龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥見雑記( 432 )


2013年 06月 04日

『子カワセミの季節/2013.05.31』

5月中旬から下旬に掛けて、スロヴェニア、クロアチア、ボスニア=ヘルツェゴビナ、モンテネグロのバルカン4ヵ国を旅した。
5月31日、旅行中も気になっていたカワセミの様子を見に、手賀沼西端のカワセミ・スポットへ出掛けてみた。
5月16日以来、久し振りのことであり、幼鳥がそろそろ活動し始めているのではないかとの期待もあって、下見がてら《多無論くん》を連れてカワセミ・スポットへ出掛けたのであった。

11時過ぎ、カワセミ・スポットに到着。
毎度のことながら、ギャラリーさんが大勢。
数えてみたところ、11名。
全員、同じところへカメラを向けている。
ということは、カワセミが来ているのだ。
ラッキー!
早速、カワセミを眺める。
a0289546_1354431.jpg
色が黒ずんで見える。
光線の加減ではない。
幼鳥だ!
子カワセミを見るのは初めてのことだ。
ドキドキする。
a0289546_13595975.jpg
止まり木に止まっている時間は短い。
右の止まり木、左の止まり木へとせわしなく動き回る。
幼鳥の習性なのかもしれない。
親鳥は見当たらない。
ギャラリーさんの話によると、幼鳥は1週間くらい前から現れたとか、昨日から動きが活発になって来たとか情報は錯綜している。
親鳥はいない。
採餌の方法をいつ教えたのかは分からない。
既に縄張りを子供に譲ったのではないかとも。
30分ほどして、幼鳥はダイビング。
カワセミの習性として、ダイビングをしたら、元々、止まっていたところへ戻るのだが、この幼鳥はそうではなく、別の枝へ。
ファインダーを覗きながら探したところ、近くの止まり木に止まっていた。
a0289546_1405531.jpg
嘴が光っている。
何と、小魚をくわえているではないか。色は幼鳥ながら、小魚を加える姿はカワセミそのものだ。

これまで親カワセミが大いに楽しませてくれたカワセミ・スポットは、これから、子カワセミが、益々、楽しませてくれるだろう。

フォト:2013年5月31日(一部、トリミング加工)
[PR]

by ryujincho | 2013-06-04 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 16日

『カワセミ日記/2013年4月28日(2)』 kf-9

カワセミ色を楽しんだあと、カワセミ・ショーの舞台中央の横Y字の枝にカワセミさん(♀)が現れた。
4月23日以来、ご無沙汰している餌の受け渡しシーンが見られるのではないかとの予感がする。
a0289546_11261960.jpg
カワセミくん(♂)が現れた。
a0289546_11263953.jpg
後ろ向きで止まり木に。
餌をくわえているのかな?
a0289546_11265524.jpg
カワセミくんの嘴に光るものがある。
a0289546_1127994.jpg
小魚をくわえている。
ドキドキする。
前回はこちらがキンチョーし過ぎて、受け渡しの一瞬を撮り損ねた。
今回はリラックス、リラックスと自ら言い聞かせて...。
a0289546_11273267.jpg
a0289546_11274673.jpg
a0289546_1128125.jpg
a0289546_11281856.jpg
a0289546_11283531.jpg
a0289546_11285275.jpg
胸そらし。
a0289546_11291399.jpg
飲み込んだ。
その隣りで、更に胸そらし。
a0289546_11301757.jpg
更に、チョー胸そらし。
a0289546_11305131.jpg
胸そらし、完了。
a0289546_11312867.jpg

カワセミくんは何処かへ飛び去り、カワセミさんが残る。
a0289546_11321317.jpg
カワセミさんが一羽、残る横Y字の枝の舞台を遠望する。
a0289546_1134946.jpg
二度目にして、受け渡しの瞬間を捉えることが出来た。
大満足!

この後も、連日、カワセミ・スポットに通うこととなるが、餌の受け渡しの瞬間を捉えることが出来たことでもあり、カワセミ日記は、一先ず、閉じることとしたい。

フォト:2013年4月28日

(一先ず、完)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-16 12:12 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 16日

『カワセミ日記/2013年4月28日(1)』 kf-8

4月28日(日)、午後からカワセミ・スポットに出掛けた。

前日は「カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える。これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理である」を楽しんだ。
今日も、先ず、カワセミ色から楽しむことにした。
濃紺。
a0289546_10535047.jpg
コバルト色。
a0289546_10543930.jpg
紺色とコバルト色。
a0289546_10554682.jpg
鉄塔の赤白を背景に、カワセミくん(中央)とカワセミさん(右下)の姿。
a0289546_1113728.jpg
カワセミ色を楽しんだあとは、弧を描いた、細い、細いヤナギの枝に止まるカワセミくんを楽しむ。
a0289546_11450100.jpg
カワセミ・ショーの舞台中央の横Y字の枝にカワセミさん(♀)が現れた。
a0289546_1181660.jpg
a0289546_1184116.jpg
リフレクション。
a0289546_119138.jpg
4月23日以来、ご無沙汰になっている餌の受け渡しシーンに出遭えそうな予感がする。

フォト:2013年4月28日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-16 12:01 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 16日

『カワセミ日記/2013年4月27日』 kf-7

4月27日(土)。
午前中から所用あり。
カワセミ・スポットへ行きたくて行きたくてたまらないが、仕方がない。
所用を終え、夕方3時過ぎからカワセミ・スポットに出掛けた。

既に、正面舞台の枝にカワセミさん(♀)が現れていた。
a0289546_6222462.jpg
誰かを待っているかの如く、背伸びして遠くを見るような仕草がカワユイ。
a0289546_624679.jpg
後ろ姿。
カワセミ色を見てちょうだいと言わんばかりに。
a0289546_6272276.jpg
翼は濃紺、翼と翼の間から見える背中はカワセミ色とも言える鮮やかな水色。

真横から見るとカワセミ色が全く見えないときもある。
a0289546_6463529.jpg
しかし、両翼も含め、全体がカワセミ色に見えるときもある。
調べてみた。
-----------------------------------------
カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える。
これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理である。
(出典/ウィキペディア)
-----------------------------------------
納得!

ヤナギの木に止まるカワセミくん(♂)。
背中の青色もきれいだが、胸や腹のオレンジ色もきれいだ。
a0289546_656693.jpg
赤い足もカワユイ。
それにしても、ヤナギの木にはもっと止まり易い枝がいっぱいあるのに、何でまた、こんな枝に止まっているのだろう?と思わせる止まり方である。
この赤い、可愛らしい足の構造からして、容易にこういう枝でも止まれるのだろう。

この日は出だしが遅かった。
午後3時過ぎに来て、既に5時を回った。
帰ろうかなと思ったそのとき、カワセミさん(♀)が現れた。
少し待ったところ、カワセミくん(♂)も現れた。
カワセミさんは嘴を開き、餌のおねだりをしているようだが、カワセミくんは、懸垂遊び(?)に忙しく、全く意に介さず、の図。
a0289546_76075.jpg
どちらも左を向く、の図。
a0289546_763077.jpg
どちらも右を向く、の図。
a0289546_771193.jpg
遠く、夕陽を眺めているような「どちらも右を向く、の図」は、お気に入りのショットのひとつに入れておこう。

フォト:2013年4月27日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-16 07:07 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 15日

『カワセミ日記/2013年4月26日(2)』 kf-6

通っているカワセミ・スポットには、大小ふたつの池がある。
小さい池で小魚をくわえたカワセミくんと遊んだ。
カワセミくんは小魚を飲み込んだあと、何処かへ飛び去ったので、大きな池へと移動。
♪ 小魚くわえたカワセミ 追っ掛けて...♪ と口ずさみながら。
サザエさんの主題歌 ♪ お魚くわえたドラ猫 追っ掛けて...♪ の替え歌である。
勿論、頭の中での口ずさみである。
ええ年をしたおっさんが斯様な替え歌を声を出して歌いでもしたら、それこそ阿呆である。
頭の中で歌っても阿呆かもしれないが...。

大きな池に移動すると直ぐにカワセミくん(♂)が登場。
彼の大好きな止まり木のひとつ、ヤナギの枝に止まった。
a0289546_18372626.jpg
暫らくすると、ヤナギの枝から、これも大好きな止まり木である横Y字の枝へ。
この横に伸びたY字の枝がカワセミ・ショーの舞台中央である。
a0289546_1842262.jpg
a0289546_18424812.jpg
この舞台中央にカワセミさん(♀)が登場するのではないかと期待するも、カワセミくん(♂)は右手の高い梢へ。
a0289546_18474084.jpg
a0289546_1848230.jpg
カワセミくん(♂)は、再び、舞台中央、横Y字の枝へ。
a0289546_1184296.jpg
暫らくすると、カワセミさん(♀)も登場。
a0289546_120117.jpg
カワセミくんはカワセミさんへプレゼントする餌はくわえていない。
ダイビングして採餌するのかと思いきや、やおら、「釣りバカ日誌」風に申せば《合体》に。
a0289546_1234795.jpg
a0289546_1241766.jpg
a0289546_124319.jpg
a0289546_1245579.jpg
a0289546_1251145.jpg
カワセミくん(♂)は何処かへ飛び去り、カワセミさん(♀)だけが残る。
a0289546_1253437.jpg
暫らくすると、カワセミくん(♂)が戻って来た。
餌はくわえていない。
a0289546_1305975.jpg
暫らくすると、二羽とも何処かへ飛び去った。

カワセミのダイビングや飛翔は高速だ。
ゆっくりとした動きで、且つ、大きな被写体の、ハクチョウやサギ類の飛翔を撮るのとは訳が違う。
手持ちで、ダイビングや梢から梢への飛翔する姿を撮り切るのはなかなか難しい。
何とか撮れているなあと思われるものが二葉あった。
記録として掲載しておこう。
ムラサキサギゴケとタンポポ(?)の絨毯を背景に飛び上がる姿。
a0289546_136470.jpg
梢から梢へ飛翔する姿。
a0289546_1405089.jpg
高速で飛翔する姿を撮り切るには、三脚と高性能の雲台、そして、照準器の装備が必要となってくる。
《狩猟民族》的スタイルに固執するか、《農耕民族》的スタイルに変身するか、悩むところである。
ダイビングしたとき、元、居た場所に戻るのがカワセミの習性だ。
三脚を立て、カワセミが止まっているところにピントを合わせておけば、ダイビングから戻る姿が撮れるだろう。
先ずは、三脚だけは携行し、この手法をトライしてみようと思う。

フォト:2013年4月26日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-15 02:24 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 14日

『カワセミ日記/2013年4月26日(1)』 kf-5

カワセミ・スポットに通い始めると、毎日、カワセミに会いたくなる。
朝から出掛ける。
カワセミの姿が濃いスポットながら、少しは待たねば現れないこともある。
そんなときはほかの鳥の声や姿を楽しむ。
カワセミ・スポットには、大小ふたつの池がある。
小さな池の脇の木立で鳥の影が見える。
ツグミが木の幹をついばんでいた。
コゲラかと思わせるような姿だ。
a0289546_1049236.jpg
小さな池の脇でツグミと遊んでいると、その小さい池にカワセミくんが現れた。
a0289546_10534323.jpg
ダイビング!
小魚、キャッチ!
a0289546_1058385.jpg
小魚を飲み込んで、何事もなかったかの如く、澄まし顔。
a0289546_1102875.jpg
梢に止まる姿もなかなかよいが、石垣に止まるのも、これまた、よい姿だ。

フォト:2013年4月26日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-14 11:10 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 13日

『カワセミ日記/2013年4月25日』 kf-4

4月25日、前々日に続き、カワセミ・スポットに出掛けた。
今回は、前々日に見たカワセミ・ショー《小魚の受け渡しの巻》を見ることは出来なかったが、お気に入りの、あちらの枝、こちらの枝へと止まるカワセミの姿を楽しんだ。
題して、カワセミ・ショー《止まり木の巻》。
a0289546_1817225.jpg
a0289546_1817546.jpg
a0289546_18181247.jpg
a0289546_1819573.jpg
a0289546_18235234.jpg
a0289546_18244639.jpg
a0289546_18251815.jpg
a0289546_18274630.jpg
a0289546_18301626.jpg
a0289546_18304168.jpg
a0289546_18311955.jpg
a0289546_18315294.jpg

カワセミくんに、《止まり木の巻》で、その姿をじっくりと楽しませて貰った。

フォト:2013年4月25日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-13 22:57 | 鳥見雑記 | Comments(2)
2013年 05月 12日

『カワセミ日記/2013年4月23日(3)』 kf-3

カワセミさんの止まる枝に、下手から、カワセミくんが登場。
カワセミくんの口に光るものが見える。
光っているものは、カワセミさんへプレゼントする小魚である。
前日夕方の散歩の際、餌の受け渡しに遭遇したが、カメラを持っての遭遇に何だかドキドキする。
ドキドキしながら、次の動作に集中...。
a0289546_419306.jpg
a0289546_42139.jpg
a0289546_4212043.jpg
小魚を渡すのかと思いきや、カワセミくんはカワセミさんの後ろを通り過ぎ、枝の上手の方へ止まる。
a0289546_4215362.jpg
枝の上手の方から、再び、受け渡しの仕草に。
a0289546_4261943.jpg
カワセミさんは、科(しな)を作るが如きに体を捻じ曲げ、直ぐに小魚を貰おうとはしない。
a0289546_4333436.jpg
受け渡しに入りそう。
a0289546_4353260.jpg
再び、カワセミさんは科を作るが如き仕草を。
a0289546_4371140.jpg
今度は受け渡しに入りそう。
a0289546_4381141.jpg
カワセミさんは嘴を広げ、小魚の受け渡し態勢に。
a0289546_4402349.jpg
カワセミくんがカワセミさんとの距離を縮める。
愈々、受け渡しだ。
a0289546_4405343.jpg
受け渡し!
あっ、ピントが外れた!
愈々、受け渡しだと思った瞬間、カメラを持つ手に変な力が入ってしまった!

カワセミさんの口にカワセミくんからのプレゼントの小魚が光っている。
カワセミくんは、受け渡しの成功を誇るが如くに、胸を張っている。
a0289546_4483945.jpg
カワセミさんの喉の白い部分が膨れている。
呑み込んだ小魚が喉を通っているところだ。
カワセミくんは、変らず、胸を張っている。
a0289546_4522956.jpg
カワセミくんは何処かへ飛び去った。
カワセミさんは同じ場所に。
再びの餌のプレゼントを待っているのだろう。
a0289546_4551926.jpg
餌の受け渡しをしっかり観察することが出来た。
そして、餌の受け渡しの瞬間は捉え損ねたが、一連の動作をカメラに収めることが出来た。
次回、注意せねばならないことは、餌の受け渡しの瞬間に至りそうになってもキンチョーしないこと、カメラの前の植え込みの葉の揺れに留意すること(写真の右側に葉の揺れが被っている)の二点である。

次回が楽しみだ。

フォト:2013年4月23日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-12 05:12 | 鳥見雑記 | Comments(2)
2013年 05月 11日

『カワセミ日記/2013年4月23日(2)』 kf-2

カワセミくん(♂)が左右の梢を行ったり来たりする中、カワセミさん(♀)が舞台中央に登場。
a0289546_794041.jpg
カワセミさん、舞台中央に登場するも、左を見たり、右を見たりと落ち着かず。
a0289546_18235381.jpg
a0289546_1824117.jpg
左右をキョロキョロのあと、突如、ダイビング。
採餌ではなく、水浴びだ。
a0289546_18255023.jpg
手持ちで、且つ、ファインダーを覗きながら、ダイビングを撮り切るのは難しい。
超ピンアマ(というよりもピンボケが正しいかも)だが、池の畔に紫の絨毯の如くびっしりと咲いているムラサキサギゴケと共に撮れたことでよしとしよう。

水浴びダイビングのあと、止まっていた枝に戻り、羽繕いを始める。
a0289546_18283797.jpg
a0289546_182958.jpg
a0289546_18293185.jpg
こうした動作を二度ほど繰り返す。
そこへ下手からカワセミくんが登場する。
a0289546_18311064.jpg
カワセミくんの口に光るものが見える。
光っているものは、カワセミさんへプレゼントする小魚である。
前日夕方の散歩の際、餌の受け渡しに遭遇したが、カメラを持っての遭遇に何だかドキドキする。
ドキドキしながら、次の動作に集中...。

フォト:2013年4月23日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-11 19:15 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2013年 05月 10日

『カワセミ日記/2013年4月23日(1)』 kf-1

4月20日、南国さんと手賀沼南岸を走っていたところ、ハス群生地近くで、枯れた葦の茎に止まっているカワセミを見た。
南国さんは、カワセミが出迎えてくれたと大いに喜んだ。
携行していたカメラはコンデジであったので、場所の記録としてカメラに収めた。

4月22日、夕方の散歩に出掛けた。
自宅から3kmばかり離れたところにあるカワセミ・スポットに行ってみた。
到着した途端に、餌の受け渡しの光景に遭遇した。
ぶらっと出掛けた散歩であったので、カメラは携行していなかった。
ここ暫らくは、キジの姿を追い、母衣打ち、番(つがい)、飛翔などの光景を見たことでもあり、この日を境に、キジからカワセミに宗旨替えすることにした。

翌23日、《獅熊くん》を携えて、前日、餌の受け渡しを見たカワセミ・スポットへ出掛けた。
このカワセミ・スポットは以前からギャラリーが集まるスポットである。
小生は三脚を立てて一ヶ所にじっと留まって鳥を待つ《農耕民族》的スタイルではなく、jitensha で走りながら探鳥する《狩猟民族》的スタイルなので、このスポットでじっと待ったことはなかった。
今回は性根を据えてカワセミの登場を待つつもりであった。

半時間ばかり待ったところ、カワセミくん(♂)が登場した。
舞台に例えれば、下手からの登場であった。
カワセミ・ショーの始まりである。
a0289546_28844.jpg
暫らくは、下手にある木立の梢から梢へと渡り飛び、様子を窺っているようだ。
a0289546_292697.jpg
暫らくすると、下手から上手へ渡り飛び、梢に止まり、様子を窺っているようだ。
a0289546_21415.jpg
暫らくすると、再び、下手の梢に。
忙しいことだ。
a0289546_2181737.jpg
暫らくすると、再び、上手へ。
先ほど、止まっていたのと同じ枝に止まる。
几帳面な鳥だ、いや、この枝がダイビングに適しているのであろう。
a0289546_2301950.jpg
再び、下手へ。
じっと池の様子を窺う。
a0289546_2324097.jpg
舞台中央にカワセミさん(♀)が登場。
a0289546_2341353.jpg
さて、どのような展開となっていくのであろうか...。

フォト:2013年4月23日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2013-05-10 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)