龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

『ニセアカシア』

5月11日(木曜)。
手賀沼北岸。
フジの花は終わり、ニセアカシアが白い花を咲かせていた。
a0289546_0553711.jpg
a0289546_0555280.jpg
a0289546_056115.jpg

ニセアカシア。
北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。
和名はハリエンジュ(針槐)。
日本には1873年に渡来した。
後に本来のアカシア(ネムノキ亜科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり、区別するためにニセアカシアと呼ぶようになった。
しかし、今でも混同されることが多い。
本来のアカシアの花は放射相称の形状で黄色く、ニセアカシアの白い蝶形花とは全く異なる。
北原白秋の「この道」に歌われる「あかしやの花」、西田佐知子のヒット曲「アカシアの雨がやむとき」(1960年)に歌われる「アカシア」、石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」(1962年)に歌われる「アカシアの花」はニセアカシアのことである。
(出典:ウィキペディア)


フォト:2017年5月11日
[PR]

by ryujincho | 2017-05-11 23:32 | 花紀行 | Comments(0)


<< 『初夏を謳歌』      『コブハクチョウ、元気に育ってます』 >>