龍人鳥の徒然フォト日記

ryujincho.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 10日

『白鳥の郷 2016.11.3』

11月3日。
印西市本埜地区(旧・印旛郡本埜村)/白鳥の郷。
白鳥を守る会の掲示板によると、現在の飛来数は57羽。
例年通りに推移すれば、これから年末かけて飛来数はどんどん増え、飛来数は1000羽以上となろう。
a0289546_20165393.jpg
灰色の羽毛は幼鳥。
親子だろうか。
a0289546_202153.jpg
こちらは二番穂をついばむ群れ。
ここにも灰色の羽毛の幼鳥がいる。
a0289546_20225412.jpg
成長と共に幼鳥も北から南へ健気に飛んで来たのである。
この地で二番穂をどんどん食って、大きくなって、北へ帰るんだぞと応援したくなる。

オオハクチョウ?それとも、かコハクチョウか?
毎年、撮った写真を眺めながらそう思う。
そして、毎度のことながら、「オオハクチョウとコハクチョウの見分け方」を検索し、撮った写真と照らし合わせる。
くちばしの黄色と黒の形状から、写真に写っているのはコハクチョウである。
a0289546_20271816.jpg
にぎやか。
a0289546_20311315.jpg
「白鳥の郷」と墨書された看板の隙間から眺めるのも一興である。
a0289546_20313446.jpg
オオハクチョウやコハクチョウの飛来と共に、オナガガモもやって来る。
オナガガモの群れが一斉に飛び立ち、居場所を変えた。
上空を見ると、猛禽類であろうか、三羽の鳥影が。
この鳥影に驚いて、オナガガモは居場所を変えたのかもしれない。
a0289546_20344352.jpg
a0289546_20345943.jpg
三羽の鳥影の<鳥見ング>拡大図。
a0289546_2040462.jpg
頭と腹は白色、首と翼は褐色、さて、この三羽の鳥の名は?

フォト:2016年11月3日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-10 23:53 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『築地本願寺』      『ジャパン・バード・フェスティ... >>