龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:江戸川ポタ/矢切~水元( 9 )


2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/業平山南蔵院(下)』 ed-9

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、江戸川左岸の「矢切の渡し」、「野菊の墓文学碑」をめぐる。
野菊の墓文学碑の傍で「国府台合戦地跡」を<新発見>というおまけもあり、これだからポタリングは止められないと改めて思うのであった。
江戸川左岸から新葛飾橋を渡り、江戸川右岸の水元公園を経て、この日、最後の立ち寄り先、「しばられ地蔵」の南蔵院を訪ねた。

南蔵院の山門や手水舎、鐘楼をカメラに収め、本堂、地蔵堂、太子堂、そして、しばられ地蔵尊を参拝。
そのほか、境内でいろいろと<いいもの>を見学し、南蔵院は「しばられ地蔵尊」や「大岡政談」のみならず、「在原業平ゆかりの地」でもあるなど、いろいろと知ることとなった。

それらの、いろいろ<いいもの>をここに列挙しておこう。

風に揺れる「しばられ地蔵尊」。
南蔵院の絵馬は、カワユく描かれた「しばられ地蔵尊」である。
a0289546_6462477.jpg
「出世牛」。
a0289546_6475251.jpg
牛といえば、天神さまだが、こちらは寺院。
脇の立て札に「牛に跨ると出世する」とある。
足元には、小さな牛が2頭、子連れ牛であろうか。
この場を離れたあと、「これ、鼠?」、「鼠じゃないよ、牛だよ、出世牛。跨ると出世すると書いてあるよ」との参拝客の会話が聞こえる。
鼠か、遠目にはそう見えてもおかしくはない姿をした牛である。

出世牛の後ろには、藤棚が設えられている。
藤の花の季節は過ぎたが、花の頃には境内に、文字通り、花を添えるのであろう。
来年が楽しみである。

藤棚の下に石碑がある。
a0289546_6562837.jpg
光っているので、刻まれた文字がよく見えない。
目を凝らして見てみる。
「しばられ地蔵音頭」の文字が見て取れた。
-----------------------------
しばられ地蔵音頭
作詞 岡田 進
作曲 長谷川堅三

むかし業平いま水元に
ときは変れど変らぬものは
願いかけますしばられ地蔵
詣りつづけてあの人あの娘
しばりましょうよ願かけ祈ろ
祈りゃ願いが笑顔にかわる

学び失せもの待ち人いとし
遠くかしこい越前さまも
願いかけますしばられ地蔵
今日も来る来るあの人あの娘
しばりましょうよ願かけ祈ろ
祈りゃ願いが笑顔にかわる

四十世 歓順代
-----------------------------

当地に移転して来た寺の歴史もきちっと織り込まれた、なかなかよく出来た音頭である。

藤棚。
a0289546_7152729.jpg
藤棚下から本堂を眺める。
a0289546_7172415.jpg
手前の置き石が「舟石」。
「白御影の砂利は隅田川、参道は業平橋、右手の石は業平の舟石です」とパンフレットに書かれたあった、あの舟石である。

本堂の前に立派な松がある。
その名も「聖徳の松」、樹齢450年。
a0289546_72451.jpg
a0289546_7244434.jpg
支柱コレクション。
この松の面白いところは、その枝ぶりに加え、その支柱が珍しいことである。
a0289546_7273649.jpg
a0289546_727484.jpg
数年前、盟友、大給さんの国許御屋敷の松の支柱を検討すべく、手始めに、鎌倉・瑞泉寺の梅の支柱をコレクションして以来、支柱が気になるようになり、コレクションするようになった。
松の枝を支える支柱そのものは<T型>で、極々普通の型である。
だが、支柱に奉納者の名が墨書されているのは大変珍しい。
これまで、あちらこちらで支柱を見て来たが、奉納者の名が記された支柱を見るのはこれが始めてである。
新たな「支柱コレクション」が出来た。
大給守さんに報告しておこう。
御屋敷庭の松の支柱に「施主 大給守 平成〇〇年〇月吉日」と墨書するのも面白いと思うので...。

話が反れて、支柱コレクションの話になってしまった。
「聖徳の松」の話に戻そう。

先ほど、境内の奥に並んだ、地蔵堂、しばられ地蔵尊、そして、太子堂を参拝しながら、何故、当院に太子堂があるだろうと思ったが、当院のホームページを見たところ、に太子堂のことや聖徳の松のことが次の通り記されていた。
-------------------------------
太子堂
本尊聖徳太子は日本文化の始祖、当地に鎮座して300年、萬能の守護として尊崇され、殊に除厄災招福家運隆盛商売繁盛に霊験あらたかなりといわれています。
建物は旧聖徳寺の本堂の一部で、間口三間、奥行一間の茅葺切妻造りでしたが、昭和55年に瓦葺の八角堂に建て替えられました。
その折、太子堂修復、造立に関する棟札が2枚発見されました。
-------------------------------
霊松 聖徳の松
樹齢四百五十年といわれる老松です。
南蔵院の現在地には、もと聖徳寺という天台宗の寺院があり、聖徳太子像を本尊として安置していました。
明治維新の神仏分離令による廃仏毀釈運動によって荒廃したものと思われます。
この霊松は、南蔵院の太子堂に安置する尊像をはじめ、多くの石仏とともに残された貴重な遺産です
--------------------------------

なるほど、この地には聖徳太子を本尊とする聖徳寺なる寺院があったのである。
前掲の「聖徳の松」の写真のキャプションに「本堂の前に立派な松がある。その名も聖徳の松、樹齢450年」と前述したが、「本堂の前にある」というよりも「太子堂の前にある」と言った方が正しいかもしれない
因みに、当院の本尊は釈迦如来である。

荒縄に縛られた、だるま。
a0289546_7434542.jpg
このだるまが「しばられ地蔵に由来し、厄除けから縁結びまで、あらゆる願い事を結ぶ開運の縁起もの『結びだるま』。大晦日と元旦の二日間、江戸情緒あふれる『結びだるま市』を開催しております」とホームページに書かれている、その『結びだるま』なのである。
ということで、荒縄で縛られているのではなく、縄で海運の縁を結んでいるのである。

大晦日か元旦の「結びだるま市」の頃にまた訪ねてみたい、藤の花の季節にもまた訪ねてみたいと思いながら、南蔵院をあとにした。

ちょこっと出掛けたつもりであったが、「矢切の渡し」、「野菊の墓文学碑」、「国府台合戦地跡」、「水元公園」、「南蔵院」と全9話にも亘る、盛りだくさんな1日であった。

フォト:2017年5月12日

(完)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:39 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/業平山南蔵院(中)』 ed-8

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、江戸川左岸の、矢切の渡し、野菊の墓文学碑をめぐる。
野菊の墓文学碑の傍で「国府台合戦地跡」を<発見>というおまけもあった。
江戸川左岸から新葛飾橋を渡り、江戸川右岸の水元公園を経て、「しばられ地蔵」の南蔵院へと向かう。

業平山南蔵院。
山門を眺める。
山門をくぐり、境内を眺める。
当院の由緒に触れ、在原業平ゆかりの寺であることを知る。
境内を進む。

手水舎。
a0289546_10313233.jpg
手水鉢。
a0289546_10315337.jpg
「足元のペダルを踏むと水だ出ます」。
節水のための設備投資かも。
ペダルを踏んで...。
a0289546_1032164.jpg
龍コレクション。
a0289546_10324491.jpg
a0289546_10325331.jpg
鐘楼。
a0289546_10333679.jpg
本堂。
a0289546_10335766.jpg
扁額コレクション/「業平山」。
a0289546_10342672.jpg
境内奥、右から、地蔵堂、しばられ地蔵尊、太子堂。
a0289546_1036491.jpg
地蔵堂。
a0289546_1038276.jpg
太子堂。
a0289546_10391118.jpg
しばられ地蔵尊。
a0289546_1044452.jpg
右側の箱に「願かけ縄 一本 百円」も文字が、その後ろに、新しい荒縄が掛けられている。
地蔵尊の両脇に「解き縄入れ」と書かれた桶が置かれている。

しばられ地蔵とは。
(南蔵院ホームページより)
------------------------------
しばられ地蔵尊は、盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなど、あらゆる願い事を聞いて下さる霊験あらたかな地蔵尊として祀られています。
像高1メートルほどの石の地蔵尊で、元禄14年(西暦1701年)の造立と伝えられています。
「文政寺社書上」によると、この地蔵尊は諸願成就、殊に難病平癒に霊験があり、信心の者が祈願するときは地蔵尊を縄で縛り、成就したときには縄を解くことから、しばられ地蔵と称したと記されています。
毎年12月31日(大晦日)の夜、しばられ地蔵尊の縄解き供養が行われます。
また、大晦日と元日には厄除けから縁結びまで、あらゆる願い事を結ぶ開運の縁起・「結びだるま市」が開かれます。
------------------------------

ぐるぐる巻き。
a0289546_11174648.jpg
背には江戸情緒を醸し出す奉納額。
a0289546_1118135.jpg
やさしげなお顔。
a0289546_11181331.jpg


しばられ地蔵の由来。
(南蔵院ホームページより)
------------------------------
江戸時代の享保年間、八代将軍徳川吉宗の治世。
日本橋にある呉服問屋の手代が南蔵院の境内でうっかり一眠りしている間に反物を荷車ごと盗まれてしまいました。
調べに当たった名奉行、南町奉行大岡越前守忠相は、「寺の門前に立ちながら泥棒の所業を黙って見ているとは、地蔵も同罪なり、直ちに縄打って召し捕って参れ」と命じました。
かくして地蔵はぐるぐるに縛られ、車に乗せられ江戸市中を引き廻され南町奉行所へ。
物見高い野次馬が、どんなお裁きが始まるかと奉行所になだれ込みました。
頃を見計らった越前守は門を閉めさせ「天下のお白州に乱入するとは不届至極、その罰として反物一反の科料申附ける」の一声、奉行所にはその日の内に反物の山が出来ました。
手代に調べさせるとその中から盗品が出て、それからそれへと調べると当時江戸市中を荒した大盗賊団が一網打尽となったのです。
越前守は地蔵尊の霊験に感謝し、立派なお堂を建立し盛大な縄解き供養を行いました。
以来、お願いするときは縛り、願い叶えば縄解きするという風習が生まれ、盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなど、あらゆる願い事を聞いて下さる霊験あらたかな地蔵尊として祀られています。
------------------------------

南蔵院のしばられ地蔵尊を参拝したことでもあり、今一度、時代劇「大岡越前守」の「しばられ地蔵」をみてみたいものである。

しばれれ地蔵のことを調べていたところ、品川区の願行寺境内に承応元年に造立されたしばられ地蔵があるという記事をみつけた。
承応元年は西暦でいうと1652年。
大岡越前守忠相は徳川幕府8代将軍吉宗の時代、享保の改革の頃に町奉行を務めていた人物である。
享保は西暦でいうと1716年から1735年までの時代。
となると、願行寺のしばられ地蔵の方が古いこととなる。
しばられ地蔵の言い伝えは各地にあるのかもしれない。

港区元赤坂の豊川稲荷東京別院は、大岡越前守忠相が豊川稲荷から吒枳尼天(だきにてん)を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのを由来とする。
南蔵院のしばられ地蔵を参拝したことで、「ゆかりの地」を訪ねるのが好きな小生、これで、大岡越前守ゆかりの地、二ヶ所を訪ねたこととなる。

更に、境内をめぐる。

フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:38 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/業平山南蔵院(上)』 ed-7

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、江戸川左岸の、矢切の渡し、野菊の墓文学碑(その傍で国府台合戦地跡を<発見>)をめぐり、新葛飾橋を渡り、江戸川右岸の水元公園を訪ねたのち、「しばられ地蔵」の南蔵院へと向かう。

南蔵院の「しばられ地蔵」について。
いつぞや、テレビ時代劇「大岡越前守」で「しばられ地蔵」なるものを観た。
単なる物語と思いきや、大岡政談の中の有名な話のひとつであることを知った。
そのときから、荒縄でぐるぐる巻きにされた「しばられ地蔵尊」にお目に掛かりたいと思い続けていた。
そんなことで、この機会に南蔵院を訪ねてみたのであった。

南蔵院山門。
超広角レンズで。
a0289546_1735305.jpg
「天台宗業平山南蔵院」。
a0289546_17363475.jpg
「江戸名所 縛られ地蔵尊」。
a0289546_17413713.jpg
山門脇の案内板に目を通す。
a0289546_17495813.jpg
----------------------------
史跡 しばられ地蔵尊
当山は業平山東泉寺南蔵院と号し、貞和4年(約600年前)林能法師の開創に成り、境内の地蔵堂には「しばられ地蔵尊」が安置されている。
「しばられ地蔵尊」は、昭和4年、旧本所区中之郷(墨田区吾妻橋3丁目)から寺とともに移転してきた。
大岡政談の一つとしても有名である「しばられ地蔵尊」は昔より、盗難除け、足止め、厄除け、あらゆる願いごとを叶えるとして祈願するものが多く、祈願者は先ず地蔵尊を荒縄でしばり、成就の暁にはこれを解く風習となっている。
南蔵院
----------------------------

山門脇の小口から境内に入る。
山門と同様、境内もよく整えられている。
a0289546_1813147.jpg
「パンフテット、自由にお持ちください」。
a0289546_18172997.jpg
パンフレットを頂戴し、目を通す。
a0289546_18201910.jpg
-----------------------------
南蔵院のはじまり
伊勢物語で知られる平安時代の歌人 在原業平が東下りの際に、隅田川で舟遊びをした時、船が転覆して多くの人が亡くなりました。
業平はその人々を弔い、像を刻み村人に与え、法華経を写経して塚に納めました(業平塚)。
その傍らに南蔵院が創建されました。
そこには橋が架け渡され、業平橋と名付けられました。
南蔵院の境内はその隅田川の様子を表したものです。
白御影の砂利は隅田川、参道は業平橋、右手の石は業平の舟石です。
古(いにしえ)の世に思いを馳せつつ眺めていただければ幸いです。

名にし負わばいざこと問はむ都鳥
わが思う人はありやなしやと   
在原業平 
渡し舟に揺られ詠みし歌
-----------------------------

山門脇の標柱に刻まれた山号「業平山」を見て、在原業平に関係があるのかな?と思ったが、やはり、在原業平ゆかりの寺であったのだ。

パンフレットに「白御影の砂利は隅田川、参道は業平橋、右手の石は業平の舟石」とある。
今一度、境内を眺める。
確かにそのように整えられていることが見て取れる。
当院のご住職は几帳面な方なのだと想像する。

山門脇の案内板によれば、当院は昭和初期に墨田区吾妻橋3丁目から当地、葛飾区東水元2丁目に移転してきたとある。
境内の「白御影の砂利は隅田川、参道は業平橋、右手の石は業平の舟石」の設えを眺めていると、以前の地である隅田川や業平橋の辺りにいるような気分になって来る。

都内ポタリングで幾度か業平橋付近を走っている。
マイ・ブログで業平橋のことを綴った記憶がある。
探してみた。
2011年8月のポタリングで業平橋を訪ねた際のことを綴ったブログがあった。
『大江戸大周遊/東京電波塔&東京天空塔巡察ポタ』 第6話
読み返してみた。
業平橋のことは第6話に綴っているが、第1話から全部読み返してみた。
当時のことが蘇る。

業平橋について、ウィキペディアを参照してみた。
面白い記述がある。
それは、最近、古墳めぐりに凝っており、「業平塚」なるものについて、上代の舟形式古墳との説もあるという記述に目を惹かれたのであった。
------------------------------
業平塚
この橋の名の由来となった業平天神社(現存せず、現、墨田区吾妻橋3丁目6番)は、南蔵院(現、葛飾区東水元、昭和元年に転出)の境内にあった神社である。
江戸時代初期に開かれたといわれ、その由緒は、在原業平が亡くなった場所に建てられた業平塚に由来する(『江戸名所記』)といわれるが、業平塚については、力士成川運平の墓が業平の墓に転じたという説(『遊歴雑記』)、里見成平の墓という説(『本所雨やどり』)など諸説あり、『江戸名所図会』には「当社の伝説粉々として詳らかならず。」と記されている。
歴史研究者の石川悌二は「業平天神の由来は定かではないが、業平塚と里人がよんでいた塚は古くからこの地にあって、考古学の鳥居龍蔵博士はそれを上代の舟形式古墳であると推定した。要するに伝承が伝承を生んで業平天神の社祠が建立されたものであろう」と推測している。
(出典:ウィキペディア)
------------------------------

境内の右手に手水舎と鐘楼、左手に本堂、奥に地蔵堂、しばられ地蔵尊、太子堂と三つのお堂が並んでいる。

境内を進む。

フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:37 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/水元公園』 ed-6

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、矢切の渡し、野菊の墓文学碑、水元公園、そして、しばられ地蔵をめぐる。

江戸川左岸の矢切の渡し、野菊の墓文学碑、<新発見>の国府台合戦地跡をめぐり、新葛飾橋を渡り、江戸川右岸へ。

久方ぶりの水元公園。
水元公園といえば、先ず、メタセコイアの森である。
a0289546_22415670.jpg
a0289546_2242946.jpg
-----------------------
メタセコイア
スギ科 metasequia glyptostrooboides
落葉性の針葉樹です。
円錐形の整った樹形になり、さわやかな新緑が美しく、秋の紅葉は赤褐色~黄褐色で渋い趣があります。
葉は扁平な針葉樹で対生し、秋には小枝ごと落ちます。
メタセコイアは化石が先に発見されましたが、1945年に中国で自生しているのが発見され、「生きている化石」として有名になりました。
陽樹で成長がきわめて早く、適潤の排水のよい肥沃地に適していますが、水湿地でもよく育ちます。
水元公園には全部で1900本植えられています。
記念広場周辺おメタセコイアの純林は昭和46年空7年に植栽したものです。
当時は高さ5m~8m、幹の回りは30cm~60cmの若木でした。
現在では高さ20m、幹回りは1mにもなっています。
------------------------

こうやって、「メタセコイアの森」の案内板を読み下していると、2009年の秋、琵琶湖周遊の途中、マキノ高原で2kmも続くメタセコイアの並木道を走ったことを思い出した。
「ハリポタ藩 秋の遠征2009/琵琶湖周遊ポタ」第10話

メタセコイアの森のほか、ポプラ並木もお気に入りの風景だ。
a0289546_2253429.jpg
水元公園であるから、「水」も登場させておかねばなるまい。
a0289546_22592868.jpg
a0289546_22594387.jpg
水元公園は江戸川の西に位置しているので、この大きな池は江戸川に通じていると思いきや、然に非ず。
江戸時代、古利根川を堰き止めて作られた用水なのである。
江戸時代、こうした用水のことを溜井(ためい)といい、小合村(こあいむら)の溜井であったことから小合溜井(こあいためい)と呼ばれていた。
小合溜井は近隣の村々を潤す水源になったことから、この辺りは「水元」と呼ばれるようになったとのことである。

となれば、このブログの標題「江戸川ポタリング」は不適当となるが、まあ、江戸川沿線を走って来たことでもあり、「江戸川ポタリング」のままとしておきたい。

水元公園の周回路に設けられた「← しばられ地蔵」の標識に従い、水元公園から外れ、しばられ地蔵へと向かう。

フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:36 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/国府台合戦地跡』 ed-5

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、矢切の渡し、野菊の墓文学碑、水元公園、そして、しばられ地蔵をめぐる。

坂道を上り、国府台の「野菊の墓文学碑」を訪ねる。
文学碑を見ることを目的にここを訪れたのだが、文学碑の直ぐ傍に掲げられた、もっといいもの(ワタシ的にはそう言ってもいいだろう)を見付けた。
それは、「史跡 国府台の戦争」と題した、大きな説明板である。
じっくりと目を通してみた。
a0289546_18555664.jpg
--------------------------------
史跡 国府台の戦争
今から約400年前、この国府台で二度の戦争があった。
それぞれ敵味方・千人以上の戦死者がここに死かばねをさらした。
今の真間山から松戸駅東側の台地までを国府台といい、第一回の戦争は、天文7年(1538年)10月7日、相模台の合戦ともいい、これを前(さき)の国府台合戦という。
第二回は、これより25年後、永禄7年(1564年)正月7日の合戦でこれを後(のち)の国府台合戦という。
それはここ矢切台で戦われた。

合戦の背景
この時代の関東地方はだいたい小田原の北条氏の勢力下にあり、松戸太谷口城主 高城(たかぎ)氏や、千葉氏、原氏などもその支配下にあった。
これに対して安房上総地方を侵略して勢力を拡大した里見氏は、県北の下総地方へも手を伸ばして、千葉、原、高城氏らを攻め、やがて、北条氏をも破って関東の実権を握ろうと野望をいだいて、茨城の佐竹氏を通して上杉謙信とも手を結んだ。

合戦のもよう
矢切側には里見義弘を大将として八千騎、これに対して江戸川柴又、小岩側に北条側は、江戸城代家老 遠山丹波守直景と葛西の富永三郎右衛門尉を先陣として着陣した。
この時、小金大谷口城主 高城氏も北条方に加勢のため、下矢切大堀外(今の矢切神社東側)に陣を張り、遠山軍を助けた。
遠山、富永等は大将 北条氏康、氏政父子の到着を待たず、矢切の渡しを押し入り、国府台から栗山、矢切へかけての里見軍へ攻め寄せた。
遠山軍に押された里見軍は、いったん退却するかに見せかけたが、勢いにのった遠山軍が大坂の途中まで攻め登った所を、一挙に坂上から攻め落とした。
北条方の勇将 富永三郎右衛門尉は、朝からジュンサイ池付近から大堀へかけて馬を縦横に馳せて奮戦したが、大坂上で落馬した所を折り重なって里見方に首を渡した。
その場所は、ここ文学碑わきの坂道であった。
又、遠山丹波守は、この坂下坂川の手前、「カイカバ曲がり目の内野」という所で、里見方の里見山之介という16才の少年にその首を打たれた。
この日の戦いは北条方の敗北で、柴又陣に引き退いたが、この夜半、戦勝の酒に酔いしれた里見軍の将兵は、北条氏の大軍にはさみ打たれ、さんざんの大敗戦となり、大将 里見義弘は市川の須和田から中山をへて安房に逃れたが、その後再起することはなかった。
本土寺過去帳に「コウノ台ニテ上下諸人 遠山殿 江戸城主 癸亥正月 其外千余人」と記されている。
南無...
昭和45年正月
撰文 奥山儀八郎
矢切地区風致保存会
--------------------------------

国府台は幾度かポタリングしている。
直近では、丁度1年前に、ドラポタの盟友にして、史跡めぐりの相棒である武衛さんと、「下総国史跡めぐり/国府跡・国分寺跡・総社を訪ねて」と銘打ち、国府台をめぐった。

国府台の史跡は、ほぼほぼ知っていると思っていたが、これは思い込みであった。
この説明板に目を通しながら、新たにいろいろなことを知ることとなった。

■真間山から松戸駅東側の台地まで全体的に「国府台」と呼ぶほか、台地の部分、部分には「相模台」や「矢切台」という名もあるのだ。
■北条・高城・千葉・原氏連合軍 vs 里見氏軍の合戦。
 里見氏は下総まで進出していたのであった。
■高城氏の居城であった小金大谷口城跡(小金城跡)を何れ訪ねてみよう。
■里見城跡がある里見公園も何れ訪ねてみよう。
■ジュンサイ池は、以前、訪ねたことがあるが、戦跡として改めて訪ねてみよう。
■紫陽花や花菖蒲でも有名で本土寺(松戸市)には国府台合戦を示す過去帳が残っているとは。
 戦跡の関連として改めて訪ねてみよう。
■説明文の「北条方の勇将 富永三郎右衛門尉は朝からジュンサイ池付近から大堀へかけて馬を縦横に馳せて奮戦したが、大坂上で落馬した所を折り重なって里見方に首を渡した。その場所は、ここ文学碑わきの坂道であった」の記述に反応し、先ほど、渡った陸橋に戻り、坂道を眺めた。
a0289546_1982163.jpg

■「小金大谷口城主 高城氏も北条方に加勢のため、下矢切大堀外(今の矢切神社東側)に陣を張り」とある
 矢切神社は、この坂を上りきった辺りにあり、次回、訪ねてみよう。。
■説明文の最後に「大将 里見義弘は市川の須和田から中山をへて安房に逃れたが...」とある。
 須和田は1年前に訪ねた六所神社のある辺りのことである。
 この六所神社は総社跡ではなく、移転後の新しい神社であり、本来は立ち寄る必要はなかったが、
 敬意を表して立ち寄ったのであったが、何処へでも立ち寄っておれば何かの役に立つものである。

野菊の墓文学碑と国府台合戦に関わる説明板は西蓮寺の境内にあるようで、隣に見えている墓地を抜ければ、表に出られそうだが、境の垣根の扉には鍵が掛かっているようで、抜けられない。
担いで上がった jitensha を再び担ぎ、石段を降り、坂道を一気に下った。

野菊の墓文学碑を訪ねたお陰で、国府台合戦地跡を知ることが出来た。
「野菊の墓」に感謝である。

新葛飾橋を渡り、江戸川右岸の水元公園と南蔵院へと向かう。

フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:35 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/野菊の墓文学碑』 ed-4

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、矢切の渡し、野菊の墓文学碑、水元公園、そして、しばられ地蔵をめぐる。

先ず、矢切の渡し。
矢切から柴又、柴又から矢切と渡し舟を楽しみ、続いて、野菊の墓文学碑へと向かう。

地図によれば、野菊の墓文学碑は矢切の渡しから真っ直ぐ東へ。
途中、坂川に架かる矢切橋を渡る。
本来の読みの通り、清音で「やきりばし」と刻まれている。
a0289546_17165933.jpg
橋の袂の「野菊の墓100周年記念碑」。
a0289546_17194742.jpg
-------------------------------------
野菊のような人
「・・・・・・まア綺麗な野菊 政夫さん 私に半分おくれッたら 私ほんとうに野菊が好き」
「僕はもとから野菊がだい好き 民さんも野菊が好き・・・・・・」
「私なんでも野菊の生れ返りよ。野菊の花を見ると身振いの出るほど好(この)もしいの。どうしてこんなかと、自分でも思う位」
「民さんはそんなに野菊が好き・・・・・・道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」
民子は分けてやった半分の野菊を顔に押しあてて嬉しがった。
-------------------------------------

矢切橋の欄干は野菊と矢切の渡しの意匠が施されている。
a0289546_17254876.jpg
a0289546_17275579.jpg
a0289546_17285350.jpg
江戸川ならぬ坂川を渡るが如くに見える渡し舟。
a0289546_1731068.jpg
更に東へ走る。
野菊の墓文学碑は平地にあるのだろうとイメージしていたのだが、上り坂となる。
そこで、初めて、文学碑は国府台にあるのだと分かった。
事前の調べで知っていた、目印となる陸橋が見えて来た。
文学碑へ向かう枝道があるはずだが、分からない。
陸橋へ向かう石段を jitensha を担いで上る。
すると、野菊苑展望台なるところへ出た。

展望台から江戸川方面を一望。
a0289546_1743692.jpg
陸橋を渡り、文学碑へ。

野菊の墓文学碑。
a0289546_1745367.jpg
a0289546_17451499.jpg
---------------------------------
野菊の墓文学碑
僕の家といふは、矢切の渡しを東へ渡り、小高い岡の上でやはり矢切村と云っている所。
崖の上となっているので、利根川は勿論中川までもかすかに見え、武蔵一ゑんが見渡せる。 
秩父から足柄箱根の山々、富士の高峰も見える。
東京の上野の森だと云ふのもそれらしく見える。
村はづれの坂の降口の大きな銀杏の樹の根で民子のくるのを待った。
ここから見下ろすと少しの田圃がある。
色よく黄ばんだ晩稲に露をおんで、シットリと打ち伏した光景は、気のせゐか殊に清々しく、胸のすくやうな眺めである。
伊藤左千夫著 野菊の墓より
昭和三十九年十月
門人 土屋文明 識
---------------------------------

「門人 土屋文明 識」と刻まれている。
群馬県群馬郡上郊村(現・高崎市)の農家に生まれた土屋文明は、伊藤左千夫門下となり、短歌の指導を受け、後に、アララギ派の指導的存在になるなど、歌壇の最長老として活動すると共に国文学者として『万葉集』の研究にも携わった。

昨秋、上野国史跡めぐりで、保渡田古墳群(群馬県高崎市)を訪れた際、その近くで「群馬県立土屋文明記念文学館」の標識を見た。
もう一度、保渡田古墳群を訪ねたいと思っているので、そのときにこの記念文学館も訪ねてみたいと思っている。

野菊について。
a0289546_18241278.jpg
--------------------------------
野菊について
「野菊」という花は、山野に咲く数種の菊を総称したものであり、「野菊」という名の花はありません。
関東近辺で一般的に「野菊」と呼ばれる花は、カントウヨメナ、ノコンギク、ユウガギクなどがあり、いずれも白か淡青紫色で田のあぜや川べりに生える多年草です。
さて、小説『野菊の墓』には、政夫が「民子さんはどう見ても野菊の風だ」民子が「政夫さんはどうみてもりんどうnようだ」という記述がありますが、民子が好きだった「野菊」とはどのような花だったのdしょうか。
矢切地区風致保存会
[この野菊は、(株)コーヤマの協力により寄贈・管理されています。]
---------------------------------

野菊という花はない。
どこかで聞いたような言葉。
そうだ、昭和天皇の「雑草という草はない...」とのお言葉とよく似た響きであった。
カントウヨメナ、ノコンギク、ユウガギクにういて、電脳網の花図鑑を参照してみた。

カントウヨメナ(関東嫁菜)
いわゆる「野菊」の仲間。
やや湿性の高い場所に自生する多年草。
草丈50cmほどで、しばしば1mほどになることもある。
花は白。

ノコンギク(野紺菊)
同上。
花は紫色。

ユウガギク(柚香菊)
同上。
花は白。

秋になったらこれらの花を探してみたいと思う。
どれも「野菊」に見えてしまうのであろうが...。

フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:34 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/矢切の渡し(下)』 ed-3

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、矢切の渡し、野菊の墓文学碑、水元公園、そして、しばられ地蔵をめぐる。

矢切の渡しを往復し、矢切に戻る。
矢切の乗船場周辺を<取材>。

「矢切の渡し」の標識。
a0289546_731350.jpg
標識の脇の石碑。
a0289546_734765.jpg
「矢切の渡し/細川たかし 識/昭和59年3月吉日」と刻まれている。

先ほど、柴又から乗船した老夫婦の奥さんはスマホで細川たかしの「矢切の渡し」をを流していた。
そのとき、細川たかしじゃなくって、ちあきなおみでお願いします、と言おうと思ったが、気が小さいのでそんなことも言えず。

小生は、ちあきなおみが歌う「矢切の渡し」が好きだ。
歌謡曲「矢切の渡し」は、そのヒットまでに紆余曲折があったようだ。
ウィキペディアにその経緯が縷々書かれている。
その中から抜粋してここに引用させて戴く。
---------------------------------
矢切の渡し(曲)
「矢切の渡し」は、石本美由起の作詞、船村徹の作曲による演歌。
1976年(昭和51年)、ちあきなおみのシングル「酒場川」のB面曲として発表された。
それから6年が経った1982年(昭和57年)、ちあき盤「矢切の渡し」は梅沢富美男の舞踊演目に用いられたことで好評を博し、同年6月に開始したTBS系列のテレビドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』(梅沢も出演した)の挿入歌としても使用されて話題を集めた。
そこで、同年10月21日に本作をA面としたシングルが改めて発売された。
翌1983年(昭和58年)に多くの歌手によって競作され、中でも細川たかしのシングルが最高のセールスとなった。
---------------------------------

「細川たかし 識」の石碑は「昭和59年3月吉日」となっており、ヒットした翌年のものであることが分かる。
細川たかしは歌は上手いが、「おれ、上手いやろ」という気持ちが表に出過ぎて、いわゆる、鼻に付くというやつで、細川たかしファンには申し訳ないことだが、感じが悪い。
プロの歌手なんだから、歌が上手いのは当たり前。
そういうことで、細川たかしは好きではないのである。

その点、ちあきなおみは、いい。
ちあきなおみは、1969年、「雨に濡れた慕情」でデビュー。
高田馬場駅前のムトウレ楽器店でデビュー曲のキャンペーンがあった。
当時、小生は新宿区戸塚町、都電の面影橋近くに下宿していたW大の学生で、クラシック音楽を聴くことが趣味であったので、ムトウレコード店によく通っていた。
そんなこともあり、ちあきなおみなる女性歌手が来店するということを事前に知り、ミーハーでもあったので、当日、ルンルン気分で、店へ足を運んだのであった。

店は1階がポピュラー音楽と歌謡曲、2階がクラシック音楽のコーナーとなっており、ちあきなおみは2階から1階へ階段を下りながら、「雨に濡れた慕情」を歌うという憎い演出であった。

当時は知らなかったが、ちあきなおみは1947年生まれ、小生は1948年生まれ、なおみさんは1歳年上のお姉さんだったのだ。

以来、日劇で彼女のショーを見たりして、ずっと、彼女のファンなのである。
今は、YouTube やテレビ東京系のBSジャパンの懐かしの昭和歌謡番組などで彼女の歌が聴ける、彼女の姿を見ることができるだけであるが、テレビ東京系の「演歌の花道」で来宮良子のナレーションで始まる、ちあきなおみの「矢切の渡し」は何度聴いても絶品である。

話は少々脱線するが、来宮良子の声は独特である。
彼女の声、そして、名前を知ったのは、1950年代の米国製テレビ映画「アニーよ銃をとれ」のアニー役の吹き替えであった。
以来、何十年もいろいろな番組で彼女の声を聞いて来たが、その姿を見たことは一度もなかった。
で、この機会にネット検索し、ご尊顔を拝した。
1931年生まれ、2013年に故人となっている。合掌。

いろんな貼り紙。
a0289546_9501921.jpg
営業時間、ペットの扱い、天候での運航対応、柴又帝釈天への案内、禁煙注意のほか、今回の乗船で経験したことに関することが具体的に書かれており、それらを貼り紙写真と共にここで披露しておこう。

先ず、最初にご披露する貼り紙は、やっぱり、これ!
「自転車の扱い」について。
a0289546_1085790.jpg
売店の大将が教えてくれた通りのことがここに書かれていた。
自転車はOKというのは、自転車での通勤通学客がいた頃の名残りなのかもしれない。
括弧書きで折りたたみ自転車は乗船可となっているので、これは自動的にOKで、大口径自転車は係員に尋ねてくださいということなのであろう。
自転車乗りにとっては誠に結構な、有難いルールである。

先ほど、舟の上で、スマホを操り、YouTube の「矢切の渡し」を流していた老夫婦さんにピッタリの貼り紙がこのふたつ。
a0289546_10131746.jpg
a0289546_10132745.jpg
携帯電話での通話は控えよとあり、メールと写真は可とある。
YouTube は可とも不可とも書かれていないから、可!であろう。

手漕ぎと動力航行について。
これを明示していないと、「手漕ぎにせぇや!」と、何故か、関西弁で文句をいう客がいるのかもしれない。
a0289546_1021316.jpg
我らは「手漕ぎ」であった。
ラッキーであった。
船頭さん、サンキュー!

このあと、「野菊の墓文学碑」を訪ね後、水元公園と南蔵院へ向かうため、新葛飾橋を渡っていたところ、下流に渡し舟の姿が見えた。
カメラを取り出し、望遠で覗いてみた。
船頭さんは櫓を漕いでおらず、座っている。
a0289546_1157880.jpg
アップで(トリミングです)。
a0289546_11583566.jpg
乗船客が幾分多いので、動力航行しているようだ。

矢切の渡しは、静寂さを味わうために、やはり、手漕ぎに限る。
午前中、早めに出掛け、客の少ない時間帯に乗船する、これが矢切の渡しの楽しみ方のコツであるとここに記しておこう。

説明板「矢切の渡し」。
a0289546_1215874.jpg
----------------------------------
矢切の渡し
矢切の渡しは松戸市下矢切と東京都柴又を往復する渡しで、その始まりは380余年前江戸時代初期にさかのぼります。
当時、江戸への出入りは非常に強い規則のもとにおかれており、関所やぶりは「はりつけ」になろうという世の中でしたが、江戸川の両岸に田畑をもつ農民は、その耕作のため関所の渡しを通らず、農民特権として自由に渡船で行き交うことができました。
これが矢切の渡しの始まりで、いわゆる農民渡船といわれるものです。
明治以降は、地元民の足として、また、自然を愛する人々の散歩コースとして利用され、現在では唯一の渡しとなっています。
この矢切の渡しの庶民性と矢切の里の素朴な風景は、千葉県の生んだ歌人でもあり、小説家でもある伊藤左千夫の小説”野菊の墓”の淡い恋物語の背景となっており、その小説の中で美しく描かれております。
平成10年3月
-----------------------------------

説明書きの二行目あたりから数行、「当時、江戸への出入りは非常に強い規則のもとにおかれており、関所やぶりは「はりつけ」になろうという世の中でしたが、江戸川の両岸に田畑をもつ農民は、その耕作のため関所の渡しを通らず、農民特権として自由に渡船で行き交うことができました。これが矢切の渡しの始まりで、いわゆる農民渡船といわれるものです」という記述がある。

確かに、徳川幕府は江戸の防衛に腐心している。
川に架橋することは先ずなく、渡し舟であるが、大井川に至っては架橋は勿論のこと、渡し舟も許さず、馬や人足を利用して輿や肩車で渡河した川越(かわごし)であった。

江戸川沿いをポタリングしていると、「〇〇の渡し」という標識を幾つか目にする。
これらの標識を写真に撮ったり、その名をメモしたりはしていないので、調べてみた。

「関宿の渡し」、「野田の渡し」、「流山の渡し」、「松戸の渡し」、「市川・浦安の渡し」など約50ヶ所の渡し場があったとのことである。

<公>の渡し場には、江戸への出入りを監視する関所もしくはそれに類するものが設けれれていたであろう。
そうした中、農民の渡河の利便のために農民渡船といわれるものが設けられ、そのひとつが矢切の渡しであったということがこの説明書きから読み取れる。

話は少々脱線するが、隅田川に架かる両国橋は武蔵国と下総国を結ぶ橋であったことから、「両国橋」と名付けられたことはよく知られたことだ。
徳川幕府は江戸の防衛上、隅田川の架橋は千住大橋以外に認めていなかったが、明暦の大火(1657年、明暦3年)で橋がなかったことから江戸市民は逃げ場を失い、多数の死傷者が出たことで、両国橋が架けられたのである。
この後、本所・深川方面も江戸の町として組み込まれていくのである。

趣味の忠臣蔵から演繹すると、呉服橋に住まいしていた吉良上野介は、隠居後、本所松坂町に屋敷替えとなったのは、松の廊下事件が起こった半年後、即ち、1701年(元禄14年)9月であり、その頃には、本所松坂町は、最早、完全に江戸の一角であったといえよう。

こうしたことを綴りながら、しからば、江戸とは何処から何処までが江戸なのか、殊に隅田川の東側は何処までが江戸なのかという疑問が湧く。
ということで、ネット検索してみた。

「江戸の範囲」という誠に結構なサイトにヒットした。
「江戸市中(御府内)の範囲を幕府が示したのは、たった一度、しかもその時期は江戸幕府が誕生してから200年を過ぎた1818年だった」という見出しで、縷々、江戸の範囲が綴られている。
江戸の範囲を示す「文政江戸朱引図」なる図も掲載されている。
江戸の範囲を知るにはこの図を見るのが最も手っ取り早いので、このサイトをここに貼り付けさせて戴こう。
「江戸の範囲」

この図を見ると、江戸の東端は荒川右岸近くまで(一部は荒川左岸まで)となっている。

荒川の東には中川があり、更にその東に江戸川がある。
江戸時代、中川がどのような流れになっていたかはまだ調べきれていないが、江戸川は徳川家康江戸入府後、伊奈忠次、伊奈忠治らによる利根川東遷事業が始められ、江戸川に利根川の水が流れるようになったとあるので、江戸川は「御府内」から最も近い東の防衛線であったと考えられる。

矢切の渡しをあとにして、「野菊の墓文学碑」を目指し、出発する。

フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:33 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/矢切の渡し(中)』 ed-2

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、矢切の渡し、野菊の墓文学碑、水元公園、そして、しばられ地蔵をめぐる。

矢切の渡し。
a0289546_727492.jpg
舟は対岸の葛飾柴又側に。
a0289546_730184.jpg
a0289546_7304824.jpg
矢切の渡しの脇に袂に売店がある。
「すみません。舟は向こう側にいるんですが(どのように呼べばいいでしょうか」」と売店の主人に声を掛けた。
「待っていれば、直ぐに来ますよ」と。
更に続けて、「自転車をそこに止められましたが、100円、追加で払えば、舟に乗せてくれますよ」と。
「それはご親切な言葉。ただ、舟に乗ったあと、こちら側で訪ねてみたいところもありますんで、自転車はここに置かせて貰います」。

舟がやって来た。
a0289546_7404240.jpg
新矢切丸、着桟。
a0289546_7413370.jpg
柴又へ向け、離桟。
櫓を操る船頭さん。
a0289546_745377.jpg
客は女性が4人、男性が二人の総勢6名。
船外機が装備されているが、櫓で舟は進んで行く。
船外機は緊急用だろうか、それとも客が少ないから、櫓で漕いでくれているのであろうか。
いずれにせよ、櫓を使って貰えるのは有難い。
静かに舟は進んで行く。

上流方面。
左に丸い屋根の金町浄水場取水塔(とんがり帽子の取水塔は見えておらず)、、中央手前に新葛飾橋、その奥の常磐線鉄橋と重なって見える。
普段は土手から眺める風景ながら、川面から眺める風景はまた格別。
a0289546_95498.jpg
アップで(トリミングです)。
a0289546_17233134.jpg
右岸の彼方に東京スカイツリー、そして、土手のサイクリング・ロードを疾走するローディ。
a0289546_17241743.jpg
アップで(トリミング加工です)。
a0289546_17243297.jpg
櫓で漕ぐ渡しは柴又の乗り場へどんどん進んで行く。
a0289546_1732124.jpg
柴又に着桟。
a0289546_17384525.jpg
5人が下船、小生は折り返しでそのまま乗船、柴又で二人が乗船し、折り返しの客は都合3人。
船頭さんは再び櫓を漕ぎ、矢切へ向かう。

上流方面。
a0289546_17482113.jpg
常磐線鉄橋を電車が渡る。
a0289546_17493776.jpg
柴又から乗って来たのは老夫婦。
小生は前の席、老夫婦は後ろの席。
二人の会話を聞くともなく、聞く。
「ラジカセで矢切の渡しの歌でも流れればいいのにね」とご亭主。
「あら、聞けるわよ」と奥さん。
「細川たかしと、ちあきなおみがあるけど、細川たかしにするわね」と。
スマホで YouTube を検索したことが会話で分かる。
細川たかしじゃなくって、ちあきなおみでお願いします、と言いたいところではあるが、ぐっと我慢。
何故、ちあきなおみか、その訳は下の巻で綴ることとしたい。

細川たかしの歌が流れる。
スマホで、舟の上で歌が聞ける、随分と時代は進歩したものだ。

「きみ、スマホでそういう操作も出来るんだね」とご亭主。
「カメラだって使えるわよ。何だって、使ってみなきゃ、使いこなせないんですからね」と奥さん。
その通りである。

「船頭さん、今日の水量は?」。
「少ない方ですね。何処かの堰で水を堰き止めているのかもしれませんね」。
「ちょうど、田植えの時期だから、そうかもしれませんね」。

「魚はどんなものがいますかね」。
「フナにコイ、ハゼ。アユも遡上して来てきています」。
(帰宅後、「江戸川 アユ遡上」で検索したところ、国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所のHPにアユ遡上の取り組みの記事が掲載されていた)

「矢切の渡しは何度もテレビに登場しますが、船頭さんは何回くらいですか」。
「都心に近いせいもあって、何とか散歩とかの番組が多く、数え切れないくらいです」。

テレビに登場した矢切の渡しで最も印象に残っているのは、NHK「新日本風土記~渡し船~」(2016年12月9日放送)。
まだ、録画が残っているはずなので、もう一度見てみようと思っている。

下流方面。
a0289546_17514147.jpg
北総線鉄橋を電車が渡る。
a0289546_1754513.jpg
矢切が近づいて来る。
a0289546_2053573.jpg
矢切に着桟。
a0289546_2065525.jpg
小生は下船、スマホの扱いが巧みな奥さんとご亭主は再び柴又へ。
a0289546_20135238.jpg


フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:32 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)
2017年 05月 13日

『江戸川ポタリング/矢切の渡し(上)』 ed-1

5月12日(金曜)、晴れ。
jitensha を携え、松戸駅まで輪行。
そこから、矢切の渡し、野菊の墓文学碑、水元公園、そして、しばられ地蔵をめぐった。

何故、急にこのコースのポタリングを思いついたか。
それは、5月初旬、某氏からのメールの中に「2月末か3月初めのNHKの『小さな旅』で松戸を紹介していました。 最初の画面が矢切の渡しで、伊藤左千夫の『野菊の墓』の舞台は松戸だったと改めて知りました」とあったことによる。

矢切の渡しは小説『野菊の墓』でその名が知られ、更に、矢切が『野菊の墓』の舞台でもあることは歌謡曲の『矢切の渡し』がヒットしたときに紹介されたこともあり、矢切は『野菊の墓』の舞台であることは我々の世代の人は誰でも知っていることと思っていたが、このメールを読み、必ずしもそうではないことが分かった。

斯く言う小生とて、矢切と柴又の乗船場から渡し舟を眺めることは幾度かあるが、渡し舟に乗ったことはないし、『野菊の墓』ゆかりの地を訪ねたこともないし、エラソーなことを言えたものではないとも思った。

となれば、<現場主義>の小生、この機会に、矢切の渡しに乗船し、『野菊の墓』ゆかりの地を訪ねておこうと出掛けた。
そして、江戸川沿いにもうひとつ、以前から訪ねてみたいと思っていた水元公園近くの、南蔵院、通称、しばられ地蔵も訪ねることとしたのであった。

松戸駅から江戸川の土手を目指して西へ走る。
普段は土手のサイクリングロードを走るのだが、今回は土手下の一般道を走る。
常磐線、新葛飾橋の下を通り過ぎ、しばらく走ると大きな看板が見えて来た。
a0289546_177519.jpg
「初恋のまち・やきり」と書かれている。
そもそもの「矢切」の読みは、清音の「やきり」である。
由来好きの小生、「矢切」の地名の由来や、清音の「やぎり」から濁音の「やぎり」に変化した経緯などにも興味があり、それらについては、後ほど綴ってみたい。

顔抜き看板コレクション/小説「野菊の墓/民子と政夫」。
a0289546_17145526.jpg
土手の上に上がる。
毎度の江戸川ポタリングで見慣れた標識/「海から16.75km」。
a0289546_17172012.jpg
こちらは「川の一里塚」。
草で隠れてみえないが、下の方に「河口から16.8km」と刻まれている。
a0289546_171868.jpg
残したい『日本の音風景100選』顕彰碑。
a0289546_17285968.jpg
-----------------------------
残したい『日本の音風景100選』
松戸市の「矢切の渡し」が、東京都葛飾区の「柴又帝釈天の界隈」とあわせて、残したい『日本の音風景100選』に、平成8年7月1日、環境庁により認定されました。
この矢切の渡しは、江戸時代に近在の農民が農作業のために利用したものですが、今では、川面に渡る渡し舟と冬のユリカモメ、春のヒバリ、夏のオオヨシキリなどの鳥の声とあわせて江戸川の悠然とした風景にとけこんだ、のどから情緒をかもしだしています。
この碑は、この100選に認定されたことを記念したものです。
周囲の音や風の音を楽しむために、穴を集音型にしましたので、耳や目をあてたりして、ぜひ碑に触れてみてください。
そして、あなたの身近な場所や日常生活の中で、よい音を探して、耳を澄ましてみてはいかがでししょうか、なにか新しい発見があるかもしれません。
松戸市では、騒音を出さないことと、よい音を残していくことを進めていきますので、このよりよい音環境を皆さんと一緒に守っていきたいものです。
平成9年11月3日
-----------------------------

そうした風景に、5年前から東京スカイツリーが加わった。
a0289546_1813533.jpg
アップで。
a0289546_1815567.jpg


フォト:2017年5月12日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-13 23:31 | 江戸川ポタ/矢切~水元 | Comments(0)