龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 264 )


2017年 12月 05日

『或る日の朝な夕な』

12月5日。
朝6時半、外は霧、霧、霧。
2時間ばかり過ぎ、外を見ると<雲海>。
a0289546_15531593.jpg
西方、霧の向こうの遥か彼方にはうっすらと富士の山。
a0289546_15543126.jpg
朝霧の彼方にうっすらと見えていた富士も、夕暮れときにはくっきりと。
a0289546_15561154.jpg
富士から目を転じて、夕暮れときの東京スカイツリー。
a0289546_15593773.jpg


フォト:2017年12月5日
[PR]

by ryujincho | 2017-12-05 23:31 | Comments(0)
2017年 10月 26日

『柿の日』

10月26日、晴れ。
手賀沼南岸を走る。
今日、10月26日は『柿の日』。
柿の実を撮る。
a0289546_7251215.jpg
明治28年の10月26日、奈良を旅行中の正岡子規があの有名な句を詠んだことに因んで、10月26日を「柿の日」としたとのことだ。

柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺  子規

20数年前、スペインを旅した。
果物屋の店先に”KAKI”と書かれた値札と共にカキが並べられていた。
へぇー、カキはスペイン語でも”KAKI”というんだと思わず口に出た。

カキの学名は Diospyros kaki 。
カキは東アジアの固有種で、日本原産ではないが、日本から欧米に伝わったことから学名が ”kaki” になったとのことである。

カキは、元々、渋柿で、甘柿は渋柿の突然変異種と考えられている。
写真に撮ったカキは野原に生えた渋柿。
正岡子規が食した柿は甘柿であったことは申すまでもないことであろう。

柿撮れば ヒヨの一声 手賀の沼  霹靂火

フォト:2017年10月26日
[PR]

by ryujincho | 2017-10-26 23:32 | Comments(0)
2017年 07月 12日

『頭椎大刀』

7月12日、文化庁主催企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』にて。

千葉県我孫子市/根戸船戸遺跡1号墳。
古墳時代終末期 約1400年前。
a0289546_7182343.jpg
a0289546_7205515.jpg
-----------------------------------
眼下に手賀沼を望む台地の縁辺に造られた古墳です。
墳丘は推定で全長約35m、高さ約2mで、前方後円形が崩れたダルマのような形をしており、周囲には部分的に幅4mの周濠が巡ります。

埋葬施設は、白色の粘土を切り出し、さも、石を使ったかのように積み上げた横穴式”石”室です。
周辺では良好な石材が産出しないため、関東ローム層下の白色粘土を柱状に切り出して代用したものと考えられます。

石室からは頭椎大刀1点のほか、大刀3点、鉄鏃約12点、玉類などが出土しました。
金メッキで飾られた頭椎大刀は大和政権から下賜されたとみられるもので、この古墳の被葬者が地域の有力者であったことを示す重要な発見です。
我孫子市教育委員会
-----------------------------------

頭椎大刀(かぶつちのたち)とは。
柄頭 (つかがしら)が倒卵形でやや傾いたような形をしている、日本の上古時代特有の大刀拵 (たちこしらえ)。
この部分は鉄製もあるが、金銅製であることが多い。
後期古墳から出土することが多く、実戦用というより儀仗用と思われる。
(出典/ブリタニカ)

頭椎大刀を初めてみた見たのは、今年初め、総社歴史資料館(群馬県前橋市)を訪ねたときのこと。
それは、総社二子山古墳出土の頭椎大刀。
原品の所在は不明で、詳細な絵図が残されており、その絵図に基づき復元されたレプリカであった。

一方、今回の文化庁主催企画展に出展された、根戸船戸古墳出土の頭椎大刀は原品およびそのレプリカである。
a0289546_1044544.jpg
刀身、上部。
a0289546_1065272.jpg
刀身、下部。
a0289546_1071031.jpg
柄頭(つかがしら)をアップで。
a0289546_1092841.jpg
渦巻文様をアップで。
a0289546_1095410.jpg
この頭椎大刀を眺めていると、中央政権とつながりを持つ地方の有力豪族の姿が目に浮かぶ。

余談(8月19日、記)。
8月初旬、子供さんの夏休みの時期だからであろうか、BSプレミアムで、大映特撮時代劇『大魔神』シリーズ3部作、『大魔神』、『大魔神怒る』、『大魔神逆襲』(いずれも1966年作品)が一挙放映された。
後日、録画で、第3作の『大魔神逆襲』を観ていたとき、大魔神の腰に帯びた大刀に目を惹かれた。
a0289546_10282921.jpg
埴輪の武人像は右手を大刀の柄に掛けているものが多く、柄頭の形はよく見えないが、大魔神の大刀の柄頭は頭椎大刀に似た卵形となっている。

これからの史跡めぐりでは、頭椎大刀と武人像の埴輪も注視していかねばならないという思いを新たにした。

フォト:2017年7月12日、8月19日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-12 23:34 | Comments(0)
2017年 07月 12日

『鳥が刻まれた銅鐸』

7月12日、文化庁主催企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』にて。

香川県高松市/天満・宮西遺跡。
弥生時代後期 約1800年前。
a0289546_108919.jpg
アップで。
a0289546_10234817.jpg
「弥生ムラ 見れや壊せや 銅鐸を」。
どういう意味?
その意味は、このあと、分かることとなる。

銅鐸に描かれた鳥。
a0289546_10281567.jpg
a0289546_1028446.jpg
超アップで。
a0289546_1030495.jpg
鳥が描かれた銅鐸片は銅鐸の裾の部分。
a0289546_10331255.jpg
説明パネルに目を通す。
a0289546_10351238.jpg
-----------------------------
天満・宮西遺跡~遺跡の概要~
高松平野に所在する、弥生時代後期に栄えた拠点的な集落です。
集落の外れを流れていた自然流路とみられる落ち込みから、長さ49.5cm、厚さ4mm、重さ4.1kgもある大型の銅鐸の破片が出土しました。

銅鐸片は銅鐸作りの最終段階に作られた突線紐式のもので、裾の部分には鳥または鹿とみられる絵画が鋳出されています。
割れ口はゆがみ、破断面は表面と同じく錆びているため、意図的に割られた破片であると考えられます。

集落から他にも、古墳時代へと続いていく新たな祭祀道具であある特殊器台も出土しています。
破砕され、集落の外れに捨てられた銅鐸は、銅鐸祭祀の終わりと新たな祭祀の始まりを考える上でたいへん興味深い事例です。
高松市教育委員会
------------------------------

なるほど、この銅鐸は意図的に割られたものなのであり、銅鐸祭祀の終わりと新たな祭祀の始まりを考えさせる銅鐸片であるということ。
ベンキョーになった。

讃岐には家内の実家があることでもあり、義兄の案内で「讃岐国史跡めぐり」を結構やっている。
ということで、次回、機会があれば、この天満・宮西遺跡を訪ねてみたい。
ということで、この遺跡は高松市のどの辺りだろうかと調べてみた。
住所は「高松市松縄町295-1ほか」、「熊野神社の隣接地」とある。
地図を参照したところ、南北に走る県道43号線を挟んで、栗林公園の東に熊野神社があった。
次回、是非、訪ねてみたい。

なお、天満・宮西遺跡の所在地を調べている中で、高松市のホームページにヒット。
-----------------------------------
天満・宮西遺跡
高松市松縄町
高松市街地南東の郊外、熊野神社が鎮座する隣接地にあたる。
この地は香東川の扇状地にあたり、現地表面の標高は5~6mと低く、原始においては海岸線まであまり離れていなかったと想定される。
微高地とその北東側で旧河道を確認している。
注目される遺構は、弥生時代前期に属する環濠である。
環濠は直径約65mで、囲まれた範囲内には集落が存在したと想定されるが、後世に竪穴住居跡等の遺構は壊されたようで残っていない。
もっとも数多く確認された遺構は、弥生時代後期から古墳時代初頭のものである。
微高地では、竪穴住居跡だけで20棟以上を数え、多数の溝や井戸、柱穴なども見つかっている。
さらに、驚くべきは旧河道では捨てられた土器の破片がおびただしく堆積しており、発掘調査中は土を掘っているのか土器を掘っているのかわからないぐらいであった。
これは,水の流れがなくなった旧河道に、弥生のムラの人たちが生活不用品の土器を次々と捨てたもので、これによって旧河道がしだいに埋まっていったのである。
ゴミの回収がない昔では仕方がないかもしれないが、これを今風にいうなら,弥生時代の環境破壊といえるかもしれない。
-----------------------------------

銅鐸の裾部に描かれた鳥はどういう意味を持っているのだろうか。
古墳時代においては、装飾古墳に船が描かれたものがあり、船の舳先に鳥が1羽、とまっている。
この鳥は、あの世に渡っていく水先案内との説がある。
弥生時代、祭祀に使われた銅鐸に刻まれた鳥は、その後、古墳時代の装飾古墳の鳥へとつながっていくのであろうか...。

フォト:2017年7月12日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-12 23:33 | Comments(0)
2017年 07月 12日

『ツートンカラーの、漆塗り縄文土器』

7月12日、文化庁主催企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』にて。

山形県高畠町/押出遺跡。
縄文時代前期 約5800年前。
a0289546_6583515.jpg
「いにしえのツートンカラーの土器にドキッ!」。
どこかで見たようなキャッチコピー。
そう、以前、NHKで放送された『歴史秘話ヒストリア』での古墳特集の題名、「コーフン!古墳のミステリー」のダジャレ的キャッチコピーと同類。
もう少しアカデミックにやって欲しいと思うも、「いにしえのツートンカラーの土器にドキッ!」に反応していまったことでもあり、余り堅いことを申すつもりはない。

余談は扨置き、本論に。

漆塗り土器/Lacquered pottery。
斜め横から。
a0289546_7344044.jpg
上から。
a0289546_737857.jpg
漆塗り土器の出土状況。
a0289546_7415535.jpg
-------------------------------
漆塗り土器はこれまでの発掘調査でも出土していましたが、今回初めて、ひょうたん形をしたものが出土しました。
赤漆を前面に塗り、黒漆で渦巻きなどの文様を描いたもので、縄文人の形と色へのこだわりをうかがうことができます。
山形県教育委員会
-------------------------------

ズームアップ。
確かに、赤と黒のツートンカラー!
a0289546_6535480.jpg

5800年前の縄文人の形と色へのこだわりを今に伝える漆塗り土器。
漆が持つ耐久性のお陰である。
縄文人が漆の耐久性を知っていたということも驚きである。

フォト:2017年7月12日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-12 23:32 | Comments(0)
2017年 07月 12日

『発掘された日本列島2017 新発見考古速報 』

7月12日(水)、晴れ。
両国/江戸東京博物館へ出掛けた。
目的は、文化庁主催の企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』。
2年前、2015年の秋、東山道武蔵路跡や武蔵国分寺跡、国分尼寺跡を訪ねて以来、遺跡めぐりであちらこちらへ。
そうしたこともあって、文化庁主催の『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』なる企画展があることを知った次第。
a0289546_7181099.jpg
1階特別展示室は特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」。
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」はなかなか面白い。
だが、この日の目的は、上階で開催中の文化庁主催の企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』の見学。
ということで、直虎さんはパス。

2階コンコースのチケット売り場で入場券を買い求める。
観覧料は、一般/600円のところ、65歳以上は300円。
勿論、65歳以上で。
a0289546_7253998.jpg
長い、長いエスカレーターに乗り、上階へ。
a0289546_712541.jpg
この企画展の趣旨は「全国で毎年約8,000件近い発掘調査が実施されていますが、その成果に実際に触れる機会は極めて限られています。そこで、近年、とくに注目された出土品を中心とした展示を構成し、全国を巡回させることにより、多くの方が埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深める機会となる展覧会を開催します」というもの。

新聞で、どこそこでこれこれの遺跡が発見されました、というような記事を見るが、しからばどのような遺跡であるのかという研究結果は、現地の博物館や資料館を訪ねない限り、分からず仕舞いで終わることが多い。
そういう点で、発掘間もない遺跡の内容を知る機会となるこうした展示は大事なことである。

この企画展のことを調べてみると、近年、催されるようになったものではなく、1994年から毎年開催されているようである。
江戸東京博物館のみならず、ほほ1年をかけて、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館、三重県総合博物館、安城市歴史博物館、壱岐市立一支国博物館を巡回するとのこと。

興味深く感じたのは、次の3点。
・押出遺跡(山形県高畠町)/ツートンカラーの漆塗り土器
・天満・宮西遺跡(香川県高松市)/鳥が刻まれた銅鐸
・根戸船戸遺跡1号墳(千葉県我孫子市)/頭椎大刀
これらの姿については、続編にて。

フォト:2017年7月12日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-12 23:31 | Comments(0)
2017年 05月 07日

『農業戦隊ヤンマージャー』

5月7日(日曜)。
手賀沼南岸を走る。
農業戦隊ヤンマージャーに出遭う。
いい面構え。
a0289546_7264539.jpg
横顔も見てみよう。
乗用車のような面構えだ。
a0289546_7324599.jpg
全体の勇姿を見てみよう。
a0289546_7341529.jpg

正式名称は、YANMAR YT470。
キャッチ・コピーが、これまた、かっこいい。
キャッチ・コピーを知りたい方は、こちらをポチッ!
「YANMAR YT470」

フォト:2017年5月7日、手賀沼南岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-07 23:32 | Comments(0)
2017年 05月 05日

『ばるびぞん村 2017.5.5』

a0289546_77405.jpg

5月5日(金曜)。
手賀沼北岸、ばるびぞん村を走る。
「ばるびぞん村」は筆者が勝手に名づけた村の名だ。
「ばるびぞん村」の一画では、去年の冬、土が入れ替えられ、5月に田植えが行われた。
だが、その中で、写真の水田は田植えは行われなかった。
大将曰く、1年置いて、米作りは来年からだと。
その通り、今年、代掻き、張水、田植えと農作業が進んた。
稲の成長が楽しみだ。

フォト:2017年5月5日、手賀沼北岸
[PR]

by ryujincho | 2017-05-05 23:32 | Comments(0)
2017年 05月 03日

『株式会社SUBARU』

5月3日、太田市へ。
上野国史跡めぐり、第6弾。
関東最大の前方後円墳、天神山古墳をはじめとする太田市内の古墳めぐりに。
太田市内で、古墳のほかに見ておきたいものがもうひとつあり。
それをこの目で確認した。
a0289546_2053771.jpg
a0289546_20531988.jpg
a0289546_20533248.jpg
a0289546_20534943.jpg

今年4月、富士重工業株式会社から株式会社SUBARUに社名変更した。
中島飛行機を源流とする富士重工業株式会社は、1958年(昭和33年)、後に「てんとう虫」の愛称で親しまれることとなる軽自動車「スバル360」を発売。
以来、半世紀を越えた今、SUBARUを社名に。
富士重工も捨て難いが、SUBARUは良い社名だと思う。

フォト:2017年5月3日、太田市内および東武伊勢崎線太田駅にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-03 23:31 | Comments(0)
2017年 03月 17日

『2週間ぶりのポタリング』

3月17日(金曜)。
晴れ、暖か。

前日、眼科へ。
「術後、10日。経過は良好です」。
「有難うございます。保護メガネの着用は?」。
「今日から、着けなくてもいいですよ」。
「jitensha に乗ってもいいですか」。
「メガネの処方は右目が安定してから」。
「メガネは掛けずに jitensha に乗ることもあり、それは大丈夫です。jitensha に乗ると、目に風が当たったりしますが、それは大丈夫ですかという意味で」。
「それなら、jitensha に乗っても大丈夫です」。

よしっ!明日、乗ろうっ!

jitensha に跨り、手賀沼へ。
2週間ぶりのポタリング。

前日に続き、白い花。
昨日はハクモクレン、今日はコブシ。
どちらもモクレン科モクレン属。
a0289546_1533488.jpg
a0289546_1551488.jpg
ツクシと jitensha。
この組み合わせは、師匠の真似をして。
a0289546_1555115.jpg
ハス群生地。
白い花のあとは、白い鳥。
コブハクチョウ。
a0289546_157559.jpg
a0289546_158572.jpg
コサギ。
a0289546_1581646.jpg
ツグミ。
秋に北から群れで飛来、国内では単独行動、そして、再び群れで北帰行。
そろそろ、越冬を終え、シベリア方面へ帰る時期かな?
a0289546_262337.jpg


フォト:2017年3月17日
[PR]

by ryujincho | 2017-03-17 23:58 | Comments(0)