龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 11日

『ジョサイア・コンドルゆかりの地を訪ねて/四度目の正直/旧島津家袖ヶ崎邸(下)』 sj-3

10月11日。
清泉女子大学本館/旧島津公爵邸見学ツアー。
庭から外観を眺めたあと、学生さんの案内で邸内を見学。

応接室。
天井に施されたレリーフが美しい。
a0289546_104393.jpg
レリーフは薔薇。
薔薇は英国の国花。
本邸を設計したジョサイア・コンドルは英国人。
英国人の薔薇への愛着をここに表現しているのである。
a0289546_108523.jpg
窓に映る灯り。
a0289546_10104141.jpg
二つ目の応接室。
窓の高さはソファに座ったときに庭が見えるように設計されている。
a0289546_10162773.jpg
a0289546_10342752.jpg
窓は弧を描いている。
a0289546_1035119.jpg
玄関。
a0289546_10401017.jpg
a0289546_10404818.jpg
a0289546_1041367.jpg
a0289546_10411929.jpg
中央ホールの暖炉。
a0289546_1044473.jpg
マントルピースには、先ほど、眺めた応接室の天井と同様に、薔薇が施されている。
a0289546_10452778.jpg
2階へ。
a0289546_10461418.jpg
階段の踊り場から階下を眺める。
a0289546_1050478.jpg
踊り場から窓の外を眺める。
英国でよく見られる、屋根の上に立つ煙突の風景を楽しむ。
a0289546_10512835.jpg
2階ロビー。
a0289546_10544040.jpg
バルコニーに出てみたかったが、保存管理のため、不可。
案内の学生さんの話によれば、「バルコニーの床面は白と黒の菱模様で、リーフレットの表紙の写真をご覧ください」とのことであった。
今一度、リーフレットを眺める。
a0289546_11205418.jpg
旧島津家袖ヶ崎邸洋館之図。
a0289546_11242922.jpg

リーフレットに「元工部大学校教師英国人建築家ジョサイア・コンドルに設計・施工を委嘱(中略)、鹿児島出身の洋画家黒田清輝監修のもと、家具、壁紙等の室内装飾が施され...」とある。
ジョサイア・コンドルは浮世絵師河鍋暁斎の弟子で、2015年に三菱一号館美術館で開催された『画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』でその子弟関係をじっくりと教えて貰ったが、浮世絵師のみならず、本邸の建築を通じて洋画家の黒田清輝との接点もあったということも知った。

8年の月日を経て、四度目の正直で、旧島津家袖ヶ崎邸の見学が叶った。
帰路、品川の「響」で一献傾けながら<反省会>。
大満足の1日であった。

フォト:2017年10月11日

(完)
[PR]

by ryujincho | 2017-10-11 23:33 | 街歩き、村歩き、ポタリング | Comments(0)


<< 『上野国史跡めぐり/第七弾』      『ジョサイア・コンドルゆかりの... >>