2016年 11月 06日

『ジャパン・バード・フェスティバル 2016/台湾』

11月5日。
ジャパン・バード・フェスティバル 2016。
数々の出展、出店。

台湾ブース。
「これ、写真を撮らせて貰ってもいいでしょうか」。
「ドウゾ、ドウゾ」。
a0289546_10293240.jpg
左上、「大赤啄木」。
これは直ぐに分かる。
オオアカゲラ。

その右隣り、「火冠戴菊」。
さて?
電脳網で調べてみる。
学名: Regulus goodfellowi
英名: Flamecrest / Taiwan firecrest
キクイタダキの一種である。
和名は、タイワンキクイタダキではなく、ニイタカキクイタダキ。
ニイタカは、今の玉山、旧称はあのニイタカヤマノボレの新高山である。

右下、「金翼白眉」。
さて?
電脳網で調べてみる。
学名: Garrulax morrisonianus
英名:white-whiskered laughingthrush
和名は?

書籍コーナーで、台湾の野鳥図鑑を手に取り、「この間、台湾へ写真を撮りに行ったんだけど、台湾にいる鳥の名がぜんぜん分からないんだよね」といいながら、この図鑑を買ったオッチャンは、今頃、図鑑と首っ引きで撮った野鳥写真の鳥名を調べていることだろう。

1990年代、ビジネスで随分と台湾に出張した。
当時は野鳥などにはまったく興味はなかったが、ジャパン・バード・フェスティバルで、台湾に愛着を感じながら、書籍コーナーの台湾の野鳥図鑑を見たり、台湾ブースの展示を眺めるのであった。

フォト:2016年11月5日
[PR]

by ryujincho | 2016-11-06 23:58 | 鳥見雑記 | Comments(0)


<< 『ジャパン・バード・フェスティ...      『ジャパン・バード・フェスティ... >>