龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 14日

『ドラポタ佐久平支部便り/滑る/2017.2.14 』

2月14日、10:44付けで、大給守殿より「滑る」と題し、佐久平支部便りが届いた。
----------------------------
方々
滑る遊びはいろいろあります。
八千穂レイクでは、凍った湖面を四輪で走り、滑りを楽しんでいます。
大給
-----------------------------

写真の添付がないなと思ったら、直ぐに、「滑る2」と題し、2枚の写真が送られて来た。
a0289546_7371819.jpg
a0289546_7375372.jpg

1枚目の写真を眺める。
♪雪の白樺並木 夕日が映える 走れトロイカ ほがらかに 鈴の音高く...♪
昔、ダークダックスがこんな歌を歌っていたなあ...。

一方、2枚目は、そういう風景とは真逆の、凍った湖面を四輪で走り、滑る米国的(???)な遊びの写真。
この遊びに対し、武衛さんが返信。
------------------------
大給守殿
そんな暴走族まがいのことをやっているんですか!
野次馬的感想ですが。
武衛
-------------------------

伊豆守殿からは、<画家>らしい返信。
--------------------------
大給守殿
白樺林、素晴らしい景色ですね。
伊豆
--------------------------

小生からは次の通り返信。
-------------------------
大給守殿
第一信、第二信、拝受。
第一信を読んで、ソルトレイクシティを舞台にしたオートバイ競争の映画「世界最速の男」を思い出し、塩湖=氷湖のイメージでありました。
第二信添付の写真を見ると、それとはちょっと違うような感じやね。
電脳に転送して大画面でもう一度、爆走写真を楽しんでみます。
テーガヌーマ湖上ならぬ湖畔をバクソー中の上総
--------------------------

15:58付けで、大給守殿より「八千穂レイク」の追加写真と共にメールが到来。
--------------------------
方々
八千穂高原は白樺林がきれいな場所があります。 
雪の上を歩くにはスノーシューで快適に歩けそうです。
池は凍り、車で雪上走行、スリップ体験をするには絶好の場所となっており、貸切で数十台の車が走っていました。
軽トラで乗り込んだところ、進入禁止と言われてしまいました。
a0289546_222431.jpg
a0289546_2223225.jpg
大給
--------------------------

「軽トラックで乗り込んだところ」という件(くだり)に笑ってしまった。
大給守殿は四駆も持っているはずなのに...。

「八千穂レイク」で検索してみた。
先ず、釣りの案内。
これは、氷結していない湖面、そして、緑の森の写真と共に。
---------------------------
浅間山・秩父山系の山並みが見えるロケーションの中で釣りはいかがですか。
湖面面積約37,000㎡の中にトラウト、岩魚が数多く潜んでいます。
美しい自然の恵みを感じながら、ゆっくりと楽しい時間をお過ごしください。
----------------------------

次に、「八千穂レイク評定2017」の案内。
-----------------------------
ご来場にあたり、公道を自走して来られる車両につきましては、不法改造など法的に問題の生じる車両での来場は固くお断りさせていただきます。
また、近隣の道路では 特に速度違反、はみ出し走行などは厳禁とします。
積載車などで運搬してこられた公道走行が不可の車両に於いても、ノーマルレベルの排気音を維持できない車両、触媒装置の無い車両、液漏れのある車両につきましては、当日であっても 必ず走行をお断り させていただきます。
------------------------------

軽トラックは駄目とは書かれていないが、軽トラックで来る人はいないという前提での注意書きかも。
氷上で走り回られては、トラウトや岩魚はおちおち水底で冬を越せないかもしねないなあと思ったりもして。

フォト:2017年2月14日、大給守殿提供
[PR]

by ryujincho | 2017-02-14 23:51 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
Commented by ogyunokami at 2017-02-28 17:05 x
湖上の自動車走行について、説明が不足しておりました。
最近、信州の冬季間は凍結した湖面、冬季閉鎖の林道、一部のスキー場などには自動車専用コースを設けて、安全運転講習、SUV試乗会、タイヤ性能体験会、愛好者の走行会などが行われるようになっています。主催はタイヤメーカー、自動車メーカー、電力会社等目的に応じて、スリップの限界が体験出来事故防止に役立っているようです。凍結湖面で走行する場合は車の底を洗浄後コースに入れるなどの、汚染に対しての配慮も行われています。八千穂レイクでの走行会は、コースを借り切った愛好家の氷上走行体験会でした。
Commented by ryujincho at 2017-03-01 00:20
大給守殿 
詳細、サンキューです。
「八千穂レイク氷上2017」のホームページを、再び、開いたところ、「八千穂レイク氷上2017は終了いたしました」の掲示あり。
春は着々と到来しているのでありましょう。


<< 『ツグミ』      『祝!稀勢の里優勝横綱昇進記念... >>