龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 09日

『ドラポタ佐久平支部便り/浅間遠望+α/2017.2.8+α 』

ドラポタの盟友、大給守殿は、1月中旬、国許、信州に引っ越し、隠居。
ドラポタ佐久平支部を開設。
隠居前は、時折、参勤交代で戻った国許から電子飛脚便添付で写真が送られて来て、「大給守殿からの便り」とか「佐久便り」と題し、ブログにアップしたことがあった。
隠居後も写真が送られて来るようになった。
これらを「ドラポタ佐久平支部便り」と題し、掲載していくこととしたい。

2月8日。
大給守殿からドラポタ・メンバー宛に「浅間遠望」が送られて来た。
-----------------------------------------
浅間山は今日も水蒸気を吹き上げています。
菅平にて。
大給
a0289546_944175.jpg
----------------------------------------

武衛殿から大給殿宛て、cc:ドラポタ・メンバー宛て返信。
-----------------------------------------
大給守殿
農閑期の体力作り、ご苦労様です。
浅間山は先日の上野史跡巡りでポタした高崎から前橋にかけてもよく見えました。
水蒸気が東側に流れていました。
「歴史秘話ヒストリア」曰く。古墳時代の人は伊那から浅間山の麓を通って榛名山東麓に入り広大な範囲を開拓して、上野古墳の繁栄をもたらしましたと。今では信じられませんが、その後、2回も大噴火があった由。
武衛
------------------------------------------

1月28日、「上野国史跡めぐり」第三弾で、武衛殿と上総にて、山王廃寺、総社古墳群などをめぐった際に、高崎、前橋方面から浅間山を遠望したのであった。

上総より返信。
-----------------------------------------
大給守殿
ええ写真!
左下の人物はなし、あるいは、足まで(スキー姿かな?)しっかり写っていたら、もっとええんやけどね。
マイ・ブログに「佐久だより」改め「ドラポタ佐久平支部便り」のカテゴリーをつくらなくっちゃと思うとります。
スマホ宛てだったんで、電脳に転送し、拡大して拝見。
カメラからスマホにwi-fiで転送?
写真ナンバーのDSCはニコン?
------------------------------------------

大給守殿から「浅間遠望2」と題し、返信あり。
-----------------------------------------
方々
スマホでの撮影に御座ります。
かじかんだ手で撮影、スキーの時はコンタクトレンズを使用、近いものはメガネと同じで、ほとんど見えず。
スマホの標準文字サイズは良く見えず、勘で入力です。
平日のゲレンデは、がら空き、マイ・ゲレンテとなり、思いきって高速滑降が楽しめます。
10時半から16時半迄、昼休み1時間のみで、休み無し、滑りを堪能しております。
写真は入れ替えました。
大給
a0289546_9443493.jpg
------------------------------------------

「浅間遠望」と「浅間遠望2」を並べると、標題「浅間遠望」しては、最初に送られて来た写真の方がよさそうだ。
彼は以前からスマホ写真が得意。
スマホを携帯し、スキーに興じる、時代は大きく変わった。

今回で菅平は二度目のよう。
前回、1月26日付けの菅平の様子はこうだった。
--------------------------------------------
今朝も明日も、放射冷却でよく冷えます。
若くしてスキー指導員免許を取った友人から、今日は暇?と誘われて昼から菅平高原へ行ってきました。
何台か最新型スキー板を持ってきてもらい、乗り比べをして来ました。
ブーツのみ最新型、板は何にしようかと迷っているときに絶好の誘い。
平日の菅平は、高校生のスキー実習が多くありましたが、滑りには邪魔にならず。
リフト代はシニア割引、空いているゲレンデは快適そのもの。
13時から16時半のリフト運転停止まで、休み無でのフリー滑走で、スキー現役復活の気力が盛り上がってきました。
(中略)
高原の気温は低く、16時過ぎには指先が感じない程度気温低下でした。
フォトは、菅平白金ゲレンデからの妙高です。
大給
a0289546_031356.jpg
a0289546_0315090.jpg
---------------------------------------------

スキー実習の高校生を見ながら、昔を思い出したのかな?
それとも、昔、取った杵柄、若者に隠居の颯爽とした滑りを見せ付けてやったのかな?
「リフト代はシニア割引」には笑ってしまった。
※このときのカメラはキヤノン。

1月23日付けで送られて来た「鳥見写真/7割、凍結」も掲載しておこう。
a0289546_0454234.jpg
アップで。
a0289546_046283.jpg

雪の佐久平では jitensha に乗ることはままならないが、そこはよくしたもの、スキーという楽しい遊びがあるのであった。

瀬戸内育ちの小生には、雪国での生活がよくわかっていないが、大給守殿からの便りでそれを疑似体験。
今日は関東地方も降雪、積雪。

フォト提供:ドラポタ佐久平支部 大給守殿
[PR]

by ryujincho | 2017-02-09 23:58 | ドラポタ佐久平支部便り | Comments(2)
Commented by ogyunokami at 2017-02-10 08:41 x
弊信掲載深謝します。
ドラポタ藩佐久平砦にて、自転車シーズンに備えて雪上自主鍛錬に努めております。 最新型スキー板、靴を月斗したものの、装束は超旧型、渋さを強調しております。
競争以外被らなかった兜を常時被っての滑走をすることとしました。 今朝も降雪で山は冬真っ盛りです。
Commented by ryujincho at 2017-02-10 12:02
大給守殿 
居ながらにして雪景色と思いきや、当地も降雪、積雪。
昔、テレビで、ヨーロッパのスキー場風景が映し出され、木馬のような形の橇で滑っていました。
木馬型じゃなくって、自転車型の橇も面白そう。
ゲレンデでの兜は胡桃兜でせうか?
ゲレンデでのスキー装束、甲冑姿の写真を期待します。


<< 『手賀沼鳥見 2017.2.1...      『趾(あしゆび)/シジュウカラ... >>