモズによく出遭ったなあ、<モズ・デー>だったなあと思いながら走る。
遊歩道脇の茂みにちらっとキジの姿が見えた。
jitensha を止め、待ってみたところ、しっかりと姿を現した(キジのサービスかな?)。
a0289546_14481221.jpg
a0289546_14482126.jpg
カワセミは可愛く感じ、キジは怖そうに感じるのは目付きの違いであると或る書き物で読んだことがある。
カワセミは目が真っ黒に見えるから可愛らしく見え、キジは金色に小さな黒い点の三白眼的な目だから怖そうに見えるのだと。
そういう意味で、今日の鳥見は、カワセミに始まり、キジで終わるのも何かの縁かもしれない。

今日も盛りだくさんな手賀沼鳥見ポタリングであった。
獅熊くん(50-500mm望遠)は重量級であるが、無駄にはならず、満足、満足の<撮れ高>であった。

フォト:2016年2月17日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-18 12:43 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 11日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.11』

2月11日、晴れ。
冬場の風はほとんどが西・北西・北の風だが、今日は東の風。
東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな
菅公が詠んだ歌を思い浮かべながら、手賀沼鳥見ポタリングに出掛ける。
いつもは反時計回りで走ることが多いが、今日は東風なので、時計回りで走ることにする。

先ず、恒例のかわせみ池へ。
カワセミの姿はない。
シジュウカラが高い梢の上にとまり、いい声で鳴いている。
高圧電線を五線紙に見立て、シジュウカラが楽譜を見ながら鳴いているイメージで撮ってみた。
a0289546_1475714.jpg

手賀沼北岸を走る。
メジロに出遭う。
枝かぶり、ピン甘、ピンボケで悪戦苦闘。
辛うじて採用可はこの4葉だけ。
a0289546_1574122.jpg
a0289546_1575067.jpg
a0289546_1581168.jpg
a0289546_1582836.jpg
メジロが去るとオオジュリンが現れた。
a0289546_1595875.jpg
「水の館」前の噴水池に差し掛かる。
オオバンが噴水の水が散る中で泳ぐ姿を何か上手く使えないかと思いながら、取り敢えず、カメラに収める。
a0289546_252294.jpg
『雪中大鷭之図』と題したいところながら、ぜんぜん、アキマセン!

梢のてっぺんにシジュウカラ(右)とホオジロ(左)の姿が。
先日、ブログに「シジュウカラのほっぺの白さはホオジロから名前を譲ってもらってもよいくらいだ」と綴ったことでもあり、丁度よいツーショットとなった。
a0289546_2144121.jpg
葦の原にオオジュリンの姿が。
尾羽を閉じた姿(通常)。
a0289546_225238.jpg
尾羽を広げた姿(これは初めて見た。バランスをとっているのかな?)。
a0289546_2253210.jpg
オオジュリンはしばしばこうした伸びの姿勢をとる。
a0289546_2294254.jpg
a0289546_2295416.jpg
a0289546_230720.jpg
北岸は南岸と異なり、葦の原が道の間近にあるので、オオジュリンの姿も間近に見られるのがよい。

手賀沼東端に至る。
先日、この辺りの水際を右から左に超高速で飛ぶカワセミの姿を見たので、ここら辺りが彼(彼女?)のテリトリーかもしれないと思い、目を凝らしてみる。
岸から遠く離れた杭の先にカワセミと思しきシルエットを発見!
イーグルアイと超ズームアップで視認!
a0289546_2305148.jpg

手賀沼南岸に入る。
鳥見はちょいと休みにして、追い風を利して走りに専念する。
手賀沼西端に至る。
かわせみ池に立ち寄り、今日の鳥見ポタリングを終わりにしようと思ったところ、かわせみ池の手前の畔の潅木にカワセミの姿を発見!
a0289546_1853596.jpg
じっと水面を見つめるの図。
a0289546_1911135.jpg
もうちょっと大きめで。
a0289546_19111699.jpg
更にもうちょっと大きめで。
毛羽立っているのはダイビングした直後だからかもしれな。
a0289546_19162841.jpg
首を少し傾ける仕草もカワセミの特徴。
a0289546_19164092.jpg
うなじ。
a0289546_19181619.jpg
飛ぶぞ!でも、飛ばなかった。
a0289546_19191336.jpg
丸まった姿勢から背筋をピンと伸ばした姿勢に。
a0289546_1923466.jpg
鳥見写真の最も大事なこと、それは「鳥の目」を鮮明に撮ること。
しかし、カメラの具合、光線の具合、カメラと鳥の目の角度の具合などでそう上手くは撮れない。
で、今日、唯一、「鳥の目」が撮れていたのがこの写真。
a0289546_19232055.jpg
<鳥見ング>で更に「目」を楽しんでみた。
a0289546_19245438.jpg

今日は手賀沼の東端と西端、東西二ヶ所でカワセミに出遭え、上出来であった。

フォト:2016年2月11日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-11 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 08日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.8』

2月8日、曇り時々薄晴れ。
鳥見日和とはいえず、鳥見に出掛けるかどうか逡巡。
昨日と一昨日は所用があり、二日間、鳥見をしていなかったことでもあり、出掛けることにした。

かわせみ池。
既に、定位置の桜の梢にカワセミの姿が。
先日と同様に大時計とのセットで撮ってやる
a0289546_10211879.jpg

ニワトリ風オオバン。
a0289546_10271142.jpg
オオバンは漢字表記では「大鷭」。
オオバンはクイナの仲間で、クイナの漢字表記は「水鶏」。
池からあがって野原で餌をついばんでいるオオバンたちの姿は黒い鶏(にわとり)に見えなくもない。

シジュウカラ。
a0289546_10273872.jpg
シジュウカラのほっぺの白さはホオジロから名前を譲ってもらってもよいくらいだ。

ツグミ/正面顔コレクション。
a0289546_10285561.jpg
飛び立とうとするコブハクチョウを応援するコガモ。
a0289546_10323239.jpg
コブハクチョウは体が重いせいか、飛び立つときは必死に足で水面を蹴りながらテイク・オフする。
その姿を眺めるコガモも思わず力が入ったのか、自分の翼を広げ、応援するのであった。

小川で遊ぶモズ。
こんなシーンに遭遇することは滅多にないと木陰から覗きながらカメラを向けるも、慌ててしまい、写りはいまひとつだが、記録として。
a0289546_10343153.jpg

コサギの<肢>の観察。
<脚>は黒、<足>は黄色。
図鑑によれば、繁殖期には<足>が赤くなるとのこと。
a0289546_1036818.jpg


フォト:2016年2月8日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-08 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 05日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.5』

2月5日、晴れ。
予報では、「寒気は緩み、気温は13度まで上昇します」。
となれば、jitensha に乗って手賀沼へ鳥見ポタリング。
(寒くても、暖かくても、ここんところ、毎度、同じパターンなんだけどね)

先ず、手賀沼西端のかわせみ池へ。
カワセミの姿はない。
ダイサギに遊んで貰いながら、カワセミの登場を待つ。
a0289546_914866.jpg
しばらくすると、チ、チ、チ、チの鳴き声と共にカワセミ、登場。
定位置の石垣の上の、桜の枝にとまる。
11時30分ちょい前を指す大時計と鉄塔の赤色と共に撮ってやる。
a0289546_944766.jpg
この時計が時を刻み、桜の花の咲く頃になれば、この枝が「翡翠桜花之図」の舞台となるのだ。
楽しみ、楽しみ...。

ここのところ、携行するカメラは軽量で便利なオリンパス・イーグルアイばっかりだったが、今日は一眼レフにしたので、動きモンに挑戦。
バッチリ!というものではないが、「カワセミ、小魚をくわえて上昇するの図」が撮れたので、<記録>としてアップしておこう。
何の記録か分からへんけど。
a0289546_9112193.jpg

手賀沼南岸を走る。
遠く、杭の突端にかわせみ色が見える。
a0289546_9192612.jpg

手賀沼北岸。
♪♪♪白鳥の湖♪♪♪
a0289546_9261934.jpg
オデット。
a0289546_9305443.jpg
こちらは野原で舞いを練習中のコサギさん。
a0289546_935317.jpg
a0289546_9354194.jpg
a0289546_9355181.jpg
モズ、三態。
a0289546_9463735.jpg
a0289546_9465766.jpg
a0289546_9471382.jpg
コゲラ、五態。
a0289546_9591927.jpg
a0289546_1001452.jpg
a0289546_1084490.jpg
a0289546_108585.jpg
a0289546_1091853.jpg
コゲラといえば、いつも木を突っついている姿ばかりが目に浮かぶが、こうして、これら五態を選ぶ中、撮った枚数97枚をじっくり見てみると突っつく姿以外の動きも意外に多いことがよく分かった。
フィールドで、そして、ブログ編集で、大いに楽しませてくれたコゲラに感謝!である。


フォト:2016年2月5日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-05 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 04日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.4』

2月4日、晴れ時々曇り。
今日も手賀沼へ鳥見ポタリング。

手賀沼西端、かわせみ池。
a0289546_7102891.jpg
手賀沼南岸、<撮れ高>確保の寒雀。
a0289546_7115415.jpg

潅木のてっぺんで大きな声でさえずるホオジロ。
a0289546_714107.jpg
正面顔コレクション(超ズームアップ・手振れ)。
a0289546_7151241.jpg

オオジュリン。
a0289546_716397.jpg
正面顔コレクション。
a0289546_7165981.jpg

掃き溜めに鶴、破船に鷺。
a0289546_7185433.jpg
破船に乗っかっているサギは、チュウサギだろうか、ダイサギだろうか?
a0289546_7313216.jpg
答えはダイサギ。
<見分け方/その1>
チュウサギは夏鳥だから、冬はいない。
ダイサギは冬鳥(但し、近年はほぼ年中、見られる)。
<見分け方/その2>
くちばしの合わせ目のラインがどこまで伸びているかで見分けられる。
即ち、眼の後端付近までしかないのがチュウサギ、眼の後方まで伸びているのがダイサギ。

正面顔コレクション。
a0289546_7351062.jpg

オオバンの<弁足>観察。
a0289546_7362123.jpg
a0289546_7363659.jpg

モズ。
a0289546_7432297.jpg
a0289546_7433349.jpg

手賀沼北岸遊歩道の桜並木に差し掛かる。
桜の木に鳥影、多し。
エナガがあの独特のちょこちょことした動作で動き回っている。
a0289546_9394061.jpg
a0289546_9395577.jpg
a0289546_9402619.jpg
a0289546_9404248.jpg
a0289546_9405730.jpg

昨日、今日と、手賀沼一周鳥見ポタリングの最後の方の、手賀沼北岸で満足度アップ。
即ち、昨日は「シメ」、今日は「エナガ」が撮れたから...。

フォト:2016年2月4日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-04 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 03日

『シメ、その食事風景』

2月3日、手賀沼北岸でシメに出遭った。
前回、シメに出遭ったのは去年の春先、かわせみ池近くの林で地面に落ちている実を食べる姿で、それ以来、10ヶ月ぶりのことであった。
今回は、高い梢の上でシメ独特の太い嘴を使って木の実を食べる姿を存分に見せて貰った。
その一部始終を<15枚/122枚>に厳選してアップロードしておきたい。
a0289546_93213.jpg
a0289546_9321410.jpg
a0289546_9322784.jpg
a0289546_9324155.jpg
a0289546_9341664.jpg
a0289546_9344064.jpg
a0289546_935244.jpg
a0289546_935157.jpg
a0289546_9355039.jpg
a0289546_936272.jpg
a0289546_9361887.jpg
a0289546_9363059.jpg
a0289546_937554.jpg
a0289546_9373431.jpg
a0289546_9375150.jpg


フォト:2016年2月3日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-02-03 23:59 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 03日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.3』

2月3日、晴れ。
最高気温9度との天気予報。
しかし、昨日の強い北風に比べれば、今日は微風のポタ日和。
となれば、jitensha に乗って手賀沼鳥見ポタリング。

先ず、手賀沼西端のかわせみ池へ。
定位置の石垣にその姿。
a0289546_7333549.jpg
手賀沼南岸、葦の原の真ん中に立つ木立のてっぺんにツグミの姿。
a0289546_7385093.jpg
先日、ツグミの名の由来を知った。
ツグミは秋にシベリア方面から日本に渡って来る冬鳥。
冬によく聞こえていた鳴き声が夏には聞こえなくなることから「口をつぐんでいる」と思われて「つぐみ」と呼ばれるようになったそうだ。
そんな渡り鳥はいっぱいいるのだが、その昔、ツグミは冬鳥の代表格だったのかもしれない。

桟橋に集まるカモメ。
a0289546_754481.jpg
寒雀。
a0289546_758979.jpg
『鳥見いろいろ』と題しており、「いろいろ」ということは複数の種類でなければならないであろうから、今日の<撮れ高>の様子次第で登場して貰おうと思い、カモメとスズメをカメラに収めた。
しかし、<撮れ高>次第というのは、カモメやスズメに失礼であり、アップロードする次第。

ヒュルルルとトビの声が聞こえる。
杭にとまっているトビが鳴いているのであった。
a0289546_825699.jpg
トビは空を舞いながら鳴くだけと思っていたが、とまっていても鳴くのだ。
この辺りはミサゴのテリトリー。
それに対抗して、鳴いているのかもしれない。

クロの集団。
a0289546_874822.jpg
手賀沼東端を回り、北岸を走る。
梢のてっぺんにちょいと大型の野鳥がいる。
シメだ。
シメに出遭うのは去年の春先以来であり、しめしめと思いながら、カメラを向ける。
a0289546_1001387.jpg
a0289546_1003215.jpg
ぜーんぶ、俺さまのものだぜと言わんばかりに、木の実を独り占め(「シメ」と「占め」を掛けてみました)。
a0289546_1012022.jpg
貪欲。
a0289546_1014518.jpg
木の実を食べ始めてから約8分経って、シメはようやく休憩に入った。
a0289546_1021698.jpg
くちばしの先に木の実の黒い色を残し、旨かったなあと満足げ。

シメを撮った枚数は約120枚、ブログではそのエッセンスをアップロード。
シメの食事風景をいっぱい撮ったことでもあり、今日の鳥見ポタリングはこれで<〆>(「シメ」と「〆」を掛けてみました)だなと思って、北岸を走る。
ところが、「水の館」前で、地面の上で遊ぶシジュウカラに遭遇。
a0289546_10164524.jpg
梢の上のシジュウカラなら毎度撮っていることでもあり、パスするところなのだが、地面で遊んでいるシジュウカラだったので、こいつを撮って、<〆>とした。

フォト:2016年2月3日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-03 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 02月 02日

『手賀沼鳥見いろいろ 2016.2.2』

2月2日、晴れ。
穏やか。
となれば、jitensha に乗って手賀沼へ鳥見ポタリング。

手賀沼北岸。
枝かぶりの中、メジロを見つけた。
a0289546_0541540.jpg
鋭い視線。
a0289546_0544621.jpg
葦の茎に潜む虫をついばんでいるようだ。
a0289546_054578.jpg
ここ暫く、何度かメジロに遭遇するも、直ぐに飛び去ったり、カメラを携行しておらずであったので、撮れて嬉しい。

手賀沼西端/かわせみ池。
カワセミの姿はない。
カワセミの代わりに、近くの林でシジュウカラに遊んで貰う。
a0289546_104447.jpg
a0289546_112275.jpg
タンパク質、補給中。
a0289546_122219.jpg
a0289546_124216.jpg
a0289546_125547.jpg
a0289546_13536.jpg
かわせみ池近くの梅林に立ち寄ってみる。
花を咲かせている木もあれば、そうでない木もある。
a0289546_1232445.jpg
去年の春先、この梅林でベニマシコに随分と遊んで貰った。
今年もそれを期待、と思いつつ、手賀沼南岸に入る。

朝の天気予報では、最高気温は10度だが、昼頃には暖かくなるとのことであった。
しかし、予報はハズレ。
正午近くになり、北風が強まり、体感温度はぐっと下がる。

手賀沼南岸は鳥影が薄いなあと思いつつ、寒い中を走っていたところ、東端で鳥影あり。
アオジかな?
a0289546_1234784.jpg
アオジだ。
a0289546_124563.jpg
伸びをして、何を見ているのだろう。
a0289546_1254443.jpg


フォト:2016年2月2日
[PR]

by ryujincho | 2016-02-02 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)