2017年 01月 17日

『葦の原のメジロ』

1月17日(火曜)、晴れ。
手賀沼を鳥見ポタリング。

葦の原で群れている鳥影あり。
葦の原で群れる鳥といえばスズメが定番だが、スズメではないことは直ぐに分かった。
目の周りにくっきりと白いリングがあったので。
a0289546_104874.jpg
a0289546_11177.jpg
a0289546_11145.jpg
何故、メジロは目の周りに白いリングがあるのだろうか。
これは、何故、カラスは黒いのだろうかというものと同じなので、愚問ではあろう。
だが、その答えを強いて探すとせば、「ウグイスとの違いを示すため」であろう。

メジロとウグイスの違いは、アイリングの有無のほか、鳴き声が異なること、うぐいす色と呼ばれる色はウグイスよりもメジロの色であること、ウグイスは警戒心が強いが、メジロは警戒心は薄く、その姿をゆっくりと見せてくれるということなど。

次回は、メジロの正面顔を是非撮ってみたい。

フォト:2017年1月17日、手賀沼北岸にて
[PR]

by ryujincho | 2017-01-17 23:51 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『メジロの正面顔』      『東京の灯よいつまでも/両国 ... >>