龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥見雑記( 427 )


2017年 05月 29日

『カイツブリ・ファミリー 2017.5.29(Ⅲ)/背中に乗っかって』 kt-3

5月29日(月曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。
一昨日、雛を背中に乗せたカイツブリ親子に出遭った。
昨日、また、遭えるかと思い、出掛けたが、空振りだった。
で、今日、また、遭えるだろうとの期待を持って出掛けた。

カイツブリの親子が泳いでいる。
雛が親の背中に乗ってくれれば、ラッキーと思いながら、暫く、親子を見つづける。
雛は親の背中に乗りたがっているような仕草を見せるが、親鳥は甘やかすことなく、背中には乗せず、遊泳練習をさせている。
かなり長く、遊泳練習が続いた。
親鳥は「はい、泳ぎの練習はここまで!」と合図をしたのか、遂に雛が親の背中に乗っかった。

「雛、親鳥の背中に乗っかるの図」。
写真5葉とその<鳥見ング>版の都合10葉にて、その模様を。
a0289546_1215528.jpg
<鳥見ング>図。
a0289546_122582.jpg
親鳥は雛を背中に乗せ、東から西へと泳いで行く。
a0289546_964159.jpg
<鳥見ング>図。
先ほどまで雛は進行方向に向いていたが、今度はこちらを向いている。
この<鳥見ング>で、雛が親鳥の背中にどうやって乗っかっているのかがよく分かる。
雛は親鳥の翼の中に入って、翼の隙間から顔を出しているのであった。
a0289546_965341.jpg
西へ、西へと泳ぎ進み、杭を通過。
a0289546_924541.jpg
<鳥見ング>図。
この角度から見ると、親鳥が翼を少し立てて、その中に雛が入り込んでいるということがよく分かる。
a0289546_925432.jpg
反対側(西側)の杭に近づく。
a0289546_937820.jpg
<鳥見ング>図。
完全にリラックスしている雛。
親鳥の背中は、ねんねこの如し、暖かいのだろう。
a0289546_9371749.jpg
西側の杭を通り過ぎることなく、杭の手前で<停泊>。
雛は、親の背中で、ねんねこに包まれ、眠ってしまったようである。
a0289546_9514839.jpg
<鳥見ング図>。
a0289546_9522587.jpg

三脚なしの手持ち望遠は手振れ、ブレ、ブレ、更に、腕もワルイで、写りはいまひとつだが、カイツブリ親子の2017年初夏の記録として...。

フォト:2017年5月29日、手賀沼にて

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-29 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 29日

『カイツブリ・ファミリー 2017.5.29(Ⅱ)/水浴び』 kt-2

5月29日(月曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。
前々日に続き、カイツブリの親子に遭遇。
雛を親の背中に乗ってるいる姿を期待するも、いつも、いつもその姿を見られるとは限らない。
じっと、岸から親子の様子を眺めているとこんな姿を見ることが出来た。

子育て中とはいえ、身だしなみに余念のない、カイツブリのおっかさん。
a0289546_1572994.jpg


フォト:2017年5月29日、手賀沼、<鳥見ング>加工にて

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-29 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 29日

『カイツブリ・ファミリー 2017.5.29(Ⅰ)/遊泳練習』 kt-1

5月29日(月曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。
一昨日、雛を背中に乗せたカイツブリ親子に出遭った。
昨日、また、遭えるかと思い、出掛けたが、空振りだった。
で、今日、また、遭えるだろうとの期待を持って出掛けた。

いた、いた、カイツブリの親子が泳いでいる。
雛が親の背中に乗ってくれれば、ラッキーと思いながら、鳥見をつづける。

優しげに雛を見つめる親、甘えたように親を見つめる雛。
a0289546_1133177.jpg
雛が親に近づいて行く。
背中に乗るかな、乗るかな、と期待して、眺める。
a0289546_113406.jpg
a0289546_1164358.jpg
a0289546_117867.jpg
乗らずに親子は離れてしまった。
a0289546_1184694.jpg
再び、親子で泳ぎ出した。
遊泳練習中なのであろう。
a0289546_1203132.jpg
親は愛情たっぷりだが、甘やかすことなく、育てているようである。

岸に立ち、カイツブリの親子を見続ける。

フォト:2017年5月29日、手賀沼にて

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-29 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 28日

『オオヨシキリ 2017.5.28(Ⅲ)』

5月28日、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。

オオヨシキリ。
さあ、鳴くよ、鳴くよ。
a0289546_16494223.jpg
嘴を少し開いて。
a0289546_16495728.jpg
嘴を大きく開いて、ギョシ、ギョシ、ギョシ。
a0289546_16501948.jpg
で、ちょっと、一服。
a0289546_16503154.jpg


フォト:2017年5月28日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-28 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 28日

『オオヨシキリ 2017.5.28(Ⅱ)』

5月28日、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。

オオヨシキリ。
a0289546_1752472.jpg
a0289546_1754129.jpg
a0289546_1755240.jpg
a0289546_176313.jpg
a0289546_1761250.jpg
a0289546_1762284.jpg


フォト:2017年5月28日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-28 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 28日

『オオヨシキリ 2017.5.28(Ⅰ)』

5月28日、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。

オオヨシキリ。
気持ちのいいくらいに、大きく、くちばしを開けて鳴く。
a0289546_15541330.jpg
喉の奥が見えんばかりに、大きく、くちばしを開けて鳴く。
a0289546_15552244.jpg


フォト:2017年5月28日、手賀沼南岸にて(トリミング)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-28 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 27日

『手賀沼上空雲龍図』

5月27日(土曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。

途中から、今にも龍が現れそうな雲行きに。
a0289546_1301119.jpg
顔馴染みの BIDERさんも愛機を構え、龍の出現を待つ。
a0289546_1302896.jpg
暫くすると、再び、晴れに。
龍は現れなかった...。

フォト:2017年5月27日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-27 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 27日

『カイツブリ・ファミリー 2017.5.27(Ⅱ)』

5月27日(土曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。
カイツブリの親子に出会う。

先ほどまで、親鳥の背中に乗っかっていた雛は独りで泳ぎ出した。
親のあとを追いかけながら。
a0289546_1150186.jpg
雛は「もう一度、背中に乗せてくれよぉ」と親の背中に乗りそうになるが...。
a0289546_11524910.jpg
「だめ、だめ、自分で泳ぎなさい」といわれてしまったよう。
写真の写りがよろしくなく、不鮮明ながら、雛は<沈没>しそうになっている?
a0289546_1154044.jpg
雛は気を取り直して泳ぎ始めた。
親鳥は振り返って、雛の様子を見ている。
a0289546_11585164.jpg
もう一度、背中に乗せてやるのかと思ったが、甘やかしはしなかった。
背中に乗って欲しいのは、こちとらの<鳥見写真>的に、との思いだけで、親鳥には親鳥の教育方針があるのだ。

フォト:2017年5月27日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-27 23:33 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 27日

『カイツブリ・ファミリー 2017.5.27(Ⅰ)』

5月27日(土曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。
カイツブリの親子に出会う。

親鳥は雛を背中に乗せて。
a0289546_1814732.jpg
雛は親鳥の背中から降りて遊泳。
a0289546_18145086.jpg


フォト:2017年5月27日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-27 23:32 | 鳥見雑記 | Comments(0)
2017年 05月 27日

『オオバン・ファミリー 2017.5.22 & 5.27』

5月22日、手賀沼で鳥見。
オオバンの親子に出遭う。
a0289546_17533247.jpg
オオバンの雛。
a0289546_17544823.jpg
雛の額板は赤いが、成長するにつれ、白色に。
いつも、この変化を観察して行こうと思うも、そうしたことに遭遇したことは皆無。

5月27日、手賀沼で鳥見。
再び、オオバン・ファミリーに出遭った。
a0289546_17575027.jpg
オオバンの雛たち。
a0289546_18322316.jpg
赤い額板に加え、弁足(木の葉形状の水かき)にも注目。
a0289546_18323587.jpg
雛の額板が成長するにつれ、赤から白色に変化していくところを観察したいといつも思うのだが、そうした姿に遭遇したことは未だ一度もない。
さて、今年は?

フォト#1、#2:2017年5月22日、手賀沼にて
フォト#3、#4:2017年5月27日、手賀沼にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-27 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)