龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 30日

『元気なツバメたち 2017.5.30』

5月30日(火曜)、晴れ。
手賀沼北岸を経由して、久しぶりに手賀川鳥見ポタリング。

手賀川右岸を走る。
葦の茎にとまったツバメ2羽が目に入った。
葦が風で揺れる。
その都度、羽ばたきし、バランスをとっている。
その羽ばたきは何ともぎこちない動きである。

2羽並んでとまっていること、ぎこちない動きであることから、巣立ったばかりのツバメであることがわかる。
親鳥が餌を運んで来るのを待っているようだ。
こちらも親鳥が幼鳥に餌を運んでくるのをじっと待つ。

親鳥が来た!
親鳥はホバリングしながら雛に餌を与える。
a0289546_7252980.jpg
a0289546_7253815.jpg

2週間前、長瀞を訪れた。
そのとき、土産物店の軒先で営巣中のツバメを見た。
a0289546_7265237.jpg
a0289546_727294.jpg
2週間ほどの時差はあるが、営巣を始めたばかりのツバメ、そして、巣立って、親鳥から餌を貰い始めたツバメ、今年も南からツバメが元気にやって来て、元気な子供を育て、再び、南へ帰って行くのである。

=備忘録=
ツバメの抱卵期間は、13~17日。
孵化した後、巣の中での育雛(いくすう)は20~24日。
巣立ちをした後、親鳥は給餌をしながら、雛に飛び方や餌の取り方などを教える。
雛の実質的な巣立ちは、雛自ら餌を捕れるようになってからのこととなる。

フォト#1、#2:2017年5月30日、手賀川右岸にて
フォト#3、#4:2017年5月18日、長瀞にて
[PR]

by ryujincho | 2017-05-30 23:34 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『コチドリ・ファミリー 201...      『カイツブリ・ファミリー 20... >>