龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ドラポタ佐久平支部便り( 7 )


2017年 07月 04日

『諏訪/下駄スケート発祥の地』

7月3日、輪友、大給守さんから「諏訪へ行って来ました」とのメッセージと共に、”下駄スケート発祥の地”の写真が送られて来た。
a0289546_992757.jpg
a0289546_994192.jpg

なかなか、いい像である。
下駄スケートを履いて滑っている子供の、生き生きとした様子が伝わって来る。

下駄スケート発祥の地。
1906年(明治39年)、長野県下諏訪町の飾り職人、河西準乃助が、外国製のスケート靴を模して下駄の底に鉄製の刃をつけた下駄スケートを発明した。
下駄スケートの流行により、スケートが日本国内に急速に広まった。
1908年(明治41年)、諏訪湖で下駄スケートによるスピードスケートの「諏訪湖一周スケート大会」が開催された。
現在のような革製のスケート靴に完全に取って代わられる昭和30年代中頃まで一般的に使われていたという。
(出典:ウィキペディア、抜粋)

こうしたモニュメントは正面から撮って終わりというのが通例であろうが、背面からも撮ってみようという発想が素晴らしい!
惜しむらくは、諏訪湖の湖面に下駄スケートの下端を合わせていたら、更に良い写真になっていたんじゃないかと思うのであった(ヒョーロン家であるから、何とでも言えるのであるが...)。

この「下駄スケート発祥の地」の写真を見て、思い出したことがある。
それは、この4月、京都三条大橋の袂で「駅伝の碑」を見たことである。
ここ数年、毎年、三条大橋の袂あたりを歩いているのだが、今年初めて、斯様な碑があることに気付いたのであった。
a0289546_9412118.jpg
------------------------
駅伝の歴史 ここに始まる
我が国、最初の駅伝は、奠都50周年記念大博覧会「東海道駅伝徒歩競争」が大正6年(1917年)4月27日、28日、29日の3日間にわたり開催された。
スタートは、ここ京都・三条大橋、ゴールは、東京・上野不忍池の博覧会正面玄関であった。
------------------------

ということは、上野不忍池の畔にも同様の碑があるはずと思い、調べてみた。
あった。
写真によれば、三条大橋の碑と同じデザインである。
時々、不忍池に行くことがあるが、この碑を目にした記憶はない。
京都だけでは片落ち、上野へ<取材>に行かねば。

「駅伝の碑」に「奠都(てんと)」の言葉が使われている。
「奠都」と「遷都」についても述べてみたいが、長々となるので、これは別の機会としたい。

大給守さんからの「下駄スケート発祥の地」をヒントにして、「発祥の地」シリーズをやってみたいとも思った。

フォト#1、#2:2017年7月某日(大給守殿提供)
フォト#3:2017年4月2日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-04 23:31 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
2017年 03月 22日

『ドラポタ佐久平支部便り/来年はシーズン券 2017.3.22』

3月22日(水曜)。
3月17日、彼岸入り、20日、中日(春分の日)、23日、彼岸明け。
暑さ寒さも彼岸まで、というが、昨日、今日は寒い。
そんな天候ながら、気象庁は、3月21日、 東京で桜が開花したと発表した。
桜は健気。
やっぱり、暑さ寒さも彼岸まで、なのである。

そんな中、昼頃、佐久の隠居、大給守殿から、写真を添えて、スマホ電子飛脚便が到来。
--------------------------
彼岸の中日が過ぎましたが、昨夜は雪、まだまだ、冬用タイヤです。
今日も朝から小海リエックスで滑っています。
来シーズンはシーズン券を買うつもりです。
a0289546_04411100.jpg
----------------------------

シーズン券って、幾らなんやろ?と、小海リエックスのホームページを開いてみた。
大人 38,000円
子供・マスター(50歳代) 28,000円
キッズ(小学生未満)・シニア(60歳以上) 18,000円

キッズ・シニアの1日券、平日は1,500円、土日祝日は2,000円 となっているから、10日も通えば、ペイする計算となる。
やっぱり、お得!

シーズン券 来期のプランも しっかりと  霹靂火
シーズン券 なくても あんたは 顔パスよ 霹靂火

さあ、こちとらは、信州の雪解け後に備え、「信濃国史跡めぐり/国府跡・国分寺跡・総社を訪ねて」のプランを固めていこう。
時期は、4月中旬から下旬にしようか、それとも、5月の連休明けにしようか。
桃の花は5月の連休頃に咲くとのことだから、5月がよいかも。
ドラポタ佐久平支部長、大給守殿の意見と都合も確認し、ドラポタのメンバーの武衛殿、南国守殿、伊豆守殿の都合も確認しながら、「信濃国史跡めぐり」の企画をまとめていこう。

フォト:2017年3月22日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-03-22 23:51 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
2017年 03月 16日

『ドラポタ佐久平支部便り/スキー大会 2017.3.16』

3月16日夕、大給守さんからドラポタ佐久平支部便りが到来。

------------------------
方々
毎朝、屋敷から八ヶ岳方面を眺め、小海リエックスのゲレンデが晴れていることを確認してから出発することにしています。
今朝は、ゲレンデの上に雲ひとつ無く、視界良好、絶好の滑走日和。

リフト運転開始の8:30に小海リエックスに到着。
何と、本日16日から19日までコース規制が。
「16日・17日は午前中Bコース→Hコースが一部規制、18日・19日は終日Fコース一部→Lコース閉鎖とさせていただきます」との表示あり。
リフト乗り場で確認すると、大学歯学部の全国大会が開催されるとの事。

スタート地点には、北海道、新潟、関東地区の大学歯学部スキー部の旗が掲げられ、気合いが入っておりました。
本日は、スーパーGの公開練習、明日は本番、その後、大回転、回転と、競技は19日まで行われます。
参加大学約20校、参加者約200名。
宿泊は小海リエックスホテル。

スキー場の規制情報を確認している客がいるようで、目的地を変更して他のスキー場へ向かったようで、競技終了後は一般客は少なく、学生は昼飯後は上がり、午後の練習の学生は皆無。
期せずして、空いているバーンで、高速滑走を33本。
大給
--------------------------------

添付写真は、これら3葉。
a0289546_2212613.jpg
a0289546_2213717.jpg
a0289546_2215133.jpg

大給守さんは、昨年末で隠居、江戸近郊浦安屋敷を引き払い、国許へ。
以後、周辺のゲレンデでスキー三昧。
最近は、もっぱら、屋敷から遠望出来る”小海リエックス・スキーバレー”を愛用。

情報化社会、小海リエックスのホームページを見ると、ゲレンデ規制情報が掲載されている。
屋敷から八ヶ岳方面を眺め、小海リエックスのゲレンデの天候が分かるということだから、ネットで情報を確認するまでないが、学生のスキー大会までは視認できないのもまた事実である。
だが、兎にも角にも、屋敷近くは、スキー好きにはたまらん環境にあるということである。
屋敷からスキー場を遠望し、天気が確認出来るというのは、湘南で、家から波の状態を見て、海岸へ向かうサーファーの話と共通するところがある。

彼のメールに途中で「大学歯学部の全国大会が開催されるとの事」との記述があらわれる。
ははーん、これは、何故、大学歯学部のスキー大会がこの小海リエックスで開催されているかということが後半に述べられるんだろうな思いながら、読み進んだ。
だが、それには触れられていなかった。

ということで、小生がそれに触れておきたい。
省エネ時代なので、2014年9月14日付けマイ・ブログを引用することとしたい。

------「佐久平&八ヶ岳山麓の旅/第8話/八峰の湯と松原湖畔」より抜粋-----
松原湖畔の南側に車を止める。
湖畔には松原諏方神社のほか、幾つもの神社が点在しており、是非、訪ねてみたいと思っていた、歯の神様、「白山宮」もその中のひとつである。
松原諏方神社上社を起点に逆時計廻りで湖畔を歩く。
f0339895_5121210.jpg
繋がれたボート。
並んだものが好きだ。
f0339895_5142423.jpg
浮かぶボート。
f0339895_5144043.jpg
6隻だ。
5隻でこの形なら、龍岡城五稜郭と呼応するのだが...。

湖と彼方の山々。
f0339895_529280.jpg
天気のよい日には、赤岳、横岳、硫黄岳、夏沢峠、天狗岳などが見えるという。

松原諏方神社上社から、弁財天神社、八幡神社、子安神社、稲荷神社、熊野権現宮、松原諏方神社下社を巡り、念願の、歯の神様、白山宮に至る。
f0339895_5435747.jpg
f0339895_5441044.jpg
数ヶ月前、某テレビ番組で「松原湖の白山宮は歯の神様です。歯の悪い人や歯学部志望の受験生などがお参りしています」と報じていた。
何故、白山宮が歯の神様なのかについての言及はなかった。
調べてみた。
ここ松原湖の白山宮に限らず、各地の白山神社も歯の神様と言われているところがある。
「白山(はくさん)」は「歯苦散(はくさん)」に通じ、歯の痛み、苦しみを散らしてくれるとのことだ。
これを聞き、機会あるときに訪ねてみたいと思い、今回、念願が叶った次第である。
------------------------------

小海リエックスと松原湖は目と鼻の先。
スキー大会の開始前、或いは、終了後に、大学歯学部の選手諸君は、松原湖畔の白山宮に参拝することであろう。

彼のメールの最後に、「期せずして、空いているバーンで、高速滑走を33本」とある。
前回、50本というメールもあった。
元気一杯!
ピョンチャン冬季オリンピック<シニアの部>への出場も夢ではないだろう。


フォト#1~#3:2017年3月16日、大給守殿提供
フォト#4~#9:2014年9月5日(アーカイブより)
[PR]

by ryujincho | 2017-03-16 23:51 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(0)
2017年 03月 01日

『ドラポタ佐久平支部便り/杉の木山出し 2017.2.22~3.1』

2月22日午前、大給守殿よりドラポタ佐久平支部便りが到来。

方々
某、本日は杉の間伐材の山出し日、風も無い山の日当りの良い斜面で作業中。
長さ8m~10mの木を6mに切り揃え、3本まとめてロープに縛り、道路まで引き出します。
1本70~80kgはあります。
春に枝を払い皮を剥いてもらってあり、斜面は良く滑ります。
木こり大給

同日夕方、追伸が到来。

方々
杉の間伐材の山出し終了。
急な山の斜面を300m程、1回に3本の杉の木を引っ張りおろし、
急な斜面を登り同じことを7回くり返し、へとへとになりました。
山仕事は重労働です。
a0289546_1624143.jpg
鋸では効率が良くなく、重労働。
チェーンソーの購入を検討開始しました。
大給

同日、南国守殿返信。

大給守殿
山仕事が重労働なのは、山によく行く身としてはよ~く分ります。
畑仕事、山仕事、スキー、歴史の勉強会とリタイアー後の生活を満喫していますね。
南国

同日、上総より返信。

大給守殿
木を切りて 庵を編みて 酒を汲み 霹靂火
ログハウスの別荘に招待されるんじゃないかと思い居ります。
上総

2月25日、武衛さん、上総にて八重洲/玉乃光酒蔵で一献時、大給守さんの木こり仕事も話題に。
チェーンソーの購入検討ということは、鋸で切り倒したということじゃろうね。
鉞じゃ金太郎だし。
切り出した杉の木は、何処で何に使うんじゃろうか?
ログハウスをおっ建てるには相当の本数を切り出さねばならんし、搬送も大変じゃろうし。
その他、諸々(記述、省略)。

2月28日、玉乃光談義を踏まえ、大給守さんと電子飛脚弁にてQ&A。
「切り出した杉の木は?」。
「屋敷の庭の植木の支柱に。鎌倉、瑞泉寺庭園の支柱作りに挑戦してみたいと思っております」。

あれはいつの頃であったか。
大雪が降り、屋敷の庭の松の枝が折れてしまったと。
で、鎌倉ポタリングの際、瑞泉寺の梅の木の支柱について、ケンキュー。
その後も、各地をポタリングの途中、寺社境内、公園などの支柱をケンキュー。
折角の機会なので、小生も一緒に支柱をケンキュー。
一本支柱、三本支柱、八つ掛け支柱、布掛け支柱、鳥居支柱、T字支柱などなど。
中でも、梅の枝を支えるT字支柱は横木と縦木を嵌め込み式にして棕櫚で巻くなど、芸術的なまでに「いい仕事」をしている支柱を多く見掛けた。

3月1日、大給守殿より来信。

方々
チェーンソー、購入しました。
スウェーデン、ハスクバーナの小型チェーンソーです。 
排気量40.9CC、 出力1.5KW 毎分9,000回転。
小型ですが、良く切れます。
チェーンソー専門店で購入し、店での試し切り。
直径40cmの丸太切断は約30秒。
今回の直径12~13cmだと、人力ノコギリでは全部切断するに半日はかかりそうですが、チェーンソーなら約10秒です。
a0289546_17131388.jpg
大給

ハスクバーナ製チェーソー。
電脳網で検索、カタログを見てみた。
一般向けチェーンソー/135e 
排気量 40.9cm2
出力 1.5kw
本体重量 4・8kg
価格 ¥〇〇、〇〇〇.-(税抜き)
大給守さんが購入したのは、多分、これだな。
結構、安いやん。

パーツは、バー(刃)やチェーンなどなど。
アクセサリーは、ヘルメット、防護服、防護手袋、バイザーサングラス、防護靴などなど。

植木の松ちゃん、梅ちゃん、藤ちゃんたちが「大将、いい道具ですね。いい腕ですね。いい仕事してますね」と喜ぶような支柱が仕上がるであろう。
怪我だけはくれぐれも気をつけて。

フォト:2017年2月22日、3月1日(大給守殿提供)
[PR]

by ryujincho | 2017-03-01 23:31 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
2017年 02月 15日

『ドラポタ佐久平支部便り/佐久平一望/2017.2.15 』

2月15日、大給守殿より「佐久平一望」と題し、佐久平支部便りが届いた。
------------------------------
方々
小海リエックスのゲレンデも空いています。
添付フォトで、臼田稲荷山公園のロケット展望台を探して下さい。
大給
a0289546_0301778.jpg
-------------------------------

昔、小海リエックスでゴルフをしたことがあるなあ。
そして、2014年の秋は、高峰高原下りま専科+佐久平+中山道茂田井宿~岩村田宿+旧志賀村+小諸+八ヶ岳と盛り沢山なポタリングだったなあ。
その途中、臼田稲荷山公園のロケット展望台を訪ねたなあ...。
「秋の信濃路ポタ/佐久平みち/コスモタワー」

地図上で、小海リエックス・スキーバレー/臼田/浅間山の位置関係を確認し、写真に当てはめると、臼田稲荷山公園のロケット展望台の位置はおおよそ、見当が付いた。

暖かくなったら、再び、信濃路をポタリングしてみたい。
今度は、「信濃国史跡めぐり」で、国府跡、国分寺跡、総社をメインに。

フォト:2017年2月15日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-02-15 23:58 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
2017年 02月 14日

『ドラポタ佐久平支部便り/滑る/2017.2.14 』

2月14日、10:44付けで、大給守殿より「滑る」と題し、佐久平支部便りが届いた。
----------------------------
方々
滑る遊びはいろいろあります。
八千穂レイクでは、凍った湖面を四輪で走り、滑りを楽しんでいます。
大給
-----------------------------

写真の添付がないなと思ったら、直ぐに、「滑る2」と題し、2枚の写真が送られて来た。
a0289546_7371819.jpg
a0289546_7375372.jpg

1枚目の写真を眺める。
♪雪の白樺並木 夕日が映える 走れトロイカ ほがらかに 鈴の音高く...♪
昔、ダークダックスがこんな歌を歌っていたなあ...。

一方、2枚目は、そういう風景とは真逆の、凍った湖面を四輪で走り、滑る米国的(???)な遊びの写真。
この遊びに対し、武衛さんが返信。
------------------------
大給守殿
そんな暴走族まがいのことをやっているんですか!
野次馬的感想ですが。
武衛
-------------------------

伊豆守殿からは、<画家>らしい返信。
--------------------------
大給守殿
白樺林、素晴らしい景色ですね。
伊豆
--------------------------

小生からは次の通り返信。
-------------------------
大給守殿
第一信、第二信、拝受。
第一信を読んで、ソルトレイクシティを舞台にしたオートバイ競争の映画「世界最速の男」を思い出し、塩湖=氷湖のイメージでありました。
第二信添付の写真を見ると、それとはちょっと違うような感じやね。
電脳に転送して大画面でもう一度、爆走写真を楽しんでみます。
テーガヌーマ湖上ならぬ湖畔をバクソー中の上総
--------------------------

15:58付けで、大給守殿より「八千穂レイク」の追加写真と共にメールが到来。
--------------------------
方々
八千穂高原は白樺林がきれいな場所があります。 
雪の上を歩くにはスノーシューで快適に歩けそうです。
池は凍り、車で雪上走行、スリップ体験をするには絶好の場所となっており、貸切で数十台の車が走っていました。
軽トラで乗り込んだところ、進入禁止と言われてしまいました。
a0289546_222431.jpg
a0289546_2223225.jpg
大給
--------------------------

「軽トラックで乗り込んだところ」という件(くだり)に笑ってしまった。
大給守殿は四駆も持っているはずなのに...。

「八千穂レイク」で検索してみた。
先ず、釣りの案内。
これは、氷結していない湖面、そして、緑の森の写真と共に。
---------------------------
浅間山・秩父山系の山並みが見えるロケーションの中で釣りはいかがですか。
湖面面積約37,000㎡の中にトラウト、岩魚が数多く潜んでいます。
美しい自然の恵みを感じながら、ゆっくりと楽しい時間をお過ごしください。
----------------------------

次に、「八千穂レイク評定2017」の案内。
-----------------------------
ご来場にあたり、公道を自走して来られる車両につきましては、不法改造など法的に問題の生じる車両での来場は固くお断りさせていただきます。
また、近隣の道路では 特に速度違反、はみ出し走行などは厳禁とします。
積載車などで運搬してこられた公道走行が不可の車両に於いても、ノーマルレベルの排気音を維持できない車両、触媒装置の無い車両、液漏れのある車両につきましては、当日であっても 必ず走行をお断り させていただきます。
------------------------------

軽トラックは駄目とは書かれていないが、軽トラックで来る人はいないという前提での注意書きかも。
氷上で走り回られては、トラウトや岩魚はおちおち水底で冬を越せないかもしねないなあと思ったりもして。

フォト:2017年2月14日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:51 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
2017年 02月 09日

『ドラポタ佐久平支部便り/浅間遠望+α/2017.2.8+α 』

ドラポタの盟友、大給守殿は、1月中旬、国許、信州に引っ越し、隠居。
ドラポタ佐久平支部を開設。
隠居前は、時折、参勤交代で戻った国許から電子飛脚便添付で写真が送られて来て、「大給守殿からの便り」とか「佐久便り」と題し、ブログにアップしたことがあった。
隠居後も写真が送られて来るようになった。
これらを「ドラポタ佐久平支部便り」と題し、掲載していくこととしたい。

2月8日。
大給守殿からドラポタ・メンバー宛に「浅間遠望」が送られて来た。
-----------------------------------------
浅間山は今日も水蒸気を吹き上げています。
菅平にて。
大給
a0289546_944175.jpg
----------------------------------------

武衛殿から大給殿宛て、cc:ドラポタ・メンバー宛て返信。
-----------------------------------------
大給守殿
農閑期の体力作り、ご苦労様です。
浅間山は先日の上野史跡巡りでポタした高崎から前橋にかけてもよく見えました。
水蒸気が東側に流れていました。
「歴史秘話ヒストリア」曰く。古墳時代の人は伊那から浅間山の麓を通って榛名山東麓に入り広大な範囲を開拓して、上野古墳の繁栄をもたらしましたと。今では信じられませんが、その後、2回も大噴火があった由。
武衛
------------------------------------------

1月28日、「上野国史跡めぐり」第三弾で、武衛殿と上総にて、山王廃寺、総社古墳群などをめぐった際に、高崎、前橋方面から浅間山を遠望したのであった。

上総より返信。
-----------------------------------------
大給守殿
ええ写真!
左下の人物はなし、あるいは、足まで(スキー姿かな?)しっかり写っていたら、もっとええんやけどね。
マイ・ブログに「佐久だより」改め「ドラポタ佐久平支部便り」のカテゴリーをつくらなくっちゃと思うとります。
スマホ宛てだったんで、電脳に転送し、拡大して拝見。
カメラからスマホにwi-fiで転送?
写真ナンバーのDSCはニコン?
------------------------------------------

大給守殿から「浅間遠望2」と題し、返信あり。
-----------------------------------------
方々
スマホでの撮影に御座ります。
かじかんだ手で撮影、スキーの時はコンタクトレンズを使用、近いものはメガネと同じで、ほとんど見えず。
スマホの標準文字サイズは良く見えず、勘で入力です。
平日のゲレンデは、がら空き、マイ・ゲレンテとなり、思いきって高速滑降が楽しめます。
10時半から16時半迄、昼休み1時間のみで、休み無し、滑りを堪能しております。
写真は入れ替えました。
大給
a0289546_9443493.jpg
------------------------------------------

「浅間遠望」と「浅間遠望2」を並べると、標題「浅間遠望」しては、最初に送られて来た写真の方がよさそうだ。
彼は以前からスマホ写真が得意。
スマホを携帯し、スキーに興じる、時代は大きく変わった。

今回で菅平は二度目のよう。
前回、1月26日付けの菅平の様子はこうだった。
--------------------------------------------
今朝も明日も、放射冷却でよく冷えます。
若くしてスキー指導員免許を取った友人から、今日は暇?と誘われて昼から菅平高原へ行ってきました。
何台か最新型スキー板を持ってきてもらい、乗り比べをして来ました。
ブーツのみ最新型、板は何にしようかと迷っているときに絶好の誘い。
平日の菅平は、高校生のスキー実習が多くありましたが、滑りには邪魔にならず。
リフト代はシニア割引、空いているゲレンデは快適そのもの。
13時から16時半のリフト運転停止まで、休み無でのフリー滑走で、スキー現役復活の気力が盛り上がってきました。
(中略)
高原の気温は低く、16時過ぎには指先が感じない程度気温低下でした。
フォトは、菅平白金ゲレンデからの妙高です。
大給
a0289546_031356.jpg
a0289546_0315090.jpg
---------------------------------------------

スキー実習の高校生を見ながら、昔を思い出したのかな?
それとも、昔、取った杵柄、若者に隠居の颯爽とした滑りを見せ付けてやったのかな?
「リフト代はシニア割引」には笑ってしまった。
※このときのカメラはキヤノン。

1月23日付けで送られて来た「鳥見写真/7割、凍結」も掲載しておこう。
a0289546_0454234.jpg
アップで。
a0289546_046283.jpg

雪の佐久平では jitensha に乗ることはままならないが、そこはよくしたもの、スキーという楽しい遊びがあるのであった。

瀬戸内育ちの小生には、雪国での生活がよくわかっていないが、大給守殿からの便りでそれを疑似体験。
今日は関東地方も降雪、積雪。

フォト提供:ドラポタ佐久平支部 大給守殿
[PR]

by ryujincho | 2017-02-09 23:58 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)