龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 25日 ( 1 )


2017年 04月 25日

『利根川の瀬音』

榛名山の爆発で埋まったという古墳時代の遺跡、「日本のポンペイ」とそれに関わる二つの資料館を訪ねた。
遺跡や資料館もさることながら、吾妻川や利根川の河岸段丘や榛名山麓、赤城山麓の地形を jitensha での走りで、十二分に味わわせて貰った。

4月23日(日曜)。
利根川の支流、吾妻川の流れ。
国道291号線、吾妻橋にて。
水の色は乳白色掛かった青緑色。
今、流れている水も、あと、数キロで利根川と合流する。
a0289546_6575998.jpg
国道291号線をひたすら走る。
ずっと上り坂。
子持交差点を左に入り、「日本のポンペイ」、黒井峯遺跡(渋川市、旧・北群馬郡子持村)に至る。
黒井峯遺跡をあとにして、国道291号線を下り、恵久保(いくぼ)交差点を左折し、県道158号線を東へ走る。
国道17号線との交差点/吹屋東交差点を過ぎた辺りの高台から利根川を眺める。
a0289546_733998.jpg
彼方の雪山を眺める。
利根川の源流域、谷川岳であろうか。
a0289546_74021.jpg
明らかに河岸段丘の地形である坂道を利根川に向かって下る。
短い距離の急坂である。
宮田橋にて、利根川の流れを間近に眺める。
a0289546_710923.jpg
彼方の里山の八重桜が、文字通り、花を添えてくれている。
a0289546_710206.jpg
宮田交差点を左折、県道255号線を北へ走る。
ずっと上り坂だ。
赤城歴史資料館へ向かう道、県道151号線の入口の手前で休憩。
彼方の景色を眺める。
水上方面へ向かう信越本線の線路、そして、その向こうに、利根川の源流域の谷川岳と思しき雪山を眺める。
先ほど、宮田橋の上から谷川岳と思しき雪山を眺めたが、もっとはっきりと見える。
a0289546_165546.jpg
a0289546_16443069.jpg
県道151号線に入り、赤城歴史資料館(へ向かう。
赤城歴史資料館は赤城山麓、利根川の河岸段丘、ずーっと、上り坂。
途中から<押し>。
赤城歴史資料館(渋川市、旧勢多郡赤城村)に至る。
赤城歴史資料館からの下り坂は、あっという間。

赤城山麓から、再び、榛名山麓へ。
県道158号線、国道17号線(吾妻川に架かる吾妻新橋を渡る)、県道33号線、県道291号線と複雑なルートを辿り、県道291号線金井国町交差点からから県道35号線金井南交差点に出て、県道35号線を北上し、金井東裏遺跡と金井下新田遺跡を目指す。
県道291号線金井国町交差点からから県道35号線金井南交差点に出る道がこれまた河岸段丘の地形で、ずーっと上り坂。
途中で、武衛さん支給の明治板チョコ・ブラックで、エネ・チャージ。
県道35号線金井南交差点から金井交差点を目指し、走る。
この道は、どちらかというと、緩やかな上り基調。
金井東裏遺跡と金井下新田遺跡に至る。
遺跡(といっても新設の道路工事現場)を見学し、県道35号線を南へ走り、県道25号線に入り、駅前旅館に辿り着いた。

4月24日(月曜)。
渋川市の市街地から群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館(旧・勢多郡北橘村)へ。
渋川市街地から坂東橋まで利根川右岸サイクリングロードを走る。
下流に向かっているので僅かに下り基調、楽チン!
坂東橋下、坂東橋緑地公園から利根川を眺める。
a0289546_16444741.jpg

国道291号線(旧称国道17号線)、坂東橋から利根川を眺める。
a0289546_16451717.jpg
利根川左岸、国道291号線(旧称国道17号線)を南下、下箱田交差点を左折、県道160号線に入り、直ぐに右折。
ずっと上り坂となる。
利根川河岸段丘、赤城山麓を上る道である。
途中、景色のよいところで休憩。
榛名山を眺める。
a0289546_194314100.jpg
上り坂の途中で休憩はしたが、<押し>はなく、群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館に至る。

再び、下り、利根川左岸を南下。
下流に向かっているので僅かに下り基調、楽チン!
JR前橋駅でフィニッシュ。

榛名山麓、赤城山麓、利根川河岸段丘が作り出す上り坂はきつかった。
だが、利根川の瀬音がそれを癒してくれた。
いつも、河口から80キロ、100キロあたりのゆったりとした流れの利根川を眺めている者にとって、上流域の利根川は魅力的な流れであった。

[Memo]
利根川の源流は、大水上山(おおみなかみやま)。
大水上山は、新潟県南魚沼市、同県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境目にある標高1,834mの山で、山系は三国山脈。
谷川岳から巻機山へ連なる太平洋と日本海を分ける中央分水嶺は、大水上山頂で東へ屈曲し、藤原山、平ヶ岳へと続く。
大水上山頂が群馬県の北限点である。

P.S. 遺跡と資料館に関する詳細は、追って、兄弟ブログ「上総守が行く!(二代目)」で綴りたく思っております。

フォト:2017年4月23日、24日
[PR]

by ryujincho | 2017-04-25 23:31 | Comments(0)