龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

『コブハクチョウ、元気に育ってます』

5月11日(木曜)。
手賀沼南岸、代掻き前の泥田でコブハクチョウのファミリーに遭遇。
a0289546_6611.jpg
ヒナが6羽いれば、先日(5月1日)に畔でマコモを突っ突いていたファミリーに違いない。
ズーム・アップし、ヒナの数を数える。
a0289546_675247.jpg
更に、ズーム・アップ。
a0289546_69193.jpg
ヒナは6羽いる。
一安心!

5月1日のブログを見てみる。
『コブハクチョウ、今期誕生第一号』

1羽は真っ白、残りの5羽は灰色であったが、6羽とも真っ白に。
成長している証しである。

鋭い監視の目を周囲に向ける母鳥。
父鳥がファミリーから少し離れた位置での監視役であるから、「あなた、ちゃんと監視しているでしょうね」と旦那の方へ鋭い視線を向けているのかもしれないが...。
a0289546_6194192.jpg
次に、ヒナだちに優しい視線を送る母鳥。
a0289546_620389.jpg
代掻き前の水田の少し深いところで、水練。
a0289546_6214950.jpg
a0289546_6215757.jpg
ふわふわクンとふあふあちゃんをアップで。
a0289546_6241714.jpg
周囲の水田は既に田植えは終わっている。
この水田も近々田植えとなろう。
a0289546_6265847.jpg
このあと、先日(5月1日)、ヒナたちが泳いでいた近くで、抱卵中であった巣を確認したところ、既に巣立っていた。
a0289546_628543.jpg
こちらのファミリーともいずれ出遭うこととなろう。
楽しみだ。

このブログを綴りながら、珍しい名字のひとつ、「小鳥遊」が頭に浮かんだ。
猛禽類のタカがいないから、小鳥たちはゆっくりと遊べる。
よって、「小鳥遊」は「タカナシ」と読む。
この6羽のヒナのファミリーは「タカナシ・ファミリー」であって欲しい。

フォト:2017年5月11日
[PR]

by ryujincho | 2017-05-11 23:31 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『ニセアカシア』      『農業戦隊ヤンマージャー』 >>