龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥見雑記( 432 )


2017年 03月 18日

『春のかわせみ池/Part 1』

3月18日(土曜)。
晴れ、暖か。
a0289546_23495834.jpg


フォト:2017年3月18日、手賀沼西端にて
[PR]

by ryujincho | 2017-03-18 23:42 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 28日

『黒の集団、オオバン』

2月28日(火曜)、晴れ。
2月も晦日。
jitensha に跨り、日課の手賀沼に出動。
北岸でを走る。
カワセミ、コゲラ、エナガ、シジュウカラなどを鳥見。
南岸を走る。
久しぶりに、黒の集団、オオバンにカメラを向ける。
a0289546_213187.jpg
黒の集団というと、何やら強そうに聞えるが、オオバンは怖がり。
人の気配を感じると、あっという間に湖面に飛翔。
a0289546_2131568.jpg


フォト:2017年2月28日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-28 23:57 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『エナガ』

a0289546_1584095.jpg
a0289546_1585020.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:59 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『エナガ』

葦の茎を懸命に突っついている姿を4コマで。
a0289546_28225.jpg
a0289546_283551.jpg
a0289546_284956.jpg
a0289546_214928.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼北端にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『カワセミ』

カワセミ。
この日はカワセミに遭える予感が。
手賀沼南岸を走る。
カワセミには遭遇せず。
手賀沼東端を回り、北岸へ向かおうとしたとき、猛スピードで飛ぶ2羽の鳥に追い越された。
カワセミだった。

北岸を走る。
畔を猛スピードで飛ぶ鳥に追い越された。
カワセミだ。
前方の杭に止まった。
久しぶりにカワセミにカメラを向けた。
a0289546_1475468.jpg
a0289546_1481229.jpg
a0289546_148263.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:57 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『カイツブリ』

ここしばらく、鳥の正面顔コレクションをトライしている。
カイツブリの正面顔を狙ってみた。
だが、そう上手くは撮れない。
a0289546_1222689.jpg
正面顔は上手く撮れなかったが、この写真のお陰で、カイツブリの目の色による識別がベンキョー出来た。

写真のカイツブリの目(虹彩)は淡黄色。
これはカイツブリで、1年中みられる留鳥である。
目(虹彩)が赤いのは、ハジロカイツブリで、冬鳥である。
ミミカイツブリも目(虹彩)が赤く、ハジロカイツブリとよく似ているが、くちばしの先端が白いことで見分けがつく。

2017年2月14日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:56 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 14日

『ツグミ』

好きな鳥のひとつ、ツグミ。
a0289546_11404181.jpg
何故、ツグミが好きか。
それは、群れず、単独で行動しているからである。
ところが、群れないかというと、そうではなく、冬鳥として日本にシベリアから群れで渡来し、日本に着くと群れを解き、3月半ば頃になると再び群れで北へ帰る鳥なのである。

もう一枚、アップロードしておこう。
目がしっかりと撮れたので。
a0289546_11424215.jpg


フォト:2017年2月14日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:55 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 11日

『手賀沼鳥見 2017.2.11/梅にメジロ/ウメッシュ!』 tb-4

2月11日。
手賀沼鳥見。
「梅にメジロ」、前話では撮影枚数124枚中、ハイライト的に6枚をアップロードした。
それで終えようと思ったが、メジロたちがそれぞれに「ぼくもアップロードしてください」、「おいらも」、わたしも」というので、「梅にメジロ/ウメッシュ!」と題し、その続編を。

花に埋もれて、ウメッシュ!。
a0289546_0512888.jpg
ウメッシュ!三態、連続写真で。
a0289546_155787.jpg
a0289546_1113135.jpg
a0289546_1114723.jpg
頂きで、ウメッシュ!四態、連続写真で。
a0289546_1142389.jpg
a0289546_1144153.jpg
a0289546_1145530.jpg
a0289546_1201876.jpg
あっちの花蜜が甘いかな?
スウィング三態、連続写真で。
a0289546_122366.jpg
a0289546_1221670.jpg
a0289546_1222726.jpg
コゲラも花見に。
a0289546_1263056.jpg
あっちの花へ移ろうかな。
a0289546_1284691.jpg
「梅にメジロ」、撮影枚数124枚のうち、最もお気に入りの「ウメッシュ!」がこれ。
a0289546_1304740.jpg

メジロさんたち、いっぱい遊んでてくれて、サンキュー!

フォト:2017年2月11日

(完)
[PR]

by ryujincho | 2017-02-11 23:54 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 11日

『手賀沼鳥見 2017.2.11/起承転結/梅にメジロ/』 tb-3

2月11日(土曜)、晴れ。
手賀沼鳥見。
手賀沼西端、かわせみ池近くの剪定されていない雑木林的な梅林で、アトリに遊んで貰った。
南岸から東端を回り、北岸を走っている途中で、コゲラ、シジュウカラ、エナガに遊んで貰った。
今日は、オスのジョウビタキには遭えなかったなと思った瞬間、遭え、且つ、三度目の正直でカメラに収めることが出来た。

ジョウビタキのオスに遭遇したのは幸運。
幸運は更に続く。
ジョウビタキがいた近く梅の木に鳥影が。
鳥影は、勿論、梅にメジロ!
少なくとも、3、4羽はいる。
花見を楽しんでいる風の一羽。
a0289546_0153735.jpg
花に顔を突っ込んで、花蜜を味わっている一羽。
a0289546_0161095.jpg
花に埋もれて花蜜を味わっている一羽。
a0289546_016452.jpg
正調「梅にメジロ」の姿を見せてくれる一羽。
a0289546_0203812.jpg
高みから景色を楽しんでいる一羽。
a0289546_0205719.jpg
「梅にメジロ」、撮影枚数124枚のうち、最もお気に入りの写真がこれ。
題して、「ウメッシュ!」。
数年前にも使った標題だが。
a0289546_022099.jpg

この日の鳥見は、手賀沼西端、かわせみ池近くの、梅林雑木林で出会った顔なじみの Birder さんとの会話で始まった。
その中で、Birder さん曰く、「梅にメジロを狙って、ここへ来たのだが、メジロはおらず、アトリがいます」と。
この日の鳥見は「梅にメジロ」に始まり、「梅にメジロ」で終わることとなった。
起承転結(承と転は???だが...)、誠に上手く仕上がった鳥見であった。

ということで、ここで本ブログを終えたいところだが、もう少し、「梅にメジロ」を続編でアップロードしておきたい。

フォト:2017年2月11日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-02-11 23:53 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 02月 11日

『手賀沼鳥見 2017.2.11/三度目の正直/ジョウビタキ(♂)』 tb-2

2月11日。
手賀沼鳥見。
手賀沼南岸から東端を回り、北岸に入る。

昨年12月にヒクイタを撮ったスポットで jitensha をとめる。
a0289546_1441225.jpg
昨年12月、ここでヒクイナに遭遇した。
以降、ここでヒクイナに遭遇したことはなく、いつも、姿を見せてくれるのはバン。
a0289546_14422338.jpg
コゲラ。
上へ登って行こうかな、それとも...。
a0289546_175382.jpg
それとも、別の枝に飛び移ろうかな...。
a0289546_18618.jpg
シジュウカラ。
a0289546_1131959.jpg
ズームアップ。
a0289546_1161992.jpg
最近、トライしている<正面顔コレクション>を狙うも、梢に美味い餌があるのであろう、それに集中して、顔は上げてくれず。
しかし、<正面真ん丸>図もなかなか面白い姿だ。

葦の原に鳥影。
エナガだ。
a0289546_1234932.jpg
顔を見せてくださいなと念じたところ、応えてくれた。
a0289546_1282938.jpg
このあとも、手賀沼北岸遊歩道を走りながら、コゲラ、シジュウカラ、エナガに遭遇し、鳥見を楽しみながら、手賀沼公園近くまで来た。
今日は三度目の正直と思って、期待していたのだが、遭えなかったなあと思った瞬間、居た!
ジョウビタキのオスが!
a0289546_1444666.jpg
逃げないでね、ちょっと、こっちを向いてくれると嬉しいんだけど、と念じたところ、横顔を見せてくれた。
a0289546_1445727.jpg
ちょっと、移動して、且つ、ズームアップで。
でも、背中姿だ。
a0289546_150668.jpg
木に飛び移った。
レンガ色の背景がいいのか悪いのか...。
a0289546_1525961.jpg
逃げないでね、ちょっと、こっちを向いてくれると嬉しいんだけど、と念じたところ、横顔を見せてくれた。
a0289546_1534982.jpg

先日来、手賀沼北岸、里山の細道の杭で、そして、南岸の手賀大橋袂近くの葦の原で、二度、ジョウビタキのオスを撮り損ねたが、三度目の正直、遂にその姿を撮ることが叶った。
住宅地近くの遊歩道なので、背景がちょいと気に入らないが、贅沢を言っちゃいけない。

<三度目の正直記念>として、<鳥見ング図>にしてみた。
a0289546_243155.jpg
鳥見写真は「目」が大事だが、眼は黒い顔の中に埋もれてしまっている。

ジョウビタキのオスに遭遇したのは幸運。
幸運は更に続く。
ジョウビタキがいた近く梅の木に鳥影が。

フォト:2017年2月11日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-02-11 23:52 | 鳥見雑記 | Comments(0)