カテゴリ:鳥見雑記( 401 )


2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/ホシハジロ』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。
手賀沼北岸で、ジョウビタキ、モズ、ヒクイナたちに遊んで貰った。
反時計回りで北岸から南岸へと思っていたが、小春日和に誘われて、北岸からから手賀川へ。

頭の茶色いカモを眺める。
ヒドリガモと思い込んで、眺める。
a0289546_21452599.jpg
アップで撮る。
a0289546_2147550.jpg
ウン?目が赤いそ。
ヒドリガモじゃないぞ。
ホシハジロであった。

フォト:2016年12月19日、手賀川にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:56 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/気取り屋、カンムリカイツブリ』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。
手賀沼北岸で、ジョウビタキ、モズ、ヒクイナたちに遊んで貰った。
反時計回りで北岸から南岸へと思っていたが、小春日和に誘われて、北岸からから手賀川へ。

カンムリカイツブリ。
いつ見ても、その泳ぐ姿は気取っているように思えてならない。
a0289546_2172917.jpg
気取って、見事な正三角>形を形作る。
a0289546_2173957.jpg
その正三角形を拡大<鳥見ング>図で。
a0289546_21183743.jpg


フォト:2016年12月19日、手賀川にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:55 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/ユリカモメ/飛翔二体、着水一体』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。
手賀沼北岸で、ジョウビタキ、ヒクイナ、モズたちに遊んで貰った。
反時計回りで北岸から南岸へと思っていたが、小春日和に誘われて、北岸からから手賀川へ。

ユリカモメ。
飛翔/その1。
a0289546_11423634.jpg
飛翔/その2。
a0289546_11491568.jpg
着水。
a0289546_12133699.jpg
a0289546_12134852.jpg
a0289546_12141679.jpg
着水3枚目の様子を、拡大<鳥見ング>図で。
a0289546_1215264.jpg
ええ水飛沫を立てとるなあ...。

フォト:2019年12月19日、手賀川右岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:54 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/初お目見え、ヒクイナ』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。

手賀沼北岸の休憩所で jitensha を止め、植え込み越しに、畔の茂みに目を遣る。
ウン?何かいる。
何だ、この鳥は?見慣れぬ鳥だな。
a0289546_7132388.jpg
オオバンでも、バンでもない。
こっちを向いて頂戴、と念じると、顔を見せてくれた。
a0289546_7151373.jpg
a0289546_7153178.jpg
a0289546_7155745.jpg
a0289546_71652.jpg
写真データで撮影時刻を見ると、1枚目は11:05:32、5枚目は11:05:37となっている。
姿を見せてくれたのは、時間にして僅か5秒、あっという間に茂みの中に消えて行った。

図鑑で、クイナ科の鳥に目を通す。
ヒクイナ(漢字表記:緋水鶏)と判明。
小生にとっては、初お目見えの鳥であった。

フォト2016年12月19日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:53 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/モズ、<百舌>というだけあって』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は時計回りで一周したので、今日は反時計回りで。

北岸を走っていたところ、ゲー、ゲーと蛙が鳴くような声が聞こえる。
ははーん、これはモズの声だなと思い、鳴き声のする方に目を遣る。
枝の向こうで隠れるようにして鳴いているモズを発見!
a0289546_6435450.jpg
モズの漢字表記は「百舌」、「百舌鳥」。
これは、様々な鳥の鳴き声を真似て鳴くこと、即ち、「百の舌を持つ鳥」ということに由来する。
鳥の声の鳴き真似をするということだが、蛙の声の真似もするのだろうか。
モズの「はやにえ」の中に蛙の姿もあるので、蛙の姿のみならず、蛙の声も知っているのかもしれない。

フォト:2016年10月19日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:52 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 19日

『冬の鳥見 2016.12.19/ジョウビタキ、伊藤若冲風に』

12月19日(月曜)。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。
前日は反時計回りで一周したので、この日は時計回りで。

手賀沼北岸、「水の館」前広場の木立に鳥影が。
ジョウビタキだ!
ここ、2、3年、手賀沼周辺は鳥影が薄く、ジョウビタキを見たのは久方ぶりである。
a0289546_5152866.jpg
a0289546_5224816.jpg
a0289546_523813.jpg
羽を広げる。
a0289546_6172282.jpg
飛び去るのかと思ったら、然に非ず。
少し羽を広げ、バランスを取りながら、伸びをして木の実を食べようとしているのであった。

その姿を、伊藤若冲風に<鳥見ング>してみた。
a0289546_6175862.jpg

久方ぶりにジョウビタキに出遭ったことで満足すべきところながら、次は是非、オスのジョウビタキに出遭いたいと欲張りなことを思うのであった。

フォト:2016年12月19日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-19 23:51 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 18日

『冬の鳥見 2016.12.18/モズ』

12月18日(日曜)、晴れ。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。

手賀沼西端で、アトリとカワセミに遊んで貰い、南岸を走る。
南岸では、特に収獲はない。
東端を回り、北岸を走る。
エナガの群れに遭遇。
そこへ「俺さまの縄張りに入るな!」と言わんばかりにモズが現れ、エナガたちは別の木へ。
根性あるエナガが1羽だけ、モズの脅しに屈せず、残って、遊んでくれた。

そのモズは、縄張り監視か、はたまた、獲物を狙ってか、別の木に移る。
監視の姿勢。
a0289546_4461976.jpg
やや、前傾に。
a0289546_4463190.jpg
地上の獲物狙いの姿勢に。
a0289546_4471986.jpg
地上に向け、飛び降りるかと思いきや、向きを変えて。
a0289546_4541156.jpg
結局、地上には飛び降りなかった。
モズが獲物を捕らえる場面を見てみたいなあ、撮ってみたいなあ...。

フォト:2016年12月18日
[PR]

by ryujincho | 2016-12-18 23:54 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 18日

『冬の鳥見 2016.12.18/根性のあるエナガ』

12月18日(日曜)、晴れ。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。

手賀沼西端で、アトリとカワセミに遊んで貰い、南岸を走る。
南岸では、特に収獲はない。
東端を回り、北岸を走る。
先ほどまでの晴れが曇り空に。
そんなとき、エナガの群れに遭遇。

今シーズンはエナガを見る機会が多いなあ、嬉しいなあと思いながら、カメラを向ける。
そこへモズが飛んで来た。
それに驚いたエナガは別の木へ一目散に逃げる。
だが、根性のあるエナガもいる。
1羽だけ残ったエナガを撮る。
いまひとつの写真だが、根性のあるエナガに敬意を表して、採用!
a0289546_0522371.jpg
こちらは根性のないエナガ。
a0289546_112157.jpg
根性なしさんをアップで。
アップで見ると、根性なしには見えないのだが...。
a0289546_11254100.jpg
こちらが、エナガを脅かしたモズ。
「俺さまの縄張りに入るな!」と威張っている。
a0289546_114532.jpg

フォト:2016年12月18日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-18 23:53 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 18日

『冬の鳥見 2016.12.18/カワセミ』

12月18日(日曜)、晴れ。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。

手賀沼西端、かわせみ池。
いつもは、ちょこっとだけ、かわせみ池の畔に留まり、カワセミの出を待つのだが、久しぶりに、<狩猟民族>から<農耕民族>となり、じっと佇み、カワセミの出を待つ。
1時間ほどでカワセミ、登場。
a0289546_0311024.jpg
カワセミの元気な姿を見れば、それで安心。
<狩猟民族>に転じて、jitensha に跨り、次の鳥見に。

フォト:2016年12月19日、かわせみ池にて。
[PR]

by ryujincho | 2016-12-18 23:52 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2016年 12月 18日

『冬の鳥見 2016.12.18/梢、高く、アトリ』

12月18日(日曜)、晴れ。
jitensha に跨り、手賀沼へ鳥見に出動。

梢、高く、5羽の鳥。
アトリのようだ。
a0289546_092342.jpg
a0289546_010162.jpg
a0289546_0125178.jpg
<鳥見ング図>。
アトリと判定。
a0289546_0132355.jpg


フォト:2016年12月19日、手賀沼西端にて
[PR]

by ryujincho | 2016-12-18 23:51 | 鳥見雑記 | Comments(0)