龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 31日

『コブハクチョウ・ファミリー 2017.5.31』

5月31日、曇り時々晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。

手賀沼北岸の歩道でコチドリの雛に遊んで貰う。
手賀川では、前日、コブハクチョウやカイツブリ、ツバメなどのファミリーに遊んで貰ったが、この日は何れのファミリーとも遭遇せず。
唯一、遊んでくれたのは畦道を歩くキジのみ。
今日の”撮れ高”は少ないな、と思いながら、手賀川から手賀沼北岸に戻る。

すると、6羽の雛を連れたコブハクチョウ・ファミリーに遭遇。
しめしめ、これで今日の”撮れ高”は確保できるとカメラ向ける。
a0289546_9351532.jpg
a0289546_9363545.jpg
親鳥(母鳥)の右足に注目!
a0289546_940966.jpg
右足で身繕い。
子育て中であったも、身繕いは欠かせない。
a0289546_9402123.jpg
a0289546_9403374.jpg
ふわふわの、雛たち。
a0289546_946932.jpg
a0289546_9461938.jpg
a0289546_9462974.jpg
少し離れたところにいる、見張り役の、親鳥(父鳥)も入れて。
a0289546_9492016.jpg
ふわふわの、雛たち。
a0289546_959383.jpg
雛の羽ばたき。
a0289546_9595949.jpg
ふわふわ、スリー・ショット。
a0289546_1003374.jpg
3羽の姿勢がピタリと合うタイミングを狙って。
a0289546_1022122.jpg

昨30日付けマイ・ブログで、手賀川のコブハクチョウのことを綴った際、「灰色は通常の色、白色はポーランド型と呼ばれ、原産地のヨーロッパでは東に行くほど、白色が多いそうである」と記した。
今日、手賀沼で出遭った雛6羽はオール白色である。

昨日と本日、出遭ったコブハクチョウの雛の色を整理すると;
昨日の雛7羽のファミリー:オール白色。
昨日の雛6羽のファミリー:白色4羽、灰色2羽。
本日の雛6羽のファミリー:オール白色。
都合、白色17羽、灰色2羽。

僅かなサンプルではあるが、白色の比率が89%と、圧倒的に白色が多い。
この確率は遺伝学的に計算出来るのであろうが、然様な難しいことは考えないことにし、ふわふわの雛の姿を楽しみたい。

フォト:2017年5月31日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-31 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『高田馬場 2017.6.3』      『キジ 2017.5.31』 >>