カテゴリ:鳥見雑記( 401 )


2016年 12月 13日

『紅葉に目白』

12月13日(火曜)。
手賀沼へポタリングに。
帰路、屋敷近くの、名残の紅葉の葉陰で鳥の動く気配が。

メジロである。
a0289546_7285646.jpg
時折、ウメにメジロは見掛けるが、モミジにメジロは初めてだ。
a0289546_7291495.jpg
メジロは甘い蜜を好むという。
ということは、メイプル・シロップを味わっているのであろうか。


フォト:2016年12月13日
[PR]

by ryujincho | 2016-12-13 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 12日

『整列』

a0289546_282094.jpg

整然と並んでいるものが好きだ。
で、標題は『整列』に。
だが、冬のスズメを見ると、どうしても、焼き鳥を思い出してしまう。
いかん、いかん、やっぱり、『整列』だ。

フォト:2016年12月12日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-12 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 12日

『北からの来訪者/ユリカモメ』

a0289546_0315914.jpg
北からの来訪者。
といっても、白鳥ではない。
手賀沼の白鳥は留鳥のコブハクチョウで、渡りはしない。
北からの来訪者はユリカモメである。
a0289546_0564315.jpg
ブログにアップしながら、護岸に居並ぶユリカモメを1羽ずつ眺めていたところ、一番奥にいるユリカモメの足に目が止まった。
鳥類標識調査のための足環が装着されている。
識別調査の結果、日本には主にカムチャッカ半島から渡って来ることが判明している、とのことである。

飛翔するユリカモメ。
a0289546_1101854.jpg
ユリカモメ、コブハクチョウ、カルガモ、オオバン。
この写真から以上の鳥が見て取れる。

目の後ろに黒い斑点。
ユリカモメの特徴のひとつである。
a0289546_113118.jpg
正面顔コレクション。
a0289546_113394.jpg
鳥ではないが、昆虫写真家、海野和男さんの、昆虫の正面顔ばかりを集めた『昆虫顔面図鑑』を写真展で見た記憶がある。
その後、雑誌『バーダー』で、野鳥の正面顔ばかりを集めた特集を見た記憶がある。
で、機会があれば、鳥の正面顔を撮り集めたいと思っていたことでもあり、ユリカモメを正面から超アップで撮ってみた。
鳥によっては、恐ろしげな正面顔もあるが、ユリカモメは、どちらかというと、カワユイ系に入れてもよいだろう。

フォト:2016年12月12日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-12 23:56 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 29日

『光に融ける』

11月29日。
手賀沼北岸。
南からの日差しに湖面が光る。
杭にじっと佇むカワウが光に融ける。
a0289546_66781.jpg


フォト:2016年11月29日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-29 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 29日

『ミサゴじゃなさそうだな』

11月29日。
手賀沼東端。
ミサゴを見掛けるポイントで上空を見上げる。
おっ、ミサゴ?
いや、色からしてミサゴじゃなさそうだな。
a0289546_5431854.jpg
念のため、拡大<鳥見ング>図で、確認。
トビである。
a0289546_550610.jpg


フォト:2016年11月29日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-29 23:57 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 25日

『エナガ』

11月22日。
手賀沼へ鳥見に。
久しぶりに<獅熊くん>を連れて。

枝かぶりの梅林で鳥の動く気配が。
エナガの群れだ。
枝かぶりと悪戦苦闘するも、エナガにいっぱい遊んで貰った。
a0289546_7354282.jpg
a0289546_1155564.jpg
a0289546_1243089.jpg


フォト:2016年11月22日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-25 09:01 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 24日

『足指に注目!』

a0289546_7294081.jpg
細い杭にとまるとき、コサギはこんな風に足指を使っているのだ。

フォト:2016年11月22日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-24 12:03 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 24日

『水滴』

カンムリカイツブリ。
もぐり始めるときはカメラに捉えることは出来ても、水中から何処に現れるかは予測がつかず、と水面から浮き上がったところを撮るのは至難の業。
ということで、水中から浮き上がって来たばかりであるという証しとして、くちばしの先の水滴を。
a0289546_13265834.jpg
見えないって?
では、拡大<鳥見ング>図を。
a0289546_13271369.jpg


フォト:2016年11月22日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-24 12:02 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 24日

『サンクチュアリ/白組と黒組』

a0289546_751634.jpg

白組は、カンムリカイツブリ、ユリカモメ、コサギ x 各1羽。
黒組は、カワウ x 7羽。

フォト:2016年11月22日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2016-11-24 12:01 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 11月 23日

『タゲリ(Ⅴ)』

11月22日。
手賀沼へ鳥見に。
久しぶりに<獅熊くん>を連れて。

タゲリ。
a0289546_22575512.jpg


フォト:2016年11月22日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-23 23:05 | 鳥見雑記 | Comments(0)