龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花紀行( 45 )


2017年 11月 29日

『近所の紅葉』

11月29日、晴れ。
手賀沼を一周し、自宅の近所まで戻って来た。
そのとき、真っ赤に色づいたモミジが目に飛び込んで来た。
a0289546_14403446.jpg
10日前、成田山公園に紅葉狩りにいったが、生憎の曇り空で、鮮やかさはなかったので、今日は、より一層、鮮やに感じたのかもしれない。

フォト:2017年11月29日
[PR]

by ryujincho | 2017-11-29 23:32 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 11月 19日

『成田山紅葉狩』

11月19日、曇り時々晴れ。
近場で紅葉狩り、さて、何処で?
そうだ、成田山へ出掛けてみよう。

成田山公園。
a0289546_11114356.jpg
a0289546_111224.jpg
a0289546_11122524.jpg
a0289546_11124989.jpg
a0289546_1113950.jpg
成田山公園をぐるっと、ひと回りし、「平和の大塔」下へ。
a0289546_11132260.jpg
平和の大塔を見上げる。その頃には、先ほどまでの曇り空から、すっかり、青空に。
a0289546_11173663.jpg
毎年、初詣は成田山新勝寺ながら、平和の大塔は遠目に眺めるだけであったが、今回は塔内へ。
明王殿に鎮座する、大塔の本尊、不動明王を拝す。
今年2月、九十九里、尾垂ヶ浜の「成田山不動尊上陸の地」を訪ね、不動明王が京の都から船で運ばれ、九十九里浜に上陸し、成田山に運ばれて来たことを思い浮かべるのであった。

大塔の隣の、造営中の、真新しい御堂。
ほぼ完成に近く、足元の外構の工事を残すのみとなっていた(工事中の箇所は写真ではカット)。
a0289546_1130280.jpg
後刻、この真新しい御堂は「醫王殿」であることを知った。
醫王殿の本尊は薬師如来(大醫王如来)。
来年の成田山開基1080年記念の目玉事業として、総檜造り、総工費約12億円をかけて建立されたという。
11月28日に入仏落慶大法会が開かれるという。
来年の初詣には、平和の大塔と醫王殿も参拝することにしよう。

フォト:2017年11月19日
[PR]

by ryujincho | 2017-11-19 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 10月 26日

『芒と十月桜』

10月26日、晴れ。
手賀沼ポタリング。

芒。
a0289546_98335.jpg
a0289546_9103779.jpg


フォト:2017年10月26日
[PR]

by ryujincho | 2017-10-26 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 05月 18日

『下がり藤 Part 2』

5月2日付けブログで「下がり藤」のことについて縷々綴った。
『下がり藤』
信濃岩村田藩内藤家の家紋とそれに纏わる話の〆として、「大給守殿の御屋敷の『下がり藤』、そして、旧中込学校の『下がり藤』の景色が目に浮かぶ」と結んだ。

そうこうしている中、5月15日、大給守殿から旧・中込学校の藤の写真が送られて来た。
a0289546_648115.jpg
旧・中込学校は国内の学校建築のうち現存する最古級の擬洋風建築物。
近年、改修工事を終え、往時の姿を再び現した。
藤の色と白い校舎の色が佳き雰囲気を醸し出している。

更に、5月18日、大給守殿殿から、「砂ずりの藤」と題し、御屋敷の庭の藤の写真が送られて来た。
a0289546_6562571.jpg
a0289546_6564299.jpg
確かに、「砂すりの藤」である。

今年も藤の花を大いに楽しんだ。
残るは、「金は内藤 志摩守 裾からぼろが 下がり藤」と領民が揶揄したように、信濃岩村田藩内藤家の財政が逼迫したのはいつの時代であったか、これの解明のみである。

砂ずりの 裾たくし上げ 志摩守   霹靂火

5月2日付けブログでは家紋の「下がり藤」について縷々触れたが、ここでは家紋の「上がり藤」について少々触れておきたい。

「上がり藤」の由来を調べたところ、諸説あるが、「下がり藤」の家紋家が本家・分家の区別をつけるために「上がり藤」が作られたとか、家の勢力が下がるのを嫌って運気を上げる「上がり藤」にしたという説が有力のようだ。

「下がり藤」は下へ垂れ下がるという自然の摂理に従って作られた家紋であり、運気を下げるというようなことは当たっていないと思うのだが、如何であろうか。

来年は白い藤をメインに写真を撮ってみようと思っている。

フォト:2017年5月15日、18日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-05-18 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 05月 11日

『ニセアカシア』

5月11日(木曜)。
手賀沼北岸。
フジの花は終わり、ニセアカシアが白い花を咲かせていた。
a0289546_0553711.jpg
a0289546_0555280.jpg
a0289546_056115.jpg

ニセアカシア。
北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。
和名はハリエンジュ(針槐)。
日本には1873年に渡来した。
後に本来のアカシア(ネムノキ亜科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり、区別するためにニセアカシアと呼ぶようになった。
しかし、今でも混同されることが多い。
本来のアカシアの花は放射相称の形状で黄色く、ニセアカシアの白い蝶形花とは全く異なる。
北原白秋の「この道」に歌われる「あかしやの花」、西田佐知子のヒット曲「アカシアの雨がやむとき」(1960年)に歌われる「アカシア」、石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」(1962年)に歌われる「アカシアの花」はニセアカシアのことである。
(出典:ウィキペディア)


フォト:2017年5月11日
[PR]

by ryujincho | 2017-05-11 23:32 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 05月 02日

『下がり藤』

a0289546_5504527.jpg

藤の花の季節。
藤の花をみると、亀戸天神の、花房の長い藤が頭の中に思い浮かぶ。
だが、それは去年の5月までのこと。
去年5月4日、ドラポタの盟友、大給守殿からの次のような「佐久平便り」で、頭の中の思い浮かぶ藤の花は一変した。
------------------------------------
「金は内藤 志摩守 裾からぼろが 下がり藤」。

佐久市岩村田は、信濃岩村田藩内藤家、1万6千石の小藩の領地でありました。
家紋は藤の花房でしょうか。
小藩故、財政はひっ迫しており、藩主といえ、羽織っている綿入れ半纏の裾から綿がはみ出して垂れ下がる始末であったとか。
領民はその有様を揶揄して「金は内藤 志摩守 裾からぼろが 下がり藤」と 陰口をたたいたとか。
-------------------------------------

これを読んで、綿入れ半纏の裾からはみ出して垂れ下がる綿を藤に例えるとは、岩村田にはセンスのよい領民がいたという証しなんじゃないかと思った。
そして、家紋好きの小生、信濃岩村田藩内藤家の家紋について調べてみた。

岩村田藩内藤家。
1万5千石、高遠藩主内藤氏と同族、元禄16年(1703年)武蔵国赤松より移封し、幕末に至る。
家紋は次の三つを有す。
・岩村田藤・・・図柄は「下がり藤」
・五七桐
・「藤」の字

次に、「下がり藤」の家紋の由来について調べようとしたところ、ドラポタの盟友、南国守殿から次のようなe-mailが届いた。
---------------------------------------
藤は長寿で繁殖力が強いところから藤原氏(鎌足)が大和に下賜したときに
家紋(丸に下り藤)に取り入れられ、日本で最も長く栄えたとされる藤原氏に
あやかろうと各地で家紋に採用されたとか、、、
---------------------------------------

なるほど、家紋「下がり藤」には藤原氏が関わっていたのだ。
内藤氏は、その名の一文字、「藤」に引っ掛けて、「下がり藤」を家紋としたのかもしれない。

岩村田藩は、いつの時代に財政が逼迫していたのであろうか。
浅田次郎著『一路』で、主人公一行が江戸への参勤交代の途中、所持金が不足し、岩村田藩に用立てを頼む場面が登場する。
この物語は、文久2年(1862年)師走から翌年にかけての話。
このときの岩村田藩、第7代藩主は、若くして家督を継いだ内藤志摩守正誠(まさあきら)。
内藤正誠は、日光祭礼奉行、奏者番、寺社奉行などを歴任し、戊辰戦争では新政府軍に与して宇都宮城の戦いや北越戦争に出兵している。

小説『一路』では、岩村田藩は借金を申し入れられる側であるから、財政が逼迫していたとは思えないし、藩主の役職、活躍ぶりからして、裾から綿が垂れ下がるような綿入れを着ていたとも思えない。
となると、財政が逼迫していたのは、初代から第6代藩主の時代のこととなる。
「金は内藤 志摩守 裾からぼろが 下がり藤」を知ってから1年が経過した今、大給守殿にその解明をお願いしておこうと改めて思うのであった。

信濃の藤はこれから。
大給守殿の御屋敷の「下がり藤」、そして、旧中込学校の「下がり藤」の景色が目に浮かぶ。

フォト:2017年5月1日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-02 23:31 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 04月 04日

『春、タンポポにムクドリ、タンポポにムスカリ』

3月30日から4月3日まで関西行脚。
その途上の4月2日、気象庁が東京都心で桜(ソメイヨシノ)が全国で最も早く満開になったと発表したというニュースを聞いた。
このニュースを聞いて、手賀沼西端、かわせみ池へ「サクラにカワセミ」を撮りに行こうと思った。

4月4日、かわせみ池へ出掛けた。
サクラは、まだ、三分咲き。
カワセミがサクラの木にとまる気配はない。
「花に鳥」の被写体はないものかと辺りを見回す。
「タンポポにムクドリ」が仕上がった。
a0289546_783088.jpg
その近くで、ムスカリが開花している。
「タンポポにムスカリ」が仕上がった。
a0289546_7154093.jpg
「タンポポにムクドリ」、「タンポポにムスカリ」、上手く、韻が踏めた。

フォト:2017年4月4日、かわせみ池にて
[PR]

by ryujincho | 2017-04-04 23:21 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 04月 03日

『桜前線/太秦』

a0289546_1262922.jpg
a0289546_1265618.jpg

太秦映画村のソメイヨシノは一分咲き。
枝垂れ桜は満開。

フォト:2017年4月3日
[PR]

by ryujincho | 2017-04-03 23:24 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 04月 03日

『桜前線/東山五条』

a0289546_1164955.jpg
a0289546_117259.jpg

ソメイヨシノは蕾が膨らむも、開花にはもうしばらく。
枝垂れ桜は満開。
関東では咲き終わったハクモクレンが満開。

フォト:2017年4月2日、大谷本廟参道にて
[PR]

by ryujincho | 2017-04-03 23:23 | 花紀行 | Comments(0)
2017年 04月 03日

『桜前線/西ノ京』

a0289546_0385742.jpg
a0289546_039997.jpg
a0289546_0392016.jpg

薬師寺境内のソメイヨシノは蕾が膨らも、開花にはもうしばらく。
エドヒガンらしき白色系の桜は満開。

覆屋で覆われているのは、東塔。
2009年より解体修理中で、2020年に修理完了の予定だという。

フォト:2017年4月1日、薬師寺にて
[PR]

by ryujincho | 2017-04-03 23:22 | 花紀行 | Comments(0)