カテゴリ:小貝川残桜花見ポタリング( 7 )


2017年 04月 16日

『小貝川残桜花見ポタリング/河口~豊田堰~文巻橋の巻』 kp-7

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。
相棒は、ドラポタ、武衛さん。

コースは、水海道駅~福岡堰~小目沼橋~間宮林蔵生家・記念館~岡堰~豊田堰~河口(利根川合流地点)~布佐駅。

午後2時、岡堰を出発。
小貝川左岸をゴールの河口、即ち、利根川合流地点を目指して走る。
相変わらず、強い向かい風。
天気予報では「昼から所により雷雨」とのことであった。
空は晴れから、明るい曇り、そして、何となく怪しげな空模様に。
「武衛さん、こりゃー、文巻橋で切り上げ、藤代駅から輪行とするのが賢明のよう」。
「そうしませう」。

午後3時少し前、文巻橋西詰に至る。
ゴールまで残り約10kmであるが、雨に降られては元も子もない。
文巻橋からJR常磐線藤代駅へ向かう。
藤代駅の50mくらい手前で、雨がパラ、パラ、パラと。
急ぎ、駅へ。
濡れることなく、藤代駅に到着。

本来なら、反省会ということになるのだが、この日は元々、反省会はなし、としていたので、そのまま、輪行にて帰館。

自宅に到着して、つらつら考えるに、この日、4月15日のポタは、小生、68歳最後のポタであった。
天気の都合とはいえ、予定通りのゴールに至らず、記念すべき(???)ポタリングは何となく中途半端に終わってしまった。
ということで、残りの区間を走るべく、翌16日、再び、小貝川へ出掛けることにした。

4月16日(日曜)、晴れ。
満69歳初日ポタリング。
前日、15日は小貝川上流から下流へと走ったが、この日は下流から上流へ走ることにした。

手賀沼北岸~手賀川左岸~布佐~栄橋(利根川)を走り、小貝川河口に至る。

手賀沼北岸、ビオトープ付近で営巣中のコブハクチョウ。
右の藪の中と左の水上に白く見えるのがコブハクチョウのカップル。
a0289546_6405998.jpg
右側、巣の上のコブハクチョウをアップで。
a0289546_6424699.jpg
左側、泳ぎながら監視中のコブハクチョウをアップで。
a0289546_6432694.jpg
いつも心地のいい、さえずりを聞かせてくれるホオジロのシルエット。
たまたま、逆光だったんだけどね。
a0289546_7261244.jpg
縄張りを見張り中の、モズ。
a0289546_7275340.jpg
布佐の町を経由して、利根川に架かる栄橋を渡る。
利根川右岸を走る。
a0289546_732259.jpg
小貝川河口、利根川との合流地点を眺める。
a0289546_7323068.jpg
小貝川左岸を走る。
小貝川の最下流に架かる橋、戸田井橋東詰を過ぎ、豊田堰に至る。
a0289546_7383928.jpg
a0289546_7385066.jpg
豊田堰を左岸から右岸へ渡る。
堰を流れ落ちる水を眺める。
前日、岡堰で見たような鯉の群れや鯉の流れ落ちはないかと覗き込むも、そうした光景は見えず、ただ、水が勢いよく流れ落ちるだけ。
a0289546_741026.jpg
a0289546_7411731.jpg
満々と水を湛えた豊田堰。
a0289546_953376.jpg
a0289546_956527.jpg
ズームアップ。
堰に流れ込む川幅はこれくらい。
a0289546_9563053.jpg
筑波山を借景とする福岡堰や中島や水神岬を有する岡堰に比べると、豊田堰は殺風景である。

秋、堰に水が溜まっていない頃の風景は、第6話で貼り付けた2010年10月27日付けブログ『小貝川/豊田堰"水事情"視察』 をご覧いただきたい。

小貝川右岸を遡る。
jitensha を止め、豊田堰を眺める。
a0289546_1053715.jpg
更に遡り、川の流れを眺め、豊田堰を遠望する。
a0289546_1010149.jpg
今日の jitensha。
a0289546_10101190.jpg
JR常磐線の鉄橋をくぐり、文巻橋に至る。
これで、前日に予定していたコースを完走となった。

小貝川サイクリングロードから外れ、JR藤代駅に至る。
さて、ここから輪行で帰えろうか、自走で帰ろうか?
69歳初日のポタリングである。
自走で帰ろう!

旧水戸街道/藤代宿を抜け、取手方面へと走る。
この道は「旧水戸街道ポタリング」で走ったことがあり、馴染みのある道だ。
国道6号線(水戸街道)を横切り、JR常磐線の踏切を越える。
この踏切の名称が好きだ、
「旧陸前浜街道踏切」。
a0289546_10205134.jpg
陸前浜街道は、「街道」の名称が付されるところから、江戸時代の街道と混同・錯覚されることがあるが、通称や俗称的なものでもなく、明治政府により、明治5年(1872年)4月29日に定められた公道名である。(出典:ウィキペディア)

「旧水戸街道」。
こちらは江戸時代の街道名を記す標柱。
a0289546_1031619.jpg
--------------------------
水戸街道は江戸時代に江戸と水戸を結ぶ重要な街道でした。
日本橋を起点に千住で日光街道から分岐して、新宿・松戸・小金・我孫子・取手・藤代・若柴・牛久・荒川沖・中村・土浦・中貫・稲吉・府中・竹原・堅倉・小幡・長岡の各宿を経て、水戸城下に至りました。
取手市域では、現在の大利根橋付近で利根川を渡り、取手宿に入り、吉田村を経て、水田地帯の道を真直ぐに藤代宿に達し、東に折れ、さらに北へ向かい、宮和田村の小貝川の渡しに着きます。
--------------------------

利根川に流れ込む相野谷川に架る土橋東詰の道標。
「水戸十八里」、反対側には江戸十一里」と刻まれている。
「来應寺」とは、左折し、相野谷川沿いにある寺である。
a0289546_10381292.jpg
取手の町を通り抜け、利根川に架かる利根大橋を渡り、帰館。

こうして、「小貝川残桜花見ポタ」は、天気のお陰(お陰と言ってよいだろう)で、68歳最後のポタ+69歳最初のポタに仕上がった次第である。

走行距離。
4月15日:40km、16日:44km。
(参考)小貝川/福岡堰~河口(利根川合流地点)の走行距離は約42km。

68歳、最後のポタリングにお付き合い戴いた武衛さんに感謝!である。
そして、アーカイブから登場した、2010年の大給守さん、2013年の伊豆守さん、南国守さんにも感謝!である。

フォト:2017年4月16日

(完)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-16 23:31 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/岡堰の巻/其の二』 kp-6

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。

岡堰。
ジョギングおじさんに教えてもらった「鯉の流れ落ち」を楽しんだのち、堰に浮かぶ「中島」と「水神岬」へ。

中島。
間宮林蔵と岡堰、明治期の岡堰、昭和期の岡堰、現在の岡堰の歴史が、この中島に凝縮されている。
間宮林蔵像。
a0289546_1835083.jpg
明治期の岡堰。
a0289546_1852732.jpg
昭和期の岡堰。
a0289546_187978.jpg
現在の岡堰に携わった人たちに関わる碑。
a0289546_1883183.jpg
その裏面。
a0289546_1884079.jpg
以前は、岡堰の歴史と変遷が書かれた掲示板があったのだが、あるのは掲示板の枠のみで、枠内の記述は失せていた。

ということで、岡堰の歴史と変遷の詳細については、2009年9月22日に訪ねたときのことを綴った、こちらをブログをどうぞ。『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/下総国岡村編』 第16話

中島から、少し上流に位置する水神岬へ向かう。

水神岬。
水神社と岡堰築造記碑。中島を眺める。
a0289546_18303859.jpg
アップで。
a0289546_18305915.jpg
水神岬の残桜。
a0289546_18323815.jpg
a0289546_18324863.jpg

2009年3月27日の大給守さんと小貝川花見ポタリングをしたときは、沿線の桜はまだ蕾であったが、ここ水神岬でようやく開花した桜を見ることが出来たのであった。
そのときの桜は、こちらのブログをどうぞ。
『小貝川CRポタ with 大給守殿』 第5話

前回、2010年の水神岬の桜は開花が始まったばかりで<花見下見ポタリング>あった。
今回の水神岬の桜は残桜、まさに<残桜花見ポタリング>であった。
8年の歳月を経て、水神岬で、二度目の<花見>。
満足!

「8年前と同じ枝の桜をカメラに収めましたよ」と大給守さんに報告しておこう。

水神社と「岡堰築造記碑」。
a0289546_1272967.jpg
「岡堰築造記碑」。
a0289546_1275152.jpg
アップで。
a0289546_129484.jpg
以前と比べ、全体的には綺麗に整備されているが、「岡堰築造記碑」の文字は苔であろうか汚れであろうか、文字は判読し辛い状態になっている。

2010年の<花見下見ポタリング>の前年の秋に挙行した「伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて」で、中島の石碑と水神岬の石碑の内容を確認のため、連続して二度、岡堰を訪ねたことがあった。
その二度目のときのことを綴ったブログを、前掲の中島の石碑と水神岬の石碑の解説として、どうぞ。
『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/下総国岡村編』 第18話

4月の福岡堰や岡堰、豊田堰の「小貝川三大堰」は田植えの時期を控え、満々と水を湛えているが、秋に見た三つの堰はいずれも川幅だけで、露出した堰の低地は緑の草に覆われている。
そんな話を、今回の同行者、武衛さんに話した。

その風景は、2009年9月20日と同年10月17日の様子を綴った、こちらのブログをどうぞ。
『福岡堰&岡堰/水事情視察』
『小貝川/豊田堰"水事情"視察』

午後2時、岡堰を出発。
小貝川左岸をゴールの河口、即ち、利根川合流地点を目指して走る。
相変わらず、強い向かい風。
天気予報では「昼から所により雷雨」とのことであった。
空は晴れから、明るい曇り、そして、何となく怪しげな空模様に。
「武衛さん、こりゃー、文巻橋で切り上げ、藤代駅から輪行とするのが賢明のよう」。
「そうしませう」。

午後3時少し前、文巻橋西詰に至る。
ゴールまで残り約10kmであるが、雨に降られては元も子もない。
文巻橋からJR常磐線藤代駅へ向かう。
藤代駅の50mくらい手前で、雨がパラ、パラ、パラと。
急ぎ、駅へ。
濡れることなく、藤代駅に到着。

本来なら、反省会ということになるのだが、この日は元々、反省会はなし、としていたので、そのまま、輪行にて帰館。

自宅に到着して、つらつら考えるに、この日、4月15日のポタは、小生、68歳最後のポタであった。
天気の都合とはいえ、予定通りのゴールに至らず、記念すべき(???)ポタリングは何となく中途半端に終わってしまった。
ということで、残りの区間を走るべく、翌16日、再び、小貝川へ出掛けることにした。

フォト:2017年4月15日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:36 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/岡堰の巻/其の一』 kp-5

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。
岡堰に向け、小貝川左岸を走る。

「後ろから、車が来ま~す」、「もう1台、来ま~す」、「3台目も来ま~す」。
後ろを走っている武衛さんの声掛けあり。
車に追い越されるとき、緊張する。
そして、車が追い越し、過ぎ去ったとき、ほっとして、若干、右側にぶれるときがある。
連続して追い越されるとき、例え、若干でも右にぶれたら危ない。
武衛さんの声掛けに感謝!である。

小貝川沿いのサイクリングロードはおおむね専用であるが、時々、一般道となるときがある。
因みに、稲豊橋と岡堰の区間は、右岸は専用、左岸は兼用である。

岡堰を左岸から右岸へ渡る。
jitensha を止め、田植えの季節を控え、満々と水を湛えている堰の上流側を眺める。
a0289546_6113627.jpg
jitensha は倒れたのではなく、風が強いので、風で倒れるのを避けるため、倒して止めたのである。
この写真を見ながら思うこと、それは武衛さんの倒し方が格好よく、これが正しい倒し方であったなあということである。

満々と水を湛えた堰に浮かぶ「中島」。
中島は桜色である。
a0289546_616346.jpg
アップで。
a0289546_620630.jpg
堰を流れ落ちる水。
a0289546_627692.jpg
a0289546_6272737.jpg
下流側の流れも眺める。
a0289546_6414781.jpg
♪あーあー 川の流れのよーにー...♪の歌が頭を過ぎる。

ジョギングおじさんと歓談中の武衛さん。
a0289546_6443770.jpg
a0289546_6444717.jpg
ジョギングおじさん曰く「堰の流れのところに鯉が集まっているのが見えるでしょう。時々、この鯉が流れ落ちることがあるんです」と。
先ほど、堰の流れを眺めたときは全く気づかなかった。
流石、地元の人である。

目を凝らして、堰の流れのところを見る。
確かに、鯉が群れている。
a0289546_6585073.jpg
一匹の鯉が落ちそうになりながら、必死にこらえ、セーフ!
a0289546_659311.jpg
鯉の群れは右から左へと移動していく。
一ヶ所に留まることは難しく、斜めになって流れの力を交わしているようだが、堰に沿って右から左へ流されているようだ。
a0289546_6593630.jpg
真ん中辺り。
a0289546_6595344.jpg
左端で群れる。
a0289546_774631.jpg
一匹、落ちそうになるが、セーフ!
a0289546_7154758.jpg
a0289546_716144.jpg
二匹ばかり、流れ落ちる姿を見ることが出来た。

流れに必死に堪える鯉は、大河、利根川を泳ぐチャンスを捨てている。
流れ落ちた鯉は、下流の豊田堰を越えることが出来れば、利根川を泳ぐことが出来るのである。
さて、どちらが幸せか...。

「鯉の滝登り」ならぬ、「鯉の流れ落ち」の瞬間をカメラに収めることは出来なかったが、岡堰の春の風物詩を味わわせてもらった。
ジョギングおじさんに感謝!である。

右岸に渡り、堰に浮かぶ「中島」、「竜神岬」へ向かう。

フォト:2017年4月15日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:35 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/間宮林蔵生家と記念館の巻』 kp-4

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。
小貝川左岸を走る。

間宮林蔵生家、間宮林蔵記念館。
a0289546_19293479.jpg
林蔵さん、お久しぶりです。
a0289546_193066.jpg
間宮林蔵記念館に入る。
入館料、65歳以上 50円也。
a0289546_19303211.jpg
先ず、DVDのスイッチをオン。
間宮林蔵樺太探検を切り絵紙芝居で描いた映像を見る。
そして、展示物を見る。
以前と変わりない。
変わりないことがよいことである。

林蔵さんの後ろ姿。
そして、左端に、武衛さんの後ろ姿。
a0289546_19312917.jpg
生家。
a0289546_19314526.jpg
生家の東隣りで翻る鯉のぼり。
a0289546_1932043.jpg
懐かしの、看板。
「武衛さん、この看板、前回、見たときから比べると更に文字が薄くなっていますが、歴史を示す看板です。『林蔵最中 痛罵の栗坊や 伊奈町上平柳店 本店/取手駅前 御菓子司 青柳』の右側に『科学博記念銘菓』とあります。科学博は1985年のつくば万博のことです。リニアモーター・カーやケーブルをいっぱい装着した二足歩行のロボットが登場。今や、リニアモーター・カーや二足歩行ロボットは現実のものとなりました」。
a0289546_19343447.jpg
アップで。
a0289546_1935190.jpg
「上総さん、2月の『祝!稀勢の里優勝横綱昇進記念牛久鰻ポタ』のときに立ち寄った若柴宿の星宮神社で鳥居の注連縄にぶら下がった藁細工は何を意味しているのだろう?ということでしたが、それに似たものがぶら下がっていますよ」。
「どれどれ」と道の脇に鎮座する神社の鳥居を眺める。
「星宮神社のものとよく似ていますね。カメラに収めておきましょう」。
a0289546_19492756.jpg
a0289546_19493938.jpg
「藁細工には『白雪』と墨書されていますね」。
「藁細工には、神酒奉納の意味があるのかもしれませんね」。
「それも踏まえ、龍ヶ崎市役所に星宮神社の藁細工の意味を聞いてみることにします」。

再び、土手の道に上がり、小貝川を眺めながら走る。
「さっきの神社は水神社とばかり思い込んでいましたが、鳥居の扁額は八幡宮となっていましたね」。
「隣りに鎮座していた神社は水神社でした」。
「やっぱり、そうでしたか」。
小貝川沿いには水神社が多く、神社を見ればすべて水神社と思い込んでいたようで、八幡宮は<新発見>であった。

2009年9月22日に訪ねたときのことを綴った、こちらもブログをどうぞ。
『林蔵最中 痛罵の栗坊や 伊奈町上平柳店 本店/取手駅前 御菓子司 青柳』の看板の『科学博記念銘菓』の文字はまだ薄れておらず、今回の薄れ方を見て、8年の歳月を感じるのである。
水神社はしっかりとカメラに収めているが、八幡宮には全く触れておらず、水神社で頭がいっぱいであったことを示している。
『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/常陸国上平柳村編』 第14話

旧水戸街道若柴宿/星宮神社の鳥居の注連縄にぶら下がった藁細工については、今年2月12日のポタリングのことを綴った、こちらのブログをどうぞ。
このブログの後半に星宮神社の藁細工が登場します。
『祝!稀勢の里優勝横綱昇進記念牛久鰻ポタ』 第3話

小貝川左岸を走り、間宮林蔵ゆかりの地、岡堰へ向かう。

フォト:2017年4月15日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:34 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/間宮林蔵ゆかりの地、専称寺の巻』 kp-3

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。
小貝川左岸を走る。

稲豊橋に至る。
この辺りの地名は「狸渕(むじなふち)」。

土手下の道を走る。
この辺りの地名は「上平柳」。
間宮林蔵の生誕地である。

間宮家菩提寺、専称寺。
a0289546_6214782.jpg
a0289546_6221262.jpg
間宮家の墓。
向かって左/間宮林蔵の墓、道/両親の墓。
a0289546_6263981.jpg
当寺の間宮林蔵の墓は生前墓。
もうひとつの墓は、深川にある。
深川の墓所については、2009年9月19日に訪ねたときのことを綴った、こちらのブログをどうぞ。
『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/江戸編』 第8話
『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/江戸編』 第9話

顕彰碑「間宮先生埋骨之處」。
a0289546_629938.jpg
a0289546_6292121.jpg

専称寺の墓所と顕彰碑の詳細については、2009年9月22日に訪ねたときのことを綴った、こちらのブログをどうぞ。
『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/常陸国上平柳村編』 第11話

間宮林蔵生家へ向かう。

フォト:2017年4月15日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:33 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/沈下橋、小目沼橋の巻』 kp-2

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。
福岡堰から小貝川右岸を下流に向け、走る。
向かい風である。

小目沼橋に至る。
小目沼橋は、右岸/つくばみらい市平沼と左岸/同市下小目に架かる木製の沈下橋。
つくばみらい市といっても、木製の沈下橋が架かる鄙びた雰囲気は出ない。
筑波郡谷和原村の平沼と下小目に架かる沈下橋と、合併前の旧名でいった方が雰囲気が出る。

「武衛さん、ちょいと演出しますんで、合図するまでここで待っていてください。ご覧の通り、欄干はないので、横風、突風で川に落ちないように気をつけてください」。
そう言い残し、上総が先に右岸から左岸に渡る。
左岸から「ヨーイ、スタート!」の合図を出す。
a0289546_0232920.jpg
a0289546_0233984.jpg
a0289546_0235087.jpg
橋の上からスマホ・カメラで右岸の風景を撮る武衛さん。
a0289546_0275998.jpg
橋の下からスマホ・カメラで木製の沈下橋の構造を撮る武衛さん。
a0289546_0285348.jpg
「橋の下から煽った構図で今日の jitensha を撮るのが恒例なんですけど、今日は風が強く、jitensha が倒れて、川にドブンになってはいかんので、普通の、今日の jitensha にしておきましょう」とくっちゃべりながら、今日の jitensha を撮る。
a0289546_030517.jpg
左岸、土手の上のサイクリングロードから小目沼橋を眺める。
a0289546_0365642.jpg

2月半ば、「祝!稀勢の里優勝横綱昇進記念牛久鰻ポタリング」と題し、藤代から牛久まで走った際、小貝川に架かる文巻橋を渡った。
そのとき、橋から上流、下流を眺めながら、「ドラポタでは2010年に大給守さんと、2013年に伊豆守さん、南国守さんと小貝川をポタリングしたけれど、武衛さんとは未だなので、いずれ、近いうちに小貝川ポタリングを企画します」ということにした。
それが、この日、叶ったのであった。

小貝川は、福岡堰の景色、間宮林蔵ゆかりの地、岡堰の景色などお気に入りの場所はいろいろあるが、最も気に入っているのは、この木製の沈下橋、小目沼橋である。
そこへ武衛さんを案内でき、嬉しく思うのであった。

これまで幾度が小貝川をポタリングしているが、そのうち、次の三つの「小貝川/小目沼橋」の様子をここに掲載しておこう。

2009年6月7日に挙行した「小貝川/沈下橋と大堰を訪ねて」 第4話。
これは、初の小貝川ポタリングで、一人ポタであった。
「小貝川/沈下橋と大堰を訪ねて」 第4話
「小貝川/沈下橋と大堰を訪ねて」 第5話

2010年3月27日に挙行した「小貝川CRポタリング with 大給守殿」 第4話。
これはドラポタを結成した翌年春、大給守さんと共に。
花見を兼ねての小貝川ポタリングであった。
「小貝川CRポタリング with 大給守殿」 第4話

2013年6月8日に挙行した「麦秋の小貝川を走る」(小目沼橋関連写真は#1、2、6、7、8)。
これはドラポタ・メンバー、伊豆守さん、南国守さんと共に。
「麦秋の小貝川を走る」

こうして小貝川ポタリングの記録を紐解いてみて、今回の小貝川ポタリングは2013年6月以来の約4年ぶりであることが分かった。

小貝川左岸を下流に向け、走る。
下流から小目沼橋を眺める。
a0289546_1435389.jpg
アップで。
a0289546_144335.jpg

小貝川左岸を走り、次は間宮林蔵ゆかりの地を目指す。

フォト:2017年4月15日
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:32 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/福岡堰の巻』 kp-1

4月15日(土曜)。
久しぶりに、小貝川へ。
題して、「小貝川残桜花見ポタリング」。
福岡堰、そして、岡堰の中島と竜神岬の残桜を期待して。

天気予報では、晴れ、南西の風やや強く、昼から所により雷雨。
午後からの天気が気になるが、まあ、それはそれとして。

メンバーは、ドラポタ、武衛さんと上総。

関東鉄道/水海道駅。
今日の jitemsha、左/武衛さん、右/上総。
a0289546_6282572.jpg
これまで幾度か、小貝川をポタリングした。
これまでは、我孫子から守谷を経由して小貝川に架かる稲豊橋へ、或いは、利根川に注ぐ小貝川河口から遡上するというコースであったが、今回は水海道駅から小貝川に架かる大和橋へ、という初めてのルートを取ることにしたのであった。

小貝川に架かる大和橋を渡り、小貝川左岸を遡上する。
a0289546_6484899.jpg
走るのは、未舗装の道ではなく、舗装路の一般道を。
小貝川沿いは、土手に、ほぼ全区間、サイクリングロードが整備されているが、この辺りは未整備で、河川敷に整備された道を走る jitensha もある。

福岡堰。
桜並木で、今日の jitensha。
a0289546_6531882.jpg
疎水に浮かぶ、花筏。
a0289546_705233.jpg
a0289546_71279.jpg
疎水に浮かぶ、花筏ならぬ、カヤック。
a0289546_7115888.jpg
左岸から右岸へ堰を渡る。
田植えの季節を控え、堰の上流は満々と水を湛えている。
a0289546_7195556.jpg
借景の、筑波山。
今日は、霞んでいるが...。
a0289546_722580.jpg
堰を流れ落ちる水。
a0289546_72868.jpg
いつも気になる、遠くに見える不思議な建物をズームアップ。
a0289546_7305311.jpg
ローディー3人が通り過ぎる。
景色を眺めることもなく...。
a0289546_73151100.jpg
小貝川右岸を下る。
ゴールは小貝川河口、利根川合流地点。
雷雨にならなければそういう予定なのだが、空模様を眺めながら臨機応変にと思いながら...。

フォト:2017年4月15日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:31 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)