龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 12日

『ツートンカラーの、漆塗り縄文土器』

7月12日、文化庁主催企画展『発掘された日本列島2017 新発見考古速報』にて。

山形県高畠町/押出遺跡。
縄文時代前期 約5800年前。
a0289546_6583515.jpg
「いにしえのツートンカラーの土器にドキッ!」。
どこかで見たようなキャッチコピー。
そう、以前、NHKで放送された『歴史秘話ヒストリア』での古墳特集の題名、「コーフン!古墳のミステリー」のダジャレ的キャッチコピーと同類。
もう少しアカデミックにやって欲しいと思うも、「いにしえのツートンカラーの土器にドキッ!」に反応していまったことでもあり、余り堅いことを申すつもりはない。

余談は扨置き、本論に。

漆塗り土器/Lacquered pottery。
斜め横から。
a0289546_7344044.jpg
上から。
a0289546_737857.jpg
漆塗り土器の出土状況。
a0289546_7415535.jpg
-------------------------------
漆塗り土器はこれまでの発掘調査でも出土していましたが、今回初めて、ひょうたん形をしたものが出土しました。
赤漆を前面に塗り、黒漆で渦巻きなどの文様を描いたもので、縄文人の形と色へのこだわりをうかがうことができます。
山形県教育委員会
-------------------------------

ズームアップ。
確かに、赤と黒のツートンカラー!
a0289546_6535480.jpg

5800年前の縄文人の形と色へのこだわりを今に伝える漆塗り土器。
漆が持つ耐久性のお陰である。
縄文人が漆の耐久性を知っていたということも驚きである。

フォト:2017年7月12日
[PR]

by ryujincho | 2017-07-12 23:32 | Comments(0)


<< 『鳥が刻まれた銅鐸』      『発掘された日本列島2017 ... >>