<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 28日

『東の筑波、西の富士/霞ヶ浦の巻』

11月28日、霞ヶ浦をドラポタの面々とポタリング。
JR土浦駅をスタートし、西浦中岸に入る。
しばらくすると土浦入りの湖面の彼方に筑波山が。
a0289546_17391848.jpg
そして、連れの大給守さんが別の方向を指差して「富士です」と。
オリンパス・イーグルアイでズームアップ。
筑波山と富士をセットで眺めることが出来、また、今朝ほどは我が”天守”から朝日に映える富士を見たばかりであったので、何だか嬉しくなった。
a0289546_1741749.jpg

霞ヶ浦大橋からの筑波山を同じくオリンパス・イーグルアイでズームアップ。
霞ヶ浦高浜入りの湖面と筑波山、この風景が最もお気に入りとなった。
a0289546_17444983.jpg
「河川名境界線/常陸利根川(左岸)・霞ヶ浦(西浦左岸)」からの筑波山。
a0289546_1803934.jpg
常陸利根川/潮来大橋南詰からの筑波山。
a0289546_1814650.jpg
利根川/水郷大橋北詰からの筑波山をオリンパス・イーグルアイでズームアップ。
a0289546_183343.jpg

関東平野にそびえ立つ標高877mの筑波山。
男体山(標高871m)と女体山(標高877m)の2つの峰からなり、標高1,000m以下ながらその美しさから日本百名山のひとつとなっている。
山肌が朝は藍、昼は緑、夕は紫と表情を変えることから紫峰(しほう)と呼ばれ、美しい姿から富士山とも対比され、昔から「西の富士、東の筑波」と並び称された。
その優美な姿は、多くの歌人を魅了し、万葉集や小倉百人一首などに数多く詠われている。
中腹にある筑波山神社では山そのものをご神体としているため、巨岩、巨木、清水などいたるものに神様が宿る「全山パワースポット」とされている。
(「静岡県公式ホームページ/ふじのくに/全国ふるさと富士」より)

「昔から『西の富士、東の筑波』と並び称された」とある通り、「西の富士」、「東の筑波」の順が正しいようだが、本ブログの標題は敢えて「東の筑波」を先に持ってこさせて貰った。

再来週は大放談会の面々と TX、バス、ロープウェー、ケーブルカーを利用しての筑波山のたび。
筑波山頂から霞ヶ浦を、そして、富士を眺めることが出来るであろうか。
これも楽しみ、楽しみ...。

フォト:2015年11月28日

(12月9日付け「筑波山の巻」に、つづく)
[PR]

by ryujincho | 2015-11-28 23:58 | 東の筑波、西の富士 | Comments(0)
2015年 11月 18日

『秋の、カワセミ』

a0289546_8523010.jpg
a0289546_1051156.jpg
a0289546_10513029.jpg

夏のカワセミは幼鳥から成鳥になる途中だから色が黒っぽい。
だが、秋も深まった今頃のカワセミは、鮮やかな<かわせみ色>である。

フォト:2015年11月18日、かわせみ池にて
[PR]

by ryujincho | 2015-11-18 21:43 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2015年 11月 13日

『手賀沼/カワウの追い込み漁』

11月13日、晴れ。
久しぶりに手賀沼の遊覧船に乗船。
いつも jitensha で走っている湖畔を船上から眺めるのも一興。
いつも湖畔から眺めている水鳥たちの様子を船上から眺めるのも一興。
カワウの群れがあちらこちらに。
カワウは時に複数が集まって追い込み漁をするという。
これは陸からでは見られない風景である。

カワウの群れ/その1。
a0289546_9211690.jpg
アップで。
動画じゃないんで表現が難しいが、モグラたたきゲームのように頭を出したり、潜ったり、である。
a0289546_9212638.jpg
カワウの群れ/その2。
a0289546_9213620.jpg
追い込み漁を終えて、別の漁場を求めて飛び立つ。
a0289546_9215223.jpg
a0289546_922540.jpg
a0289546_9221640.jpg
a0289546_9222856.jpg
a0289546_9224167.jpg
a0289546_922531.jpg
着水して、再び、追い込み漁を開始。
a0289546_923179.jpg

余談を少々。

11月初旬、瀬戸内海に浮かぶ小島、志々島に向かう連絡線の中で釣り人に出遭った。
「今日の狙いは何ですか?」。
「カレイや」。
「瀬戸内海は水がきれいになり過ぎて、魚が減ったといわれているようですが、本当でしょうか?」。
先般、早慶戦同窓会でK君がそんなことを言っていたので、釣り人に質問してみたのだった。
「水がきれいになったからかどうかは分からへんけど、確かに魚は減っとるなあ。川の餌が減って、カワウが海に来て魚をとるんで、そのせいもあるかもしれんなあ。カモメは水面の魚しかとれへんけど、カワウは潜ってとるからその分、ぎょうさん、とれるわなあ」。
カワウが海に進出しているというのはは誠に興味深い話である。

そういえば、盟友、大給守さんから、故郷の千曲川はカワウが増え過ぎて川魚が激減、漁協が総出でカワウ退治に乗り出したという話を聞いた記憶もある。
そうしたカワウが海に進出しているということもあるかもしれない。

11月8日放送のNHK「ダーウィンが来た」はガラパゴス島で独特の進化をしたガラパゴスコバネウの話であった。
ガラパゴスコバネウは、魚の群れには目もくれず、一気に海底に潜り、岩の間に潜む魚を長い嘴で捕らえ、海面に出て飲み込む。
魚の群れに突っ込んで餌を捕獲するにはスピードが必要だが、これはガラパゴスペンギンに劣るので、棲み分けとして、ガラパゴスコバネウは海底の岩場に潜む魚を捕まえているだという。

日本では、調教されたウミウは鵜飼いの鵜として活躍し、前述の通り、野生のカワウは海に進出。
ガラパゴスでは、ガラパゴスコバネウとガラパゴスペンギンは同じ海を餌場としているが、海底の岩場に潜む魚と群れで泳ぐ魚で餌捕りを棲み分けしている。

そんなことを思いながら、手賀沼のカワウの追い込み漁を眺めるのであった。

フォト:2015年11月13日
[PR]

by ryujincho | 2015-11-13 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2015年 11月 12日

『久方ぶりの、海上タクシー』

瀬戸内海の島の<消し込み>。
今回は、志々島と粟島。
宮の下港(四国本土)から連絡船で志々島へ。
a0289546_18413080.jpg
志々島は、樹齢1000年の大楠の島。
そして、我が敬愛する柳田國男が民俗学のテーマとして取り上げた、「葬地」と「祭地」を分ける両墓制習俗を持つ島。
更に申せば、寅さんシリーズ第46作「男はつらいよ 寅次郎の縁談」のロケ地にもなった島。
a0289546_18415799.jpg
志々島から粟島への
連絡船の便はそう多くはないので、海上タクシーを利用。
海上タクシーは、3年前、ハリポタ創設5周年記念で燧灘に浮かぶ豊島を訪ねる際に利用して以来、二度目のことである。
a0289546_18422793.jpg
粟島は船のプロペラのような形をした島。
レンタル・ママチャリで島めぐり。
a0289546_1843169.jpg
漂流郵便局を訪ねたり、明治30年創立の国立粟島海員学校の洋風建築を眺めたり、八幡宮の扁額が掛かった浜辺の鳥居を眺めたり...。
a0289546_18444731.jpg
粟島から連絡船で須田港(四国本土)へ。

フォト:2015年11月4日
[PR]

by ryujincho | 2015-11-12 18:46 | Comments(0)
2015年 11月 11日

『都市伝説/蛇口からポンジュース』

愛媛のポンジュース。
昭和27年生まれ、今年で誕生63年だという。
ポンジュースの「ポン」とは日本一のジュースになるようにとの願いを込めて「ニッポン」からとったという。
「愛媛県では蛇口からポンジュースが出る」という都市伝説は松山空港で体験できるという。
そんなことが本日付けY新聞のコラム「ロングセラーの理由」に書かれていた。
奇遇にも、先週、松山を訪ねた際、「蛇口から出るポンジュース」を撮っていた。
それがこの写真だ。
a0289546_10272135.jpg
この「蛇口」は松山城ロープウェイ・リフト乗り場で見掛けたもので、ジュースは出ない。

フォト:2015年11月5日、松山にて
[PR]

by ryujincho | 2015-11-11 23:58 | 街歩き | Comments(0)
2015年 11月 10日

『隅石&隅石風』

何十年ぶりかで松山を訪ねた。
松山に来たら、やっぱり、松山城、とヨメは言う。
いいや、坂の上の雲ミュージアムを訪ねたいがために松山に来たんや、とテイシュは言う。
ということで、先ず、松山城へ。
a0289546_18211647.jpg
そして、坂の上の雲ミュージアムへ。
松山城の石垣の隅石を眺めたあと、坂の上の雲ミュージアムの外観を眺めたことでもあり、こりゃ、隅石風やなあと呟く。
a0289546_18212926.jpg
因みに、松山城を築城したのは加藤嘉明、坂の上の雲ミュージアムを設計したのはあの安藤忠雄である。
安藤忠雄の前に「あの」を付した意味についてはここでは彼の他の業績に免じて具体的には触れないこととしたい。

フォト:2015年11月5日、松山にて
[PR]

by ryujincho | 2015-11-10 23:58 | 街歩き | Comments(0)
2015年 11月 09日

『讃岐&伊豫/洋風建築二景』

大正9年建造木造洋館/国立粟島海員学校。
a0289546_18165267.jpg
大正11年建造鉄筋コンクリート造洋館/萬翠荘。
a0289546_18171241.jpg


フォト#1:2015年11月4日、粟島にて
フォト#2:2015年11月5日、松山にて
[PR]

by ryujincho | 2015-11-09 18:17 | 街歩き | Comments(0)
2015年 11月 03日

『ゴジラの日』

今日、11月3日は「文化の日」。
そして、「ゴジラの日」でもある。
東宝映画『ゴジラ』は、1954年(昭和29年)の11月3日に封切られたことによる。
この映画は親父、兄貴と三人で観た。
当時、小生は6歳であった。
以来、ゴジラは大好き。
小豆島・二十四の瞳映画村の『ゴジラ』の看板に感激し、世田谷・東宝スタジオのゴジラに見入り、新宿歌舞伎町に登場したゴジラに喜んだりと、今もゴジラを楽しんでいる。

ゴジラの生まれ故郷、東宝砧撮影所(現・東宝スタジオ)。
a0289546_23371925.jpg
a0289546_23373912.jpg


フォト:2015年4月9日、都内世田谷区にて
[PR]

by ryujincho | 2015-11-03 05:20 | 映画三昧 | Comments(0)
2015年 11月 01日

『ハロウィーンの怪』

a0289546_74444.jpg

歯科に通っている。
2ヶ月毎に歯のクリーニング。
受付の脇の黒板に「歯lloween...」の文字と共にカボチャの絵。
この歯科は子供も多く、いつもディスプレーにはディズニー映画が流れており、黒板の「歯lloween」も子供向けのものなのだろう。

順番が回って来た。
歯科衛生士さんから「以前、イギリスにおられたと聞いたことがあるんですが、イギリスのハロウィンはどんな様子なのでしょうか」と。
20数年前、ロンドンに住まいしていた頃、当地の歯科でブリッジを施したことがあり、イギリスの話をしたので、こんな質問が出たのであった。
「ロンドンの辺りでは、今、日本でやっているようなハロウィーンの様子はありませんでした。
そもそもはケルト人の風習とカトリック教が結びついたよう。ケルト人はブリテン島の先住民。アングロサクソンが流入し、僻地に押しやられ民族。スコットランドやアイランドに今も住んでいます。ロンドンの辺りでは、ハロウィーンではなく、ガイ・フォークス・ナイトという風習でした。イギリスの南の方はカトリックではなく、新教なので、ハロウィーンの風習は残らなかったのかもしれません。スコットランドやアイルランドからアメリカに多くの人が移住したので、アメリカで今のようなハロウィーンになり、それが日本に伝わったということでありましょう。因みに、ハロウィンという言い方をしますが、あれはハロウィーンが正しいのでありましょう。且つ、アクセントは、『ハ』ではなく、『ウィ』につきます」と饒舌に語ってしまった。

自宅に戻り、ヨメにこの話をしたところ、「夜、ドアをノックする音が聞こえ、出たところ、子供たちが。お菓子を渡したりしていました」と。
小生にはそんな記憶はなく、不在にときのことであったのだろう。
記憶にあるのは、ガイ・フォークス・ナイトの、しょぼい打ち上げ花火だけである。

念のため、広辞苑、ジーニアス英和辞典、オックスフォード現代英英辞典を紐解いてみた。
広辞苑にはこうあった。
----------------------
Halloween(ハロウィン)
諸聖人の祝日の前夜(10月31日)に行われる祭り。
スコットランド・アイルランドに起源を持つアメリカの祝い。
-----------------------
広辞苑では「ハロウィーン」ではなく、「ハロウィン」と記載されている。

ジーニアス英和辞典ではこうあった。
------------------------
Halloween, Hallowe'en
ハロウィーン、万聖節(All Hallows, hallowmas, All Saint's Day)の前夜祭《10月31日の夜》
《主に米国で悪魔などの扮装をした子供が"Trick or treat!(ごちそうくれなきゃ、いたずらするぞ!)》と言って近所を回り、近所の人は"I'm scared."(わあ、恐い)と言って菓子・果物を与える;英国ではGuy Fawkes Night(11月5日)の方が盛ん》
------------------------
おおむね、歯科衛生士さんに対し述べた内容で間違いはなかったようだ。

オックスフォード現代英英辞典ではこうあった。
------------------------
Halloween, Hallowe'en
the night of 31st October when it was believedin the past that dead people appeared from their graves, and which is now celebrated in the US, Canada and Britain by Children who dress as GHOSTS, WHICHES, etc.-see also TRICK OR TREAT
------------------------
ここではBritain も含まれている。
Guy Fawkes Night の記述はない。

そんなこともあり、冒頭の、昨秋、カナダを旅したときに撮った収穫祭の写真を引っ張り出してみたのであった。

「収穫祭」、これはいい響きの言葉だ。
日本では、新嘗祭、収穫祭、秋祭り、新嘗祭が転じて勤労感謝の日として祝日が設けられた。
渋谷あたりで騒いでいる連中の中で、ゾンビの扮装をしている人は理に適っている、ドラキュラや狼男もまあ、いいだろう、それ以外はただの仮装行列だ。
小生が渋谷へ繰り出すとせば、その扮装は、ペンギンか龍、はたまた、カッパかゴジラなのだが、それなら、やっぱり、仮装行列だ。
そもそも、仮装は子供の行事なので、ジジイの小生が然様なことをする訳もないのだが...。
更に申せば、ハロウィーンの歴史や日本の宮中行事である新嘗祭、その流れを汲んで設けられた勤労感謝の日などの歴史を知った上で騒いでいるのであれば、それはそれでよいだろう。
そうでない人はおバカさん、今からベンキョーしても遅くはないだろう。

それにしても、何で、日本で、ハロウィーンなんだろう?
そんなことを思いながら、渋谷のおバカな様子を伝えるニュースを見るのであった。。

フォト:2014年9月26日、カナダ、セント・ジョセフ湖近くにて
[PR]

by ryujincho | 2015-11-01 06:48 | 街歩き | Comments(0)