龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 15日

『小貝川残桜花見ポタリング/岡堰の巻/其の二』 kp-6

4月15日(土曜)。
小貝川残桜花見ポタリング。

岡堰。
ジョギングおじさんに教えてもらった「鯉の流れ落ち」を楽しんだのち、堰に浮かぶ「中島」と「水神岬」へ。

中島。
間宮林蔵と岡堰、明治期の岡堰、昭和期の岡堰、現在の岡堰の歴史が、この中島に凝縮されている。
間宮林蔵像。
a0289546_1835083.jpg
明治期の岡堰。
a0289546_1852732.jpg
昭和期の岡堰。
a0289546_187978.jpg
現在の岡堰に携わった人たちに関わる碑。
a0289546_1883183.jpg
その裏面。
a0289546_1884079.jpg
以前は、岡堰の歴史と変遷が書かれた掲示板があったのだが、あるのは掲示板の枠のみで、枠内の記述は失せていた。

ということで、岡堰の歴史と変遷の詳細については、2009年9月22日に訪ねたときのことを綴った、こちらをブログをどうぞ。『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/下総国岡村編』 第16話

中島から、少し上流に位置する水神岬へ向かう。

水神岬。
水神社と岡堰築造記碑。中島を眺める。
a0289546_18303859.jpg
アップで。
a0289546_18305915.jpg
水神岬の残桜。
a0289546_18323815.jpg
a0289546_18324863.jpg

2009年3月27日の大給守さんと小貝川花見ポタリングをしたときは、沿線の桜はまだ蕾であったが、ここ水神岬でようやく開花した桜を見ることが出来たのであった。
そのときの桜は、こちらのブログをどうぞ。
『小貝川CRポタ with 大給守殿』 第5話

前回、2010年の水神岬の桜は開花が始まったばかりで<花見下見ポタリング>あった。
今回の水神岬の桜は残桜、まさに<残桜花見ポタリング>であった。
8年の歳月を経て、水神岬で、二度目の<花見>。
満足!

「8年前と同じ枝の桜をカメラに収めましたよ」と大給守さんに報告しておこう。

水神社と「岡堰築造記碑」。
a0289546_1272967.jpg
「岡堰築造記碑」。
a0289546_1275152.jpg
アップで。
a0289546_129484.jpg
以前と比べ、全体的には綺麗に整備されているが、「岡堰築造記碑」の文字は苔であろうか汚れであろうか、文字は判読し辛い状態になっている。

2010年の<花見下見ポタリング>の前年の秋に挙行した「伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて」で、中島の石碑と水神岬の石碑の内容を確認のため、連続して二度、岡堰を訪ねたことがあった。
その二度目のときのことを綴ったブログを、前掲の中島の石碑と水神岬の石碑の解説として、どうぞ。
『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/下総国岡村編』 第18話

4月の福岡堰や岡堰、豊田堰の「小貝川三大堰」は田植えの時期を控え、満々と水を湛えているが、秋に見た三つの堰はいずれも川幅だけで、露出した堰の低地は緑の草に覆われている。
そんな話を、今回の同行者、武衛さんに話した。

その風景は、2009年9月20日と同年10月17日の様子を綴った、こちらのブログをどうぞ。
『福岡堰&岡堰/水事情視察』
『小貝川/豊田堰"水事情"視察』

午後2時、岡堰を出発。
小貝川左岸をゴールの河口、即ち、利根川合流地点を目指して走る。
相変わらず、強い向かい風。
天気予報では「昼から所により雷雨」とのことであった。
空は晴れから、明るい曇り、そして、何となく怪しげな空模様に。
「武衛さん、こりゃー、文巻橋で切り上げ、藤代駅から輪行とするのが賢明のよう」。
「そうしませう」。

午後3時少し前、文巻橋西詰に至る。
ゴールまで残り約10kmであるが、雨に降られては元も子もない。
文巻橋からJR常磐線藤代駅へ向かう。
藤代駅の50mくらい手前で、雨がパラ、パラ、パラと。
急ぎ、駅へ。
濡れることなく、藤代駅に到着。

本来なら、反省会ということになるのだが、この日は元々、反省会はなし、としていたので、そのまま、輪行にて帰館。

自宅に到着して、つらつら考えるに、この日、4月15日のポタは、小生、68歳最後のポタであった。
天気の都合とはいえ、予定通りのゴールに至らず、記念すべき(???)ポタリングは何となく中途半端に終わってしまった。
ということで、残りの区間を走るべく、翌16日、再び、小貝川へ出掛けることにした。

フォト:2017年4月15日

(つづく)
[PR]

by ryujincho | 2017-04-15 23:36 | 小貝川残桜花見ポタリング | Comments(0)


<< 『小貝川残桜花見ポタリング/河...      『小貝川残桜花見ポタリング/岡... >>