龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

『ロケ地探訪記/木津川流れ橋』

木津川に架かる流れ橋、「上津屋橋(こうづやばし)」。
この橋は映画やテレビドラマの時代劇でしばしば目にする橋だ。
最初に観た、この橋が映し出される映画が何であったかは思い出せないが、勝新扮する座頭市がこの橋の上で演じた見事な殺陣が印象に残っている。
そのシーンが「座頭市シリーズ」の何作目であったかは、最早、記憶にないが、そのシーンを観たとき、五条大橋での牛若丸と弁慶の戦いをモチーフにしているんじゃないかなと、ふと、思ったことはしっかりと覚えている。
そうしたことから、以前から一度、この目でこの流れ橋を見てみたいと思い続けていた。

10月28日、京阪八幡市駅まで輪行。
駅前で地図と名所旧跡の写真が掲載された観光案内板に目を通す。
a0289546_18524643.jpg
流れ橋の写真に貼り紙がある。
「台風18号により、『流れ橋』は流出し、通行止めになっています」と書かれている。
テレビ・ニュースで渡月橋が濁流で冠水しているところが何度も出て来たあの台風である。
桂川、宇治川、木津川の三川はいずれも同じ状況であったのだろう。
いつものことながら、斯様な被害を受けたところを能天気にポタリングするのは気が引けるが、何はともあれ、先ずは現場にと思い、御幸橋の袂から「京都八幡木津自転車道」を走り、木津川に架かる流れ橋へと向った。
a0289546_234799.jpg
a0289546_291862.jpg
木津川橋梁(京阪本線)、木津川大橋(国道1号)、新木津川大橋(第二京阪道路)の三つの橋をやり過ごすと流れ橋が見えて来た。
a0289546_2164070.jpg
正面の位置から橋を眺める。
a0289546_6205877.jpg
橋が健在なら、サイクリングロードから両脇が茶畑の未舗装の道を下り、流れ橋を渡るところであるが、今回、それは叶わない。
小振りながら、小貝川に架かる流れ橋「小目沼橋」を渡ったときのことを思い浮かべながら、もう一枚、アップで。
a0289546_6212138.jpg
サイクリングロード脇の石標柱「ながればし」と一緒に記念写真。
a0289546_6301732.jpg
石標柱に刻まれた説明書きに目を通す。
a0289546_6524027.jpg
--------------------------
いわれ
流れ橋は木津川にかかる木橋で日本最長と言われ、大水のたびに流れるところに特徴がある。
そのことから流れ橋と呼ばれている。
橋名 上津屋橋(通称 流れ橋)
橋長 355.9メートル
幅員 3.0メートル
構造 
増水しては橋桁まで水が達すると全長を八分割してワイヤーで連結された橋床が流れる。
橋床は橋脚に片方がつながっているため流失する事はない。
減水後、復元出来る。
---------------------------
成程!上手い仕掛けが施されているのだ。
であれば、ワイヤで連結された橋床が何処かに見えてもよいはずだが、この目で見たときはそれらしきものは見えなかった。
で、前掲の写真を今一度じっくりと見てみた。
あった!
全部ではないが、8分割の一部であると思われる橋床が橋の川下側に横たわっている。
前掲の写真では見辛いので、拡大してみた。
a0289546_736286.jpg
a0289546_7372918.jpg
盟友、六々守殿に「木津川の流れ橋を訪ねました。台風18号で、文字通り、流れ橋になっていました」とLINE 電子飛脚便を遣わしたところ、「復旧に3000万円とか。周辺の人は税金3000万円、淀川に流しましてん...と言うているそうです」との返信があった。
ワイヤを手繰って橋床を元に戻すその作業に3000万円掛かるということであろうと思いながら、電脳網で「流れ橋 3000万円」で検索したところ、京都新聞の記事にヒットした。
----------------------------------------------
「流れ橋」流れすぎ? 多額の修復費に疑問も
木津川に架かり、京都府八幡市と京都府久御山町を結ぶ「流れ橋」(上津屋橋)が、先月の台風18号による増水でまた流れた。
1953年の架設以来、ちょうど20回目で、2011年からは3年連続の流出。
4月末に約3500万円かけて修繕したが、わずか5カ月で通行不能となった。
再復旧される見通しだが、今回も前回と同額の修繕費用が見込まれ「府民の税金を木津川に流しているようなものだ」と厳しい声も上がっている。
(中略)
経費削減と工期短縮のため、2010年に約8千万円かけて橋板と橋桁をワイヤロープで連結する「ユニット化」工法を取り入れた。
(中略)
橋の架かる府道を管理する府道路管理課は「永久橋にするには20~30億円の費用がかかり、現実的でない」とし、現在の形で橋を維持する方針だ。
同課によると、通勤・通学、観光も含めた1日の平均利用者数は10年度で歩行者416人、自転車320台。
10年に第二京阪道路が通り、橋が流れても大きく遠回りせず対岸に渡ることができるようになったため、生活の道としての役割は小さくなった。
流れ橋は八幡市の主要観光地として知られる。
市観光協会への問い合わせは月平均80件近くあり、木津川サイクリングロードの見どころの一つにもなっている。
(中略)
橋につぎ込む費用の効果は目に見えて表れるものではない。
お金には換算できない知名度や話題性も考慮し、流れ橋の将来像を描いてほしい。
--------------------------------------------------
うん!その通りや!
お金には換算でけへん!
これを無駄遣いというなら、ほかにいっぱい、無駄遣いしとるとこ、あるやろ。
京都新聞はん、ええこと、言わはる。

流れ橋ながれて業者ニンマリし 霹靂火
(評:そんなこと、言うたら、叱られまっせ/川柳子)

自転車道の案内板を眺める。
a0289546_834135.jpg
a0289546_8365035.jpg
a0289546_837798.jpg

帰館後、偶々、録画されていた映画「眠狂四郎」を観ていたところ、木津川の架かる「流れ橋」と思しき橋が登場した。
a0289546_8491252.jpg
a0289546_8493331.jpg
ここ暫らく、NHK BSプレミアムシネマで市川雷蔵主演の「眠狂四郎」シリーズが立て続けに4本放送された。
勝手に録画されていたと申しては映画に対し失礼であるが、「映画」のキーワードで自動録画予約しているので、大方の映画は勝手に録画されているのだ。
その4本とは、シリーズ第一作「眠狂四郎殺法帖」、第二作「眠狂四郎勝負」、第五作「眠狂四郎炎情剣」、第六作「眠狂四郎魔性剣」であった。
木津川に架かる流れ橋と思しき橋が登場したのは、第五作「眠狂四郎炎情剣」(1965年作品)であった。
勝新太郎主演の「座頭市」は映画26作品のほかテレビ・ドラマや舞台もあり、勝新太郎の当たり役となった。
市川雷蔵主演の「眠狂四郎」は12作品があり、市川雷蔵の当たり役となった。
何れも大映だ。
戦後、大手五社(六社時代もあり)の一画を占め、数々の娯楽・文芸作品を製作してきた大映であったが、1971年、経営不振により、大映の名は消えたのであった。

「京都八幡木津自転車道」を更に走り、山城大橋に至る。
a0289546_9221159.jpg
終点/木津・泉大橋まで12km、最寄り駅はJR木津駅。
スマホで検索する。
JR木津駅から京都駅まで約40分。
山城大橋からの最寄駅は近鉄新田辺駅。
距離は分からないが、大した距離ではないだろう。
スマホで検索する。
新田辺駅から京都駅まで急行で約20分。
前日からちょいと風邪気味でもあり、早めに帰館することとし、近鉄新田辺駅に向った。
駅前で「一休さん」と一緒に記念撮影。
a0289546_9345053.jpg
ここ、京田辺市には、臨済宗大徳寺派の寺院、霊瑞山酬恩庵(別称、一休寺)がある。
流れ橋が復旧した頃に、もう一度、京都八幡木津自転車道を走り、流れ橋、そして、一休寺も訪ねてみたい。

フォト:2013年10月28日、29日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-31 23:58 | 映画三昧 | Comments(0)
2013年 10月 30日

『ロケ地探訪記/坂野家住宅』

a0289546_1185445.jpg
ポタリングの途中、休憩しているときに、見知らぬ人ながら、同好の士と会話を交わすことがある。
「小貝川CRはいい自転車道だと思いますが、如何ですか」。
「あの自転車道は自転車の少ないのがいいですね。そして、自然がいっぱい」。
「福岡堰までは幾度か走ったことがあるのですが、福岡堰から北へは行ったことがありません」。
「少しだけですが、北の方へ走っています。少し北へ走って、左へ折れて、西へ走り、常総市や坂東市を経由して芽吹橋へ出るルートをよく走ります」。
「芽吹橋は利根川の橋ですね。利根川右岸CRを走って芽吹橋まで行ったことはありますが、芽吹橋を渡ったことはありません」。
「そのルートの途中に、坂野家住宅というのがあります。時代劇でよく使われる昔の家です。これはお奨めです。是非、訪ねられるとよいでしょう」。

9月21日、南国守殿と共に、坂野家住宅を訪ねた。
JR我孫子駅~利根川右岸CR~芽吹橋~坂野家住宅(常総市)~鬼怒川CR~小絹駅(関東鉄道)を走った。
このポタリングの珍道中は別の機会にブログを綴るとして、ここでは「ロケ地探訪記/坂野家住宅」を綴ってみたい。

坂野家住宅。
江戸時代から続いた豪農の屋敷である。
外も中も写真は自由に撮れるが、一部屋だけ写真の撮れない部屋がある。
それは、ここで撮影された映画やテレビドラマの写真や資料が展示されている部屋である。
数多くの映画やテレビドラマが展示されているが、印象に残っているのは、映画では「桜田門外の変」と「花のあと」、テレビドラマでは「利家とおまつ」や「篤姫」であった。

映画「花のあと」は、このポタリングに出掛ける、つい数日前、NHK BSプレミアムシネマで放送され、録画していたものを観たばかりであった。
藤沢周平原作、中西健二監督、北川景子主演の2010年公開作品である。
流れのよい映画だ。
武家の娘で女剣士を演じる北川景子が、殊の外、よい。
武家の娘としてのきりっとした所作は勿論のこと、チャンバラが滅茶苦茶に上手いのである。
おっと、チャンバラという言葉は当たらない、見事な太刀捌き、あるいは、見事な殺陣と言い直しておこう。
殺陣については半年以上の準備を重ねたとザテレビジョンのインタビューで北川景子自身が語っている。
殺陣の指導は高瀬将嗣である。

坂野家住宅を訪れたあと、もう一度、映画「花のあと」を見直してみた。
坂野家住宅と映画「花のあと」のシーンを重ね合わせてみた。

竹薮。
a0289546_10135613.jpg
映画「花のあと」には出て来なかったが、撮影にはよく使われるとのことだ。

外塀。
a0289546_10142426.jpg
外塀に続く表門。
a0289546_10151918.jpg
この表門での、映画「花のあと」のワン・シーン。
a0289546_10164547.jpg
前庭と母屋。
a0289546_10173852.jpg
表玄関。
a0289546_10185192.jpg
表玄関での、映画「花のあと」のワン・シーン。
「花のあと」では、脇玄関も使われているが...。
a0289546_10201787.jpg
我々が訪れたときは中秋の名月が過ぎた間なしで芒の生け花が飾られていたが、「花のあと」では屏風が立てられていた。

北川景子の女剣士ぶり。
a0289546_10261188.jpg
いい女優さんだ!

資料展示室。
内部は撮影禁止。
この部屋の中に、多数の映画やテレビドラマ関連の写真や資料が展示されていた。
a0289546_10301251.jpg
映画「花のあと」/クレジットタイトル。
a0289546_10414661.jpg
「風土博物館 坂野家住宅」の名がしっかりと見える。
「常総フィルムコミッション」の名はあちらこちらの映画のクレジットタイトルでよく見掛ける。
最近は、何れの町のフィルムコミッションもロケ誘致に熱心である。
「ワープステーション江戸」は、オープン当初、訪れたことがある。
オープン当初は、第三セクターのテーマパークであったが、経営破綻し、今は、NHKエンタープライズの経営となっているとのことだ。
江戸市中で橋が出て来るシーンは「ワープステーション江戸」で撮影されたものが多い。
これを機会に「ワープステーション江戸」へもう一度行ってみよう。

フォト:2013年9月21日、9月24日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-30 23:58 | 映画三昧 | Comments(0)
2013年 10月 29日

『ロケ地探訪記/鞆の浦』

昨年の秋、鞆の浦を旅した。
ハリポタ藩恒例の、秋の大遠征「しまなみ街道」にプラスしての、「鞆の浦の旅」であった。
或る町kb 在住で、鞆出身の盟友、安芸守殿に鞆の浦闖入の通行手形の発給を申し出たところ、時々、帰省しているから、案内してあげましょうとのことで、その言葉に甘え、案内して貰った。
そのときのことを兄弟ブログ「上総守が行く!」の2012年11月27日付で次の通り綴っている(抜粋)。
***quote***
美味しい昼餉を頂戴した潮待ち茶屋から、町歩きをしながら、港に向う。
(中略)
保命酒屋。
a0104495_1914425.jpg
保命酒(ほうめいしゅ)は鞆名産の薬用酒。
福山藩は江戸幕府に献上したとも。
また、アメリカ艦隊が来航した際の幕府饗応でペリーもこれを飲んだとも。
店先で保命酒の試飲をしながら、店の人と雑談。
宮崎駿監督作品「崖の上のポニョ」と鞆の町の関わりを話題にしたところ、新たな情報が。
「鞆の浦は、しばしば、映画の撮影で使われます。最近では、アメリカ映画『X-MEN』の撮影もそのひとつです。鞆の浦を長崎に見立ててということでした」。
「それって、もう、公開された映画ですか」。
「第5作です。まだ、公開されていません。主演のヒュー・ジャックマンはオサルさん顔ですが、すごく、素敵です」。
「最近のハリウッド映画は余り好きではありませんが、『X-MEN』は好きです。是非、見たいですね。鞆の浦が出てくるのが楽しみやなあ」。
帰宅後、第5作について電脳で調べたところ、今年4月20日付で次のような記事があった。
--------------------------------------------------------------------------------
【4月20日】オーストラリア人俳優ヒュー・ジャックマンが主演する米人気映画シリーズ『X-MEN』の最新作『The Wolverine』の撮影地が、当初予定されていた日本からオーストラリアへと変更されたことが20日、発表された。
同作は前年、日本で撮影が行われる予定だったが、3月に発生した東日本大震災の影響で製作が中断されていた。
オーストラリアでは、2008年にも、前3作の過去を描いたシリーズ4作目『ウルヴァリン:X-MEN ZERO(X-Men Origins: Wolverine)』の撮影が行われている。
ジュリア・ギラード豪首相は、新作の撮影によって8000万豪ドル(約67億円)超の投資効果と2000人の雇用創出が見込まれるとして歓迎している。
---------------------------------------------------------------------------------
鞆の浦で、まだ、撮影されていないような内容の記事である。
鞆の浦の人が撮影があったと言われているのだから、撮影されたのであろう。
であれば、鞆の浦で撮影された分はどのようになるのだろうか。
調べてみたが、それ以上の情報は見つからなかった。
何れにせよ、『X-MEN』第5作は注目すべき作品であることに変わりはない。
(後略)
***unquote***

それから約10ヶ月が過ぎた今年7月の或る日、近所のシネコンへ映画を観に行った。
ロビーでいいものが目に入った。
映画のリーフレットだ。
これについて、本ブログの2013年7月28日付で「映画三昧」と題し、次の通り綴っている(抜粋)。
***quote***
(略)
「ウルヴァリン SAMURAI」。
a0289546_2291447.jpg
昨年9月末、鞆の浦に遊んだ。
その際、"X-MEN"の新作の撮影が鞆の浦で行われたと聞いた。
以来、この映画の公開を楽しみに待っていた。
a0289546_2293249.jpg
前宣伝のリーフレットには「東京での撮影を終えた一行は、広島県福山市に移動。『崖の上のポニョ』のモデルにもなった鞆の浦に滞在し、...」と記されている。
昨年の鞆の浦の風景が目に浮かび、何か懐かしい気がする。
ヒュー・ジャックマンとスクリーンで会うのは「レ・ミゼラブル」以来となる。
「レ・ミゼラブル」での演技と重ね合わせて観るのも楽しみのひとつとなろう。
昨年9月、鞆の浦を案内してくれた、盟友、安芸守殿に「封切りは9月13日」の言葉と共に、このリーフレットを送ってあげよう。
***unquote***

9月12日、日本テレビ "金曜ロードSHOW!"で「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009年作品)を観た。
9月13日、「ウルヴァリン SAMURAI」が封切られた。
近所のシネコンへ観にいこうと思いながら、日が経った。

10月5日、ハリポタ藩恒例の、秋の大遠征「しまなみ街道の旅」に出掛けた。
1年ぶりにJR福山駅に降り立った。
尾道へ行くため、新幹線から在来線に乗換えようとした際、ウルヴァリンが目に飛び込んで来た。
a0289546_328334.jpg
a0289546_3282612.jpg
a0289546_3313640.jpg
尾道で瀬戸田(生口島)行きの渡船に乗った。
ここでもウルヴァリンが目に飛び込んで来た。
a0289546_3382538.jpg
鞆の浦ロケ地について、ポスターにはこう記されている。
a0289546_44116.jpg
渡船の揺れと原画拡大で文字が読み辛くなっているので、書き下しておこう。
------------------------------------------------
「鞆の浦は素晴らしかった」
日本全国50数か所の漁村の中から、「ウルヴァリン:SAMURAI」ロケ地に選ばれた鞆の浦。
素朴な日本の原風景の残る港町として、美術監督の心をつかみました。
ヒュー・ジャックマンさんもテレビの取材で「鞆の浦は素晴らしかった」とコメント。
セットではなく人々が暮らす町そのものを使った、日本国内での海外大ヒットシリーズ映画ロケは快挙です。
鞆の浦はマリコの別荘がある長崎の港町の設定。
ギャングに追われ逃避行を繰り広げるウルヴァリンとマリコが、絆を深め、心を通わす重要な場所として登場します。
------------------------------------------------
その通りである。
某家の屋敷が上手く使われていた。

翌6日、大島の「水軍レストラン」で昼食。
ここでもウルヴァリンが目に飛び込んで来た。
a0289546_3431489.jpg
「今治 大三島ロケ作品」とある。
調べてみた。
大三島の西側、宮浦がロケ地となっていた(ウルヴァリンが青年将校の矢志田を助けた海岸のシーンであると思われる)。
「アイシネマ今治 10月5日~ 上映」とある。
今治では封切られたばかりなのであった。
アイシネマ今治もいい名前である。
地方の映画館の名前を知るのも楽しいことだ。
余談ながら、小生が子供の頃に住んでいた町の洋画専門の映画館(勿論、二番館)は「白鳥座」というお洒落な名前であった。
いまはもうない。
「白鳥座」は文化の発信場所であったと今でも思っている。
少なくとも小生にとっては...。

「しまなみ海道の旅」でこれだけウルヴァリンに遭遇したことでもあり、この映画を絶対に見落とす訳にはいかなくなった。
近所のシネコンの上映情報を見たところ、昼に1回、夜に1回と上映回数が随分と少なくなっていた。
数日後、夜1回だけとなっていた。
こりゃいかんと都内の映画館を調べたところ、有楽町/TOHOシネマズ日劇で3D字幕版が終日上映されていた。
10月17日、有楽町へ足を運んだ。
a0289546_3551144.jpg

映画を観ながら分かったロケ地は次の通りである。
・鞆の浦/某家屋敷
・大三島/宮浦
・東京/増上寺(背景に東京タワーが堂々と。東京スカイツリーでないのがよい)
・東京/上野駅ペデストリアンデッキ
・JR東日本/新幹線「なすの」の屋根の上(「なすの」は皇室の方々が那須御用邸で静養される際に利用される車両でもあり、アダマンチウムの大きな爪で屋根をガリガリ言わすのは如何なものか。新幹線なら、やはり、東海道新幹線+富士山じゃないの?と、ふと、思った)

映画評も少しは述べておかねばならないだろう。
「X-メン」シリーズ、「ウルヴァリン」シリーズはいつも楽しませて貰っており、今回もの「ウルヴァリン SAMUAI」も、物語の展開も含め、出来としては悪くない。
強いて申せば、題名の「ウルヴァリン SAMURAI」の「SAMURAI」は余計だろう。
原題だって、"The Wolverine"である。
ファッションモデル系女優であるTAO(矢志田マリコ役) との福島リラ(ユキオ役)は背が高く、英語も話せるということで起用されたのであろうが、演技はもう少し勉強が必要であろう。
ボンドガールの、浜美枝が懐かしい(と申せば、齢がバレそうだが...)。

映画を観ているとき、しばしば、このシーンは何処で撮影したんだろうと思うことがある。
「ロケ地探訪」は映画を観てからロケ地を訪ねるということであろう。
今回は、その逆で、ロケが行われたということを知った後に映画を観た。
いわば、<後付け>である。
こういうことも旅の面白さのひとつであろう。

鞆の浦/医王寺からの眺望。
a0104495_105902.jpg
a0104495_1059489.jpg


フォト#1、#10、#11:2012年9月30日
フォト#2、#3:2013年7月23日
フォト#4~#7:2013年10月5日
フォト#8:2013年10月6日
フォト#9:2013年10月17日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-29 23:58 | 映画三昧 | Comments(0)
2013年 10月 25日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けます。
ブログは暫らく休載させていただきます。
a0289546_20201391.jpg


フォト:2013年10月11日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-25 05:11 | Comments(0)
2013年 10月 12日

『秋、讃岐路』

a0289546_1271780.jpg


花石榴 また黒揚羽 放ち居し  中村汀女

石榴赤し ふるさとびとの 心はも  高浜虚子

石榴の花は夏の季語、石榴の実は秋の季語。
今日、「小鳥来る」が秋の季語であることをラジオでベンキョーした。

小鳥来る石榴割れるを待ち焦がれ 霹靂火

石榴の実の割れた姿、これもまた美しい。

小鳥来る我らの季節もやって来る 霹靂火

渡り鳥がやって来る、留鳥も山から里へおりて来る。
鳥見が楽しみだ。

フォト:2013年10月7日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-12 23:58 | Comments(0)
2013年 10月 11日

『秋、讃岐路』

a0289546_0184956.jpg


フォト:2013年10月7日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-11 23:38 | Comments(0)
2013年 10月 11日

『秋、讃岐路』

a0289546_062556.jpg


フォト:2013年10月7日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-11 23:37 | Comments(0)
2013年 10月 04日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けます。
ブログは暫らく休載とさせていただきます。
a0289546_20485451.jpg


フォト:2013年9月20日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2013-10-04 08:51 | Comments(0)
2013年 10月 03日

『彼岸花=Part V=/坂野家の彼岸花』

ヒガンバナ。
土手に咲く花、寺社のまわりに咲く花、路傍の咲く花を眺めて来たが、屋敷まわりに咲く花もまた美しい。
a0289546_1384540.jpg
a0289546_139855.jpg
a0289546_1413779.jpg


フォト:2013年9月21日、旧家/坂野家住宅(茨城県常総市)
[PR]

by ryujincho | 2013-10-03 20:48 | Comments(0)
2013年 10月 03日

『彼岸花=Part IV=/白花曼珠沙華』

日暮れ前、夕方4時頃、市内の道を走っていたところ、畑の脇に咲く白いヒガンバナに出遭った。
白いヒガンバナはシロヒガンバナ(白彼岸花)ともシラハナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)ともいう。
白いヒガンバナはショウキズイセンとヒガンバナの自然交雑種であることを、今回、ベンキョーした。
ベンキョーすると、この花をより親しく感じる。

白いヒガンバナに赤いホオズキがアクセントに。
a0289546_1225057.jpg
空の青とマッチして。
a0289546_1231955.jpg


フォト:2013年9月27日
[PR]

by ryujincho | 2013-10-03 20:34 | Comments(0)