龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 29日

『カイツブリ・ファミリー 2017.5.29(Ⅴ)/5分後、二度目の給餌』 kt-5

5月29日(月曜)、晴れ。
手賀沼鳥見ポタリング。
一昨日、雛を背中に乗せたカイツブリ親子に出遭った。
昨日、また、遭えるかと思い、出掛けたが、空振りだった。
で、今日、また、遭えるだろうとの期待を持って出掛けた。

カイツブリの親子が泳いでいる。
期待通り、カイツブリの親子に遭遇。
雛の遊泳練習の様子、親鳥の背中で眠る様子、そして、父鳥からエビを貰う様子などを眺めた。

父鳥は雛にエビを与え、雛が見事に呑み込んだことを見届けたのち、再び、水中に潜り、そのまま姿を見せず。
母鳥と雛は泳ぎ始めた。
a0289546_644184.jpg
a0289546_6445792.jpg
ちょっと、目を離した隙に、雛の姿を見失ったが、母鳥の背中が丸く盛り上がっている。
雛は花鳥の背中に乗り、母鳥の翼の中に潜り込んだようだ。
a0289546_6515334.jpg
母鳥は雛を背中に乗せ、マコモの茂みの方へ泳いで行く。
a0289546_6541951.jpg
雛の姿が見える。
a0289546_659594.jpg
<鳥見ング>図で見てみると、母鳥の背中からずり落ちそうに、或いは、降りかけているように見える。
a0289546_712231.jpg
マコモの茂みに至る。
a0289546_7145342.jpg
<鳥見ング>図で見てみると、雛はしっかりと母鳥の背中に乗っかっている。
先ほどは、ずり落ちそうになっていたのであろう。
a0289546_7201228.jpg
カコモの茂みにいるカイツブリの親子から目を離し、全景を楽しむ。
杭の上には、さきほどからずっとカルガモが2羽、そこにコブハクチョウが現れた。
カイツブリ、カルガモ、コブハクチョウと、ちょっとした動物園である。
a0289546_9141591.jpg
コブハクチョウが「羽ばたきますよー」との仕草を見せる。
a0289546_9161869.jpg
連射、連射、連射...。
その一部をアップロード。
a0289546_9193862.jpg
a0289546_9195311.jpg
a0289546_920481.jpg
a0289546_9201822.jpg
a0289546_9202768.jpg
<ハクチョウ・ショー>が終わったところに、再び、カイツブリの父親が現れた。
嘴にエビを銜えている。
a0289546_926235.jpg
マコモの茂みの方へ泳いで行く。
a0289546_9373517.jpg
母鳥と雛が待っている方向へと泳いで行く。
「おとうちゃーん!」と雛が呼んでいる声が聞こえる(ような気がする)。
a0289546_9375264.jpg
父鳥の嘴にはエビがしっかりと銜えられている。
a0289546_938461.jpg
雛が父鳥の方へ泳いで行く。
a0289546_9431679.jpg
雛が父鳥からエビを貰い始める。
a0289546_9433292.jpg
a0289546_9434528.jpg
父鳥から雛にエビが渡った。
a0289546_9465567.jpg
雛がエビを銜えている。
a0289546_9472696.jpg
嘴を上に上げることなく、エビを呑み込んだようだ。
a0289546_9474373.jpg
先ほど、見た父鳥から雛への給餌のときは、母鳥は給餌の様子を眺めていたが、今回の母鳥の動きを見ると、父鳥と雛の間でエビの受け渡しが始まった頃から、正面、或いは、反対側に向きを変えている。
雛を狙う猛禽類とかの天敵の襲来を見張っていたのかもしれない。

一度目に見た給餌から二度目の給餌まで随分と時間が経ったような気がしたが、フォト・データを見ると、5分程度の間隔であった。
父鳥は1日にどれくらい雛に餌を運んで来るのであろうか。
ご苦労さん!

父鳥は餌を求めて、何処かへ。
母鳥と雛は、マコモの茂み近くで、父鳥が餌を持って帰って来るのを待っている様子。
雛はエビを食べて満腹になったのか、母鳥の背中で眠ってしまったようだ。
a0289546_18161959.jpg
a0289546_18224890.jpg

遊泳練習、給餌、背中におんぶなどの様子を大いに楽しませて貰った。
随分と長い時間、楽しませて貰ったような気がする。
写真データを見たところ、1枚目は10時51分、最後の1枚は10時58分、小一時間に亘って楽しませて貰ったこととなる。

カイツブリ・ファミリーに感謝!

五月雨に鳰の浮巣を見にゆかん 芭蕉
(さみだれに におのうきすを みにゆかん )  

四方より花吹き入れて鳰の湖  芭蕉
(しほうより はなふきいれて におのうみ )

鳰(にお)はカイツブリのこと。
鳰の湖(におのうみ)は琵琶湖のこと。

芭蕉が琵琶湖でカイツブリを眺めるのを楽しみにしていたことがよく分かる。
                  
フォト:2017年5月29日、手賀沼にて

(「カイツブリ・ファミリー 2017.5.29」 完)
[PR]

by ryujincho | 2017-05-29 23:35 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『カワウ談義 2017.5.29』      『カイツブリ・ファミリー 20... >>