龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花紀行( 42 )


2016年 04月 18日

『オランダ気分/Part 2』

a0289546_0333187.jpg


フォト:2016年4月18日、柏あけぼのやま農業公園にて
[PR]

by ryujincho | 2016-04-18 23:57 | 花紀行 | Comments(0)
2016年 04月 18日

『オランダ気分』

a0289546_0304572.jpg
オランダといえば、チューリップ。
チューリップといえば、オランダ。
オランダといえば、風車。
風車といえば、オランダ。
オランダに行かずとも、あけぼの山農業公園でオランダ気分に。

フォト:2016年4月18日
[PR]

by ryujincho | 2016-04-18 23:56 | 花紀行 | Comments(0)
2016年 04月 08日

『花筏 Part Ⅲ』

今年も桜の花に大いに楽しませて貰った。
前日は低気圧が通過。
花びらが散り、花筏が楽めるんじゃないかと思い、千鳥ヶ淵に出掛けた。
花筏だけじゃないですよと、土手の菜の花が、文字通り、花を添えていた。
a0289546_21473538.jpg


フォト:2016年4月7日、千鳥ヶ淵にて
[PR]

by ryujincho | 2016-04-08 21:53 | 花紀行 | Comments(0)
2016年 04月 08日

『花筏 Part Ⅱ』

今年も桜の花に大いに楽しませて貰った。
前日は低気圧が通過。
花びらが散り、花筏が楽めるんじゃないかと思い、千鳥ヶ淵に出掛けた。
貸しボートが花筏に乗っかっていた。
a0289546_21422752.jpg


フォト:2016年4月8日、千鳥ヶ淵にて
[PR]

by ryujincho | 2016-04-08 21:52 | 花紀行 | Comments(0)
2016年 04月 08日

『花筏』

今年も桜の花に大いに楽しませて貰った。
前日は低気圧が通過。
花びらが散り、花筏が楽めるんじゃないかと思い、千鳥ヶ淵に出掛けた。
a0289546_21201730.jpg


フォト:2016年4月8日
[PR]

by ryujincho | 2016-04-08 21:51 | 花紀行 | Comments(0)
2016年 03月 16日

『ハクモクレン/布施弁天』

3月16日(木曜)。
午前、眼科に出掛ける途中、屋敷近くでハナモクレンを愛でた。
午後、既に3時を過ぎようとしていたが、布施弁天のハナモクレンが見たくなり、出掛けた。
a0289546_1333843.jpg
a0289546_1335350.jpg
a0289546_134464.jpg
a0289546_1341399.jpg
a0289546_1342479.jpg

光線の具合が違う午前に、また、ここへ来てみたくなった。
よしっ!明朝、また、来てみよう。

フォト:2017年3月16日、布施弁天にて
[PR]

by ryujincho | 2016-03-16 23:52 | 花紀行 | Comments(0)
2015年 12月 10日

『12月の、スイセン』

a0289546_1112469.jpg


フォト:2015年12月10日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-12-10 23:58 | 花紀行 | Comments(0)
2015年 12月 06日

『今昔落ち葉掃除』

a0289546_2383122.jpg
a0289546_2384080.jpg

落ち葉掃除。
昔、がんじき、今、ブロワー。

がんじきって、標準語かと思ったら関西だけの言い方のよう。
標準語では熊手。
熊手は潮干狩りの道具やろと言いたくなってしまうんやけど...。

フォト:2015年12月4日
[PR]

by ryujincho | 2015-12-06 16:16 | 花紀行 | Comments(0)
2015年 09月 24日

『十月桜』

a0289546_04683.jpg

手賀沼北岸を走る。
あれっ、もう咲いてるんだ。
4本並んだ十月桜は何れも花を咲かせていた。
例年より少し早いような気がする。


フォト:2015年9月22日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-09-24 23:58 | 花紀行 | Comments(0)
2015年 09月 22日

『彼岸花』

a0289546_23351212.jpg


フォト:2015年9月21日、大堀川左岸にて
[PR]

by ryujincho | 2015-09-22 23:35 | 花紀行 | Comments(0)