<   2015年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

『ハンミョウ』

NHK「ダーウィンが来た」。
6月28日の放送は「昆虫の里山 ハンミョウ 驚異!狩りのワザ」であった。
「日本の里山にすむ美しい昆虫ハンミョウ。猛スピードで地面を走り、牙のようなアゴで 獲物を狩る姿は小さな“猛獣”。驚きの狩りのワザを持つ幼虫の名ハンターぶりも紹介」の予告編通り、美しい姿に似合わず、獰猛!
番組を見終わって、そういえば、数年前、千ヶ峰(兵庫県)を山歩きした際、林道でハンミョウの写真を撮ったことがあったなあと思い、<蔵>でその写真を探してみた。
あった。
a0289546_724019.jpg
a0289546_792289.jpg

昆虫の中で美しいものはヤマトタマムシとハンミョウ。
但し、ハンミョウは人気がない。
その理由は牙のような顎をした容貌によるものであろう。
ヤマトタマムシは標本となってもその美しさは衰えないが、ハンミョウは標本にすると色褪せてしまう。
故に、自然の中でしかその美しい姿を見ることが出来ないハンミョウこそが美しいのである。
そんなことを時事通信社の記者、天野和利さんは自著『昆虫記者のなるほど探訪』で綴っていた。


フォト:2012年10月2日、千ヶ峰にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-31 23:58 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 30日

『ハバビロカマキリの幼虫』

カエル足に目を惹かれる。
a0289546_9344182.jpg
腹を折り曲げたハバビロカマキリの幼虫であった。
a0289546_9411121.jpg
カマキリ独特の逆三角形の顔を撮ってやらねばと腰を屈めてカメラを向ける。
a0289546_944990.jpg
a0289546_9441970.jpg
幼虫ながらしっかりとカマキリ顔をしているが、幼さも感じられる。


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-30 22:54 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 29日

『 mm の世界/クモの仲間』

a0289546_911021.jpg
面白い仕草のクモ。
ピン甘だが、そんなクモを記録として採用!


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-29 23:13 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 28日

『 mm の世界/マルカメムシ/お多福顔の人面虫』

a0289546_7121449.jpg

カメムシの仲間の多くは、複眼が2個、単眼が3個あるという。
マルカメムシの頭部を大判原図で眺めてみる。

ルビーレッドといってもよい派手な色の複眼。
複眼の間に逆三角形を形作る3個の単眼。

単眼の2個を目、1個を鼻、ルビーレッドの複眼を赤い頬っぺとせば、お多福顔の人面虫に見えなくもない。


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて(トリミング)
[PR]

by ryujincho | 2015-07-28 22:43 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 27日

『 mm の世界/マルカメムシ三態』

a0289546_18183238.jpg
a0289546_18185673.jpg
a0289546_18192561.jpg


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-27 23:58 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 26日

『 mm の世界/亀らしいカメムシ、マルカメムシ』

マルカメムシ。
体長5mm。
a0289546_1822485.jpg
a0289546_18225886.jpg
マルカメムシの名の由来は、丸い形をしているから。
カメムシの名の由来は、頭が小さく全体の見た目が亀に似ているものが多いから。
カメムシの仲間の中で亀に最も似ているのがマルカメムシかもしれない。
上から見るよりもこういう角度で見ると更に亀らしく見える。
a0289546_18231178.jpg



フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-26 23:58 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 25日

『 mm の世界/マルカメムシ』

マルカメムシ。
体長5mm。
a0289546_17491011.jpg
光沢のある表面に黒く細かい点が密に。
志野焼に見えなくもない。
陶器屋の店先に置いてもよさそうな見栄えである。


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-25 23:45 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 24日

『ホシハラビロヘリカメムシ』

ホシハラビロヘリカメムシ。
体長12mm~15mm。
a0289546_12314162.jpg
一眼レフからTG-3に持ち替えて、顕微鏡モードにて。
a0289546_8353498.jpg
a0289546_8355415.jpg
ホシハラビロヘリカメムシ(星腹広縁亀虫)、その名の由来の「星」は背面の一対の黒い点。
その「星」が自慢げだ。


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-24 23:58 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 23日

『キリギリスの仲間』

手賀沼南岸サイクリングロード。
jiensha は<押し>で、畔の土手に生い茂る野草を見ながら歩を進める。
野草が絡むその向こうに肢を長く伸ばした虫がいる。
手前に野草が絡んでいるので近接撮影はできず、TG-3の顕微鏡モードは使えない。
一眼レフで雑草の隙間からズームで無理無理、撮ってみた。
a0289546_12113620.jpg
図鑑を紐解いたが、名前の判定までには至らず。
短翅、褐色、小型の特徴を持つキリギリスの仲間としておこう。

フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-23 23:58 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)
2015年 07月 22日

『 mm の世界/ナナホシテントウムシ/ムシ出来なかったムシ』

ナナホシテントウムシ。
特段、珍しいムシではないし、ムシしてもよかったのだが、ちょっと気になることがあったので、足を止め、じっくりと眺めてみた。
a0289546_6453779.jpg
滑らかに盛り上がった半球形の背面が窪んで見えるのである。
光線の関係なのか、はたまた背面に何かが映っているのだろうかと思ったのだが、背面の一部が窪んでいたのであった。
a0289546_646665.jpg
一眼レフから顕微鏡モードのTG-3に持ち替えて。
a0289546_16171487.jpg
鳥にでも突かれ、へこんだとも思われるが、赤に黒い斑点という目立つ姿は警告色といわれており、鳥に突かれたというのも変。
TG-3の顕微鏡モードで撮った写真を見ると、ミニトマトがダメージを受けたように見えなくもない。
ムシ出来なかったムシとして記録に残しておきたい。


フォト:2015年7月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-07-22 23:47 | 虫撮りの記(2015年) | Comments(0)