<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

『秋の実り Part II』

盟友、大給守殿の国許では、今年、カボチャが大豊作であったとのことで、そのフォトを拝見すると共にお裾分けを頂戴しました。
大豊作のカボチャは、ハロウィンまでストックして東京デズニーランドで販売すれはとか、カボチャ・スープを作り、冷凍ストックすればとかの、半分冗談、半分本気の意見も飛び出しました。
プチ別荘あそびの途中で訪れた、砥峰高原 (とのみねこうげん)の売店では、飾りカボチャが販売されていました。
中欧の旅、ウィーンからチェスキー・クルムロフへ向う途中、高速道路A1のドライブ・インでカボチャのデコレーションに出遭いました。
ヨーロッパにはハロウィンの風習はなく、秋の収穫の感謝をあらわしたデコレーションであろうと思いながらシャッターを切りました。
中欧も日本と同様に《秋の実り》の季節でありました。
a0289546_22442867.jpg


フォト:2012年10月22日
[PR]

by ryujincho | 2012-10-31 06:58 | 中欧の旅 | Comments(4)
2012年 10月 30日

『秋の実り』

先日、"Sony Tablet SGPT211JP/S"なるものを購いました。
中欧の旅でこれを携行、旅先でのブログ・チェックや書き込みなどに活用しました。

盟友、松柏木殿のブログ"Satoyama wo meguru"に、「秋の実り」と題し、栗の実が掲載されていました。
これについて、次のような遣り取りがありました。
-------------------------------------------------
Commented by 上総守 at 2012-10-21 06:22
伊予から戻り、早速の栗拾い。
自然の恵みを味わう、ですね。
ウィーンは、いま、朝の6時20分。
8時頃から、『栗拾い』に出発です。
どんな栗が拾えるか楽しみです。
上総@ウィーン
--------------------------------------------------
Commented by brompton_2006 at 2012-10-23 17:50
上総守殿
ウィーンでの栗拾いですか。
これはまたとないチャンスですね。
今頃はどこにおられるのでしょうか。
--------------------------------------------------
マイ・ブログ「上総守が行く!」に掲載した、尾道/千光寺公園からの夕景について、次のような遣り取りがありました。
---------------------------------------------------
Commented by jitetabiat 2012-10-21 19:39
尾道水道の夕景がまたことのほかすばらしい。
上から見下ろす風景、夕陽。
いいですね。
---------------------------------------------------
Commented by 上総守 at 2012-10-23 06:21
松柏木殿
あちらこちらの夕景を眺める旅。
尾道に続き、ウィーンの夕景も。
昨日、プラハに。
曇りで、夕景には出会えず。
本日は、午前、ドレスデンへ、午後、再び、プラハへ。
《昨22日は『栗拾い』が叶った上総@プラハ》
---------------------------------------------------
《昨22日は『栗拾い』が叶った上総@プラハ》の意味するところは、ちょっと話が長くなりますが、次のようなことがあったからです。
10月22日、ウィーンからチェスキー・クルムロフへの移動の途中、ドライブ・インで、アインシュペンナーなるコーヒーを飲みました。
アインシュペンナーは生クリームの入った、日本で言うところのウィンナー・コーヒーです。
因みに、ウィンナー・コーヒーという呼び方が正しければ、卵黄を入れたカイゼル・メランジェもその一種とのことです。
a0289546_1385427.jpg
カップには、栗の実のような図柄が描かれていました。
このドライブ・インはなかなか気の利いた店で、カイゼル・コーヒーが注がれたカップと同じ図柄の、新品のカップを土産に持ち帰ってもよいとのことで、この図柄のカップをゲットしたのでありました。
更に、店先には、栗の実のようなものと小動物のハリネズミやリスが飾られていて、写真にてゲットしたのでありました。
これらを称して『栗拾い』なのでありました。
a0289546_1484357.jpg
a0289546_150980.jpg
10月25日、ブダペスト市内の"漁夫の砦"近くの林を散歩している中で、栗の実のようなものを見付けました。
a0289546_1961022.jpg
a0289546_1973924.jpg
これは《栗の実》ではなく、《栃の実》でありました。
で、カイゼル・コーヒーのカップの図柄や小動物と共に飾られていた実も《栃の実》であることが判りました。
このとき、日本のトチノキの近縁種であるセイヨウトチノキがマロニエであることも実感しました。
地元のガイドさんに栃餅の話をしたところ、ハンガリーでは栃の実は食さないとのことでした。
余談ながら、ブダペストは、1873年にドナウ川を挟んだブダとペストの二つの町が合併され、ブタペストの名になったとのこと。
ドナウ川西岸の「ブダ」の名は人の名を由来とし、ドナウ川東岸の「ペスト」(発音はペシュトに近い)の名は窯を由来とするとのこと。
ブダ地区にはトチノキ(マロニエ)が多く、ペスト地区にはスズカケノキ(プラタナス)が多いとのこと。
中欧も日本と同様に《秋の実り》の季節でありました。

フォト:2012年10月22日、25日
[PR]

by ryujincho | 2012-10-30 19:10 | Comments(2)
2012年 10月 20日

"Intermission"

暫らく、行脚に出掛けて来ます。
マイ・ブログ「龍人鳥の徒然フォト日記」は、暫らく、休ませていただきます。
a0289546_18531269.jpg


フォト:2012年9月28日、尾道にて
[PR]

by ryujincho | 2012-10-20 06:00 | Comments(0)
2012年 10月 19日

『冠雪』

10月19日(金)朝、薄曇り。
"天守"から富士の方角を眺める。
これ、日課である。
薄っすらと富士の姿が見える。
新兵器の獅熊50-500mm練図を取り出す。
午前6時47分、富士の姿。
a0289546_11461762.jpg
少し、空が明るくなる。
午前7時37分、富士の姿。
a0289546_11465613.jpg
これからは、空気の澄んだ日が多くなる。
富士を拝む日も多くなろう。
パン、パン(拍手)。
[PR]

by ryujincho | 2012-10-19 12:01 | Comments(2)
2012年 10月 18日

『夜景』

a0289546_18454658.jpg


フォト:2012年9月28日、尾道/千光寺下にて
[PR]

by ryujincho | 2012-10-18 18:46 | Comments(2)
2012年 10月 17日

『路地』

a0289546_10463179.jpg


フォト:2012年9月28日、尾道にて
[PR]

by ryujincho | 2012-10-17 10:41 | Comments(0)
2012年 10月 16日

『街角』

a0289546_18225921.jpg

尾道郵便局前で、目を惹く車が止まっている。
白い jitensha ではない、四輪の方だ。
女子高生が三人、通り掛かる。
二人はお喋りに夢中で風変わりな車に見向きもしないが、もう一人は「なんか、よさげな車」という表情で、この車を見ている。
何にでも興味を持つ、これが大事だ。
この車のナンバー・プレートを見たところ、「多摩」であった。
多摩ナンバーの風変わりな車を郵便局の前に停めて、何をしてるんだろうと、ドライバーのことも気になる私であった。

フォト:2012年9月28日
[PR]

by ryujincho | 2012-10-16 18:30 | Comments(0)
2012年 10月 15日

『内海の夕暮れ』

a0289546_2352527.jpg
a0289546_2372855.jpg
a0289546_2374763.jpg
a0289546_238102.jpg


フォト:2012年9月28日17:05、17:05、17:56、18:11、尾道/千光寺公園にて
[PR]

by ryujincho | 2012-10-15 23:57 | Comments(0)
2012年 10月 14日

『下総国雲見ポタリング』

10月13日(土)、晴れ
ドラポタ藩大給守殿、伊豆守殿と共に、手賀沼~手賀川~利根町をポタする。
jitensha を漕ぎながら雲見をするのもポタリングの愉しみのひとつである。

朝、手賀沼にて。
a0289546_7192178.jpg
a0289546_719384.jpg
a0289546_720039.jpg
昼、手賀川にて。
a0289546_7202169.jpg
昼、徳満寺(利根町)にて。
a0289546_7203845.jpg
夕、利根町にて。
a0289546_7213659.jpg
夕、利根川にて。
a0289546_11171478.jpg
a0289546_11174287.jpg


フォト:2012年10月13日
[PR]

by ryujincho | 2012-10-14 07:32 | Comments(6)
2012年 10月 13日

『光芒』

a0289546_23284285.jpg
光芒。
気象現象としては、薄明光線。
光芒の外、天使の梯子、天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント光線などの呼び名があります。
「光芒」の呼び名がしっくりします。
「芒」について調べてみました。
・「芒」の下の部分の「亡」は,囲いで隠す様子を表している。
・「芒」は「のぎ」とも読み、穂先の細い毛を指す。
・また、「ほさき」とも読み、刀剣などの切先(きっさき)を指す。
・また、「ひかり」とも読み、光線の先端を指す。
・また、「くらい」とも読み、薄暗いようすを表す。
・ススキは「薄」あるいは「芒」と書き、穂先が細いことから「芒」が使われた。
今日はドラポタ藩の面々と共に、手賀沼~手賀川~利根川~利根町をポタリングすることとなっています。
「光芒」を求めて、そして、利根川河川敷の「芒」を求めて、走ってみたく思っています。

フォト:2012年10月9日、手賀大橋にて
[PR]

by ryujincho | 2012-10-13 05:51 | Comments(0)