カテゴリ:この一枚( 3 )


2016年 08月 07日

『 mm の世界/クモ』

アメリカフヨウの花。
「mm(ミリ)の世界」のムシたちの中には、この大輪の花が大好きなムシもいる。
大輪の花を覗いてみたところ、ムシは不在だったが、「mmの世界」サイズの小さなクモが巣を張っていた。
a0289546_1159264.jpg
カメラの測光に驚いたのか、花の中央から端っこへ瞬時に移動した。
a0289546_11593736.jpg
これ、午前5時50分のことであった。
朝早くから驚かせてゴメンチャイ。

フォト:2016年8月7日
[PR]

by ryujincho | 2016-08-07 23:53 | この一枚 | Comments(0)
2016年 03月 12日

『パートカラーで楽しんでみた』

a0289546_7103547.jpg
a0289546_711344.jpg
a0289546_7112767.jpg
a0289546_7114762.jpg
a0289546_712674.jpg
a0289546_7122993.jpg
a0289546_712561.jpg
a0289546_713928.jpg
a0289546_7132087.jpg
a0289546_7133340.jpg

佐原の町並み。
家々の写真をモノクロ化してみた。
煉瓦色の建物だけカラーのままとしてみた。
これらを組み写真にして、パートカラーを試みてみた。

パートカラーを駆使した映画として直ぐに頭に浮かぶのは、黒澤明監督作品『天国と地獄』(1963年公開、東宝)である。
誘拐犯が身代金の入っていたカバンを燃やすと煙が上がり、その煙の色がモノクロ画面の中でカラーとなるというものであった。
黒澤明監督は、『椿三十郎』(1962年公開、東宝)で椿の色だけカラーにしたいという構想を持っていたが、実現できず、翌年の『天国と地獄』で実現したということを何かの本で読んだことがある。

カラー版、モノクロ化版、どちらであっても佐原の町並みが好きだ。

フォト:2016年3月4日
[PR]

by ryujincho | 2016-03-12 07:45 | この一枚 | Comments(0)
2016年 03月 06日

『結界と人影』

a0289546_21505261.jpg


フォト:2016年2月27日、越生/龍穏寺にて
[PR]

by ryujincho | 2016-03-06 21:51 | この一枚 | Comments(0)