龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 12日

『頭椎大刀』

7月12日、文化庁主催企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』にて。

千葉県我孫子市/根戸船戸遺跡1号墳。
古墳時代終末期 約1400年前。
a0289546_7182343.jpg
a0289546_7205515.jpg
-----------------------------------
眼下に手賀沼を望む台地の縁辺に造られた古墳です。
墳丘は推定で全長約35m、高さ約2mで、前方後円形が崩れたダルマのような形をしており、周囲には部分的に幅4mの周濠が巡ります。

埋葬施設は、白色の粘土を切り出し、さも、石を使ったかのように積み上げた横穴式”石”室です。
周辺では良好な石材が産出しないため、関東ローム層下の白色粘土を柱状に切り出して代用したものと考えられます。

石室からは頭椎大刀1点のほか、大刀3点、鉄鏃約12点、玉類などが出土しました。
金メッキで飾られた頭椎大刀は大和政権から下賜されたとみられるもので、この古墳の被葬者が地域の有力者であったことを示す重要な発見です。
我孫子市教育委員会
-----------------------------------

頭椎大刀(かぶつちのたち)とは。
柄頭 (つかがしら)が倒卵形でやや傾いたような形をしている、日本の上古時代特有の大刀拵 (たちこしらえ)。
この部分は鉄製もあるが、金銅製であることが多い。
後期古墳から出土することが多く、実戦用というより儀仗用と思われる。
(出典/ブリタニカ)

頭椎大刀を初めてみた見たのは、今年初め、総社歴史資料館(群馬県前橋市)を訪ねたときのこと。
それは、総社二子山古墳出土の頭椎大刀。
原品の所在は不明で、詳細な絵図が残されており、その絵図に基づき復元されたレプリカであった。

一方、今回の文化庁主催企画展に出展された、根戸船戸古墳出土の頭椎大刀は原品およびそのレプリカである。
a0289546_1044544.jpg
刀身、上部。
a0289546_1065272.jpg
刀身、下部。
a0289546_1071031.jpg
柄頭(つかがしら)をアップで。
a0289546_1092841.jpg
渦巻文様をアップで。
a0289546_1095410.jpg
この頭椎大刀を眺めていると、中央政権とつながりを持つ地方の有力豪族の姿が目に浮かぶ。

余談(8月19日、記)。
8月初旬、子供さんの夏休みの時期だからであろうか、BSプレミアムで、大映特撮時代劇『大魔神』シリーズ3部作、『大魔神』、『大魔神怒る』、『大魔神逆襲』(いずれも1966年作品)が一挙放映された。
後日、録画で、第3作の『大魔神逆襲』を観ていたとき、大魔神の腰に帯びた大刀に目を惹かれた。
a0289546_10282921.jpg
埴輪の武人像は右手を大刀の柄に掛けているものが多く、柄頭の形はよく見えないが、大魔神の大刀の柄頭は頭椎大刀に似た卵形となっている。

これからの史跡めぐりでは、頭椎大刀と武人像の埴輪も注視していかねばならないという思いを新たにした。

フォト:2017年7月12日、8月19日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-12 23:34 | Comments(0)


<< 『夏の午後/鉄路』      『鳥が刻まれた銅鐸』 >>